薬剤師を新卒で退職しても大丈夫?辞めたい理由や注意点4選を詳しく解説

薬剤師新卒で退職 薬剤師

「新卒で薬剤師になったけれど退職したい…」

「薬剤師新卒は退職しても大丈夫なの?」

このような疑問を抱えている方も多いと思います。

今回は、薬剤師が新卒で退職したい理由や、注意点などを詳しく解説していきます。

この記事で分かること
  • 薬剤師新卒で退職してしまう理由
  • 薬剤師新卒が退職する前に考えるべきポイント
  • 薬剤師新卒が退職する際の注意点
  • 薬剤師新卒が転職を失敗しない方法
  • 薬剤師新卒で退職したい方におすすめの転職エージェント

薬剤師新卒で退職してしまう理由6選

薬剤師新卒で退職してしまう理由6選

薬剤師が新卒で退職してしまう理由は、以下の6つです。

  • 職場の人間関係の悪化
  • 希望の店舗に配属されなかった
  • 新卒なので管理薬剤師にされた
  • 偏った知識に不安を感じた
  • 十分な教育環境がなかった
  • やりがいを感じない

それぞれ見ていきましょう。

職場の人間関係の悪化

薬剤師が新卒で退職してしまう理由として、職場の人間関係の悪化が挙げられます。

薬剤師の職場は、閉鎖的な狭い空間で行うことが多いので、他の職場に比べて息苦しさを感じてしまうでしょう。

また、新卒薬剤師は上司からのパワハラや嫌がらせのターゲットにされる可能性が高いため、人間関係が悪化してしまう可能性も高くなってしまいます。

職場の人間関係が悪化して、「職場に行くのが辛い…」と感じてしまったら、退職してしまっても仕方がないでしょう。

希望の店舗に配属されなかった

チェーン店の薬局の場合、求人情報に書いてある店舗と違う店舗に配属されることがあります。

希望通りの店舗ではなかった場合、「求人情報の店舗だと10分で通えるのに配属された店舗は1時間もかかる…」などの、通勤時間の誤差が発生してしまいます。

そのため、生活リズムが崩れてしまったり、プライベートの時間を確保することが難しくなってしまうでしょう。

希望の店舗に配属されず、プライベートの時間が確保できなければ、「仕事ばかりの毎日は嫌だから退職したい…」となってしまっても仕方がないでしょう。

新卒なのに管理薬剤師にされた

薬剤師の職場は、常に人手不足の場合が多いため、「入社して1年も経っていないのに店舗に自分しか薬剤師がいない!」という状態になってしまうケースがあります。

薬剤師が1人ということは、自動的に管理薬剤師となり、店舗の処方などをすべて任されてしまいます。

新卒で管理薬剤師になってしまうと、プレッシャーや責任感が重くなり、追い詰められてしまうでしょう。

その結果、「責任が重すぎるし薬剤師の仕事を退職したい…」と考えてしまっても仕方がない状態になってしまいます。

偏った知識に不安を感じた

1つの職場でしか経験がない薬剤師は、職場で扱っている薬以外の投薬方法や知識を得ることができません。

そのため、今後転職やキャリアアップする時に、「偏った知識だけじゃどこも雇ってくれないんじゃ…」と不安に感じ退職する方もいます。

若いうちから転職することで、転職先の企業でもしっかりと教育を受けることができ、自分の経歴に厚みを持たせることができます。

将来のことを考えている方は、偏った知識に不安を感じて退職してしまっても仕方がないでしょう。

十分な教育環境がなかった

薬剤師が新卒で退職する理由として、教育体制が整っておらず、十分な教育を受けることができず不満が溜まることも挙げられます。

十分な教育を受けられない理由の多くは、人手不足で先輩薬剤師が教育をする時間が確保できないケースが多いです。

また、1年目で十分な教育を受けないと、調剤スキルや服薬指導スキルなどの薬剤師に必須のスキルを身につける機会がなくなってしまいます。

スキルの向上を望めない職場では、成長を感じることができないので、薬剤師が新卒で退職してしまっても仕方がないでしょう。

やりがいを感じない

薬剤師が新卒で退職する理由として、単純作業が多く、仕事にやりがいが感じられないことが挙げられます。

中小規模の薬局や病院では、処方される薬の種類が限られているため、調剤も流れ作業に感じてしまい飽きてしまう場合があります。

また、大規模の病院や薬局では重要な仕事は先輩薬剤師の方がやるため、新卒薬剤師の方は単純作業などを任されることが多くなってしまうでしょう。

このような理由から、仕事にやりがいを感じることができず、「薬剤師新卒だけど退職したいな…」と考えてしまっても仕方がないでしょう。

薬剤師新卒が退職する前に考えるべきポイント4選

薬剤師新卒が退職する前に考えるべきポイント4選

薬剤師新卒が退職する前に考えるべきポイントは、以下の4つです。

  • 退職することで現在の悩みを解決することができるのか
  • 自分の希望条件を満たす職場は存在するのか
  • 退職は自分の将来につながる行動なのか
  • 自分の甘えが原因ではないか考える

それぞれ見ていきましょう。

退職することで現在の悩みを解決することができるのか

新卒の薬剤師の方は、退職することで現在の悩みを解決することができるのか、よく考える必要があるでしょう。

曖昧な気持ちのまま転職してしまうと、転職先の職場でも同様の悩みを抱え、さらに追い詰められてしまう可能性があります。

そのため、現在の自分の悩みをしっかりと把握し、転職によって悩みを解決することができるのか考える必要があるでしょう。

悩みを解決するために焦るのではなく、冷静に現在の悩みと向き合って考える必要があるでしょう。

自分の希望条件を満たす職場は存在するのか

薬剤師新卒の方は、退職する前に、自分が希望する条件を満たしている職場は存在しているのか確認する必要があります。

例えば、「年収500万円以上で土日休みの職場がいい!」と希望したとしても、薬剤師1年目の方が希望を叶えることは難しいでしょう。

薬剤師の平均年収や労働時間を分析して、自分の身の丈に合う希望条件で職場を探す必要があるでしょう。

退職は自分の将来につながる行動なのか

薬剤師が新卒で退職する場合、自分の将来につながる行動なのか考える必要があるでしょう。

例えば、「将来的に大手の薬局に勤めたいから今のうちから薬の知識を広めたい!」などの将来設計があるなら、転職はプラスに働くでしょう。

一方で、特に考えもなく退職してしまうと、「継続的に働くことができない人」などのマイナスの印象がついてしまう場合があります。

そのため、転職は自分の将来につながる行動なのか、しっかりと考えて慎重に転職する必要があるでしょう。

自分の甘えが原因ではないか考える

薬剤師が新卒で退職する前に、自分の甘えが原因ではないか考えてみましょう。

例えば、先輩薬剤師の方に指示されたことしかやっておらず、「頭を使うことがないやりがいのない仕事…」と感じてしまっている可能性があります。

しかし、本来薬剤師の仕事は患者さんに合わせた説明や薬を用意しないといけない仕事です。

そのため、頭を使わない仕事ではなく、自分が単純作業ばかりの頭を使わない仕事をしている可能性があります。

周りの薬剤師の方の行動や考え方、勤務態度などと比べて見て、自分の甘えが原因ではないか比較してみるといいでしょう。

薬剤師新卒が退職する際の注意点3選

薬剤師新卒が退職する際の注意点3選

薬剤師新卒が退職する際の注意点は、以下の3つです。

  • 空白期間を空けないようにする
  • 辞め癖がつかないようにする
  • 今の職場と比べ年収が上がらない可能性がある

それぞれ見ていきましょう。

空白期間を空けないようにする

薬剤師が新卒で退職する場合、空白期間を空けないように気をつける必要があるでしょう。

なぜなら、採用担当者の方が空白期間が空いていることを、不審に思う可能性があるからです。

また、新卒で転職した場合、転職先の新卒の方と比較される場合があります。

空白期間が長ければ長いほど、それだけ転職先の新卒の方との差ができてしまっているため、採用に抵抗を感じる可能性があるでしょう。

空白期間はなるべく空けず、現職を続けながら転職先を探すことをおすすめします。

辞め癖がつかないようにする

薬剤師が新卒で退職する場合、辞め癖がつかないように注意する必要があるでしょう。

今の職場の退職理由が、「なんとなく自分に合わないから辞める」などの曖昧な理由で辞めてしまう方は、今後もすぐに転職の選択肢が頭によぎってしまいます。

そのため、現職のまま不満を解決する方法はないのかしっかりと考え、どうしても転職しないと解決できない方は検討するようにしましょう。

辞め癖がついてしまうと、キャリアに一貫性がなく、経験もスキルも中途半端な薬剤師になってしまいます。

今の職場と比べ年収が上がらない可能性がある

薬剤師の新卒で退職する方の中で、年収が不満で退職する方は注意が必要です。

なぜなら、新卒で経験も知識も浅いため、今の職場と比べても年収が上がらない可能性があるからです。

しかし、薬剤師は業種によって年収の差があるため、業種を変更することで年収がアップする可能性もあります。

例えば、病院薬剤師と製薬会社に勤める薬剤師の平均年収は、100万円ほど製薬会社の方が高いです。

そのため、業種を変えることで年収が上がる可能性はありますが、1年目の転職では年収が上がらない可能性があることは覚えておきましょう。

薬剤師新卒が転職を失敗しない方法4選

薬剤師新卒が転職を失敗しない方法4選

薬剤師新卒が転職を失敗しない方法は、以下の4つです。

  • 今後のキャリア形成を明確にする
  • 転職先が見つかるまで現職を辞めない
  • 現状の不満点を考慮して希望条件を絞る
  • 転職サイトのサポートを受ける

それぞれ見ていきましょう。

今後のキャリア形成を明確にする

薬剤師新卒の方が、転職を失敗しないためには、今後のキャリア形成を明確にする必要があるでしょう。

キャリア形成を明確にすることで、転職先選びの軸がぶれることなく、自分の将来につながる転職をすることができます。

軸を決めることで、自分の将来の目的につながる、やりがいがある転職先を見つけることができるでしょう。

薬剤師の仕事は、しっかりとキャリアを積むことで高収入を目指すことができる素晴らしい職業なので、転職前にキャリア形成を明確にする必要があるでしょう。

転職先が見つかるまで現職を辞めない

薬剤師新卒の方が、転職を失敗しないためには、転職先が見つかるまで現職を辞めないことが重要です。

現職への不満が強い方は、「明日にでも辞めたい…」と考えてしまいますが、新卒で現職を辞めて転職活動をするのはリスクが高いです。

現職を辞めてしまうと、金銭的・将来的に不安を抱えてしまい、転職活動の質が下がる可能性があります。

また、焦りから転職先を妥協して、現職よりも条件が悪い企業に転職してしまう可能性もあるでしょう。

現職を続けながら、慎重に転職活動を進めることが、転職活動を成功させる鍵になります。

現状の不満点を考慮して希望条件を絞る

薬剤師新卒の方が、転職を失敗しないためには、現職の不満点を考慮して希望条件に優先順位をつける必要があるでしょう。

職場での不満はいくつもあると思いますが、新卒ですべての不満を解決することができる職場に転職するのは、なかなか難しいです。

そのため、「ここだけは絶対に改善したい!」という条件を絞って、転職先を見つけることをおすすめします。

転職先で経験を積むことで、さらに条件がいい職場への転職も可能になるので、現状の不満点を解決できる職場に転職することをおすすめします。

転職サイトのサポートを受ける

薬剤師新卒の方が、転職を失敗しないためには、転職サイトのサポートを受けながら転職活動することをおすすめします。

なぜなら、転職サイトは薬剤師業界に詳しいプロのアドバイザーが、自分の希望に合う求人をピックアップして紹介してくれるからです。

そのため、仕事が忙しい薬剤師の方でも、現職を続けながらスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

「転職サイトが多すぎてどこに登録したらいいかわからない!」という方は、以下の項目でおすすめの転職サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

薬剤師新卒で退職したい方におすすめの転職エージェント3選

薬剤師新卒で退職したい方におすすめの転職エージェント3選

薬剤師新卒で退職したい方におすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

  • ファルマスタッフ
  • マイナビ薬剤師
  • 薬キャリ

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、薬剤師の転職に特化した転職エージェントです。

特徴として、都市部だけでなく、地方の転職にも強いことが挙げられます。

全国15ヵ所に拠点を構えているため、地方の方でも気軽に利用することができるでしょう。

また、対面面談などのサポートも充実しており、直接面談することで担当アドバイザーとの希望条件の食い違いなどが起こりづらいです。

そのため、自分の希望条件に合う職場を紹介してもらうことができ、スムーズに転職を進めることができるでしょう。

マイナビ薬剤師の利用は完全無料なので、「地方の求人が少なくて困っている!」という方は、お気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

薬キャリ

薬キャリは、薬剤師の転職に特化した転職エージェントです。

特徴として、病院の転職に特に強く、求人数が豊富なことが挙げられます。

薬キャリにしかない独占求人や非公開求人もあり、薬キャリにしかないようなレアな職場も存在します。

そのため、条件がいい職場を見つけやすく「自分の希望条件に合う職場が全然見つからない…」という方には、特におすすめの転職エージェントです。

また、アドバイザーの対応も早く、登録して最短翌日に最大10件の求人紹介をしてくれます。

薬キャリの利用は完全無料なので、「1日でも早く自分に合う職場を見つけて転職したい…」という方は、ぜひ登録してみることをおすすめします。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師の転職に特化した転職エージェントです。

特徴として、正社員だけでなく、派遣で働く可能性もアドバイザーから提案してもらえることが挙げられます。

派遣でも正社員と遜色ない福利厚生を受けることができ、育休・産休・有給休暇・健康保険を受けることが可能です。

また、派遣の研修制度も充実しており、薬剤師の実務で重要なことを学ぶことができます。

そのため、薬剤師としてのスキルを上げることができ、優秀な薬剤師として成長することができるでしょう。

派遣募集だけでなく、正社員募集の求人も充実しており、業界トップクラスの求人数を誇っています。

ファルマスタッフの利用は完全無料なので、派遣で働きたい人も転職したい方も、まずは登録してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、「薬剤師新卒で退職しても大丈夫?」という疑問について詳しく解説しました。

新卒の退職はデメリットもあるため、退職理由や将来のことを考えて、慎重に判断する必要があるでしょう。

また、退職を決意している方は、上記で紹介した転職を失敗しない方法を参考にして転職を失敗しないようにしましょう。

上記で紹介している転職エージェントを使うことで、スムーズに自分の希望条件に合う職場を見つけることができるので、ぜひ参考にしてください。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、今の状況を改善して幸せになれることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました