退職代行の金額とは?相場や選び方、メリットを詳しく解説!

退職代行の金額 退職

近年、退職代行サービスを利用する人が増えています。その背景にはブラック企業と呼ばれるような過酷な労働環境を労働者に強いる会社が増えたことや、各業界で深刻な人手不足が発生していることなどがあります。また、最近では自分で退職の意思を会社側に示すことができない若者が増えているということも、理由として考えられるでしょう。

時代の流れとともに利用者の数も増加しているそんな退職代行ですが、実際に利用するにはいくらほどの金額が必要になるのでしょうか。退職と聞くと手続きも煩雑で大きな金額が必要になると思われがちですが、実際にはリーズナブルな価格で利用することができるサービスとなっています。

今回はそんな退職代行の金額について焦点を当てて解説していきます。これから利用をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

退職代行の金額について解説していきます

退職代行の金額とは?

では、早速ですが退職代行の金額について解説していきます。この章では以下のことについて解説します。

  • 退職代行の金額相場
  • 退職代行とは?
  • 退職代行が求められるのはなぜ?

退職代行の金額相場

結論から申し上げると、退職代行の金額について相場は以下のようになっています。

退職代行における3つの種類と相場
  1. 弁護士による退職代行(50,000円ほど)
  2. 労働組合による退職代行(30,000円ほど)
  3. 通常の業者による退職代行(20,000円ほど)

おおよそ3〜5万円ほどとなっており、それぞれのサービスに応じて料金設定が異なります。最も安いのは一般的な退職代行業者であり、2万円未満で利用することが可能です。

一般的な退職代行業者

19,800円程度の価格設定で、手軽に利用することができる反面、労働組合や弁護士の退職代行とは異なり、退職に関する交渉などを行ってもらうことができません。基本的には退職の意思を会社に伝えるのみのサービスになりますので、注意が必要になるでしょう。

もし、退職金や残業代の未払い請求などを行ってもらいたい場合には、以下で解説するような労働組合が運営している退職代行を利用するのがおすすめであると言えます。

労働組合による退職代行

労働組合が運営している退職代行の場合、おおよそ2万〜3万円ほどの金額相場になっています。労働組合による退職代行は一般的な退職代行業者とは異なり、「交渉」を代理で行うことが可能です。これは法律で労働者の代理で金銭に関わる交渉を行えるのは、労働組合か弁護士しかできないと定められているからです。

もし、これら以外の人物が代理で交渉を行えば、非弁行為として違法とされてしまうこともあります。そのため、退職代行を選ぶ際には非弁行為にならないかについては、退職代行の運営業者をよくチェックしておかなければなりません。

このように、労働組合の退職代行は交渉まで行うことができるため、通常の退職代行サービスよりも高額な料金設定が行われているのです。それでも、2〜3万円ほどでそうしたサービスを受けることができるのは利用者にとってメリットであると言えます。

弁護士による退職代行

このほかにも、弁護士による退職代行サービスも存在しています。弁護士による退職代行業者の相場は5〜6万円程度となっており、退職代行業者の中では最も高額な設定です。なんとなくイメージができるかもしれませんが、退職代行業者を利用することによって法律面のサポートを受けることができ、退職代行の中では一番安心して利用することが可能であるため、こうした金額の設定になっているのです。

弁護士による退職代行業者の利用をおすすめなのは、公務員など退職に際して法的な手続きも必要になりそうな方です。こうした方は民間企業とは異なり、国家公務員法や地方公務員法などに関する知識を踏まえた上で退職を進める必要があります。

そのため、退職に関しても専門の知識を持っている弁護士の退職代行を利用する方が安心であると言えるでしょう。また、訴訟に発展する可能性があるなど、法的なトラブルに巻き込まれる可能性がある人も利用を検討することをおすすめします。

退職代行とは?

退職代行の金額について上記で解説しましたが、そもそも退職代行はどんなことを行ってくれるのか知らないという方もいらっしゃるでしょう。退職代行業者(労働組合や弁護士によるサービスを利用した場合)が行ってくれるサービスは以下の通りです。

退職代行業者が行ってくれること
  • 自分の代わりに退職手続きを行ってくれる
  • 残業代や退職金などの請求
  • 有給の消化
  • 即日退職の交渉

退職代行を利用すれば、退職の手続きを自分の代わりに行ってくれるのはもちろん、残業代や退職金の請求も行うことができます。ブラック企業に勤めている場合、自分が働いた分の残業代などが未払いになっているケースが多いです。

そうした不当な労働分についてもしっかりと請求することができることが魅力です。また、有給を消化するように交渉してもらえるので、事実上の即日退職を実現できるケースもあります。退職代行を利用する場合、多くの方が一刻でも早く辞めたいと感じていると思いますので、そうした点もメリットの一つです。

退職代行が求められるのはなぜ?

現代において退職代行が求められる背景には以下のことが挙げられるでしょう。

退職代行が現代で求められる理由
  • 人材不足による労働環境の悪化
  • 情報の共有がしやすくなった
  • 退職の意思を伝えられない人が増えた

まずは人材不足による労働環境の悪化が挙げられます。多くの業界で人手が足りておらず、一人当たりの労働負担が大きくなっているのです。こうした環境では過酷な労働環境になりやすく、転職したいと考える人が増えるので、退職代行の需要も高まります。

また、IT技術の進歩により情報共有が行いやすくなったことも要因として考えられます。現状ではインターネットが普及しており、ブラックな会社の情報はすぐに出回ります。転職してより良い環境で働ける事実がわかれば、誰もが過酷な現状を抜け出したいと考えるでしょう。

このほかにも、退職の意思を自分で伝えられない人が増えたこともあります。会社に退職を伝えるのは申しわけがないと感じている人も多く、退職代行を利用するということも。このおような複数の背景があり、退職代行が多くの人に求められているのです。

退職代行を金額だけで選ぶのは危険!適切な選び方は?

上記では退職代行の金額について解説しましたが、もしこれから退職代行を利用しようとお考えの場合、金額のみに着目して選んでしまうのは危険です。選び方については以下のことを意識すると良いでしょう。

退職代行の選び方
  • 自分の状況に合ったサービスを選ぶ
  • 受け応えが丁寧な業者を選ぶ
  • リスクがない退職代行を選ぶ

自分の状況に合ったサービスを選ぶ

最も大切なのは、自分自身に適している退職代行サービスを選ぶということです。退職代行と一言で言っても、その種類は非常に多くどのサービスを利用すれば良いのか分からないこともあるでしょう。上記でも解説したような一般的な業者を選ぶのか、それとも労働組合などによる退職代行を選ぶのかによっても異なります。

アルバイトとして働いており、職場を辞めたいというケースであれば自分の意思を代理で伝えてもらえる通常の退職代行で問題ないかもしれませんが、公務員で仕事を辞めたいケースでは弁護士による退職代行が適しています。このように、それぞれの置かれてある状況によって利用すべき業者も異なるのです。

このようなことから、まずは自分に適した退職代行の検討から始めることをおすすめします。もし、どれを利用したら良いのか分からないのであれば、この記事で解説しているおすすめサービスを利用すれば問題ありません。

受け応えが丁寧な業者を選ぶ

次に、できるだけ受け応えが丁寧な退職代行業者を選ぶようにしましょう。退職代行では、基本的に無料相談が行われています。実際に利用するかどうかという話は別に、最初に無料で相談できるケースが多いです。そのため、まずはその相談で実際にお願いしても大丈夫なのかどうかを見極めることがお勧めです。

例えばレスポンスの早さをみたり、言葉遣いや雰囲気をチェックすることも大切でしょう。こうした些細な部分を確認し、違和感を感じるようであれば利用するのは一度考え直した方が良いと言えます。最初の段階で何か違うと感じれば、おそらく依頼しても上手くいかない可能性が高いです。

リスクがない退職代行を選ぶ

このほかにも、最初の段階でできるだけリスクの低い退職代行を利用しておくのがおすすめです。先ほども解説したように、弁護士や労働組合以外の退職代行業者が代理で交渉を行うと、非弁行為として違法になってしまう可能性があります。場合によっては退職したくて業者を利用したのに、かえってトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

こうしたことを未然に防ぐためには、あらかじめ労働組合か弁護士による退職代行を利用するのがおすすめです。これらの退職代行は非弁行為になる恐れがなく、確実に退職することが可能です。もし不安である場合には検討するようにしましょう。

退職代行の金額を安くするには?

中には退職代行の金額をできるだけ抑えたいという方もいらっしゃるかもしれません。もし、できるだけ安く退職代行を利用したい場合には以下のことを意識してみましょう。

退職代行の選び方
  • キャッシュバックや祝金を狙う
  • キャンペーンを狙う

キャッシュバックや祝金を狙う

退職代行業者の中にはキャッシュバックや祝金を設定している業者もあります。そうした退職代行業者を積極的に利用すれば、金額をできるだけ安くして利用することが可能です。

しかし、先ほども解説したように必ずしも金額だけに注目して退職代行を利用するのは得策ではありません。あくまでも自分が置かれてある状況と照らし合わせ、その上で適切だと思うのであれば利用するという手順が大切です。

キャンペーンを狙う

ほかにも、キャンペーン期間が実施されていて金額が安くなっていることもあります。そうした期間中に応募すれば、金額を抑えて仕事を辞めることができるでしょう。

退職代行を利用するメリットは?

退職代行を利用するメリットは以下の通りです。

退職代行の選び方
  • 職場の人と顔を合わせずに済む
  • 確実に退職できる
  • トラブルが起きても対応できる

職場の人と顔を合わせずに済む

まず、職場の人と顔を合わせずに退職することができるのは最大のメリットと言えるでしょう。退職代行を利用するほとんどの人が、「できることなら職場の人と顔を合わせずに仕事を辞めたい」と考えています。仕事を辞める意思を上司に伝えれば気まずい思いをする上に、退職日まで働き続けなければなりません。

ブラックな企業で働いている場合、仕事を辞めるまでに「裏切り者!」「他の仕事が通用すると思うなよ」などと嫌がらせを受けるケースもあります。そうしたことを考えると、職場の人と顔を合わせずに退職できるのは大きなメリットであると言えるでしょう。

確実に退職できる

ブラック企業で退職を切り出せば、退職できないケースも見られます。例えば、次のように会社から脅迫をされたり、無理難題を突きつけられるということもあるのです。

  • 仕事を辞めたいのであれば、代わりを連れてこいと言われる
  • 退職に際して慰謝料を請求される
  • 退職届を拒否される

退職の際にこのようなことを会社から言われれば、恐怖を感じてしまいなかなか辞めることができません。その点、退職代行を利用することで専門の業者が会社と交渉を行ってくれます。法的に問題があるようなことでも正式に対処することができますので、会社側からの無理な要求に泣き寝入りする必要もありません。

このように、確実に退職できることは大きな魅力であると言えます。

トラブルが起きても対応できる

このほかにも、トラブルが発生しても対応することができるのは大きな利点です。上記のように会社から脅迫を受けるだけではなく、中には訴訟問題へと発展するケースもあります。弁護士による退職代行を利用すれば、こうしたことになっても対応することができるので安心です。

また、ブラック企業から退職する場合には何かとトラブルが起きやすい傾向にあります。会社側も労働者を辞めさせたくないと考えているので、プレッシャーをかけてくるのです。退職代行はあらゆるトラブルに対応できるので、どのような事態になっても対応できます。

退職代行業者のおすすめは?

では退職代行のおすすめをご紹介していきます。今回ご紹介するのは、以下の二つの業者です。

おすすめの退職代行業者
  • 退職代行サラバ(SARABA)
  • 弁護士法人みやび

退職代行サラバ(SARABA)

まずご紹介するのは、退職代行実績業界No.1のサービスである退職代行サラバ(SARABA)です。こちらの退職代行は、労働組合が運営しているサービスで交渉までしっかりと行ってくれます。

これまで退職代行を行った人数は15,000人を超えており、業界では一番信頼できる退職代行と言えるでしょう。価格も非常にリーズナブルで、なんと25,000円で利用することができます。労働組合が運営しているからこそ、ここまで手軽な価格でサービスが提供されているので、安心です。

気になる方は以下のリンクからまずは相談してみてはいかがでしょうか。

退職代行サラバへのお申し込み!
退職代行サラバ(SARABA)

退職代行業界で受託件数No.1の実績です。2021年3月時点で累計15000人の代行を行い、万が一の場合には全額保証がついているので安心して利用できます。レスポンスが非常に早く、すぐに退職したい人にもおすすめです。

弁護士法人みやび

もう一つご紹介するのは、弁護士法人みやびの退職代行サービスです。こちらはその名の通り、弁護士が運営している退職代行サービスであり、料金は55,000円となっています。弁護士による退職代行ということで業界では最も高い価格設定となっていますが、その分信頼性は抜群で、法律の専門家による充実したサービスを受けることが可能です。

弁護士と聞くと敷居が高く感じられるかもしれませんが、弁護士法人みやびではLINE上から気軽に無料相談を行う音ができますので、誰でも簡単に相談可能です。まずは以下のリンクから無料相談を行ってみてはいかがでしょうか。

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行の金額は?:まとめ

今回の記事では、退職代行の金額について詳しくご紹介しました。退職代行と一言で言っても、それぞれのサービスで料金設定は異なっており、どのサービスを利用するかによって金額にも違いが出ます。しかし、大切なのは金額のみに着目することではありません。

自分が置かれている環境を冷静に捉えて適したサービスを利用することが重要であり、まずはそのことをよく理解するようにしましょう。その上で、コスト面を把握し、より良い退職代行業者の選定を行ってください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました