退職代行で弁護士の費用はいくら?依頼するメリットや選び方は?

退職代行の弁護士の費用 退職

近年、退職代行サービスを利用する人が増えています。ブラック企業と呼ばれるような過酷な労働環境である会社が増えたことや多くの現場で人手不足が多発していることが要因として挙げられますが、具体的に利用する費用はいくらほど掛かるのでしょうか。

今回の記事では退職代行でも最も信頼度が高いとされている弁護士による退職代行に焦点を当て、その費用を解説していきます。現代の退職代行は基本的にリーズナブルな価格で利用でき、非常に便利です。これから退職代行サービスを利用したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行で弁護士を利用する費用について解説します

退職代行で弁護士の費用は?

結論からお話ししていきますと、退職代行で弁護士を利用する際の費用は50,000円ほどになっています。具体的な内容は以下の通りです。

  • 相談は基本的に無料
  • 退職代行を実行する際の費用
  • その他の費用

相談は基本的に無料

退職代行を弁護士に依頼する場合、相談料は基本的に無料であることが多いです。ただ、専門の退職代行業者ではない弁護士に依頼する際には相談料として5,000円程度が設定されているケースも。

この記事で解説している弁護士法人みやびでは相談料は無料になっていますが、もしご自分で弁護士事務所をお探しになる場合には相談料がいくらになっているかはよく確認しておくと良いでしょう。

退職代行を実行する際の費用

相談を行い、実際に退職代行を依頼する場合にはおおよそ50,000円程度の価格設定が相場となっています。ただし、退職代行業者によっては依頼内容によって料金も異なり、正社員を退職する場合には50,000円、パートやアルバイトなどはもう少し安い金額設定など、雇用形態によって価格設定を変更しているケースも。

その他の費用

そのほかにも、基本料金とは別にオプション料を設定しているケースもあります。例えば、退職代行に関しては50,000円、残業代や退職金の請求には別途料金または成果報酬型という形で設定される場合です。

そのため、基本的な料金設定だけではなく、オプション料としていくらの設定になっているかについてはよく見ておくようにしましょう。

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行で弁護士に依頼するメリットは?

では、実際に弁護士に退職代行を依頼するメリットとはどのようなことなのでしょうか。その内容としては以下のことが挙げられます。

  • 非弁行為(違法)にならない
  • 確実に退職できる
  • トラブルが発生しても安心

非弁行為(違法)にならない

退職代行を弁護士に依頼するメリットとして、まず挙げられるのは非弁行為にならないことです。

非弁行為とは?

非弁行為とは、弁護士や労働組合以外の人間が労働者の代理で交渉を行うことにより、違法になってしまうことです。弁護士法違反になり、罰せられる可能性があります。

退職代行で心配なのは違法行為になってしまい、トラブルを避けるために利用したにもかかわらず、逆にさらなる問題に巻き込まれてしまうことでしょう。このようなことになれば、なんのために退職代行を利用したのか分かりません。

弁護士による退職代行であればこのような非弁行為になるリスクはなく、安心して利用することができます。法律に強い専門家のサポートを受けられるため、利用者にもメリットがあるでしょう。

確実に退職できる

次に、退職代行を弁護士に依頼することで確実に退職できる点も魅力です。退職代行には通常の業者に依頼する場合・労働組合に依頼するう場合・弁護士に依頼する場合の3つのパターンがありますが、その中でも最も信頼できるのが弁護士による退職代行です。

ブラックな企業であれば退職に際して何かと問題が発生しやすく、慰謝料などを請求される場合もあります。そのようなとき、通常の退職代行であれば問題に対して交渉することができないため、最悪の場合は退職に失敗するということもあり得るでしょう。

しかし、弁護士の退職代行であれば法律の専門家がサポートしてくれますので、会社からどのような無理難題を突きつけられても確実に退職することができます。

トラブルが発生しても安心

このほかにも、どのようなトラブルが発生しても安心して退職を実現させられることは心強いポイントです。滅多にありませんが、退職に際して訴訟問題に発展したとしても弁護士の退職代行であれば対応することができます。

退職する際は会社と揉めやすく、どのようなトラブルに発展するのか予想できません。しかし、たとえ予想外のトラブルに見舞われたとしても弁護士であれば安心できますし、リスクに備えることが可能です。

退職代行で弁護士の選び方は?

では、実際に退職代行を弁護士に依頼する際にはどのようなことに着目して選べば良いのでしょうか。もし、これから利用する退職代行を選定する場合には以下のことに気を付けるようにしましょう。

  • 実績がある弁護士を選ぶ
  • 無料相談で見極める
  • 労働問題に詳しいかどうかチェック

実績がある弁護士を選ぶ

まず初めに大切なのは、実績がある弁護士を選ぶことです。弁護士であれば誰でも良いというわけではなくどれだけ実績があるのかを見極めることが最も大切です。例えば、弁護士であってもこれまで退職代行に一度も携わったことがなければ信頼性に欠けます。

利用したい弁護士事務所のホームページなどから過去の実績を確認し、退職代行を行った記録などをチェックしておくことが大切です。例え訴訟に発展したとしても安心して任せられるような弁護士であるのかよく見極めるようにしましょう。

無料相談で見極める

ネット上の情報だけではその弁護士の雰囲気や信頼できるかどうか判断するのが難しい場合には、ひとまず無料相談をしてみることをおすすめします。弁護士も人間ですので、話してみなければ分からないことも多いはず。退職の選択肢はあなたの人生にも非常に重要な決断となります。

そうした大切な選択を、本当に任せても大丈夫な人物なのかどうかを見極めることが大切です。メール上のやりとりだけでは分からない場合には電話相談や直接会ってみるのも有効でしょう。

労働問題に詳しいかどうかチェック

依頼しようと考えている弁護士が、労働問題に詳しいのかどうかを見極めましょう。弁護士といっても専門分野は様々です。これまで労働問題に関わったことがない弁護士に依頼してしまえば、うまく退職することができないなどのトラブルに発展するかもしれません。

上記でも解説したように、過去の実績をよくチェックして労働問題への取り組みがあるかどうかはしっかり見極めることが大切です。

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行を弁護士に依頼すべき人は?

具体的に退職代行を弁護士に依頼すべき人は以下の通りになります。

  • リスクを抑えて退職したい
  • 法的なトラブルになる可能性がある
  • 未払金の請求を行いたい

リスクを抑えて退職したい

まず、できるだけリスクを抑えて退職したい方は、弁護士による退職代行サービスを利用すべきであると言えます。退職代行には通常のサービス、労働組合によるサービス、弁護士によるサービスの3種類のものがあると先ほど解説しましたが、その中でも弁護士による退職代行は最も信頼度が高く安心できます。

非弁行為になる可能性もありませんので、リスクを抑えて取引を行いたいとお考えの人にはおすすめと言えるでしょう。

法的なトラブルになる可能性がある

また、会社を退職するにあたり法的なトラブルに発展しそうな方も弁護士による退職代行サービスを利用すべきです。例えば、会社から慰謝料を請求されていたり、退職に際して訴訟問題に発展しそうであるなど、何かしらの問題に巻き込まれそうな場合には弁護士による退職代行を利用した方が良いと言えます。

最初から弁護士のサービスを利用しておけば、もし法的な問題に発展したとしても対応することが可能です。

未払金の請求を行いたい

このほかにも、会社が残業代を払ってくれていなかったり、退職金を払ってくれる見込みがないケースでも弁護士を利用した方が良いと言えます。未払金を請求するには自分一人の力では難しいです。弁護士による退職代行を利用することにより、もし未払金を請求する場合でも対応してもらえることが可能です。

今後請求を行う予定がある場合には利用を検討するようにしましょう。

退職代行で弁護士に依頼する場合のおすすめは?

では、ここまでの内容を踏まえて退職代行を弁護士に依頼する場合のおすすめサービスについて解説していきます。もし、これから弁護士に退職代行を依頼しようとお考えの場合には、弁護士法人みやびの退職代行がおすすめです。弁護士法人みやびは退職代行に特化したサービスで、誰でも気軽に利用することができます。

みやび ホームページ
弁護士法人みやび

その強みと弱みは次のようになっているので、参考にしてください。

弁護士法人みやびの評判

弁護士法人みやびに退職代行を依頼するメリットは以下の通りになります。

  • LINEから無料相談できる
  • 退職代行の実績が抜群
  • リーズナブルな価格設定

LINEから無料相談できる

弁護士による退職代行と聞くと、敷居が高く感じられてしまうかもしれません。もし、自分で弁護士を探す場合にはそれぞれの事務所に問い合わせを行い、見極めていく必要があります。しかし、弁護士法人みやびではLINE上から気軽に相談することができますので、非常に手軽に申し込むことができます。

しかも、相談であれば無料ですので、とりあえず相談してみて、自分に合っていなければ利用しないということも可能です。弁護士によるサポートが受けられるのに、このように手軽に利用できることは利用する側にとって大きな魅力であると言えるでしょう。

退職代行の実績が抜群

弁護士法人みやびの退職代行は実績も抜群です。退職代行に特化したサービスとなっていますので、ただ弁護士であるだけではなく退職代行に経験豊富な弁護士のサービスを受けることができます。自分で弁護士を探す場合、過去の実績などを見て信頼できそうな弁護士事務所を探し出す必要がありますが、最初から退職代行に定評のあるサービスを利用すればそうした手間が必要なくなります。

もし、これから信頼できる弁護士の退職代行をお探しであれば、弁護士法人みやびを検討してみると良いでしょう。

リーズナブルな価格設定

最後に、弁護士法人みやびではリーズナブルな価格設定が行われています。55,000円で利用することができ、費用も10万円以内に収めることが可能です。弁護士事務所に直接依頼するとなれば、通常10万円以上のコストが必要になるケースもあるでしょう。

しかし、こうした手軽な料金で退職代行を利用できるため、コストの面でも安心することができます。予算的に10万円以内で退職代行サービスを活用したい方も問題なく利用することが可能です。

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行で弁護士の費用はいくら?:まとめ

今回の記事では、退職代行で弁護士に依頼する場合の費用について解説しました。退職代行を利用する場合、最も安心なのは弁護士による退職代行サービスを利用することです。ほかにも様々な退職代行がありますが、弁護士のサービスを利用すればどのような問題にも対応することができます。

ただし、その分価格としては退職代行業者の中では高めになっています。それだけ信頼性が高いことの裏返しでもあるのですが、利用する前にはその点を事前に理解しておくようにしましょう。

もし、これから弁護士による退職代行サービスを利用するのであれば、上記でもご紹介した弁護士法人みやびがおすすめです。無料相談が行われていますので、まずはお気軽に申し込んでみてください。今回の記事の内容を参考にして、スムーズな退職を実現させてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました