退職代行は批判される?利用すべきかどうか悩むあなたへ

退職代行は批判される? 退職代行

退職代行を利用したいけど、批判されるのが不安

退職代行を使うのは卑怯なのか?

そのようなことをお悩みではないでしょうか。

退職代行を利用することで職場の人と顔を合わせずに退職できたり、会社との交渉を代理で行ってもらえるのでメリットが大きいです。

今回の記事では、「退職代行を利用したら批判されるのか?」ということについて解説します。

退職代行を利用したいけど、批判されるのは怖いという方に向けて解説します

退職代行の利用は批判されるのか?その理由は?

まず、結論からお話すると退職代行の利用は批判されることもあります。

退職代行の利用が批判されることもある理由
  • 退職代行サービス自体が世の中に浸透していない
  • 退職の意思は自分で示さないといけないという文化
  • 現場のストレスから解放されることに対する嫉妬

退職代行サービス自体が世の中に浸透していない

退職代行サービスが批判される理由の一つとして、代行サービスそのものがまだ世間的に浸透していないことが挙げられます。

退職代行サービスが誕生したのはごく最近のことで、退職をする時には当たり前に利用するというレベルまでは到達していません。

利用者の数は年々増加しているものの、代行に抵抗を感じている人も一定数存在している状況です。

ただ、退職代行という形でサービスが提供される前までも、弁護士による退職の交渉という形で事実上同様のサービスは存在していました。

ですので、退職代行自体はかなり前から存在していると言えます。

退職代行という形でサービスが広まったのはごく最近。まだ利用するのが当たり前という状況ではないことが批判される要因として考えられます。

退職の意思は自分で示さないといけないという文化

日本にはまだまだ退職は自分で会社に伝えないといけないという文化があります。

労働者は会社に恩があり、その恩を仇で返してはいけないという考え方です。年配の方ほど、こうした考え方を持っている傾向にあります。

しかし、この考えは非常に古いものであり、労働者と会社は対等の存在です。

退職に際して会社に「罪悪感」感じる必要はなく、労働者はいつでも退職することができます。

もし、周囲からこのような批判を受けている場合は気にせず退職するのが良いでしょう。

退職は自分の口で伝えないといけないという古い考え方の人がいます

現場のストレスから解放されることに対する嫉妬

このほかにも、本当は自分も退職したいけど、なかなか言い出せずに嫉妬しているというパターンもあります。

ブラック企業などでは過酷な労働環境ゆえに、みんながストレスを感じてしまっているケースが多いです。

そんな中、誰かが退職代行を使ってストレスを感じずに退職しようとすれば、その人を批判したくなってしまう気持ちが出てしまうのは自然なことでしょう。

しかし、退職するのは本人の自由であるため、過酷な環境に身を置き続けるのも本人の責任です。

いつでも辞められるのに、辞めずにそこにとどまっているのも自己責任なのです。

そのため、こうした批判も気にすることはないでしょう。

本当は自分も辞めたいという嫉妬の感情ゆえに批判してくる人もいます

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!転職サポートまでしっかり行ってもらえます

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行を批判してくる人の心理とは?

退職代行の利用は批判されることもあると上記で解説しましたが、そのように批判してくる人の心理とはどのようなものなのでしょうか。

具体的には、以下のことが挙げられるでしょう。

退職代行を批判してくる人の心理
  • 退職届は自分で提出するものだという古い価値観を持っている
  • 本当は自分も退職したいと思っている
  • 退職者を批判して団結力を高めようとしている

退職届は自分で提出するものだという古い価値観を持っている

まず、退職代行を批判してくる人というのは、”退職届は自分で提出しないといけない“という考え方を持っています。

特に年配の人にはこうした思想を持っている人が多く、「最近の若者は根性がない」というふうに考えています。

しかし、今は昔のような働き方や常識が通用しなくなっていますし、このような考え方を気にしなくて良いです。

そもそも、自分で退職届を提出して問題なく退職できるような会社であれば、代行サービスなど利用しません。

こうした人の顔色をうかがっていてはいつまで経っても退職することはできないので気にせず代行サービスを利用しましょう。

年配の人ほど自分で退職を伝えないといけないという考えを持っています

本当は自分も退職したいと思っている

また、本当は自分も退職したいと考えている人ほど、退職代行の利用を批判してくる可能性が高いです。

ブラック企業などに勤めていれば、過酷な労働環境ゆえに多くの人が辞めたいと考えています。

しかし、なかなか言い出すことができずに退職できないというケースが多いです。

そんな中、誰かが退職代行を利用すると羨ましいと感じてしまうでしょう。

中には、

「あいつだけずるい!自分も辞めたいけど我慢して頑張ってるのに!」

などと逆恨みする人も。

過酷な労働環境下においては労働者の多くがストレスを抱えており、代行を使うと理不尽に批判されることも多いです。

ブラック企業ほど、退職する人には批判しがちです

退職者を批判して団結力を高めようとしている

これもブラック企業にありがちなことですが、退職者を批判することで現場の団結力を高めようとしているケースもあります。

ブラック企業は過酷な労働環境であるため、次々に人が辞めていってしまいます。

しかし、何人も辞められては会社側も困ってしまうでしょう。

ですので、そうした辞めた人たちを批判することで残っているメンバー内の結束を固めようとするのです。

「退職するやつは根性がない」

「退職代行なんて使うやつは常識のない人間だ」

このように攻撃することにより、ほかに退職者が出ないようにする狙いもあります。

ブラック企業では、退職する人を批判して他に退職者を出さないようにします

退職代行は批判されても利用すべき理由

上記では退職代行の利用が批判される理由や、批判する人の心理について解説しました。

しかし、例え批判されたとしても、現状が辛いのであれば代行サービスを利用すべきです。

その理由には以下のことが挙げられるでしょう。

退職代行を批判されても利用すべき理由
  • ブラック企業はどんな辞め方でも批判される
  • 精神を病んでも他人は責任を取ってくれない
  • 自分一人では対応できない問題もある

ブラック企業はどんな辞め方でも批判される

まず、あなたが現在ブラック企業に勤めている場合、どのような辞め方をしようと非難されてしまいます。

通常通り退職届を自分で提出しても、

「根性なしめ」

「会社に受けた恩を仇で返すとはね」

などと嫌味を言われるでしょう。

また、実際に退職する日までの間にいじめを受ける可能性もあります。

ブラックな環境では誰しもがストレスを抱えているので、そこから抜けようとする人は叩かれる可能性も高くなるでしょう。

そのため、どのみち批判されてしまうのであれば代行を利用してストレスなく辞めた方がメリットがあると言えます。

ブラック企業から辞める時は、どのみち批判されてしまいます

精神を病んでも他人は責任を取ってくれない

この記事を読んでいるあなたは、精神的にかなり弱っている状態にないでしょうか。

怒鳴ってくる上司やいつまで経っても終わることがない残業は、あなたの体力や判断力を奪います。

そうして精神を病んでしまったとしても、他の人は責任を取ってくれません。

自分の身を守れるのは自分だけです。

人の評価を恐れずに、代行サービスを利用してみてください。

自分を守ることができるのは、自分だけです!

自分一人では対応できない問題もある

このほかにも、自分一人ではどうしようもない問題も存在しています。

例えば、上司からパワハラを受けていたり、会社から訴訟問題を起こされそうになっているなど、個人では解決が難しい状況に陥っていることもあるでしょう。

そのような際には、退職のプロの力を借りた方が問題解決がスムーズです。

自分だけで解決しようと思わず、他の人の力を借りることをおすすめします。

個人の力だけで解決するのが難しい問題は、プロの力を借りましょう

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!転職サポートまでしっかり行ってもらえます

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

批判されるかで迷っているなら、使った方が良い

最後に、この記事を読まれているあなたが代行サービスの利用を「批判」されるかどうかで迷っているなら使うべきです。

なぜなら、あなたがどれほど追い込まれて苦しもうと、他の人はあなたを助けてはくれないからです。

自分の人生は自分でしか責任が取れません。

誰かの評価を気にして、自分を貶めることほど悲しいことはないでしょう。

人の評価を恐れず、勇気ある一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました