退職代行は逃げ?結論、そんなことありません。その理由を解説します!

退職代行は逃げ? 退職

近年では、退職代行サービスを利用する方が増えました。その背景としてはブラック企業が増加したことや退職の手続きを一人で行うことが難しいと感じる傾向が高まったことが挙げられるでしょう。退職代行サービスを活用して退職することは法的にも問題なく正当な手段ですが、退職代行の利用が逃げていると批判する人がいるです。

そこで、今回の記事では退職代行の利用が逃げではない理由について詳しく解説していきます。これから退職代行サービスを活用しようとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

退職代行が逃げではない理由を解説します

退職代行は「逃げ」ではない理由

結論から申し上げてしまうと、退職代行を利用するのは逃げではありません。その理由としては様々なことが挙げられますが、主に以下のことが理由であると言えます。

  • そもそも、会社がブラックである
  • 一人で対応するには限界がある
  • 退職代行はまだ新しいサービスである

そもそも、会社がブラックである

退職代行サービスの利用が逃げではないことの代表的な理由には、そもそも会社がブラックであるということが挙げられるでしょう。あなたの会社は次のような特徴に当てはまってはいないでしょうか。

  • 日々の業務中に罵声や暴言がある
  • 毎日残業が夜遅くまである
  • 土日出勤が当たり前になっている
  • とても退職を切り出せる雰囲気にない
  • 退職を切り出した人がひどい仕打ちを受けている

もし、こうした特徴に当てはまるのであれば、ブラック企業に勤めている可能性があります。近年では労働者を酷使するような悪質な会社が増えており、うつ病など精神的な病を発症して退職する人も増えているのです。

このような環境で働いているのであれば辞めたいと考えるのは自然なことでしょう。そもそもの労働環境がおかしい職場で働いているにもかかわらず、こちらが退職代行を利用して正式に辞めようとすれば「逃げだ!」と批判されるのは非常におかしな話であると言えます。

あまりにも会社がブラックである場合には、退職代行を利用した方が良いです

一人で対応するには限界がある

上述したようなブラック企業に勤めている場合、退職を切り出したとしても拒否されたり暴言を吐かれる可能性があります。

  • この忙しい時期に退職しようとするなんて、何を考えているのか
  • これまで会社から受けた恩を忘れたのか
  • お前なんて、他の企業に行っても通じるわけがない
  • 辞めるなら慰謝料を払ってもらう
  • 代わりになるような人材を連れてこい

退職したいと願い出れば、このように無茶な要求をしてくるということもあるでしょう。こうしたことを言われてしまえば、一人で対応するのは非常に難しいです。退職代行サービスを活用すれば退職の専門家が手厚くサポートしてくれますので、こうしたトラブルも解決することができます。

問題に対して一人で対応するには限界があります。抱え込まず、誰かの力を借りましょう

退職代行はまだ新しいサービスである

このほかに、退職代行の利用が「逃げ」であると批判される理由として、退職代行サービスが比較的新しいサービスであることが挙げられるでしょう。近年では利用者の数も増えており、認知度も高まっているものの完全に広まっているということではありません。

日本ではまだまだ退職は自分で行うべきであるという空気感があります。そのため、新しいサービスを利用して退職することに対して抵抗感を覚える人が多いのです。特に年配の方などであればその傾向が高く、「退職するのにサービスを利用するなどもってのほか」という雰囲気があります。

新しいサービスというのは浸透するまで批判されがちなものです。例えばスマートフォンなどもそうでした。発売された当初はガラケーが一般的であり、スマホに変更することに対して抵抗感を感じている人も多かったです。しかし、その利便性の高さから利用者も多くなり、今ではガラケーを使っている人の方が圧倒的に少数派となりました。

このように、現在は批判されるようなサービスでも将来的には当たり前になるものは多いです。退職代行も同じく、利用するのが当たり前であるという日が来るかもしれません。世間の評価などはその時々ですぐに変化するものですので、気にすることなくサービスを利用することをおすすめします。

退職代行サービスは、登場してからまだ間もないサービスです。時間と共に、利用も一般的になる可能性があります

退職代行は逃げではない。利用するメリットとは?

退職代行の利用は逃げではないことを上記で解説しましたが、利用するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。以下ではその主なメリットを解説していきます。

  • 会社の人と顔を合わせずに退職できる
  • トラブルに対応することができる
  • 未払いの残業代や退職金を請求できる

会社の人と顔を合わせずに退職できる

退職代行を利用する最大のメリットは、会社の人と顔を合わすことなく退職できることでしょう。退職代行の利用を考える方のほとんどが、ストレスなく会社を辞めたいと思っているはずです。そうした願望を叶えることができるのが、退職代行の魅力と言えます。

退職代行を利用すれば自分の代わりに退職代行業者が全ての手続きを行ってくれます。有給の消化などを行い、出社することなく退職が可能なのです。会社の人からの連絡も、基本的には退職代行業者を通して行うことになります。

会社から何か物品を借りている場合にも返却を行ってもらえるので、会社の人と一切顔を合わせる必要がありません。こうしたことは大きなメリットと言えるでしょう。

会社の人と一切顔を合わせずに利用することができるのは、最大のメリットであると言えます

トラブルに対応することができる

会社を退職する際に、何かとトラブルが起きやすいと思います。特に退職代行の利用を考えるほど追い込まれているのであれば、ブラック企業に勤めている可能性は高いでしょう。

  • 損害賠償の請求
  • そもそも退職届を却下される
  • 退職にあたって理不尽な要求を受ける

こうしたトラブルは実際には非常に多いです。もし巻き込まれてしまえば自分だけで対応するのが難しいと言えます。しかし、退職代行を利用することで自分が対応する必要がありません。弁護士などによる退職代行を利用すれば法律の専門家が自分の代わりに対応してくれるので、安心して退職することができます。

ブラックな会社は何かとトラブルに発展しやすいですが、退職代行サービスを利用することで安心して退職することができます

未払いの残業代や退職金を請求できる

日々の残業代や退職金が未払いとなっているケースは非常に多いです。そのような場合、正式に支払われていない分のお金を請求することが可能です。しかし、自分だけではこのような手続きを行うのはかなり難しいでしょう。

そのため、退職代行の力を借りることで支払われていないお金を取り戻すことができる可能性があります。

未払いになっているお金を正式に会社へ請求することができます

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行の利用に向いている人は?

退職代行を利用すべき人は、主に以下のような人です。

  • 一人だけで問題を解決できないほど、会社からの要求が理不尽
  • 会社を辞めることに対して、なんの未練もない
  • 精神的に病んでいる

一人だけで問題を解決できないほど、会社からの要求が理不尽

まず、会社からの要求があまりにも理不尽であり、一人だけで問題を解決できない状況になっている人は、退職代行を利用するようにしましょう。例えば、以下のような状態であれば、退職代行を活用した方が良いと言えます。

  • 退職届を会社に提出しても、拒否される
  • 退職したいのであれば、別の人材を連れてくるように言われる
  • 会社から慰謝料を請求される

このような状態にあれば、自分一人で退職するのは難しく、ずるずると長引いて退職することができない可能性もあるでしょう。そのため、専門の業者の力を借りて退職した方がスムーズに仕事を辞めることができ、賢明であると言えます。

一人でどうすることもできない状況にある人は、退職代行サービスを利用しましょう

会社を辞めることに対して、なんの未練もない

会社を辞めることに対して、未練がないということも退職代行サービスを利用すべき人と言えます。そもそも、会社を辞めるかどうかの気持ちが曖昧であれば、退職しても後悔することにつながります。そのため、本当に今の仕事を辞めても大丈夫なのか、ということをよく考えておかなければなりません。

自分自身に問いかけて、辞めても大丈夫だと思えるのであれば、退職代行を利用するとよいでしょう。

会社を辞めるのに全く抵抗がない人も、退職代行を利用して問題ないです

精神的に病んでいる

このほかにも、精神的に病んでいる方は退職代行を利用した方が良いです。例えば次のような症状がある方は、利用を考えた方が良いでしょう。

  • 夜、仕事が憂鬱すぎて眠ることができない
  • 特に悲しいこともないのに涙が出る
  • 仕事のことを考えるだけで吐きそうになる
  • 自分は価値のない人間だと感じる

このような状態にある方は、うつ傾向である可能性が高く、危険です。逃げているなどと余計なことは考えず、自分の命のためにも退職代行を利用することをお勧めします。

精神的に弱っていると、退職の手続きを冷静に進められない可能性があるので退職代行を利用した方が良いと言えます

退職代行の利用に向いていない人は?

上記では退職代行を利用すべき人について解説しましたが、その反対に退職代行を利用する上で向いていない人というのも存在します。主に以下のような特徴がある人は、利用するのを控える方が良いかもしれません。

  • 仕事を辞める覚悟ができていない
  • 惰性で仕事を辞めたいと考えている
  • 会社に感謝を伝えて辞めたい

仕事を辞める覚悟ができていない

まず初めに、仕事を辞める覚悟ができていない人は退職代行の利用を一度考え直した方が良いでしょう。当然ですが、退職代行を利用すると仕事を辞めることにつながります。しかし、中には本心が曖昧な状態で退職代行を利用してしまう方もおり、辞めた後に「もう少しよく考えてから行動すべきだった」と後悔してしまう方もいらっしゃいます。

そのため、まずは自分自身が本当に仕事を辞めたいと考えているのかどうかを考えておくようにしましょう。覚悟が曖昧な状態で退職代行を利用したとしても、あまり良い結果にはつながりません。

仕事を辞める覚悟が中途半端な状態であれば、退職代行の利用はお勧めできません

惰性で仕事を辞めたいと考えている

仕事を辞めたいと考えていても、惰性で辞めたいだけということもあります。例えば、「朝起きるのが眠いから仕事を辞めたい」「仕事がつまらない」などは甘えているだけかもしれません。社会人となり、働き出せば全てが面白い仕事であるとは限らないでしょう。

こうした惰性的な理由で退職代行を利用してしまうと、次の職場でも同じようなことになり、辞めることを繰り返してしまう可能性もあります。まずは自分が辞めたいと感じている気持ちが、ただの惰性ではないかについて考えてみましょう。

もし、考えても分からないような場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

ただ甘えているだけではないか、よく考えた上で利用しましょう

会社に感謝を伝えて辞めたい

最後に、会社へ感謝の思いを伝えてから辞めたいという方も、退職代行の利用に向いていないと言えます。退職代行サービスを利用して退職する場合、どうしても会社からの印象は悪くなってしまいます。そのため、上司や同僚に感謝の思いを伝えてから辞めたいと考えている場合には一度考え直した方が良いでしょう。

退職代行を使うと、会社からのイメージは悪くなります。その覚悟を持って利用しましょう

退職代行は逃げ?:まとめ

今回の記事では退職代行の利用は逃げなのかということを解説しました。

上記でも解説しましたが、退職代行の利用は決して逃げているということではありません。法的にも問題なく、正式な手段なのです。特に現状勤めている会社がブラックである場合には自分だけで退職することは難しく、利用した方がスムーズに退職できる可能性が高いでしょう。

そのため、逃げなどという意味の分からない批判は気にせず利用することをおすすめします。当ブログでは退職代行に関する記事を多数作成していますので、ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました