退職代行で失敗する例は?実際のケースとリスクを下げる方法を解説!

退職代行で失敗する例は? 退職

現代では退職代行サービスを利用する人が増加しています。退職したくてもできない過酷な労働環境にいる人や、自分で退職を切り出すのが難しい状況にある人など、その背景は様々です。

もし、これから退職代行を利用したいと考えている場合には、できるだけ失敗したくないと思われるでしょう。そこで、今回の記事では退職代行で失敗する例とそのリスクを下げる方法について解説します。

これから退職代行の利用をお考えの場合は、ぜひ参考にしてください。

退職代行で失敗する例とそのリスクを下げる方法について解説します

退職代行で失敗する例は?

退職代行を利用して失敗してしまう事例とはどのようなものがあるのでしょうか。その内容としては様々ですが、主に以下のものが挙げられるでしょう。

退職代行で失敗する例
  • 退職することができない
  • 会社から慰謝料の請求を受ける
  • 自分で手続きをしなければならなくなる
  • 退職するまでに嫌がらせを受ける
  • 違法になってしまう

以下ではそれぞれの事例について詳しく解説していきます。

退職することができない

退職代行の代表的な失敗として、そもそもの退職に失敗してしまうことが挙げられます。退職したいと思って退職代行を利用したのに、退職することができなければ本末転倒です。退職することができない理由には以下のことが挙げられるでしょう。

  • 会社が弁護士以外の退職代行とやりとりすることを拒む
  • 退職代行業者と会社のやりとりがうまくいかない
  • 法的なトラブルが発生する

こうした事態にならないようにするには、最初から弁護士による退職代行を利用することをおすすめします。上記のこと以外でも何かしらのトラブルに発展する可能性は高く、どのような問題が発生するかわかりません。

特に、ブラック企業から退職したい場合には何かと問題が発生しやすく、リスクも高めです。あらかじめリスクに備えられる退職代行を利用しておくことで、あらゆる事態に対処することができるでしょう。

確実に退職するためにもう退職代行サービスを利用するのがお勧めです

会社から慰謝料の請求を受ける

会社から慰謝料の請求を受けるケースもあります。これは退職することにより会社側に大きな損害が出るなどのケースではあり得る問題です。実際に、過去に退職代行を利用したものの会社側から慰謝料を請求された事例がありました。

ただ、こうしたことは滅多にあることではありません。会社側も相当な理由があり、慰謝料を請求していることが予想されます。しかし、こうしたリスクにもしっかりと備えたいのであればやはり弁護士の退職代行がおすすめと言えます。

慰謝料を請求されたり、損害賠償を求められる事態に発展してしまえば、通常の退職代行業者では対応するのは難しいです。法律面に詳しい退職代行を利用することが大切になり、そういった点でも弁護士のサービスを利用するのが望ましいでしょう。

法的なトラブルに巻き込まれてしまっている場合には弁護士による退職代行利用しましょう

自分で手続きをしなければならなくなる

退職代行業者を利用する人の多くは、できれば自分の代理で退職の手続きを行ってもらいたいと考えているはずです。実際、退職の交渉や有給の取得などを行うことを売りにしている退職代行業者は多く、そうしたことが利用するメリットであると言えます。

しかし、中には退職代行業者と会社側の連絡がうまくいかず、結局自分で手続きを行わなくてはならなくなったケースもあるのです。このようなことになると、なんのために退職代行を利用したのかわかりません。

スムーズに退職代行を実施するためには、退職代行業者選びを入念に行うことが大切です。自分が置かれている状況に適した退職代行を利用することや、対応が丁寧な退職代行を見極めることが必要になるでしょう。

このようなトラブルにならないためにも、退職代行選びは入念に行いましょう

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職するまでに嫌がらせを受ける

退職するまでに嫌がらせを受けてしまうというのも退職代行を利用する失敗例として挙げられるでしょう。退職代行を利用すれば多くのケースで職場に顔を出さずに退職することができるのですが、中には手続きの手違い等によって退職するまで職場に行かなければならなくなるケースもあるようです。

このような事態になってしまうと、退職代行を利用してやめようとしている噂が職場内で広がってしまい、ブラック企業なのであれば退職日までいびられたりいじめられたりするなど嫌がらせを受けてしまうことがあります。

ただでさえ顔出さずに仕事を辞めたいと考えているのに、退職日まで嫌がらせを受けるようなことになってしまえば何のために退職代行利用するのか分からなくなってしまうでしょう。このようなことにならないためにはやはりしっかりと手続きを行ってくれる退職代行選びが欠かせません。 いかに記載するような退職代行で失敗しないための方法を熟読するようにしてください。

退職代行選びをしっかりと行えば、このような事態になる心配はありません

違法になってしまう

このほかにも退職代行を利用する大きな失敗例として違法になってしまうということが挙げられます。退職代行は基本的に労働組合もしくは弁護士が運営する退職代行サービス以外に依頼したときには、退職の意思を会社側に伝えるのみに限られるのです。

もし労働組合もしくは弁護士が運営する退職代行サービス以外の人間が労働者に代わって代理で金銭等の交渉を行ってしまえば非弁行為と言われる違法とみなされてしまう可能性があります。

非弁行為とは?

弁護士ではない人間が報酬を得る目的で弁護士にしか認められていない行為を行うことをいいます。弁護士法第72条により報酬を得る目的で弁護士にだけ認められている行為が禁じられており、こうした法に反した行動を行ってしまうと非弁行為とみなされ違法になってしまう可能性があります。

利用している退職代行サービスがもし1日弁行為となってしまっても、利用者に違法性があるとみなされる事はほぼありませんが、事情聴取を受けるなどのトラブルに巻き込まれてしまう可能性はあるでしょう。トラブルを回避するために退職代行を利用したのに、逆にトラブルに発展してしまっては元も子もありません。

こうしたトラブルを避けるためには、労働組合もしくは弁護士が運営する退職代行サービスを利用するのがお勧めです。

非弁行為になってしまうことが心配であれば、労働組合もしくは弁護士による退職代行サービスを利用しましょう

退職代行で失敗を恐れずに利用すべき人は?

退職代行利用して失敗する人がいるのは事実ですが、状況によっては失敗を恐れずに利用すべき人も多いでしょう。もしあなたが行かないような状況に当てはまっているのであればまずは利用して現場の問題を解決することを検討してみてください。

退職代行で失敗を恐れずに利用すべき人
  • 日常的なパワハラを受けている
  • 精神的に弱っている
  • 法的なトラブルに巻き込まれそうになっている

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

日常的なパワハラを受けている

まず、上司から日常的なパワハラを受けていると言うような方は退職代行サービスを積極的に利用すべきでしょう。あなたは上司から以下のようなパワハラ行為を受けていないでしょうか。

  • 人格否定をされる
  • 何か失敗をしたときに大声で暴言を浴びせられる
  • 今のお前があるのは会社のおかげだという洗脳を受ける
  • 飲み会などを強要される
  • 上司の機嫌次第で怒られる

このようにパワハラを受けていれば、退職を自分だけで行うのは難しいといえます。例えば退職届を提出したとしても暴言や罵声を浴びせられたり、退職そのものを拒否される可能性もあるでしょう。退職は労働者に認められている権利ですので会社側が拒否することはできません。

しかし、こうしたパワハラ上司はルールを理解していませんので、法に基づかない行為を平気で行ってきます。そのため第三者に介入してもらい退職の手続きを進めてもらうのが最も良いでしょう。このようなことから日常的にパワハラを受けている場合には退職代行を積極的に利用すべきであると言えるのです。

日々の業務の中でパワハラまがいの行為を行われている場合には、退職代行利用して仕事を辞めるのがオススメです

精神的に弱っている

また精神的に弱ってしまっている場合も退職代行サービスを利用するのをお勧めします。ブラック企業なので長期間働いていると自分自身に価値がないものだと思っていたり、弱気になってしまっている人も多いです。そのような状態では退職の手続きを進める事は難しく、自分だけで退職するのは非常に厳しいと言えるでしょう。

もし退職することができたとしても、会社側に有利な条件を突きつけられていたり、不利な状況に追いやられてしまうことも多々あります。ブラック企業等であれば未払いとなっている金額なども発生していることがありますが、精神的に弱っていればこのような請求を行うのは非常に難しいです。

しかし退職代行サービスを利用することによってこれまで自分が働いた成果や未払いになっている金額を正式に請求することが可能になります。そのため。もし今の自分に冷静に判断するだけの能力がないと考える場合は退職代行サービスを利用するのが良いでしょう。

精神的に弱っていると冷静な対応することができません。第三者の力を借りてしっかりと対応していくことが大切です。

法的なトラブルに巻き込まれそうになっている

このほかにも法的なトラブルに巻き込まれそうになっている場合には退職代行サービスを利用するのが良いです。例えば会社側から慰謝料を請求されていたり、損害賠償訴訟を起こされそうになっているといったケースでしょう。言うまでもなくこうした事態になってしまえば自分の身を守るためにも弁護士等の退職代行サービスを利用するのがおすすめです。

訴訟などに発展してしまえばこうしたトラブルに対応することは厳しいです。そのため法的なサポートを受けるためにもできるだけ弁護士によるサービスを利用するのがオススメと言えるでしょう。

このほかにも法的なトラブルに巻き込まれそうになっている場合には退職代行利用しましょう

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行で失敗しないためには?

猟奇では退職代行サービスを利用した失敗例についてご紹介しましたが、退職代行で失敗しないためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。もしこれから退職代行サービスを利用しようとお考えの方は以下のことに注意しましょう。

退職代行で失敗しないためには?
  • 自分の状況に適した退職代行利用する
  • 無料相談で対応の丁寧さを見極める
  • 絶対に失敗したくない場合には弁護士による退職代行利用する

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

自分の状況に適した退職代行を利用する

まず初めに、自分の状況に適した退職代行を利用することがおすすめです。退職代行と一言で言っても、その種類は様々であり置かれている状況によってどの退職代行利用すべきかが異なります。例えば以下のような3種類に分けることができるのです。

退職代行における3つの種類と相場
  1. 弁護士による退職代行(50,000円ほど)
  2. 労働組合による退職代行(30,000円ほど)
  3. 通常の業者による退職代行(20,000円ほど)

このように退職代行には大きく分けて弁護士によるサービス、労働組合によるサービス、通常の業者によるサービスの3つが存在しています。それぞれサービス内容は退職代行を行う点では共通しているのですが、どれほどのサービスが受けられるかというのは異なっています。

状況に合わせて開設する、例えばアルバイトなどを行っており、退職代行を利用したいと言う場合には通常の業者による退職代行でも問題ないかもしれません。これは法的な問題に発展するリスクが少ないですし、利用する人もおそらく大学生などが多いと思いますので、コストの点などを考えてできれば安く抑えたいと言う形に向けて通常の退職代行がオススメだからです。

それに引き換え、もし現場公務員等で働いている場合には弁護士による退職代行が適しているといえます。なぜならば国家公務員法や地方公務員法などを法律に則った退職代行サービスを活用する必要がありますので、必然的に弁護士による退職代行でなければ対応することが難しい場面が出てくるからです。

このように退職代行を、自分の状況と照らし合わせてどのサービスを利用すべきかについてはよく考えなければなりません。現状の状況を整理し、自分がどのサービスを利用すべきかについてはよく考えるようにしましょう。

退職代行といってもその種類や相場は様々です。今の自分の状況と照らし合わせて適したサービスを利用するようにしましょう

無料相談で対応の丁寧さを見極める

次に無料相談で退職代行サービスの対応についてよく見極めると言うことも非常に大切になります。多くの退職代行サービスでは無料相談が実施されています。最初の段階で相談するのは無料となっており、その相談に応じて利用すべきかどうかを判断することができるのです。

退職代行業者といっても対応するのは人間ですので、合う人や合わない人というのもいるでしょう。また言葉遣いが不適切であったり、レスポンスが遅いなど対応に違和感を覚える場合には利用しない方が良いといえます。そうした不手際がある場合後々に問題になる可能性もありますので、最初のうちに見極めることが大切です。

上記でも解説したように、退職代行で失敗しないためにはどの退職代行を選ぶのかと言うことが非常に大切になります。そういった点で無料相談と言うのは非常に大切な役割を担っているのです。最初の段階で相手が信用できる業者なのかどうかをしっかり見極めるようにしましょう。

しっかりとした退職代行業者を選ぶためにも無料相談で対応を見極めることが大切です

絶対に失敗したくない場合には弁護士による退職代行を利用する

最後に、もし退職代行に絶対に失敗したくないと言う方は最初から弁護士による退職代行を利用するのが良いでしょう。弁護士による退職代行は他の退職代行サービスとは異なり法的な面までサポートを受けることができます。

ブラック企業に勤めていれば何かとトラブルが起きやすい退職の手続きですので、何が起きるか分かりません。しかし弁護士による退職代行サービスはどのような事態に発展したとしてもすべての問題に対処することができます。リスクを抑えた退職を実現できるため非常にオススメと言えるのです。

もし退職代行に関するリスクが不安である場合には弁護士の退職代行を利用するのが良いでしょう。お勧めの退職代行は以下で解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

もし、絶対に失敗したくないという場合には、最初から弁護士による退職代行サービスを利用することが良いでしょう

退職代行で失敗したくない場合は弁護士がおすすめ!

では実際に利用すべき弁護士による退職代行サービスをご紹介いたします。お勧めの弁護士による退職代行サービスは弁護士法人みやびの退職代行です。

みやび ホームページ
参考:弁護士法人みやびの退職代行より
弁護士法人みやびの退職代行サービスのメリット
  • LINEで24時間相談することができる
  • 料金もリーズナブルで、法律のプロによるサポートが受けられる
  • 退職の連絡や交渉など、全てを代理で行ってくれる

以下では弁護士法人みやびの退職代行利用するメリットについて詳しく解説していきます。

LINEで24時間相談することができる

弁護士法人みやびではLINE上から24時間相談することが可能です。退職代行サービスを利用したい場合、明日の仕事にどうしても行きたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合でも、無料相談を行うことができますので、スムーズな退職を実現することができます。

また弁護士による退職代行サービスと聞くと敷居が高く感じられるかもしれません。しかし、こちらのサービスではLINE上から気軽に相談することが可能であるため、誰でも簡単に利用できる点はユーザにも大きな魅力となるでしょう。

メールでも相談することが可能ですので状況に応じて適したものを利用すると良いです。相談自体は無料で行うことができますのでまずはとりあえず相談してみて、利用するかどうかを判断してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人みやびでは、 LINE上から気軽に相談することができます

料金もリーズナブルで、法律のプロによるサポートが受けられる

弁護士による退職代行サービスと聞くと気になるのはその料金設定ではないでしょうか。弁護士というだけで100,000円以上の料金が発生してしまうというイメージを持ちがちですが、こちらのサービスでは料金が55,000円の価格となっています。

法的にも手厚いサービスを受けられるにもかかわらず、100,000円以内のコストで利用できるのは非常に大きな魅力といえます。

また、もし現場残業代の未払いや退職金を 請求するような場合では、利用することでお金が返ってくることも考えられるでしょう。そうなるとむしろコストがプラスになるということも十分あり得ます。そうした点も無料相談でまずは相談してみることがお勧めです。

55,000円で利用することができリーズナブルな価格設定となっています

退職の連絡や交渉など、全てを代理で行ってくれる

弁護士法人みやびでは、 退職に関する連絡やその他諸々の交渉などを全てをあなたの代わりに行ってくれます。職場に一切顔出す必要はなく、ストレスを感じずに退職することができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

何かとトラブルが起きやすい退職の手続きですがどのようなトラブルが発生したとしても弁護士によるサポートを受けることができますので安心です。

また、現場をつ傾向にあったり仕事が原因で何らかの病気に なってしまっている場合であれば労災の認定を獲得できる可能性もあります。ただ労災の獲得を行おうとすると専門的な手続きや煩雑な書類等を処理する必要があるでしょう。

そうした事は個人だけでは行うのは難しく専門家のサポートが必要になります。そういった点も弁護士によるサポートを受けることで スムーズに行うことができるため安心して利用できます。

まずは以下のリンクから気軽に無料相談してみてはいかがでしょうか。

あなたの代わりにすべての手続きを行ってくれます

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行で失敗する例は?:まとめ

今回の記事では退職代行で失敗する例について詳しく解説しました。退職代行サービスを利用すれば退職に関するあらゆるトラブルを解決することができ、利用者にとっても心強い存在となっています。

ただし、退職代行を利用することで失敗してしまうケースがあるのは事実です。このようなことにならないためには自分の状況に適したサービスを利用したり、退職代行業者の選定が欠かせないといえます。

もし不安であるならば弁護士による退職代行サービスを利用するのがお勧めです。弁護士による退職代行サービスではどのようなトラブルが発生しても安心できますので、今回の記事の内容を参考にしてぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました