退職代行で罪悪感を感じなくて良い!その理由を詳しく解説!

退職代行で罪悪感を感じなくて良い!その理由を詳しく解説! 退職

近年、退職代行サービスが話題です。退職代行を利用することでブラックな職場から解放され、現状の悩みを解決することにつながります。しかし、退職代行サービスの利用に対して罪悪感を感じる人も多いようです。そこで、今回の記事では退職代行サービスに罪悪感を感じる必要がない理由や、なぜ罪悪感を感じてしまうのかということについて解説していきます。

退職代行で罪悪感を感じる人は一定数いる

まず初めに、退職代行サービスに罪悪感を感じる人というのは一定数存在しているということをお話しします。その内容としては以下の通りです。

  • 退職することは自分で伝えるべきであると考えているから
  • これまでお世話になった会社に申しわけがないと思っているから
  • 第三者のサービスを利用することが情けないと感じているから
  • 周囲に批判されるから

このように、罪悪感を感じてしまう人というのは、様々な要因から罪の意識を持ってしまいますが、はっきり言ってこのようなことは感じる必要がありません。退職代行サービスは他の記事でも解説しているように、合法的なサービスです。

まだまだ世間的に認知されていないというだけで、今後は一般的に利用されている可能性もあります。そのため、将来的には退職する際には退職代行サービスを活用するのが一般的になる可能性もあるでしょう。

退職代行で罪悪感を感じる必要がない理由

上記では退職代行の利用に対して罪悪感を感じてしまう人が一定数存在していることを解説しましたが、実際には罪悪感を感じる必要はありません。その理由としては以下のことが挙げられます。

  • そもそも、ブラック企業だと一人ではどうしようもない
  • 精神を病んでいると退職の手続きができない
  • 法的に問題のないサービスだから

そもそも、ブラック企業だと一人ではどうしようもない

退職代行の利用に罪悪感を感じる必要がなあい理由として、そもそもブラック企業に勤めている方であれば一人ではどうすることもできないというものがあります。例えば、以下のような企業で働いている場合には、一人だけで辞めるのは非常に難しいでしょう。

  • 日常的にパワハラや人格否定される
  • 退職届を拒否される
  • 慰謝料を請求される
  • 代わりの人材を連れてこいと言われる
  • 会社に受けた恩を忘れたのかと叱責される

こうした状況にお悩みの方は少なくないはず。ブラック企業では上記のような理不尽な要求が行われることも少なくありません。そのため、どうしても個人一人の力で退職するのは難しいと言えます。

退職代行サービスを活用することで、こうした労働上のトラブルを解決することが可能です。職場に一切顔を出さずに退職することができ、ストレスなく辞めることができるでしょう。

精神を病んでいると退職の手続きができない

ブラックな環境で長期間働いていると、精神を病んでいるということも少なくありません。上述したように、パワハラが横行しているような職場では心身ともに疲弊し、うつ傾向の状態に陥ってしまうことも。あなたは次のような症状が出ていないでしょうか。

  • 朝、職場に行こうとするだけで吐いてしまう
  • 夜遅くまで眠ることができない
  • いつも仕事のことを考えてしまう
  • 自分は価値のない人間だと思う
  • 消えてしまいたい

もし、上記のような特徴に当てはまっている場合は、うつ病になっているかもしれません。そのため、すぐにでも退職して別の職業を探した方が良いです。

しかし、このように心理的に弱っている人というのはどうしても自分で退職を切り出せずに会社側の言いなりになってしまいがちでしょう。弱っている状態で残業代の請求や退職金の交渉など、行えるわけがありません。

そんな時、頼れる代行サービスがあれば自分の代わりにこうした交渉も引き受けてもらえます。精神が衰弱していても、自分が働いた分の正当な対価を請求できますので、心強いはずです。

法的に問題のないサービスだから

最後に、退職代行は法的にも認められているサービスです。もし、法的に問題があるのであればここまで世間に認知されていませんし、利用する人もいないでしょう。にもかかわらず、罪悪感を感じてしまう必要はないのです。

例え批判されたとしても法で裁かれることはありませんし、それを言い出すのであれば不当な労働を強要している会社側が非難されるべきでしょう。正当な対価が支払われていないにもかかわらず、労働者が自分の権利を守るために代行サービスを使用した途端に批判するのはおかしな話です。

そのため、全く気にする必要はありません。自分の権利を守れるのは自分だけなので、罪悪感など感じず利用すると良いでしょう。

退職代行で罪悪感を感じるのはなぜ?

さて、上記では退職代行の利用で罪悪感を感じる必要がないことについて述べましたが、そもそも退職代行の利用で罪悪感を感じてしまうのはなぜなのでしょうか。その理由としては以下のようなことが挙げられるでしょう。

  • 周囲から批判されるから
  • まだサービスが浸透していない
  • 日本の文化的背景

周囲から批判されるから

まず、罪悪感を感じてしまう要因として、周囲から批判されるということが挙げられるでしょう。例えば、家族や友人、上司などの身近な人物が「退職代行なんてありえないよね〜」などと話していたとしましょう。

そういった意見を聞いてしまえば、「退職代行を使ってやめればきっと批判される」と思ってしまいます。これが罪悪感を感じるきっかけとなり、なかなか利用することができません。

しかし、上記のような批判は極めて自己中心的なものです。きっと、あなたが現在どれほど苦しい状況にあるのか、退職代行の利用を考えるほど追い込まれているということについて把握していないでしょう。

それなのに、一方的に批判だけしてくるのはおかしい話だと思います。無責任な意見に惑わされず、自分がどうしたいのかということをよく考えることが大切です。

まだサービスが浸透していない

退職代行サービスが日本に浸透しきっていないということも、利用する上で代行サービスを罪悪感を感じてしまう要因になっているでしょう。退職代行サービスが登場したのは、ここ3年ほどであり、利用する人の数は年々増加しているもののまだまだ一般的になっているとは言えません。

そのため、サービスを利用することに気が引けてしまうという方も多いでしょう。しかし、これは時間の流れとともに状況は変化していくことが予想されます。例えば、携帯電話などの例が分かりやすいでしょう。

10年ほど前まではガラケーと呼ばれる旧式のものが一般的でした。しかし、スマホの登場によって状況が変わります。最初のうちはスマホを使用する方が珍しい時期もありましたが、数年ほどでスマホの利用者が増え、現在ではガラケーを使用している人はほとんどいません。

このようなことからも、現在は少数派であったとしても、今後は一般的なサービスになっていくことは十分ありえるのです。そのため、利用する際には気兼ねなく相談してみることをおすすめします。

日本の文化的背景

このほかにも、退職代行の利用に関して罪悪感を感じてしまう背景には日本の文化が要因していることがあるでしょう。日本にはまだまだ「途中で仕事を辞めてはいけない」「退職する時は自分で言わなければならない」などという文化があります。

こうしたことからも、なかなか第三者による退職代行を利用することができず、苦しんでいる人もいるでしょう。しかし、上記のような文化は古い価値観であると言わざるを得ません。先ほども解説したように、自分で退職したくとも、できない状況に陥っている人も多いです。

しかし、そのような苦しい状況で精神を病んだり、自ら命を絶ったとしても他の人は助けてくれませんし、責任を取りません。自分の人生は自分で責任を持つしかないのです。

このような文化や空気感に惑わされず、自らの命は自分で守るしかありません。後悔しない選択をするようにしましょう。

退職代行で罪悪感を感じる人ほど利用すべき理由

退職代行で罪悪感を感じる人ほど、実は利用した方が良いケースが多いです。それは以下のような理由があります。

  • 罪悪感を感じる人は、自分を追い込みやすい
  • 環境を変えることで活躍できる可能性がある

罪悪感を感じる人は、自分を追い込みやすい

まず一つ目の理由として、罪悪感を感じる人は自分自身を追い込みやすい気質を持っています。そもそも、真面目であるからこそ精神的に追い詰められるということであり、適当に生きている人なら退職代行を利用しようなどと考えません。(急に会社をバックれたりします)

どうしても辞めたいけど、人に迷惑が掛かる。でも、自分の心はもう限界にきている。どうすれば良いのだろう。

そんな葛藤の気持ちが、退職代行サービスの利用を検討させるのです。つまり、罪悪感を感じている人というのは自分自身に責任感が強く、病みやすい一面を持っているともいえるでしょう。

そのため、現状の状態で働き続けるとうつ病などを発症してしまう可能性も。仕事は精神を病むほどするものではありません。最低限、生活をするためにお金が稼げればそれで良いのです。

きっと、この記事を読んでいるあなたは非常に辛い現状を生きているはず。もう少し自分に優しくなってみてはどうでしょうか。退職代行は、現状のお悩みを解決する大きな一手になります。

環境を変えることで活躍できる可能性がある

もう一つの理由は、現状辛い状況にあったとしても環境を変えることで活躍できる可能性があるからです。ここで少しだけ私の話をします。私はこれまで教員として働いていました。しかし、仕事に向いていなさすぎて精神を病み、転職した経験があります。

現在はWEBライターとして生活していますが、かなり快適な生活です。人間関係上の悩みもありませんし、収入は当時よりも高い状況にあります。WEBライターへの転職は非常に珍しい例だと思いますが、ここまで特殊な転職でなくとも他の仕事に変えるだけでも状況は変わる可能性は大いにあるはず。

そのため、今のブラックな環境から逃げ出して、自分が活躍できるフィールドを探してみてはいかがでしょうか。

おすすめの退職代行サービス

最後に、おすすめの退職代行をご紹介します。私のおすすめは弁護士法人みやびの退職代行です。

みやび ホームページ
参考:弁護士法人みやびの退職代行より

弁護士法人みやびを利用するメリットは以下の通りです。

弁護士法人みやびの退職代行サービスのメリット
  • LINEで24時間相談することができる
  • 料金もリーズナブルで、法律のプロによるサポートが受けられる
  • 退職の連絡や交渉など、全てを代理で行ってくれる

税込55,000円で利用することができ、弁護士による安心のサポートで退職することができます。利用すれば自分は自宅にいるだけで他の手続きを全て行ってくれますので、ストレスなく退職を実現させることが可能です。

無料相談が行われていますので、ぜひ以下のリンクから相談してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行で罪悪感を感じなくて良い!:まとめ

今回の記事では、退職代行で罪悪感を感じなくて良い理由やその背景などについて解説しました。これから退職代行の利用を検討している場合は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました