退職代行のやばい業者とは?選んではいけない業者の特徴

退職代行はやばい? 退職

近年、退職代行サービスの需要が高まっています。ブラック企業と呼ばれるような業者が増加したことや、どこの企業でも深刻な人材不足に陥っていることなどから、退職代行を利用してでも仕事を辞めたいという人が増えているのです。

また、最近では自分で退職の意思を伝えることを難しいと感じる若者の増加も、退職代行サービスの利用につながっています。

ただし、退職代行業界自体もまだまだ新しい業種であり、「やばい」業者も存在している現状にあります。そこで、今回の記事ではそんなやばい業者に引っかからないための方法について解説します。

やばい業者の特徴や見分け方を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のやばい業者について解説していきます

退職代行でやばい業者の特徴とは?

では、実際にやばい業者の特徴を見ていきましょう。以下のような退職代行業者は極力利用しないことをおすすめします。

  • クチコミの数が少なすぎる
  • サイト情報が古い
  • レスポンスが遅い・対応が雑
  • 相場よりも価格が高すぎる
  • ホームページに会社概要がない
  • 有料オプションが高い

クチコミの数が少なすぎる

まず最初に、口コミの数が少ない退職代行業者は利用するのを辞めておきましょう。そもそも、口コミがないということは利用者がいないということを表しています。これまでの実績がなければ、信用に足る業者ではないということでしょう。

やはり第三者が利用してどうだったのかという情報についてはある程度理解した上で利用したいですよね。ホームページやネット上で口コミや評判が少ない退職代行は利用しないことがおすすめです。

ホームページ上の口コミが少なすぎたり、どれだけ検索しても口コミがない場合は怪しいですね

サイト情報が古い

サイト情報が古い退職代行サービスも、あまり利用することをおすすめできません。例えばホームページを見てどこから応募すれば良いのか分からない配置になっていたり、明らかにデザインが整えられていない業者などは利用しないほうが良いでしょう。

ビジネスとしてしっかりとした基盤がある会社であれば、まずはホームページ上のデザインをしっかりと整えるはずです。にもかかわらず、集客ページを整えることをしていないのであれば、そこまで人手が足りていないか、もしくは信用できない業者ということです。公式のサイトをチェックして、何か違和感を感じるようであれば利用しないのが得策と言えます。

あまりにもサイトの情報が古いと、ネット上の対策まで手が回っていないということも考えられます。信用性に欠けるため、利用しない方が良いでしょう

レスポンスが遅い・対応が雑

退職代行サービスの多くは、利用する前に無料相談が行われていることが多いです。その際に、連絡しても長時間返信がなかったり、対応があまりにもお粗末である場合にはやばい業者であると言えるでしょう。

実際に退職代行を依頼するのであれば、誰もが信頼できる人にお願いしたいと思いますよね。しかし、無料相談の時点で対応が失礼であれば、そもそもその業者へは頼みたいと思いません。

最初の段階で違和感を感じる場合、サービスを利用してもあまり満足できない可能性が高いでしょう。相談する時に、相手の対応をよくチェックしておきましょう。

退職代行では無料相談が行われていることが多いです。最初の段階で業者を見極めましょう

相場よりも価格が高すぎる

料金設定もしっかりと確認しておきましょう。退職代行業者全体の相場よりも、明らかに高めに設定されているのであれば要注意であると言えます。相場がよく分からないという方は、次の相場感を押さえておきましょう。

退職代行における3つの種類と相場
  1. 弁護士による退職代行(50,000円ほど)
  2. 労働組合による退職代行(30,000円ほど)
  3. 通常の業者による退職代行(20,000円ほど)

こうした全体の相場よりも、明らかに高い値段設定になっている場合には、利用するのは一度考え直すべきであると言えます。

全体相場と比較して、あまりにも安すぎる場合には疑うようにしましょう

ホームページに会社概要がない

ホームページ上に会社概要が存在しない会社もやばいです。まともな退職代行であれば、運営元の情報についてホームページに記載されているのです。

そういった情報が存在しないということは、できるだけ自分の会社の情報を知られたくないか、ページを編集するだけの余力がないということでしょう。

利用しようとしている退職代行が、しっかりと会社概要の情報を載せているかチェックするようにしましょう。

信頼できる会社にはホームページ上に会社概要が掲載されていることが多いです

有料オプションが高い

退職代行そのものの料金は圧倒的に安いにもかかわらず、相談料で法外な料金設定になっている業者にも注意です。例えば、「退職代行は3000円、相談料金10万円」のような事例です。

退職代行の料金が安いことに釣られて利用した途端に相談料金で騙されてしまう方もいます。あまりにも安すぎる場合にも注意が必要であると言えるでしょう。特に、オプションが設定されていないかどうかをよく見ておくことが大切です。

基本料金だけではなく、オプション設定がどうなっているのかまでチェックしましょう

退職代行でやばい業者に引っかからないためには?

では、上述したようなやばい業者に引っかからないためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか。その対策には以下のようなことがあるでしょう。

退職代行でやばい業者に引っかからないためには?
  • 複数サイトから口コミをチェックする
  • 自分の状況に適した業者を選ぶ
  • 無料相談で見極める

複数サイトから口コミをチェックする

まずは、自分が利用しようと思っている退職代行業者の口コミをしっかりとチェックしましょう。しっかりとした退職代行業者であれば、ネット上に利用した人の口コミが掲載されているはずです。先ほども解説したように、そもそもの口コミがないのであればそれは利用している人がいないということですので、利用しないほうが良いでしょう。

また、退職代行業者を利用しようというとき、このようなリサーチを面倒くさがって行わない人がいますが、それは良くありません。なぜなら、退職代行は選び方が非常に重要であり、最初のリサーチをサボるとやばい業者を利用することになりかねないからです。後々になってトラブルに巻き込まれないためにも、事前のリサーチを欠かさないようにしましょう。

一つのサイトからだけではなく、複数のサイトを確認することをおすすめします

自分の状況に適した業者を選ぶ

自分の状況に適している退職代行業者を選定することも、極めて重要になります。退職代行では一般的な退職代行・弁護士による退職代行・労働組合による退職代行の3つの種類があります。例えば、アルバイトなどで退職代行を利用したい場合には一般的な業者で問題ないかもしれません。

しかし、公務員などのお仕事に就いている場合、弁護士の退職代行を利用したほうが良いでしょう。なぜなら、法的な規定に沿って退職の手続きを進める必要があるからです。

このように、それぞれの状況によって利用すべき退職代行業者も異なるのです。そのため、初めにどの退職代行を利用すべきなのかについてもよく考えることが大切になります。

退職代行でもどの業者を選ぶかによってサービスに違いが出ます

無料相談で見極める

無料相談で業者の対応を見極めるようにしましょう。多くの退職代行サービスでは、最初の相談は無料となっています。そのため、レスポンスの早さや受け応えの丁寧さをチェックすることが大切です。もし、最初の段階で違和感を感じるようであれば、利用するのはやめたほうが良いでしょう。

より良い業者を見極めるためにも、無料相談を利用することが大切です。

まずは無料相談を行い、対応を見て判断することが大切です

退職代行を利用するメリットとは?

退職代行を利用するメリットは以下の通りです。

退職代行を利用するメリット
  • 確実に退職することができる
  • トラブルが起きても対応できる
  • 会社の人と顔を合わせなくて済む

確実に退職することができる

退職代行を利用する最大のメリットは、確実に退職することができる点です。現在ブラック企業に勤めている場合、なかなか退職することができないという人も多いのではないでしょうか。そのような人でも、退職代行サービスを活用することでスムーズな退職を実現させることができます。

また、現状で残業代や休日出勤における未払金などが発生している場合にも、その金額を請求することが可能です。退職代行は労働組合や弁護士が運営している業者があり、そうしたサービスを利用することによって自分の代わりに残業代や退職金などの交渉まで行ってもらえます。

退職代行を利用することで、確実に退職することができます!

トラブルが起きても対応できる

ブラック企業から退職する際に心配なのは、何かとトラブルに発展してしまうことではないでしょうか。人手が足りていないような企業であればできるだけ労働者にやめてもらいたくないと考えているので、脅迫まがいな引きとめにあうことも少なくありません。

  • 慰謝料を請求される
  • 代わりになるような人材を連れてくるように言われる
  • 退職を切り出すと怒鳴られる

このような状況になってしまえば、自分一人で退職することは難しく退職代行などの第三者の力を借りた方が良いと言えます。退職代行は退職の専門家ですので、会社からどのような脅迫を受けている場合でも、正当な対応を行ってもらえることが魅力です。

一人では解決できない問題にも対応できます!

会社の人と顔を合わせなくて済む

最後に、会社の人と顔を合わせずに済むことは大きなメリットと言えます。退職代行を利用したいと考えている場合、できるだけ職場の人に会わずに退職したいと考えているのではないでしょうか。退職代行を利用することで、自分の代わりに退職の手続きを業者が行ってくれるので、職場の人とはいっさい顔を合わせずに退職を実現させることが可能です。

そのため、ストレスなく退職する頃ができますので、できるだけ心理的な負担を感じずに退職を実現させたいと思っている人にはおすすめのサービスであると言えるでしょう。

会社の人と顔を合わせずに仕事を辞められます!

退職代行を利用するデメリットは?

次に、退職代行のデメリットについても見ていきましょう。退職代行は上述したようなメリットも多いですが、実際に利用する上でデメリットも見ておいた方が良いです。

退職代行を利用するデメリット
  • コストが掛かる
  • 会社からの評価は悪くなる
  • 罪悪感を感じる場合もある

コストが掛かる

まず、退職代行を利用するデメリットとしてあげられるのは、コストが掛かることです。当然ですが、退職を自分で切り出せば費用は掛かりませんので、お金を支払う必要がありません。しかし、退職代行サービスを利用することによって、3〜5万円程度のコストが発生してしまうのはデメリットとして押さえておくべきことでしょう。

しかし、もしあなたがブラック企業で日常的なサービス残業や上司からのパワハラに苦しんでいるのであれば、これだけの費用で問題が解決するのはむしろ安いくらいと言えます。10万円未満で利用することができる上に、未払金などを回収することができればむしろプラスになることも。そのため、コストが掛かることは必ずしもデメリットであるとは言えないでしょう。

退職代行を利用すると、おおよそ3〜5万円程度の費用が発生することを理解しておきましょう

会社からの評価は悪くなる

退職代行を利用すると、どうしても会社からの評価は悪いです。「わざわざ退職代行なんて利用して、何を考えているのか」と思われる可能性は高いでしょう。しかし、それがなんだというのでしょうか。そもそも、これまで過酷な環境で働き、自分自身、不満が募っているからこそ退職代行サービスの利用をお考えになったはずです。

そうした環境から抜け出すためには、会社の評価など気にしていてはいつまでも辞めることができないでしょう。また、仕事を辞めてしまえば会社の人と関わる機会もありません。批判などは恐れずに利用することをおすすめします。

会社から批判されることもありますが、その覚悟を持って利用しましょう

罪悪感を感じる場合もある

最後に、人によっては罪悪感を感じる人がいることも、デメリットとして挙げられます。真面目で誠実な人は退職代行の利用に対して罪悪感を感じてしまうこともあり、利用してから苦しむ方もいます。しかし、退職代行の利用に対して罪悪感を覚えるということは、極めて真面目な性格をしており、そのまま働き続ければ精神的に病んでしまう危険性もあるでしょう。

そもそも、あまり真剣に生きていない人であれば罪悪感などを感じることがありません。自分自身で葛藤しているからこそ罪悪感を感じるのであり、それだけ真剣に仕事と向き合っている証拠なのです。そこまで頑張っているのであれば、ブラックな企業ではなく他の環境で努力することで報われる可能性の方が高いでしょう。

劣悪な労働環境からは早めに抜け出し、別の会社へ移ることをおすすめします。

退職代行を利用することで罪悪感を感じる必要はありません

退職代行を利用すべき人は?

ここまで退職代行に関する情報を解説してきましたが、実際に退職代行を利用すべき人はどのような人なのでしょうか。主に以下の条件に当てはまる人は、退職代行の利用を検討すると良いでしょう。

退職代行を利用すべき人
  • 退職することができない
  • 精神的に弱っている
  • 法的なトラブルに巻き込まれている

退職することができない

まず、退職することが物理的に不可能な状態に陥っている人は退職代行を利用するのが良いでしょう。例えば、次のような方です。

  • 退職届を提出しても拒否される
  • 退職を切り出すと上司から怒鳴られる
  • 退職できないようにプレッシャーをかけられる
  • 退職したら慰謝料を請求すると脅される

このように、退職することそのものを会社から否定されてしまえばどうすることもできません。退職は労働者に認められている権利ですが、そうしたルールを無視して退職させてくれない会社は残念ながら存在しています。

そのため、物理的に退職ができないようなケースでは退職代行サービスに頼るしかないでしょう。退職代行を利用すれば確実に退職することができ、未払金などが発生していれば請求することも可能です。もし上記のような状況にある場合、利用を検討するのが良いでしょう。

物理的に退職するのが難しいケースでは、退職代行を利用することをおすすめします

精神的に弱っている

精神的に弱っている人も、積極的に退職代行サービスを利用した方が良いです。あなたは次のような症状が出ていないでしょうか。

  • ふとした瞬間に涙が出てくる
  • 毎日仕事へ行く前に吐き気がする
  • 自分は価値がない存在だと感じる
  • 死にたいと思う瞬間がある

このような状態にある方というのは精神的に弱っており、うつ傾向にあるかもしれません。ブラック企業に勤めている場合、上述したように会社から退職できないようにプレッシャーをかけられたり、何かと問題に発展してしまうケースも少なくないです。

有給を消化して辞めたいと思っていても精神が弱っている状態で交渉するのは難しいでしょう。また、未払金の請求も同様で、正当に請求できる権利があるとしても一人では難しい状態かもしれません。

このような状況だとしても、退職代行サービスを利用することによって自分の代わりに業者が対応を行ってくれます。専門家の手厚いサポートを受けながら退職することができますので、安心して利用することが可能です。

もし、上記のように弱っている状態にある方は、退職代行サービスの利用を検討するのがおすすめと言えます。

精神が弱っている場合、適切に対応することが難しい可能性があるので、退職代行の利用を検討するのが良いです

法的なトラブルに巻き込まれている

このほかにも、現在法的なトラブルに巻き込まれている、もしくはこれから巻き込まれる可能性がある場合には退職代行サービスを利用することをお勧めします。例えば、会社から損害賠償訴訟を起こされそうになっているケースなどです。

裁判沙汰になってしまえば、弁護士によるサポートを受ける方が望ましく、自分一人ではどうすることもできないでしょう。退職代行には弁護士によるサービスもありますので、そういった退職代行を利用するのがおすすめと言えます。

法的なトラブルに巻き込まれそうであれば、弁護士による退職代行を利用しましょう

退職代行でおすすめの業者

では、ここからは退職代行でおすすめの業者について解説していきます。やばい退職代行に引っかかりたくないという方は、以下の業者を参考にしてください。

おすすめの退職代行業者
  • 退職代行SARABA
  • 弁護士法人みやび

以下ではそれぞれの退職代行サービスを詳しく解説していきます。

退職代行サラバ(SARABA)

最初にご紹介するのは、退職代行サラバ(SARABA)です。こちらの退職代行は最近登場したサービスで、多くの人から注目を集めています。労働組合が運営している退職代行サービスであり、退職に関する様々な交渉を行ってもらえるのが強みとなっています。

「退職代行なら、交渉してくれて当たり前なのでは?」

と思われるかもしれませんが、一般的な退職代行では退職の意思を会社に伝えるだけにとどまってしまい、交渉などを行うのは非弁行為として違法であるとみなされるケースがあります。

実際に退職の交渉ができるのは労働組合か弁護士法人に限られており、その意味で退職の交渉まで行ってもらえるのは最大の魅力であると言えるでしょう。

また、退職代行サラバには返金保証がついていることも心強いポイントです。もし退職に失敗したとしてもお金が戻ってくるため、安心して退職することができます。

料金設定もリーズナブルで、一律27,000円になっています。一般的な退職代行が3万円〜5万円ほどであることを踏まえると、かなり利用しやすい価格帯と言えるのではないでしょうか。

もしその他の情報についても知りたいという方は、以下のリンクから相談してみてください。

退職代行サラバへのお申し込み!
退職代行サラバ(SARABA)

退職代行業界で受託件数No.1の実績です。2021年3月時点で累計15000人の代行を行い、万が一の場合には全額保証がついているので安心して利用できます。レスポンスが非常に早く、すぐに退職したい人にもおすすめです。

弁護士法人みやび

次にご紹介するのは、弁護士法人みやびの退職代行です。こちらの退職代行は上記の労働組合による代行よりも少し料金が高めに設定されていますが、法的な問題にも対応できるので心強いサポートを受けることができます。

利用するメリットは以下の通りです。

弁護士法人みやびを利用するメリット
  • 退職代行への対策が為されている会社にも有効
  • 残業代や退職金の交渉も可能
  • リーズナブルな価格設定

最近では退職代行業者は弁護士によるものしか受け付けないという会社が増えています。実際に退職代行を利用しても、「弁護士か労働組合じゃないなら対応する義務はない」と言われてしまい、退職できないケースもあるようです。

そんな時、最初から弁護士による退職代行を利用しておけば会社が対応を拒否することはできないため、安心です。また、弁護士による退職代行は残業代や退職金の交渉にも強く、こうしたお金にまつわるトラブルにも対応してもらえることができます。

弁護士と聞けば高額な料金設定になっていないか不安に思う方も多いと思いますが、弁護士法人みやびの退職代行は55,000円で利用することが可能です。先程のSARABAよりも少し高額になっていますが、その分法的なトラブルにも対応することができますので安心できるでしょう。

法的なトラブルが起こる心配がないのであれば上記の退職代行サラバ、法律上の問題が発生しそうでリスクに対処したいならば弁護士法人みやびの退職代行を利用するのがおすすめです。

LINE上から気軽に無料相談が行えますので、気になる方は以下のリンクから申し込んでみてください。

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行のやばい業者とは?:まとめ

今回の記事では、退職代行のやばい業者の特徴と選び方をご紹介しました。退職代行は利用することで労働の悩みを解決できたり、ブラックな職場から逃げ出すことができます。しかし、選び方を間違えたり、リサーチを怠ったりすると、やばい業者に引っかかってしまうこともあり注意が必要です。

もし、これから退職代行を利用したいとお考えであれば、やばい業者でないかどうかは入念にチェックしなくてはなりません。最初の段階でリサーりをサボると、後々のトラブルに発展してしまう可能性もあるでしょう。

そのようなことにならないためにも、できるだけ自分の状況に応じた退職代行業者を選ぶことが大切です。今回の記事に記載したことを参考にして、自分に合っている退職代行を選ぶようにしましょう。当ブログでは退職代行に関連する記事を多数制作していますので、他の記事もぜひご覧になってみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました