退職代行はありえない?実際に使うとどう思われる?実情を詳しく解説!

退職代行はありえない?実際に使うとどう思われる?実情を詳しく解説! 退職

退職代行サービスを利用するなんて、ありえないことなの?

退職代行を使ったら、きっと周囲から白い目で見られる・・・

とサービスの利用に不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回の記事では、「退職代行サービスを利用するのはありえないことなのか」ということを主題に解説していきたいと思います。

これから退職代行サービスの活用をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行はありえないのか?

退職代行はありえない?いいえ、正当な手段です

退職代行は正当

結論から申し上げると、退職代行の利用は正当な手段です。

そのため、利用したい場合には積極的にサービスを活用して問題ありません。

合法的な手段ですので、違法になるような心配は全くないのです。こうしたことからも、「ありえない」と感じる必要はないと言えるでしょう。

以下では退職代行が正当な手段である理由を解説します。

退職代行の利用は全く問題がない理由
  • 時代の流れとともに利用するのが当たり前になるから
  • 批判してくる人は無責任な人が多い
  • 自分だけではどうしようもないことがある

時代の流れとともに利用するのが当たり前になるから

まず、退職代行は時代の流れとともに利用するのが当たり前になる可能性があります

退職代行サービスが登場したのはここ数年のことです。

そのため、まだまだ新しいサービスであり、世間的にも認知されていないことが多いと言えます。

スマートフォンが登場したときもそうでしたが、新しいサービスというのは批判されやすい傾向にあります。

しかし、登場した時こそ批判的に見られがちだったスマホも、今では使っているのが当たり前になりました。

それは、その方が便利であり多くの人に求められた背景があるからです。

退職代行もこれと同じで、まだ一般的なものでなくとも、時間が経過するにつれて利用者の数も増えてくるでしょう。

他人の評価というのはその時代によって変化しますので、気にしすぎていては目の前にある便利なサービスを利用できないのです。

他の人の批判は気にせず、困っているのであれば退職代行を利用してスムーズに退職する方が賢明であると言えます。

比較的新しいサービスですが、今後は利用者の数が増えることが予想されます!

批判してくる人は無責任な人が多い

また、退職代行に対して批判的な意見をしてくる人というのは、無責任なケースが多いです。

退職代行なんてありえないよね

「退職代行を利用するなんて、とんでもないことするやつがいるね

など、このような意見を言ってくる人というのは、”自分は安全なところにいる”というケースがほとんどと言えます。

もし、あなたが置かれているような過酷な環境に身を置いていたり、苦しい状況を過去に体験しているのであれば、このような意見は言えません。

そのため、どれほどあなたが苦しんでいるかよく理解していない人が、こうした無責任な批判をしてきます。

そのような中身のない意見に惑わされる必要はないでしょう。

批判してくる人の意見に中身はありません!

自分だけではどうしようもないことがある

最後に、退職代行を利用する人はブラックな会社に勤めていたり、日頃上司からのパワハラを受けるなど、どうしようもない状態に身を置いているケースが多いです。

中には退職を切り出した際に会社から慰謝料を請求されたケースも存在しています。

こうした環境下では、自分一人で身動きが取れずに困ってしまいます。

ましてや訴訟問題に発展すると、第三者の助けがなければ解決するのは難しいでしょう。

こうした方々のために、退職代行サービスは存在しています。

そもそも、相当な状況まで追い込まれていなければ退職代行を利用しようとは考えないはずです。

にもかかわらず、ありえないと批判されて利用しなくなってしまえば、いよいよ逃げ場もなくなってしまうでしょう。

心ない批判は気にせず、どうしようもない場合は退職代行を利用しましょう。無料相談を行うだけでも心が楽になるはずです。

世の中には自分一人の力では解決できない問題も存在しています!

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!転職サポートまでしっかり行ってもらえます

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行はありえない行為なのか?

退職代行はありえない?

退職代行サービスを使って仕事を辞めると、周りの人から非常識だと思われてしまうのでは?

と考える方は少なくありません。確かに、代行サービスを利用すると他の人から批判される可能性はあると思います。

しかし、よく考えてみましょう。

そもそも、退職代行サービスを利用しなければならないほどに、あなたは今追い詰められているはずです。

これまで、あなたが勤めている会社は「常識的」な対応をあなたにしてくれたのでしょうか

次のような仕打ちを受けたことはありませんか?

  • 暴言や罵声を浴びせられる
  • 残業代が支払われない
  • 毎日深夜近くまで残業がある
  • 休日出勤が当たり前
  • 退職を拒否される

もし、このような対応を会社側にされているのであれば、そもそも会社側が非常識だと言えます。

不誠実な対応をこれまで散々受けているのに、あなたが権利を主張して批判されるのはおかしな話です。

また、退職代行を利用するほどに過酷な職場に勤めている場合、他の人も辞めたがっている可能性が高いでしょう。

そのような状況で退職するとなれば、「アイツだけずるい」といった感情が働いても不思議ではありません。

そのため、退職代行を例え利用しなかったとしても、少なからず批判は受けてしまうことになるでしょう。

このような理由から、他人の批判を気にする必要は全くないことが分かります。

そもそも、会社側が違法な対応をしている可能性もあります!そのような状態で、常識などを気にする必要はありません!

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行がありえないと言われるのはなぜ?

退職代行は正当な手段であることは上記でも解説した通りですが、なぜありえないなどという意見が聞こえてくるのでしょうか。

その背景には、以下の理由があると思われます。

  • 退職くらい自分で手続きしろと考えている
  • 引き継ぎをせずに退職すると会社が困る
  • 新しいサービスへの嫌悪感

退職くらい自分で手続きしろと考えている

まず考えられるのは、退職くらい自分で行えと考えている方が一定数存在しているということでしょう。

特に年配の方であればこの意見をお持ちになる方が多いです。

しかし、もし話し合って解決できる問題であれば、そもそも退職代行など使わずに辞めていることでしょう。

退職代行サービスを利用する方の多くが、「上司に退職を伝えるのが辛い」「退職したいと伝えても、辞めさせてもらえない」というふうに回答しています。

そのため、退職を切り出しても会社側が辞めさせてくれないことをよく理解している方が多いのです。

例えば、以下のような環境に身を置いている方がかなりいらっしゃいます。

会社側からの不当な扱い
  • 日常的に上司から暴言などのパワハラを受けている
  • これまで退職した人たちの扱いが酷すぎる
  • 退職を切り出しても、なかなか辞めさせてくれない
  • 退職を切り出したら慰謝料を請求される

このように、会社側に退職の意向を伝えることが非常に厳しい状況にある場合が多いです。

労働者は本来、自由に会社を辞めることができます。

しかし、このような不当な会社側からの圧力があれば、なかなかスムーズに退職することができません

もし、退職が決まっても会社から嫌がらせを受けることもあるでしょう。

退職代行サービスは、労働者の当たり前の権利を守る上でも非常に重要な役割を担っていると言えます。

退職代行がありえないという人は、自分で退職くらいしろよという言い分があります。

引き継ぎをせずに退職すると会社が困る

退職代行なんてありえないと言う人は、会社の業務が回らなくなることを不安視している方が多いです

そんなのありえないよと言ってプレッシャーをかけ、会社の業務に支障が出ないようにしているんですね。

このような意見を聞けば、

自分は非常識な行為をしているのだろうか

き継ぎもせずに会社を辞めるのは、ありえない行為なのだろうか

と負い目を感じてしまう方も多いです。

実際、真面目な人ほど精神を病みやすく、責任を感じやすい傾向にあります。

しかし、そうしたことは労働者が心配することではありません。

そもそも、退職することで会社が回らなくなるようであれば、それは会社を経営している人の責任であり、つまりは上司や管理職が悪いのです。

組織であればどのような事態が発生しても対応する仕組みづくりが行われており、例えあなたが退職したとしても代理で他の人を採用するでしょう。

また、人によっては「この仕事は自分にしか分からない」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、前任者や取引先の人にやり方を聞けば解決できるはずです。

このように、退職してしまっても現場の人は各自で対応していきます。

辞めた後のことは労働者個人が考える問題ではないのです。

もし、あなたが辞めて問題が発生したとしても、それは上手く管理できていなかった会社に責任があります。

そもそも、一人が抜けて上手くいかないのであれば、個人の労働者に負担が掛かりすぎている証拠でしょう。

何も気にせず、退職して問題ありません。

引き継ぎができていないことや、退職した後に会社が困るなどについては、あなたが考える必要はありません。

新しいサービスへの嫌悪感

このほかにも、退職代行サービスがありえないと言われる要因として、サービスそのものがまだ新しいということが挙げられるでしょう。

退職代行サービスが登場したのはここ数年になってからです。

利用者の数は増えているものの、まだまだ認知されているとは言えません。

特に、古い考えや昔の日本の考え方を持っている人には受け入れられないサービスであると言えます。

かつては終身雇用制度が当たり前でしたし、最後まで勤め上げることが美しいものとされていました。

しかし、現在ではそうした仕組みは崩壊し、転職しながら自分の働きやすい環境を見つけていくのが当たり前になっています。

そのため、そうした古い考えを持っている人の意見は気にする必要はないでしょう

新しいサービスには、どうしても批判が集まりやすい傾向にあります

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!転職サポートまでしっかり行ってもらえます

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行はありえない?みんなの意見

みんなの意見

では、退職代行に関して多くの人はどのような意見をお持ちなのでしょうか。今回、リサーチした結果を以下で解説していきます。

賛成派

このように、Twitter上では退職代行に関して肯定的な意見が目立ちました。中には実際に利用したという方もおり、「利用して良かった」という考えの方も多いようです。

コストは掛かるものの、数万円ほどで全ての手続きを行ってくれるという点が魅力になっていることが分かります。

反対派

リサーチした結果、退職代行に関して否定的な意見はあまり見られませんでした。やはり現代においてはかなり画期的なサービスとして多くの人に認知されているようです。

ただし、反対もしくは一部悩みのある意見としては以下のようなものがありました。

このように、やはり退職代行を使用することには否定的な感情をお持ちになる方もいらっしゃるようです。また、料金面で利用することを悩む方もいることが分かります。

全体として肯定的な意見が多かったです!

退職代行を実際に利用する大まかな流れとは?

退職代行の流れ

ここからは退職代行を実際に利用する際の流れを解説していきます。退職代行を使うと、主に以下のような手順で手続きを進めることになるため、押さえておきましょう。

退職代行を利用する際の流れ
  1. 退職代行サービスに入金
  2. 質問に回答していく
  3. 退職代行サービスから連絡がくる
  4. 業者が企業に連絡
  5. 退職手続きを開始
  6. 書類が家に届く

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

退職代行サービスに入金

まずは退職代行サービスにお金を振り込みます。退職代行サービスでは先払いが基本となっているため、一番初めに入金を完了させる必要がある点は押さえておくようにしましょう。

ちなみに、相場としては3〜5万円ほどになっています。

まずは入金を完了させましょう

質問に回答していく

入金が完了すると、業者から質問が届きます。主に以下のような内容を聞かれるので、順々に回答していきましょう。

  • 氏名
  • LINEで依頼した場合にはLINE上の名前
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 年齢
  • 住所
  • 会社名
  • 本社の電話番号
  • 勤務先の電話番号
  • 上司の名前
  • 有給の有無
  • その他

このように、自分に関する情報のほか、今の仕事に関する情報を回答していきます。メッセージ上でのやり取りが行えますので、焦らず回答することができるでしょう。

一つ一つの項目に答えていきましょう!

退職代行サービスから連絡がくる

質問に回答すると、退職代行サービスの担当者から連絡が入ります。退職の手続きの実行日や詳細な打ち合わせを行うことがなるため、やり取りを行いましょう。

注意点やリスクなどの確認も行います。最終確認のような段階です。

具体的な打ち合わせを行います!

業者が企業に連絡

そしていよいよ退職代行サービスが会社に連絡を行います。業者にもよりますが、文面で「このようなやり取りを行いました〜」というふうに連絡が来るケースが多いようです。

自分は職場の人と顔を合わせることなく手続きを進めることができます。

業者が自分の代わりに手続きや交渉を進めてくれます!

退職手続きを開始

業者が会社との交渉を進めてくれると、実際に自分も退職手続きを行っていきます。

家に退職届などの書類が届きますので、作成しましょう。書類を作成できれば、会社に送り返すだけでOKです。

書類を作成していきましょう!

書類が家に届く

最後に、離職票や源泉徴収票などの書類が届きます。どのような書類が届くのかについても業者から説明がある場合が多いです。

そのため、基本的に自分は何もしなくても退職の手続きを進めることができます。

ここまで丸投げで3〜5万円なのは、本当にお得ですね!

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!転職サポートまでしっかり行ってもらえます

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行はありえないと感じるとき、どうすべき?

退職代行ありえないときどうする?

上記では退職代行の利用について解説してきましたが、「退職代行の利用なんてありえない」とどうしても自分自身で感じてしまう時にはどうすべきなのでしょうか。以下ではその対策について解説していきます。

  • 自分の気持ちを紙にまとめる
  • 退職代行サービスをリサーチする
  • 人の意見は無視する

自分の気持ちを紙にまとめる

まず、どうしても退職代行サービスの利用に踏み切れない場合は、自分自身の気持ちを整理することが大切です。きっと、退職代行サービスの利用を考えるほどに、あなたは追い込まれているはず。そうした気持ちになった背景や、今の自分自身の状態を把握するために、自分の今の気持ちを紙に書き出してみましょう。

  • 自分はどうしたいのか
  • 今の仕事の環境は適切か
  • 自分だけで退職できそうか
  • 退職したらどうするのか
  • なぜ退職代行を利用したいのか

など、どのようなことでも良いので今の気持ちを紙にまとめてみると、自分の現状について把握することができます。そして、まとめることができれば自分自身を俯瞰し、本当に退職代行サービスを利用することが必要なのかもう一度考えてみましょう。

大切なのは、自分がどうしたいかです。必要だと思えば利用すれば良いし、必要なければその必要はありません。自分自身に問いかけてみてはいかがでしょうか。

退職代行サービスをリサーチする

退職代行の利用がありえないと感じる要素には、退職代行サービスがどのようなものかよくわかっていないということも挙げられます。まだまだ認知されているサービスではないため、その実態がよく分からず不安であるということもあるでしょう。

そのため、一度自分で詳しくリサーチしてみることも有用です。具体的にどのようなサービスがあるのか。価格はどれくらいか。どんなリスクがあるのかを理解できれば、おのずと利用する不安も消えます。この記事でも記載していますが、一度ご自分でリサーチを行ってみてはいかがでしょうか。

人の意見は無視する

最後に、もし退職代行の利用がありえないと感じているその根拠として、人の意見や世間体を気にしているのであれば、そうしたものは無視した方が良いと言えます。なぜなら、多くの批判は無責任であることが多く、あまり当てにならないからです。

上記でも解説しましたが、大切なのは自分自身がどうしたいかです。よく考えた上で決断するようにしましょう。

退職代行はありえない?:まとめ

今回は、「退職代行はありえないのか?」ということについて解説しました。

まとめ
  • 退職代行は違法ではないので、利用して全く問題ない
  • 退職代行に関しては肯定的な意見が多い
  • 基本的に業者に丸投げで退職手続きが完了し、非常に便利

退職代行は法的にも全く問題なく、今後も利用者はどんどん増えると思います。個人的にはこうしたサービスを活用する人がもっと増えて、ブラック企業が淘汰されていけば良いと考えていますね。

これから退職代行を利用したい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました