退職代行のやり方は?現代で求められる理由やそのコストも解説!

退職代行のやり方 退職

最近、退職代行サービスの利用者が増えています。その要因として、ブラック企業と呼ばれるような過酷な労働を強要する企業が増えたことや、自分で退職の意志を伝えられない若者が増えたことが挙げられるでしょう。

この退職代行サービスは、企業から無理な要求を受けていたり、退職できない状況に陥っている労働者の方には心強い存在と言えます。今回の記事では、そんな退職代行のやり方について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のやり方について解説します

退職代行のやり方とは?

では、早速ですが退職代行のやり方について解説していきます。実際に退職代行を利用する際には、以下のような手順で手続きを進めることになるため、事前にチェックしておくようにしましょう。

退職代行のやり方や流れ
  1. LINEやメール、電話で退職代行サービスへ依頼
  2. 退職までの流れを打ち合わせ
  3. 料金の支払いを行い、実際に代行を行ってもらう
  4. 事務的な対応
  5. アフターフォロー

以下では、それぞれの手順を具体的に解説していきます。

①LINEやメール、電話で退職代行サービスへ依頼

まずはLINEやメール、電話などで業者に連絡しましょう。利用するサービスにもよりますが、この段階で今の状況を詳しく説明したり、いつまでに退職したいのかなどの希望を話し合うことになります。

LINEやメールで依頼する場合には、氏名や電話番号など、詳細な情報を文面上で業者に伝えることになるでしょう。電話ではなく文面でも依頼することができますので、気軽に相談してみましょう。相談は無料である業者が多いです。

②退職までの流れを打ち合わせ

実際に退職代行の依頼を行えば、次はより具体的な打ち合わせを行っていきます。主に以下のような情報を業者に伝えることになるでしょう。

  • 詳細な個人情報
  • 勤務先に関する情報
  • 具体的な退職希望日
  • 連絡の方法
  • 連絡する日時
  • 会社から現在借りていて返却するための備品

このようなことを重点的に決めていくことになります。この段階で、もし賃金の未払いや残業代の請求などを行う場合には業者に伝えておくことが大切です。

ただし、もしそうした交渉を行う場合には弁護士や労働組合以外の人が交渉すると法律に違反してしまうため、交渉があるケースでは弁護士か労働組合が運営している退職代行サービスを利用するようにしましょう。

③料金の支払いを行い、実際に代行を行ってもらう

打ち合わせも終われば、料金の支払いを行います。利用料金の支払いは主にクレジットカードか銀行振り込みになるでしょう。退職代行サービスは基本的に料金先払いシステムになっていることが多いです。

料金の支払いが終わり、業者の方で確認が取れれば代行を行ってもらうことになります。上記で打ち合わせしたことに沿って退職代行を実行してもらうことになるでしょう。

④事務的な対応

もし、現在あなたが会社から借りている備品などがある場合、そうした物品の返却も退職代行サービスが行ってくれます。また、退職に当たって離職票や年金手帳を入手する必要もあるでしょう。そうしたやり取りも、退職代行サービスが行ってくれますので、会社の人と顔を合わせる心配がありません。

このほか、退職に関連する書類も本人宛に退職代行サービスが送ってくれますので、安心して退職を進めることができます。

⑤アフターフォロー

最後に、利用する退職代行サービスにもよりますがアフターフォローを行っている場合もあります。中には退職後の転職サポートを行っている業者もあるため、チェックしてみると良いでしょう。

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行が現代で求められる理由は?

現代では利用者が増加している退職代行サービスですが、なぜ今になって利用する人が増えているのでしょうか。その理由としては次のようなことが考えられます。

  • 深刻な人手不足
  • 自分で退職を言い出せない

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

深刻な人手不足

現代の社会では、多くの企業で深刻な人手不足が発生しています。パーソナル総合研究所によると、2030年ごろには約644万人もの人手不足になることが予想されており、非常に厳しい現状にあることが分かります。(参考:「労働市場の未来推計2030」)

人手不足により、以下のような課題が発生します。

  • 労働者個人の負担が重くなる
  • ストレスが高まる
  • 人手不足により、辞めづらくなる

人手が不足することによって労働者個人当たりの負担が増し、現場で働いている人は強いストレスを感じるようになるのです。そして徐々に辞めたい人が増加します。

しかし、現場の空気感もかなり悪い状態になってしまうため、辞めづらい場合が多くなります。ただでさえ人手が足りていない中、退職するとは言いにくいでしょう。上司も退職者を増やしたくないため、圧力をかけます。

退職代行サービスを利用しようと思う理由としては、上司に退職の意向を伝えるのが億劫という理由が最も多い結果になっています。(参考:マイナビ転職動向調査2020年度版)

人手不足で、一人一人の労働負担が重くなっているんですね

自分で退職を言い出せない

現代では、上司に対して不都合なことを伝えられない若者が増えています。上記でも解説したように、退職代行を利用する多くの方が、退職する意向を伝えることができずにサービスを利用しているのです。

「退職することくらい、自分で伝えたら良いのに」

と、思われる方も多いでしょう。しかし、そもそも伝えても問題が起きない会社であれば、退職代行サービスは存在しません。利用者の中には退職の気持ちを上司に伝えても拒否されたり、賃金を払わないなどと脅されるケースもあります。

このように、会社の雰囲気や環境が劣悪なものであれば、伝えたくともできないケースも多いです。そのため、退職代行サービスに頼らざるを得ない状況も存在していると言えるでしょう。

会社の上司に言いにくい雰囲気もあるようです

退職代行の費用は?

退職代行サービスの費用について気になる方もいらっしゃると思います。退職代行は業者にもよりますが、主に3〜5万円程度が相場となっているため、あらかじめ押さえておくと良いでしょう。

ちなみに、一言で退職代行と言っても利用するサービスの種類によって相場が異なっているので、事前に確認しておく必要があります。

退職代行における3つの種類と相場
  1. 弁護士による退職代行(50,000円ほど)
  2. 労働組合による退職代行(30,000円ほど)
  3. 通常の業者による退職代行(20,000円ほど)

このように、同じ退職代行サービスでもその内容によって料金が異なっていることが分かります。最も高額なものは弁護士によって提供されている退職代行サービスです。約5万円ほどの料金設定となっており、退職代行業者の中では高めの設定になっていることが分かります。

ただし、弁護士による退職代行はより専門的なサポートが受けられるため、コストに見合ったサービスが受けらられるのも事実です。もし、労災の認定など、弁護士が必要になるような手続きがある場合には利用すると良いでしょう。

また、労働組合が提供している退職代行サービスを利用すれば、それほどコストはかかりません。弁護士と同じく退職に関する手続きも行ってもらえますので、法的なトラブルに発展する可能性がない場合には労働組合の退職代行サービスの活用も選択肢の一つと言えます。

それよりもさらにコストを押さえたい場合には一般的な退職代行を利用しましょう。企業との交渉などは行えませんが、他の代行サービスでも退職のサポートを受けることができます。

種類によって料金が異なります!

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

まとめ

退職代行サービスは利用することで労働者のトラブルや悩みの解決につながります。実際に利用する際には、そのやり方を把握した上で利用してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました