退職代行のリスクは?極力抑える方法やおすすめの業者を詳しく解説!

退職代行のリスク 退職

近年、退職代行を利用する人が増えています。退職代行サービスを活用することでストレスを感じることなく退職することができ、できるだけスムーズに退職したい人にはメリットがあります。近年ではブラック企業と呼ばれるような企業が増えており、そうした環境でなかなか退職できない人も増えているようです。

そうした人にとって非常に心強い存在と言える退職代行サービスですが、利用する際にはリスクもあるため、注意が必要になります。今回の記事では、そんな退職代行のリスクについて詳しく解説していきます。

これから退職代行を利用したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のリスクについて解説します

退職代行のリスクには何があるの?

では、退職代行を利用する上で発生するリスクについて解説していきます。退職代行には次のようなリスクがあるため、注意が必要です。

  • 引き継ぎを行わずに退職すると協議になる可能性がある
  • 損害賠償を求められる可能性がある
  • 会社から直接連絡が来る可能性がある

引き継ぎを行わずに退職すると協議になる可能性がある

まず、現状あなたが重要なポジションについていたり、引き継ぎを行わなければ会社に大きな損害が出るような状況であれば注意が必要です。あまりに影響が大きい場合には、会社から退職代行業者に対して協議が行われるケースがあります。

「できるだけもう少しの間退職するのは待ってほしい」

「せめて引き継ぎをしっかり行ってもらいたい」

など、交渉が必要になる可能性も考えておきましょう。一般的な退職代行業者ではこうした交渉に対応することができません。

もし、このようなリスクに備えておきたい場合には、後述する労働組合による退職代行や弁護士による退職代行業者を利用することがおすすめと言えます。

損害賠償を求められる可能性がある

こちらは、滅多にないケースですが損害賠償を会社から請求されることがあります。 例えば退職することによって会社側にあまりにも大きな損害が出ることや、非常識な退職を行ってしまえば場合によっては損害賠償を求められる可能性がゼロとは言えません。

ただ、このケースは非常に稀で会社側も相当なことがない限り賠償を請求する事はないでしょう。しかしながら過去にこういったケースもあったためリスクとしては把握しておく必要があります。

会社から直接連絡が来る可能性がある

このほかにも会社から直接連絡が来ると言うリスクも存在しています。退職代行業者を利用するほとんどの方はできるだけ自分は会社と連絡を取りたくないと考えているのではないでしょうか。会社に出社せずに退職できることが退職代行サービスを利用するメリットでもあり、そういった点にメリットを感じて利用する人も多いでしょう。

しかし、退職代行業者と会社側の連絡がうまくいってなかったりすると、直接自分宛に連絡が来ることがあります。中には退職代行を利用する意味がなかったと評価している人もいらっしゃるのです。

このようなことにならないためにも、退職代行業者の選定をしっかりと行うことが必要になります。最初の段階で無料相談や評判を確認し、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

退職代行のリスクを抑えるには?

上記では退職代行を利用する際のリスクについて解説しましたが、実際にリスクを抑えるためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。具体的には以下の事について気をつけるようにしましょう。

  • 状況に適した退職代行を利用する
  • あまりに非常識な辞め方をしない
  • 弁護士の退職代行に依頼する

状況に適した退職代行を利用する

まず状況に適した退職代行サービスを利用することが挙げられます。退職代行サービスといってもその種類は様々です。例えば通常の退職代行業者では自分の意思を会社側に伝えるにとどまってしまうでしょう。しかし労働組合や弁護士による退職代行利用すれば、労働に関する交渉まで全て行ってもらえますので手厚いサービスを受けることができます。

ただし、労働組合、弁護士の順でどんどんコストが高くなるデメリットも存在しているのです。そのため自分がどの退職代行業者を利用するべきなのかについては事前によくチェックしておく必要があるでしょう。

例えばアルバイトなどあまり退職しても問題に発展しなさそうな場合通常の退職代行業者で良いかもしれません。また退職する際に法的なトラブルまで発展しなさそうであれば労働組合を、かなり慎重にリスクに備えておきたい場合には弁護士を利用するなどケースによって利用すべき退職代行業者を選定することが必要です。

自分が置かれている状況に適した退職代行業者を利用することをおすすめします。

あまりに非常識な辞め方をしない

退職代行サービスを利用するとしてもあまりに非常識な止め方をしないと言う事は大前提になるでしょう。例えば退職する前に職場の悪口を言い放って止めてしまったり、会社側に損害が出るよう故意に仕向けたりするなどです。

このようにあまりに非常識な対応をとってしまうと会社側も損害賠償訴訟等を起こすリスクが高まってしまいます。退職代行業者の利用と言うのはあくまで手段であり、 何でも行って良いと言うわけではありません。どれだけ会社側に恨みがあろうと、立鳥後濁さずという言葉のように、できるだけ慎重にことを進めるのが望ましいでしょう。

感情的にならず退職の手続きを行うにあたっては、最低限の礼儀を持って行う必要があります。やめるからどうなってもいいやという気持ちで退職代行サービスを利用すると後々のトラブルに発展する可能性がありますので注意しましょう。

弁護士の退職代行に依頼する

もし退職代行サービスを利用する上でリスクについて不安があるのであれば、最も信頼度の高い退職代行である弁護士によるサービスを利用することをお勧めいたします。

上述したように、退職代行には大きく分けて2つのサービスが存在しており、通常の退職代行、労働組合による退職代行、弁護士による退職代行の3つのサービスがあります。

その中でも弁護士による退職代行は最も高額な料金として設定されていますが、 その分信頼度が高いです。リスクにおいて備えておきたいと言うのであれば弁護士による退職代行を利用するのが良いでしょう。

弁護士のサービスを利用しておけば法的な問題に発展した場合でも対応できますし、 労災の認定等の書類を取り寄せる際にも役立てることができます。 不安がある場合は最初から弁護士によるサービスを利用しておくことをおすすめします。

退職代行はリスクもあるがメリットも大きい

ここまで退職代行について様々なリスクを解説してきましたが、もちろんリスクだけではなく利用するメリットもあります。主に次のようなメリットがあるのでチェックしてみてください。

  • 確実に退職できる
  • 職場の人と顔を合わせずに退職できる
  • 未払金を請求できる

確実に退職できる

退職代行を利用する一番大きなメリットとして確実に退職できることが挙げられるでしょう。現場ブラック企業などでお勤めになっている場合にはなかなか退職できずに困っているという方もいらっしゃると思います。

例えば、退職届をそもそも会社から拒否されてしまったり、退職を切り出すと怒鳴られてしまうといったケースなどがあるでしょう。このようなことになってしまえば1人の力で対処することは非常に難しく、誰かの力を借りたほうが賢明といえます。

退職代行サービスを利用すれば退職に関する専門家が第三者として介入してくれますので、どれほど会社側にゴネられたとしても確実に退職することが可能です。現場の会社からなかなか退職することができず困っていると言う場合には退職代行サービスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

職場の人と顔を合わせずに退職できる

また職場の人と一切顔合わせることなく仕事を辞められるのも退職代行サービスの大きなメリットです。ブラック企業などに勤めている場合、退職を切り出すだけでも暴言を図れる場合が少なくありません。退職代行サービスを利用する多くの方ができれば会社側と接点を持たずに辞めたいと考えています。

代行サービスを活用することで、退職に至るまでの手続きなどを代行業者があなたの代わりに行ってくれます。そのためあなたは自宅で連絡を待ち書類等の処理をするだけで退職を完了させることができるのです。

退職に関して多くの場合では職場の人間と関係がこじれることを恐れているはず。そのような問題を解決することができる点で退職代行サービスは利用するメリットが大きいと言えるでしょう。 ストレスを感じずに退職したいと考えている方は利用するメリットがあります。

未払金を請求できる

このほかにも、未払い金となっているお金を請求することができるても退職代行サービスを利用するメリットです。ブラック企業なので働いている場合残業代や土日祝日出勤のお金が未払いとなっているケースが少なくありません。こうした不当労働に関する未払い金を請求できることも退職代行サービスを利用するメリットといえます。

退職代行サービスを利用するにはある程度のコストが必要になりますが、こうした未払い金を請求できることによって結果的に退職代行の費用がプラスになると言うこともあります。

ただし、未払い金の請求を行う場合には通常の退職代行ではなく労働組合か弁護士が運営する退職代行サービスを利用する必要があるため注意してください。それ以外の人が金銭的な報酬を目的として代行サービスを行ってしまうと違法になる恐れがあるからです。

まずは労働組合か弁護士が運営する退職代行サービスに無料相談を行い、未払金等についても聞いてみると良いでしょう。

退職代行のリスクを抑える上でおすすめの業者は?

ではリスクをできるだけ抑えて利用できる退職代行業者にはどのようなものがあるのでしょうか。基本的には弁護士による退職代行が最もオススメといえます。

もし弁護士を利用するほどのコストがない時には、労働組合が望ましいでしょう。これらの点を踏まえてお勧めの退職代行業者を以下でご紹介します。

弁護士法人みやび

みやび ホームページ
参考:弁護士法人みやびの退職代行より
弁護士法人みやびの退職代行サービスのメリット
  • LINEで24時間相談することができる
  • 料金もリーズナブルで、法律のプロによるサポートが受けられる
  • 退職の連絡や交渉など、全てを代理で行ってくれる

まずご紹介するのは弁護士法人みやびです。 こちらの退職代行サービスはその名の通り弁護士が運営しているもので、信頼度の高い退職代行業者といえます。

弁護士と聞くとなかなか敷居が高いように感じられるかもしれません。しかし、LINE上から気軽に相談することができ、誰でも簡単に無料相談を行えます。

気になる価格ですが 55,000円の料金設定となっており、これは退職代行の中では最も高い相場ですが、弁護士によるサービスをリーズナブルな価格で利用できる事は大きな魅力と言えるでしょう。

また、未払金等が発生している場合にはそういったお金を会社側に請求することも可能ですので、コストはもう少し安くなる可能性もあります。 リスクを抑えて最も信頼できる弁護士の退職代行利用したい場合にはこちらのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

まずは以下のリンクからお気軽に無料相談することをお勧めします。

弁護士法人みやびの退職代行お申し込みはこちら!
弁護士による退職代行

弁護士法人による、プロフェッショナルのサポートを受けたい方は、ご利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行SARABA(サラバ)

リスクを抑える上で最もオススメの退職代行サービスは弁護士によるものですが、もし上述したような費用が払えないと言う場合には労働組合による退職代行利用することをお勧めします。

労働組合も弁護士によるサービスと同じく交渉まで行ってもらえますので安心できます。労働組合による退職代行でお勧めなのは退職代行SARABAです。

退職代行SARABA(サラバ)
退職代行SARABA(サラバ)
退職代行SARABA(サラバ)の特徴
  • 27000円(税込)で利用できる
  • 全額保証付き
  • 24時間対応している

こちらの退職代行サービスは労働組合が加盟しているものであり、退職に関してあらゆる交渉を行ってもらえるのが魅力です。価格帯も一律で2万7000円の料金設定となっており非常に利用しやすい値段と言えるでしょう。

さらに、返金保証がついているため、もしうまくいかなかった場合でもお金を返してもらえます。

何より、退職代行業者の中で利用者の数が業界No.1となっており、弁護士以外のサービスで利用するのであれば最も信頼できるサービスであるといえます。以下のリンクから相談を行ってみてはいかがでしょうか。

退職代行サラバへのお申し込み!
退職代行サラバ(SARABA)

退職代行業界で受託件数No.1の実績です。2021年3月時点で累計15000人の代行を行い、万が一の場合には全額保証がついているので安心して利用できます。レスポンスが非常に早く、すぐに退職したい人にもおすすめです。

退職代行のリスクは?:まとめ

今回の記事では退職代行を利用する際のリスクについて詳しく解説しました。退職代行サービスは利用すれば大きなメリットがあり、ストレスなく退職することが可能です。

しかし、利用するにあたってそのリスクまでしっかりと把握しておく必要があります。今回の記事の内容を参考にしてより良い退職代行業者を選ぶようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました