退職代行のトラブルが不安なあなたへ。巻き込まれない方法を解説

退職代行のトラブル 退職

近年、退職代行サービスを利用する方が増えています。その背景としては、ブラック企業が増えたことや自分自身で会社に退職を伝えることができない人が増えたことが挙げられるでしょう。

ただし、退職代行を利用する際に不安になるのは、トラブルに発展するリスクがあることです。会社とのトラブルを回避するために退職代行を利用したのに、退職代行サービスでトラブルに巻き込まれてしまえば、サービスを活用する意味がありません。

もし、これから退職代行の利用を考えているのであれば、トラブルに巻き込まれないように注意する必要があるでしょう。そこで、今回の記事では退職代行サービスのトラブルについて詳しく解説していきます。

退職代行のトラブルに関して不安がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のトラブルについて解説します

退職代行のトラブル5選

では、退職代行サービスに関する代表的なトラブルについて詳しく解説してきます。今回ご紹介するのは、以下の代表的なトラブルです。

  • 退職できない
  • 損害賠償を請求される
  • 退職するまでにパワハラを受ける
  • 非弁業者へ依頼してしまう
  • 退職の書類が届かない

退職できない

退職代行サービスを利用した際のトラブルとしてまず挙げられるのは、そもそも退職することができないということでしょう。退職できない理由についてはさまざまですが、例えば退職代行サービスと会社の間で連絡が上手く行かなかったり、退職手続きに不備があることなどが挙げられます。

退職したいと考えて代行サービスを活用したにもかかわらず、退職できなければ利用する意味がありません。そのようなことにならないためには、できるだけ信用できる退職代行サービスを利用することが大切になるでしょう。

損害賠償を請求される

会社によっては損害賠償請求をされてしまうリスクもあります。退職の際に引き継ぎが不十分であることや、書類の不備があることなどを理由として、賠償金を請求されてしまうケースです。通常の退職代行サービスを利用していた場合、こうしたトラブルに対応することができません。

そのため、もし法的なトラブルに巻き込まれる不安がある場合には、最初から弁護士が運営している退職代行サービスを活用することをおすすめします。

退職するまでにパワハラを受ける

実際に退職代行を利用したとしても、退職の手続きが上手くいかずに出勤しなければならなくなるケースがあります。もし、そのようになってしまえば、退職するまでにパワハラを受けてしまう可能性も。しっかりとした退職代行を選べばこうしたことになるリスクはありませんが、あくまでも退職の意向を伝えるだけの代行サービスを活用した場合には上手く手続きがいかなかった時のリスクが高いです。

代行サービスを利用したい方のほとんどは、職場とできるだけ接点を持たずに退職したいとお考えになっているはず。このような事態に発展しないためにも、しっかりと対応してくれる退職代行業者を選定することが大切です。

非弁業者へ依頼してしまう

退職代行業者には主に一般的な業者と労働組合が運営している業者、弁護士が運営している業者の3つのタイプに分かれます。そして、退職金や残業代の申請など、お金に関する交渉を行う場合には労働組合や弁護士が運営している退職代行サービスを利用する必要があるのです。

もし、それら以外の退職代行サービスを活用してしまえば、非弁行為となり違法となってしまうおそれがあります。業者が行った非弁行為について利用者が責任を問われる可能性は低いですが、警察から事情聴取などをされることはあるかもしれません。トラブルを避けるためにサービスを利用しているのに、むしろ巻き込まれてしまってはなんのために利用しているのか分からないと言えます。

退職の書類が届かない

これら以外にも、退職代行自体は上手くいったものの、その後の書類などが会社から届かないというケースもあります。嫌がらせなどでわざと送られてこない場合もあり、そのようなケースでは再び対応しなければなりません。

退職代行のトラブルに巻き込まれないためには?

退職代行のトラブルに巻き込まれないようにするためには、できるだけ信頼できる退職代行業者を利用することが大切です。そのためには、リスクの低い退職代行サービスを活用したり、労働組合や弁護士が運営している退職代行を利用するのも選択肢の一つでしょう。

トラブルに巻き込まれないためには、とにかくどのようにして退職代行を選ぶのかということが大切になります。選び方に気をつけて退職代行サービスを利用するようにしましょう。

退職代行のトラブルが不安であれば、弁護士によるサービスがおすすめ

もし、退職代行に関するトラブルに巻き込まれたくないという場合には、弁護士による退職代行を利用するのがおすすめです。弁護士の退職代行を利用するメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • トラブルが起きた際にも対応してもらえる
  • 書類に関わることや、事務的な内容についても相談することができる
  • 問題が発生する可能性が少ない
  • 信頼度が高い

弁護士による退職代行は、一般的な退職代行サービスよりも高めに価格設定がされているので、コストは掛かってしまうかもしれません。しかし、それだけ信頼度が高く利用者にはメリットがあると言えるでしょう。

トラブルが不安である方は、弁護士による退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行のトラブルが不安なあなたへ:まとめ

退職代行を利用すれば職場の人と顔を合わせずに退職することができ、利用者にはメリットがあります。しかし、トラブルに発展してしまうリスクもあるため、利用時の際には気を付ける必要があるでしょう。

もし、退職代行によるトラブルが不安なのであれば、弁護士による退職代行サービスを利用してみることをおすすめします。価格は高めに設定されていますが、その分リスクも低く、信頼度の高いサービスを利用することができるはずです。

今回の記事の内容を参考にして、利用時の参考にしてみてください。

退職代行サービス関連記事

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました