人間関係で退職は甘え?悩みから解放されるにはどうしたら良い?

人間関係で退職は甘え 退職

職場の人間関係が辛い

人間関係で退職するのは甘えなのだろうか・・・

このようにお悩みではないでしょうか。

社会人になると、誰しもが抱える人間関係の悩み。

今回の記事では、人間関係で退職を検討している方に向けて、具体的な対策を解説していきます。

この記事を書いた人
カケル
カケル

元高校教師。職場の人間関係や仕事の忙しさによって体調を崩し、退職。


現在は転職し、WEBライターとしてお仕事のお悩みを解決する記事を発信中。

人間関係で退職を考える時の対策6選

人間関係で退職を考える時の対策6選

僕自身、職場の人間関係に長い間悩んできました。

結果として転職し、現在は別の仕事をしています。

そんな僕が、人間関係で退職を考える時の対策について6つほどご紹介します。

  • 円滑な人間関係が築けるように努力する
  • 今の職場で悩みが解決できそうか考える
  • 自分に合った職業を探してみる
  • アプリでキャリア診断してみる
  • 信頼できる人に相談する
  • 転職市場に詳しいアドバイザーに相談してみる

円滑な人間関係が築けるように努力する

まず、円滑な人間関係を築けるように最大限の努力をすることが必要でしょう。

もしかすると、自分だけが相手に苦手意識を持っているだけで、考え方次第では良好な関係性を築けるかもしれません。

  • なるべく笑顔を心がける
  • 率先して仕事を引き受ける
  • こちらから話しかけてみる

など、ある程度の努力はしてみることが大切です。

とはいえ、

それで解決できるなら苦労しないよ!!

という方がほとんどではないでしょうか。

そういった方は、以下の方法を検討してみてください

今の職場で悩みが解決できそうか考える

こちらからどう頑張っても解決しない人間関係というのはあります

綺麗事を抜きにして、どう解決すべきか考えていかなくてはなりません。

  • 嫌味ばかり言っていびってくるお局
  • パワハラやセクハラばかりの上司
  • 完全に価値観の合わない同僚

など、残念ですが実際にこうした人たちは大勢います。

こちらから働きかけて解決しないのであれば、そもそも,

今の職場で悩みが解決するか?

という視点で考えていく必要があるでしょう。

もし、どう頑張っても解決できない場合には環境を変えた方が無難です。

なぜなら、上述したような人はこちらの努力で人間性は絶対に変わらないからです。

自分に合った職業を探してみる

僕自身もそうでしたが、職場によって独特の雰囲気というものがあります

前の職場はギスギスしていて、人の悪口を言うのが当たり前のような場所でした。

  • 年功序列の職場
  • 残業が当たり前の職場
  • パワハラが横行している職場
  • 何もしてくれない管理職

このような環境だと、正直どう足掻いても無駄です。

自分に合った環境を見つける方が先決と言えるでしょう。

アプリでキャリア診断をしてみる

すぐに転職しない場合でも、これから転職に向けてアプリなどでキャリア診断してみてはいかがでしょうか。

いきなり転職活動を始めるのはハードルが高すぎるかもしれませんが、アプリなら気軽に利用できます。

VIEWなどの診断アプリを使えば、3分ほどでキャリア診断が無料で利用可能です。

今の職場よりもあなたに最適な環境を診断してもらえます

診断しても必ず応募する必要はないため、まずは自己分析ツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

信頼できる人に相談する

もし、現状の人間関係にお悩みであれば、信頼できる人に相談してみましょう

誰かに話を聞いてもらうことで、気持ちも楽になります。

ただし、その際にはいくつか注意点があるので気をつけましょう。

  • 職場の人に相談しない方が良い
  • 転職を経験したことがない人に相談してもネガティブな意見しかもらえない

まず、職場の人には相談しないのが無難です。

どれだけ信頼できる人でも、やはり噂になってあなたが働きにくくなる可能性があるためです。

できるだけ友人などの第三者に相談するのが良いでしょう。

また、転職したことがない人に相談するのも好ましくありません

  • 人間関係なんて、どの職場でも同じように悩むよ
  • 今の職場でダメなら、どこに行ってもダメだよ

など、転職したことがない人は辞めることに否定的です。

とにかく我慢する方向にアドバイスされることが多いでしょう。

身近に相談できそうな人がいない場合、以下で紹介する転職に詳しいアドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

転職市場に詳しいアドバイザーに相談してみる

引用:リクルートエージェントホームページより

もし、自分の信頼できるような相談相手がいないのであれば、転職エージェントを利用して業界に詳しいアドバイザーに相談してみましょう。

転職エージェントとは、企業と転職希望者をつなげる仲介サービスのことです。

  • 無料で利用することができる
  • 専任のアドバイザーがマンツーマンで相談に乗ってくれる
  • 利用しても必ず転職する必要はない

など、退職を検討している方にとってかなりの魅力があります。

利用したからといって、必ず転職する必要はないので気軽に利用可能です。

業界に詳しいアドバイザーの方に今の状況を話し、もっと良い環境がないか相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

人間関係で退職するのは甘えではない

人間関係で退職するのは甘えではない

人間関係で退職するのは甘えなのだろうか・・・

と、お悩みの方もいると思います。

しかし、必ずしもそれは甘えであるとは限りません

基本的に、そうした悩みを抱えている方の多くは甘えていないことが多いのです。

以下では、甘えだと思われるケースと思われないケースに分けて、具体的に解説します。

甘えだと思われるケースは?

甘えだと思われるケースは?

甘えだと思われてしまうケースとしては、次のようなことが挙げられます。

  • 働き始めてまだ間もない
  • 辞めたい理由が惰性
  • 少しのストレスで辞めようとしている

働き始めてまだ間もない

深刻な悩みを抱えているとしても、あまりにも働き始めて間もない場合には甘えていると思われてしまうことがあります。

例えば、働き始めてまだ1週間ほどしか経っていないのに辞めたい場合などは、甘えだと思われても致し方ないでしょう。

また、転職活動においても面接で突っ込まれてしまう可能性もあります。

もし、短い期間しか働いていないのであれば、もう少しだけ頑張ってみるのがおすすめです。

辞めたい理由が惰性

辞めたい理由が惰性的であると、甘えていると思われる可能性があります。

  • 職場にいくのが面倒
  • 朝起きるのが辛い
  • 仕事が覚えられない

など、どの職場に行っても同じようなことになる理由については惰性と見なされても仕方がないでしょう。

自分の辞めたい理由が”他の環境でも同じことになりそう”と思うのであれば、退職するのは一旦思いとどまった方が良いかもしれません。

少しのストレスで辞めようとしている

多少のストレスは、仕事につきものです。

人間関係が辛いと言っても、少しばかりのストレスで辞めたいと思っているのであれば、甘えていると言われるかもしれません。

  • 上司から一度だけ注意されたのが辛い
  • 同僚と会話するのが嫌
  • 挨拶するのが面倒

など、常識的に考えて、「え?それで辞めるの?」と思われるような内容だと、甘えていると判断される可能性が高いでしょう。

甘えと思われないケースは?

甘えと思われないケースは?

反対に、甘えだと思われないケースとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、具体的なケースをご紹介していきます。

  • 明らかに劣悪な環境にいる
  • やりたいことが明確になっている
  • 辞めてからどうするか決めている

明らかに劣悪な環境にいる

誰がどうみても、劣悪な環境にいるのであれば甘えではないでしょう。

  • 毎日上司から叱責や罵声を受ける
  • お局様から嫌味ばかり言われる
  • パワハラやセクハラを日常的に受けている

など、どうみても「それは辞めた方が良い・・・」という状態であれば、退職しても甘えとは見なされないはずです。

このような職場だと心身に異常をきたすのは時間の問題でしょう。

早めに転職先を探すことをおすすめします。

やりたいことが明確になっている

退職してから別にやりたいことがある場合は、辞めても甘えだと思われないでしょう。

  • これまでの経験を生かして、別の仕事がしたい
  • 転職してキャリアアップしたい
  • スキルを身につけられる仕事内容が良い

など、今後のやりたいことが定まっているのであれば、転職活動に踏み切っても問題ありません。

辞めてからどうするか決めている

退職してからどうするか、すでに決めているでしょうか。

「退職後は〜〜系の企業に就職し、今後のキャリアは〜〜」

というふうに、詳細な部分までしっかりと言語化できる場合には説得力があります

退職理由を話す時や面接でもハキハキと答えられるので、甘えだと評価されることはないでしょう。

反対に、曖昧な状態でとりあえず辞めるという場合には甘えていると言われても仕方がありません。

人間関係で退職する時に確認すべきこと

人間関係で退職する時に確認すべきこと

人間関係で退職を検討しているのであれば、事前に以下のことを確認しておきましょう。

  • 時間が解決してくれる問題ではないか
  • 感情的になっていないか
  • 今後のキャリアをイメージできているか

時間が解決してくれる問題ではないか

今、悩んでいる問題は、時間が解決してくれるものではないでしょうか。

例えば、

  • もうすぐ人事異動がある
  • 嫌な上司が定年退職間際
  • 慣れれば仲良くなれそう

など、時間によってどうにか円滑な関係性が築けたり、配置換えなどでいなくなったりする可能性があるかもしれません。

そうしたケースであれば、一旦退職を思いとどまってみるのが良いでしょう。

感情的になっていないか

また、感情的になっていないかもよく注意しましょう。

仮に転職する場合でも、計画的に行動していかないと必ず失敗します。

勢いに任せてとりあえず退職届を提出してしまったり、上司に向かってキレたりするなど、感情的な行動は辞めましょう。

こうしたことを行うと、次の転職にも不利になってしまう恐れがあります。

今後のキャリアをイメージできているか

これから転職を検討しているのであれば、事前にキャリアをイメージしておくことが大切です。

  • 5年後に自分はどうなっていたいか
  • 次の転職先ではどんなふうに働きたいか
  • どのような業種に転職したいのか

など、ある程度のイメージを膨らませておくようにしましょう。

こうしたイメージがないと、転職活動もどのように進めていけば良いのか分からなくなります。

もし、自分でイメージできない場合には、上記でも解説したキャリア診断アプリを活用してみるのも良いでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

甘えているわけではなく、退職した方が良いケースとは?

仕事を辞めたいと考えている方で、甘えているわけではなく、実際に辞めた方が良いケースとしては以下のようなものが挙げられます。

  • やりたいことが明確になっている
  • 今の会社に将来性がない
  • 正当に評価されていない
  • パワハラやセクハラがある
  • 精神的に限界である
  • 労働時間が長すぎる
  • 他の会社でスキルを身につけたい

やりたいことが明確になっている

まず、すでに他にやりたいことがはっきりしている方は仕事を辞めても良いと言えます。

例えば、

  • これまでの経験を生かして別の仕事がしてみたい
  • ずっと前からやりたかった仕事がある

など、別にやりたいことが明確になっているのであれば辞めたとしても甘えとは思われません。

一度きりの人生、せっかくならやりたいことにトライしたいですよね。

ただし、シンプルに今の仕事が嫌で

他の仕事はもっと楽そう・・・

と考えている場合は甘えているだけかもしれません。

今の会社に将来性がない

今の会社に将来性を感じないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 毎年赤字続きで倒産しそう
  • 上司や先輩を見ても尊敬できる人がいない
  • 出世しても給料が上がらない
  • 上司がみんな暇そうにしている

など、

この会社にいて、本当に大丈夫なのか・・・?

と思ってしまうような場合には転職も検討するのがおすすめです。

今では転職も一般的になっているので、わざわざ将来性のない会社にしがみつく必要はないですよね。

ちなみに、厚生労働省による調査でも、仕事を辞めた理由として給与が少ないことは上位の退職理由であることが分かっています。(参考:厚生労働省 仕事をやめた者の退職理由)

正当に評価されていない

どれだけ頑張っても、上司や会社から正当に評価されていないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

  • 今月は営業成績がトップだったのに、給料に反映されない
  • 自分より仕事ができない人の方が給料が高い
  • 自分だけ出世できない

など、不満に感じている方は少なくありません。

もし、そうした不満があるのであれば、他の会社の求人も覗いてみるのも選択肢です。

自分自身についてしっかりとした評価をしてくれる会社を見つけられれば、モチベーションを維持しながら仕事を進めることができるでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

パワハラやセクハラがある

最近では、SNSの発達などにより、かなり風通しの良い職場が増えてきたように思います。

問題があればすぐに話題になり、他の人にも知れ渡ってしまうためです。

しかし、それでもやはりパワハラやセクハラが発生している職場というのは存在しています。

社内で人事異動などが行えれば良いですが、中々そうした職場ばかりではありません。

もし、我慢できないほどひどい仕打ちを受けているのであれば退職を検討するのが良いでしょう。

また、厚生労働省がハラスメント悩み相談室を設置しているので、相談してみるのも選択肢と言えます。

▶︎ハラスメント悩み相談室

精神的に限界である

これまでの仕事内容や人間関係のストレスにより、すでに限界がきているという方もいらっしゃるでしょう。

中には、

  • 理由もないのに涙が溢れてくる
  • 死にたくなっている
  • 会社に行く前に吐いてしまう

など、心身に異常が出ているケースもあるかもしれません。

もし、このような症状があるのであれば、確実に今の仕事は向いていません。

なるべく早めに退職や転職を検討しましょう。

労働時間が長すぎる

明らかに違法な労働時間を働かされている方もいるのではないでしょうか。

  • 毎日夜遅くまで残業がある
  • 残業代が支払われない
  • 土日も休みがない

など、どう考えてもおかしい労働環境であるケースも少なくありません。

どれだけやりがいのある仕事でも過酷すぎる労働環境で働き続けるのは難しいです。

転職エージェントのアドバイザーに相談してみて、もっと働きやすい職場がないか聞いてみるのが良いでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントのアドバイザーに相談してみる

円満退職のポイントは?

これから本当に退職したいとお考えの場合、なるべく甘えていると思われずに穏便に退職したいですよね。

ここでは、円満退職のポイントについていくつかご紹介します。

  • なるべく前向きな退職理由にする
  • 事前に余裕を持って退職を伝える
  • 上司に相談しておく

なるべく前向きな退職理由にする

先ほども解説しましたが、周囲から甘えていると思われる理由には惰性やネガティブなものが挙げられます。

そうした後ろ向きな理由で退職してしまうと、どうしても甘えていると思われてしまうリスクが高くなってしまうでしょう。

そのため、前向きな退職理由を伝えることが大切です。

  • 他にやりたい仕事がある
  • 今までの経験を生かして転職したい
  • キャリアアップしたい

など、ポジティブな印象を与えるような退職理由にしておくのがおすすめと言えます。

事前に余裕を持って退職を伝える

退職する旨は余裕を持って伝えるようにしましょう。

退職したい時期の2週間前など、ギリギリで伝えると、

「この人、常識がないのだろうか・・・」

と、印象を悪くしてしまいます。

そのため、円満退職したいのであれば1~2ヶ月ほど前に上司へ伝えておくことがおすすめです。

引き継ぎなども余裕を持って行なっておけば、スムーズに退職することができます。

上司に相談しておく

この他にも、退職することはできるだけ上司に相談しておくのが良いです。

前もって辞めたい気持ちを話しておけば、突然退職を伝えるよりも心象を悪くせずに退職することができます。

ただし、人間関係で退職したい場合は上司との関係も悪いケースが多いはずなので、この点は状況によって判断するのが良いでしょう。

まとめ

今回の記事では、「人間関係で退職するのは甘えなのか」というテーマで解説しました。

  • 人間関係で退職するのは甘えではない
  • 自分に合った環境を見つけよう
  • 信頼できる人に相談しよう
  • 身近に相談できる人がいない場合は、転職サポートサービスを利用しよう

今では転職の支援をしてくれるサービスもかなり充実しています。

そうしたサービスを活用し、今後のキャリアをうまく築いていくようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました