第二新卒は高卒も含まれるの?転職を成功させる方法とは?

第二新卒は高卒も含まれる 第二新卒

求人を見ていると、「第二新卒歓迎!」というような応募要項を目にすることがあるかと思います。

しかし、この第二新卒というのは高卒者も含まれているのか疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回の記事では、第二新卒には高卒も含まれているのかについて解説します。

また、転職活動における第二新卒の扱いや、転職をスムーズに進めるための方法についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

第二新卒は高卒者も含まれるのか?

結論ですが、第二新卒には高卒の方も含まれます。

応募する際に自分が第二新卒かどうか悩まれる方もいるかと思いますが、高卒の方も以下の条件に当てはまれば第二新卒となりますので、チェックしてみてください。

第二新卒とは?

そもそも、第二新卒とは、高校や大学などを卒業した後、一度就職してから3年以内に退職し、現在は転職活動を行っている方のことを表します。

つまり、高卒で一旦就職し、その後3年以内に離職して今は転職活動を行っている方は第二新卒ということになるでしょう。

ただし、あくまでも一般的な意味合いですので、企業によっては第二新卒の意味合いも異なる可能性があります。

もし自分が第二新卒に当てはまるのかどうか不安であれば、転職エージェントなどに登録してアドバイザーに相談してみるのが良いでしょう。

訴求

第二新卒と既卒はどう違う?

第二新卒とよく混同される言葉として、「既卒」が挙げられます。

これらはよく似ているものの、明確な意味合いの違いがあるのです。

具体的には、就職経験があるかどうかという点で異なっています。

既卒者は高校や大学を卒業した後、どの企業からも内定のないまま卒業した人をさします。

フリーターや派遣社員のように、正規での採用以外の雇用で労働している方もこの既卒者に当てはまるでしょう。

このように、第二新卒と既卒には就職経験において違いが存在しています。

第二新卒の高卒者が転職を成功させるには?

では、第二新卒の高卒者が転職を成功させるには、どのようなことを行えば良いのでしょうか。

ここからは、転職を成功させるための方法をご紹介します。

企業対策を徹底する

当然ではありますが、自分が転職したいと思う企業の面接対策などはしっかりと行っておきましょう。

  • どのような企業理念があるのか
  • 求める人物像とは?
  • 自分が貢献できることは?

など、面接で聞かれそうなことは細かくチェックして答えられるようにしておくのがベストです。

また、履歴書などもなるべく魅力的な書き方を心がける必要があります。

もし、どのように対策すれば良いか分からないのであれば、後述する転職エージェントを活用することをおすすめします。

自己分析を徹底する

これから転職するのであれば、事前に自己分析は徹底しておくことをおすすめします。

あなたは、自分の得意なことや不得意なことについて把握しているでしょうか。

もし、それぞれについて聞かれてもスムーズに答えられないのであれば、自己分析が足りていない可能性もあるでしょう。

  • 長く続けられそうな分野は何か
  • 他の人よりも得意なこと
  • これだけは絶対にできないということ

など、まずは自分自身の特徴について知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

もし、自分でこうした分析ができないのであれば、以下で紹介するキャリア診断アプリなどを利用してみましょう。

キャリア診断を行う

転職活動を開始する前に、キャリア診断アプリを利用してみるのは非常に効果的です。

今ではVIEWなどの診断アプリも登場しており、こちらを利用すれば3分程度で適職を診断することができます。

また、ハイキャリアの求人を多数取り扱っているため、自分に最適な企業に応募することも可能です。

自己分析のツールとしても転職サイトとしても非常に有益なアプリとなっていますので、まずは無料で診断してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職のプロにアドバイスをもらう

これから本気で転職活動を開始しようと考えているものの、どうすれば良いか分からないという方は転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントは転職希望者と企業を結びつけてくれる仲介サービスです。

利用することで面接対策や履歴書の添削、スケジュールの調整など、様々なことをサポートしてもらえます。

キャリアスタートなどの20代に特化したサービスを活用すれば、スムーズに転職することができるでしょう。

利用は完全無料となっていますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎現状月給が25万円以下なら、若手専門の転職エージェント【キャリアスタート株式会社】に相談してみる

応募する求人を増やす

もし、すでにいくつかの求人に応募しているものの、なかなかうまくいかずに困っているという方は、応募する求人の数が足りていない可能性もあります。

応募数を増やすことで自然と成功率を高めることにつながるため、まずは複数のエージェントに登録してみると良いでしょう。

中でも業界最大手の求人取扱実績のあるリクルートエージェントなどはおすすめです。

10万件もの求人数があるので、自分に最適な求人を選ぶことができます。

こちらも、アカウント登録は無料であるため、気軽に利用することができます。

第二新卒の高卒者が転職する理由とは?

そもそも、第二新卒の高卒者が転職する理由とはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

ここでは、その理由について解説していきます。

人間関係の悩み

第二新卒の高卒者が抱える悩みとして、人間関係の悩みが挙げられます。

社会人となり、誰しもが人間関係で悩んでしまうもの。

特に高校を卒業して間もない頃は、慣れない社会人生活で悩んでしまうのも無理のないことでしょう。

  • 会社の上司とうまくいかない
  • 同僚と性格が合わない
  • 年配の女性社員から嫌味を言われる

など、置かれている状況によってさまざまな問題があると思います。

もし、どうしても辛いのであれば転職を検討するのも選択肢です。

職場は今の会社だけではありません。

今の世の中は転職するのが当たり前の状況ですので、まずは求人探しからスタートさせてみてはいかがでしょうか。

思っていた仕事と違った

実際に働き始めてみると、想像していた仕事とは違ったという方も多いのではないでしょうか。

  • 思っていたよりも仕事が楽しくない
  • やりがいを全く感じない
  • 聞いていたよりも労働時間が長い

など、理想と現実のギャップに苦しんでしまう方もいらっしゃるはず。

ただし、1社目で理想の職場に巡り合う人はごく稀と言えます。

厚生労働省の調査でも、就職してから3年以内に転職する若者は約30%以上も存在していることが分かっているのです。

こうしたことからも、一つの会社で自分に最適な企業が見つかる可能性は低く、いくつかの仕事を転職しながら自分に合ったものを見つけるという姿勢が重要になるでしょう。

スキルアップしない

現代の転職市場において、大きなポイントとなるのがスキルアップです。

近年では、個人の時代と言われるように、

「今の仕事を続けてどのようなスキルが身につくのか?」

ということが非常に重視されています。

スキルアップすることができれば収入も上げることに繋がり、ゆくゆくはスキルを用いて独立する人も少なくありません。

そのため、スキル習得ができない企業に長く居続けても意味がないと感じる人は多いようです。

もし、今の会社にいて能力が高まっていないと感じるのであれば、スキルが習得できそうな業種に転向してみるのも良いでしょう。

将来性を感じない

今の会社にいても、将来性を全く感じないという方も多いのではないでしょうか。

就職してから2~3年も経過すると、社内の全体像もある程度分かってきているでしょう。

先輩や上司の姿を見て、

「自分はこうなりたくない」

と感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

先輩や上司は自分自身の将来の姿です。

にもかかわらず、自分はそうなりたくないと感じるのであれば早めに転職先を探してみる方が良いかもしれません。

キャリアアップしたい

退職や転職を検討するのはネガティブな理由が多いかもしれませんが、中にはもっと上を目指したいという上昇志向を持った方もいらっしゃるでしょう。

ポジティブな理由による転職は転職先からも歓迎されることが多いです。

今よりももっと輝けそうな企業があるのであれば、積極的に応募してみることをおすすめします。

第二新卒の高卒者におすすめのサービス

最後に、これから転職を検討している第二新卒の高卒の方向けに、おすすめのサービスをご紹介します。

20代に特化した転職サービス「キャリアスタート」

まず、20代の方向けに特化した転職サービスであるキャリアスタートです。

こちらの転職エージェントは特に若手に特化した転職エージェントであり、所属しているエージェントが、ランキングTOP10に入るほど優秀な人材ばかりとなっています。

また、エージェントの年代も若いことも特徴的で、同じ20代のエージェントに相談することができれば精神的にもリラックスして転職活動を進めることができるでしょう。

個々人に合わせた手厚いサポートが受けたい場合はこちらのエージェントがおすすめと言えます。

利用は無料となっているため、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎現状月給が25万円以下なら、若手専門の転職エージェント【キャリアスタート株式会社】に相談してみる

取扱求人10万件以上の「リクルートエージェント」

引用:リクルートエージェントホームページより

また、業界大手のリクルートエージェントもおすすめです。

こちらの転職エージェントは何よりも取扱求人が多いことが魅力で、10万件もの取扱求人があるため、数多くの企業から自分に合ったものを選んで応募することができます。

大手の信頼のもと、転職活動を進めたい方は利用してみると良いでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、「高卒者も第二新卒に含まれるのか?」というテーマで解説しました。

  • 第二新卒には高卒者も含まれる
  • 事前の企業対策や面接対策を行うことが大切
  • 転職サービスをうまく活用する

第二新卒は転職でも有利です。

転職サービスを効果的に利用し、転職を有利に進めるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました