第二新卒の転職アプリでおすすめは?厳選サービスを紹介!

第二新卒の転職アプリでおすすめ 第二新卒

第二新卒だけど、転職に役立つアプリが知りたい

これから転職活動を開始する上で、20代に特化したサービスが知りたい

第二新卒の転職はかなり増えています。

転職市場でも有利になる傾向が高く、転職アプリなどをうまく活用することによって優位に進めることができるでしょう。

今回の記事では、第二新卒の転職アプリでおすすめのサービスについてご紹介していきます

第二新卒の転職アプリでおすすめは?

早速ですが、第二新卒の方におすすめの転職アプリをご紹介します。

これから転職アプリを検討している第二新卒の方は、以下のサービスを活用すれば間違いないでしょう。

キャリア診断アプリ「VIEW」

最初にご紹介するのはキャリア診断アプリであるVIEWです。

こちらのアプリは20代〜30代に特化したキャリア診断アプリとなっており、利用することであなたの適職を無料診断することが可能です。

ハイキャリア向けの求人を多く取り扱っており、現状よりも年収アップを狙いたい方やキャリアアップを検討している方には特におすすめと言えるでしょう。

完全無料で利用できるため、まずは自己分析ツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

なお、iOS版のみの取り扱いとなっているため、Androidを使っている方は以下で紹介するRe就活を利用するようにしましょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

20代の転職に特化した転職アプリ「Re就活」

Re就活

Re就活は20代に特化した転職サービスで、若手向け求人を多数取り扱っています。

こちらも、VIEWと同じく無料で利用することができる上に、Android版も取り扱っており、iPhoneでなくとも利用が可能なアプリとなっています。

登録も1分ほどで完了できるため、手間がかからず気軽に利用できます。

登録しておくことで多様な求人情報を収集可能であるため、転職活動を開始する前に利用してみると良いでしょう。

上述した「VIEW」と併せて利用してみるのがおすすめです。

▶︎Re就活iOS版ダウンロードはこちら

▶︎Re就活Android版ダウンロードはこちら

第二新卒の転職でおすすめのエージェント

上記では第二新卒の転職でおすすめのエージェントについて解説しました。

もし、これから本格的に転職活動を開始されるのであれば、転職エージェントも合わせて利用しておくようにしましょう。

転職エージェントとは?

そもそも、転職エージェントについて詳しく知らない方も多いと思うので簡単に説明しておきます。

転職エージェントとは、転職したいと考えている方と企業を結びつけてくれるサービスです。

あなたに合った求人を紹介してもらえたり、面接対策、履歴書添削、面接日程の調整などあらゆるサポートをしてもらえます。

また、以下でも紹介しているキャリアスタートなどでは面談などに加えて寮や引越しの相談など、転居サポートまで行ってもらえます。

転職する上で手厚いサービスを無料で受けられるので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

キャリアスタート

キャリアスタートは20代に特化した転職エージェントです。

所属しているエージェントのアドバイザーの約6割がエージェントランキングでTOP10入りしているほど信頼できるアドバイザーばかり

また、同世代の若手エージェントが多数在籍していることにより、非常にリラックスした気持ちで面談を受けることができます。

同じ若手のエージェントなら、相談もしやすく共感もしてもらいやすいです。

あなたの希望や経験を踏まえて、最適なアドバイスをしてもらえるでしょう。

まずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎現状月給が25万円以下なら、若手専門の転職エージェント【キャリアスタート株式会社】に相談してみる

リクルートエージェント

引用:リクルートエージェントホームページより

リクルートエージェントは幅広く求人を見たい方におすすめです。

10万件を超える求人実績があり、多様な求人の中から自分に合ったものを選ぶことができます。

業界でも大手となっているので、とりあえず登録しておき求人を見てみるだけでも役立つでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

第二新卒とは?

そもそも、第二新卒とはどのようなものなのか理解していない方も多いのではないでしょうか。

第二新卒とは、世間的には学校を卒業した後に就職し、数年内に退職した若手人材のことを表します。

年齢については学校を卒業してから3年以内の人を指すことが多いため、一般的には25歳前後を表しています。

ただし、高卒や院卒など、最終的な学歴によっても異なるので、一概にこの年齢だから第二新卒であると断定することができません。

なお、現代では就職して3年以内に離職する若手人材は全体の約30%にも上ると言われています。

このデータからも、今の時代は就職した会社が合わなければ転職するのが当たり前になってきていると言えるでしょう。

第二新卒は転職で有利?

第二新卒は転職に有利に働くのかどうか気になる方も多いのではないでしょうか。

一般的に、第二新卒であれば転職に有利に働くと言われています。

その理由としては、第二新卒者を求めている企業側が多いからです。

第二新卒者は、

  • すでに社会人としてのマナーが備わっている
  • 教育コストが掛からない
  • 若手人材であるため、扱いやすい

など、高い評価になるケースが多いです。

大学を卒業したばかりの新卒者と比較しても即戦力になりやすい傾向にあるので、企業も積極的に採用したいと考えています。

なお、第二新卒が転職にどう影響するのかについては以下の記事で分かりやすくまとめていますので、参考にしてください。

第二新卒の転職理由とは?

一度就職したものの、転職を志す20代の方は非常に多い現状にあります。

ここからは、第二新卒の方がどのような転職する理由があるのかについて見ていきましょう。

人間関係が合わなかった

社会人になり、誰しもが一度は悩むことになるのが人間関係の悩みでしょう。

会社や組織に入るとさまざまな人と関わる必要があり、どうしても人間関係上の悩みがついて回ります。

  • 上司と性格が合わない
  • 職場にお局様のような人がいる
  • 同僚と空気感が合わない
  • クライアントとの関係性が辛い

など、置かれている状況によって異なるとは思いますが、さまざまな人間関係に悩んでいることと思います。

もし、どうしても辛いのであれば自分に合っている環境に身を移すことも選択肢の一つと言えるでしょう。

思っていた仕事と違った

大学生の頃は自分のやりたいことや将来のビジョンを想像して胸がドキドキしたり、これからの人生が楽しみになったりしたのではないでしょうか。

しかし、実際に会社に入ってみると想像していた仕事内容と違っていることは往々にしてあります。

やはり、外側から会社を見るのと、実際に中に入って働いてみるのとでは大きく違いますよね。

やりたいと思えない仕事であった場合、我慢し続けるのではなく環境を模索してみることも大切です。

今後のキャリアが不安

入社してから2~3年経てば仕事にも慣れてきていると思います。

そして徐々に会社の状況を掴み、先輩や上司の全体像も把握してくる頃ではないでしょうか。

「このまま働き続けても、将来は期待できない」

「出世しても仕事が辛そうに見える」

など、先輩や上司の姿に自分を重ねて見ても不安になるばかりなんてことも多いはず。

会社そのものに対して期待できないのであれば、自分が活躍できそうな会社を見つける方が早いです。

周囲の上司は将来の自分の姿。

こうなりたいと思える人が身近にいないのであれば、転職も視野に入れた方が良いかも?

スキルが身につかない

現代のテーマとも言えるのは、「スキルアップ」です。

個人の時代とも言われますが、現代ではスキルさえあれば転職にも有利、中には独立して一人で生きていくなんてことも可能になりました。

この記事を書いている僕自身もIT職に就いていますが、スキルがあるからこそ今は独立して一人で生計を立てています。

スキルがあれば会社に依存しなくて済むのでストレスもないです。

もし、今の会社でスキルが身につかないと思っているなら、自分からスキルを身につけることもできます。

今では転職保証のついているスクールも登場しており、失敗するリスクなくスキル習得が可能です。

以下の記事に分かりやすくまとめているので、もし興味があれば参考にしてください。

キャリアアップしたい

転職は必ずしもネガティブな理由ばかりではなく、キャリアアップを目指して転職を検討している方も多いのではないでしょうか。

今の会社に不安はないものの、転職したいと考える方も多いです。

キャリアアップを狙う転職を行う場合、上記で解説したハイキャリア向けの転職アプリなどをうまく活用するのが効果的でしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

第二新卒の転職を成功させるには?

第二新卒の方が転職を成功させるのは、計画性や利用するサービスを検討することが大切です。

ここでは、転職を成功させるための方法について詳しく解説していきます。

事前に計画を立てておく

まず、事前に転職の方向性や今後のキャリアについてはしっかりと計画しておくようにしましょう。

転職に向けて自分の気持ちやキャリアのイメージがついていないと、いざ転職活動を始めてもうまくいかない可能性が高いです。

将来自分はどうなりたいのか、10年後のイメージなど、自分自身の未来をイメージしながら計画を立てておくのが良いでしょう。

スケジュール管理を徹底する

全体的な計画がまとまれば、今後のスケジュール管理を行っていきましょう。

転職する日を決め、そこから逆算していつ頃に上司へ退職の意向を伝えるべきか、転職活動を本格的に始めるのはいつかなど、細かくチェックしておくことが大切です。

こうしたスケジュール管理も行っておけば、事前に焦らずにすみます。

なお、全体的なスケジュールのイメージがつかない方は、以下でも紹介するエージェントに相談してみるとスムーズです。

適性をしっかり分析する

自分自身の適性についてしっかりと分析した上で、転職活動を始めるようにしましょう。

そもそも、ネガティブな理由で転職する場合には今の職場にも何かしらの合わない理由があったはず。

自分自身の適性を無視して転職したとしても、また合わない仕事に就職して転職を繰り返しかねません。

また、キャリアアップしたい場合でも適性を分析しておけば、活躍しやすい業種を定めることに繋がります。

上記でも紹介したキャリア診断アプリをうまく活用し、自分の適性について理解を深めておくことが大切です。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職のプロに相談する

本気で転職を狙うのであれば、やはり転職のプロに相談するのが一番早いでしょう。

特に若手に特化したエージェントを活用することで、スムーズに転職を進めることができます。

一人で転職活動を進めるのが不安な方は、エージェントをうまく活用してみると良いでしょう。

▶︎現状月給が25万円以下なら、若手専門の転職エージェント【キャリアスタート株式会社】に相談してみる

まとめ

今回の記事では、第二新卒の方におすすめの転職アプリをご紹介しました。

転職活動を進める上でさまざまなサービスを利用することは非常に大切です。

上記で紹介したものを参考にして、うまく転職活動を進めていくようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました