教員の転職で自己PRはどうする?転職活動の面接で大切なことを解説!

教員から転職することを決めたけど自己PRは何を書いたらいいかわからない。

書類選考はどうにか通過したけど、面接対策は何をしたらいいんだろう。

教員から転職する際に不安なことの1つとして自己PRがあるのではないでしょうか。

教員になっている人は基本的に就職活動したことがないので、どのように自己PRを考えれば良いか分からないという人もいるでしょう。

今回の記事では教員からの転職理由や自己PRを解説していきます。

教員からの転職理由や自己PRで大切なこと

教員からの転職理由や自己PRで大切なことは以下の内容です。

  • 前の職場の愚痴を言わない
  • 前向きなものにする
  • 自己PRは転職先で貢献できることをアピールする

以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

前の職場の愚痴を言わない

教員からの転職理由として最も大切なことは、前の職場の愚痴を言わないということです。

教員はどうしても転職理由がネガティブなものになりがちな傾向にあります。

やはり、ストレスも多く残業も長い職業ですので、理由がネガティブになってしまうのはある程度仕方がないかもしれません。

しかし、面接官に暗い印象を持たれてしまえば面接で落とされてしまう可能性もあるでしょう。

  • とにかくきつい仕事から解放されたかった
  • 労働時間が長すぎた
  • 給料が安すぎた

など、愚痴を面接で話してしまえばネガティブなイメージを持たれてしまいます。

できるだけこのようなことを転職の理由として話さないようにしましょう。

前向きなものにする

転職理由は前向きなものにしましょう。

上記でも解説したように、ネガティブな理由はとにかく悪い印象を与えることにつながります。

  • やりたいことが見つかった
  • キャリアを高めたいと思った
  • どうしても転職先でしかできないことがある

このように、前向きな理由を転職理由として考えておくことが大切です。

自己PRは転職先で貢献できることをアピールする

転職する際には、転職先の企業でもしっかり貢献できることを上手く伝えることも大切です。

転職して具体的にどのような役に立つのか、得意なことはなんなのかなどを積極的に話すようにしましょう。

企業であればメリットのある人材でなければそもそも採用されることがありません。

しっかりと自分の良さをアプローチできるように面接に臨むことが大切です。

まとめ

教員からの転職は多くの人が初めての経験になるでしょう。

転職理由についてお悩みの方も多いと思いますが、今回の記事に記載したことを参考にして、充実した転職活動を行うようにしてください。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました