転職で役立つスキルやおすすめの業界とは?

アイキャッチ 転職 転職に役立つスキル

転職したいものの、次にどのような仕事を探せば良いか分からない。

どのようなスキルを身につければ良いか分からない。

このような方は多いのではないでしょうか。

今回はこのような方に向けて、転職にはスキルが必要なのかということについて解説していきます。

転職にはスキルが必要なの?

そもそも、転職する上でスキルを身につけることは必要なのでしょうか。

結論から言えば、スキルが必要ということはありません。

例えば20代の転職希望者であれば、特段スキルを求められるというようなことはありません。ベンチャー企業や外資系の企業などであれば別かもしれませんが、通常の日本企業であれば、20代の転職者において難しい仕事をさせようとする企業はほぼないでしょう。

20代は基本的に育てるスタンスでしょう。ほとんどの日本企業においては、20代は執行期間と位置づけられています。20代の間でしっかりと教育を行い、30代で会社に貢献してくれることを期待しているのです。

特に現在においては20代の若手が不足しており、特にスキルがなくても十分に作業されることが可能です。そのため、不安にならずに転職活動を行うのが良いでしょう。

未経験や異なる業種でも転職は可能なのか?

未経験や異なる業種であっても、転職は問題ありません。特に20代であれば転職活動においても困る事は少ないでしょう。上記にも述べたように日本企業においては若手不足しており、20代の若手はそれぞれの会社に合わせて育成することができます。こうした現状から考えても、20代であれば、未経験や異なる業種であったとしても十分に転職を行うことが可能です。自分がやりたいことがあれば迷わずチャレンジしていくようにしましょう。

30代を超えても転職はできる?

もし未経験で転職を考えているのであれば、31歳までが限度でしょう。31歳以上の年齢になればとなる業種で転職を行うのが非常に厳しくなります。しかしこれは裏を返せば31歳までであればどのような業種であっても転職することができることを意味しています。ただし、31歳以上であれば何かしらのスキルや経験がないと作業所に転職するのは難しいと言う現実がある事はしっかりと理解しておくようにしましょう。

転職するのにおすすめの業界とは

転職する際に大事な事は、自分がどのような業界に進もうとしているのかをしっかり抑えることです。このことを意識していなければ、転職したとしても、その先でさらに苦しい思いをしてしまうことも少なくありません。美香では転職する際に選ぶべきお勧めの業界について解説していきます。

規模が大きくこれからも拡大が見込まれる業界

転職するのにお勧めの了解としてまず挙げられるのは、規模が大きく今後も事業の拡大が見込まれる業界です。ベンチャー企業などの業界に飛び込んでしまうと、求められるハードルも高いこともあります。

小さな会社であれば、長時間労働があったり、給与待遇の面が充実していないような場合もあります。そのため、転職する場合にはできるだけ規模が大きい業界の方が良いでしょう。

特に、様々な面で安定を求める場合は、事業として大きな会社で、途中から入社した社員でも十分に教育が受けられるような設備が整っている会社を選ぶことが大切です。

労働環境が整っている業界

転職を考える人の大多数は現場の仕事が辛かったり、激務なため精神的にきついと感じている方が多いでしょう。

もし転職したにもかかわらず、転職先の企業がさらにブラックな環境であったり、労働状態が非常に悪質なものであれば転職する意味がないと思います。

そのため、転職先として選ぼうとしている場所がホワイトなのかどうかと言うことをしっかりリサーチしておくことが大切です。あらかじめ企業のことをよく調べたり、その業界がブラックではないかと言うことをチェックしておくようにしましょう。

転職に失敗しやすい人の特徴

転職する際に失敗しやすい人は存在しています。たとえスキルがなかったとしても転職に成功する人はいますが、もちろん全ての人がそうであるとは限りません。なんとなく転職しようと言うような曖昧な気持ちでは、転職に失敗する可能性が高いでしょう。以下では転職に失敗しやすい人の特徴を3つほどご紹介していきます。

転職する際に、次にやりたいことが決まっていない

転職する際に次にやりたいことが明確になっていない人は、転職に失敗しやすい人の特徴と言えるでしょう。「今の会社が嫌だからやめる」「人間関係が悪いからやめる」「なんとなく今の仕事がやりたい仕事ではない」など転職したい理由は人それぞれでしょう。

しかし転職してその先に何がしたいのかという事まで考えている人は多くありません。いざ転職しようと思っても仕事を辞めてから具体的に何をすべきかと言う事までしっかりと考えておくことが大切です。

このようなことをあらかじめ決めていなければ、仕事を辞めてしまってから路頭に迷ってしまうことも少なくないのです。自己分析などを通して適性や自分のやりたいことを明確にしておくことが大切でしょう。

できることとやりたいことがあっていない

できることとやりたい事は異なります。誰しもがやりたいことを仕事に‑できれば幸せなことかもしれません。しかし、やりたいことのみに限定してしまうと転職がうまくいかないことも事実です。自分がやりたいことではなく、できる事は何かを明確にしておくことが大切でしょう。

例えば、ミュージシャンになりたいと言う夢があったとしても、すぐさま叶える事は難しいと思います。しかし、音楽に携われる仕事は世の中にたくさんあります。そのような関連性の高い仕事を日々こなしながら、自分の夢を追いかけることもできます。

夢を持つ事は悪いことでは無いかもしれませんが、現実的にお金を稼ぎつつ実現できるような形を考え、転職活動を行うのが良いでしょう。

なぜ辞めるのかが明確になってない

そもそもあなたはなぜ転職したいのでしょうか。なぜ辞めるのかということが明確になっていなければ、次の転職先を見つける時にも苦労してしまいます。例えば、仕事を辞める理由として上司が嫌だったと言うことであるとすれば、次の会社に行っても嫌な上司がいた場合また転職しなければならなくなるでしょう。このような理由であれば、仕事を転職する理由として客観的に納得がいく理由なのかどうかもう一度よく考える必要があります。

反対に、他にどうしても自分がやりたいと思える事があると言う場合には、転職する方が良いといえます。これらのようになぜ仕事を辞めて転職しようとしているのかということをあらかじめ明確にしておくことが大切でしょう。

転職に役立つスキルとは何か?

どうせスキルを身に付けるのであれば役立つものを身に付けた方が良いでしょう。闇雲にスキルを勉強しても、実践で使うことがなければ意味がありません。以下では転職に役立つスキルについて具体的に解説していきます。

簿記

簿記とは、企業活動の状態や財政状況を明確にするために、普段行われている経済活動を帳簿に記録する技術を表しています。簿記を身につければ、企業の決算書類を読む力だけではなく、ビジネスにおける様々な感覚を養うことが可能です。

応募要項として簿記2,3級ほどの知識を求めている企業も多く、簿記を取得していることで転職活動においては有利になるケースが多いです。

中小企業診断士

中小企業診断士は、文字通り中小企業の経営課題に対処するために診断や助言を行う専門家のことです。一般的に中小企業診断士の資格を持っていると転職においては非常に有利になります。これは、企業側から見れば資格を持っていることで一定の知識があると判断されるからです。また、難関資格にトライするだけの意欲や学習能力も評価の対象となります。

TOEIC

TOEICは英語を母国語としない人を対象とした英語コミュニケーション能力テストです。合否ではなくスコア方式による評価方法を行う特徴があります。

英語を使って仕事をする必要がある場合には、このTOEICのスコアがあれば年収が高い仕事や条件の良い仕事に就ける可能性が高まります。もし、転職する際に外資系企業や英語を扱う企業に転職しよう思っている場合には、TOEICを勉強する事も検討してみると良いでしょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、税金や投資、不動産や相続など、あらゆるお金の専門家です。具体的には以下の分野を扱います。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. 金融資産運用
  3. タックスプランニング
  4. リスク管理
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

ファイナンシャルプランナーは3級の難易度がもっとも低く取得しやすいです。そのため、3級を取得していたとしても転職する上ではあまり重要視されない傾向にあります。

もし、これから転職のためにファイナンシャルプランナーを取得しようとされている場合には2級以上の取得を検討するようにしましょう。

社労士

社労士とは正式名称を社会保険労務士と言い、労働法や社会保険に精通した専門家のことを言います。これらの書類作成などは社労士のみが行うことができる独占業務となっており、専門性が高いスキルです。

社労士資格を歓迎する企業は多く、転職にも有利に働きます。社労士の資格を取得していることは、計画性を持って成果を出すことができる証明となり、アピールポイントとなるでしょう。ただし、資格の保有だけではなく実務経験も重視されることがあるため注意が必要です。

MBA

MBAは日本語で「経営学修士・経営管理修士」と呼ばれ、大学院で経営学を修了した人に与えられる学位のことです。純粋な研究と違い、ビジネスの現場で活躍することができる知識を学ぶことができます。近年では、働きながら勉強できるコースなども設置されています。

このMBAは全ての転職で有利に働くわけではなく、主に外資系の企業では有利になります。これは外資系の企業では経営ポジションに身を置く人はMBAを取得している方が多いからです。そのため、これから外資系企業への転職をお考えの方は取得を検討されても良いかもしれません。

まとめ

転職活動を行う場合、必ず何かのスキルを取得しておく必要があるわけではありません。

しかし、上記に述べたようなスキルを取得することで、転職活動を有利に進めることができる可能性が高まることも事実です。

そのため、これから転職活動を始めようとされている方は何らかのスキルを取得しておいても良いかもしれません。

その際には、闇雲に勉強するだけではなく、本当に転職で役立つ資格なのかどうかを見極めることが大切です。上記のことを参考にして、必要なスキルを身につけるようにしましょう。

コメント

  1. […] 転職で役立つスキルやおすすめの業界とは? […]

タイトルとURLをコピーしました