年収を上げるスキルとは?おすすめのスキル特集

年収を上げるスキル 年収アップ

年収を上げたい

年収を上げるために最適なスキルって?

このようにお考えではないでしょうか。

今回の記事では、年収を上げるために効果的なスキルについてご紹介します。

転職で有利になるものや、独立を狙えるものをそれぞれ解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

転職で有利になる市場価値の高いスキル4選

転職で有利になる市場価値の高いスキル4選

では、ここからは転職で有利になる市場価値の高いスキルについて見ていきましょう。

今回ご紹介するのは、以下の4つのスキルです。

簿記2級

簿記2級は株式会社や工場などで用いられる簿記を学習する資格です。

2022年現在、企業で最も需要のある資格としても有名であり、誰しも一度は聞いたことがある資格ではないでしょうか。

簿記2級を取得するメリットには、以下のことが挙げられます。

  • あらゆるビジネスシーンで生かすことができる
  • 財務諸表に詳しくなる
  • 転職に有利になる

実際に求人を見てみても、「簿記2級程度の知識」を求めている企業は多いです。

もし、どのようなスキルを身につければ良いか分からないのであれば、まずは簿記2級からスタートするのが望ましいでしょう。

なお、いきなり2級を取るのは難しいので、最初は3級から始める人が多いです。

英語系のスキル(TOIEC)

日系企業でも外資系企業でも、英語系のスキルを身につけておけば転職シーンで役立ちます。

ここでは、日系企業と外資系企業それぞれにおいて、どれほどの英語力が求められるのか見ていきましょう。

日系企業で求められる英語力

日系企業に転職する場合、一般的に有利となる基準としてはTOEICだと750点以上、英検であれば準1級程度になります。

ちなみに、国際ビジネスコミュニケーション協会によって調査された「上場企業における英語活用実態調査」によると、企業サイドが中途採用者に求める英語力として、TOEIC710点となっていました。

求人を見てみてもTOEICスコアを応募条件として定めているケースも多く、英語を生かして仕事をしたいと考えている方は上記の基準を参考にするのが良いでしょう。

外資系企業で求められる英語力

続いて、外資系企業で求められる英語力ですが、当然日系企業よりも高いレベルの英語力が求められることになります。

具体的には、TOEIC850点以上、英検だと1級程度のスキルが求められるでしょう。

外資系企業である場合、普段の会話も英語で繰り広げられることも珍しくありません。

スコア的にもこれだけの水準をクリアするのは前提として、日常的な会話やコミュニケーションも英語で行えるだけの能力が求められるでしょう。

コミュニケーションスキル

上記では簿記や英語など、得点として目に見えるスキルをご紹介しました。

しかし、現場で求められるのはこうした数字で視覚化することのできる能力だけではありません。

実際には、円滑なコミュニケーションが取れるスキルが最重要とされます。

というのも、どれだけ能力として良いものを持っていても、他の社員とうまくコミュニケーションが取れなければ仕事にならないためです。

そのため、ハキハキと会話できる力や明るい雰囲気などはそれだけで強みであると言えます。

技術的な部分だけではなく、こうした協調性なども一つのビジネススキルであると捉えて日々を過ごしていくのが大切でしょう。

プログラミング

不況が続く現代においても伸び続けているのがIT業界です。

独立行政法人情報処理推進機構が制作した「IT人材白書2018」によると、ITの人材が大幅に不足している感じているIT企業は全体の3割、やや不足していると感じる企業も含めると、全体で9割にものぼるのです。

にもかかわらず、IT業界の年収水準は高い傾向にあります。

経済産業省が実施した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、おおよそではありますが、エンジニアの平均年収は542万円程度であることが分かります。

日本人の平均年収が約430万円(令和2年分 民間給与実態調査統計)ほどであることを考えれば、エンジニアの年収は高いと言えるでしょう。

プログラミングを身につけるなら、スクールがおすすめ

ITスキルを身につけたいものの、

これまでプログラミングを一度もやったことがない

という人も多いでしょう。

しかし、今では未経験から受講して転職のサポートまで行ってくれるスクールも存在しています。

転職を検討している場合、「転職保証」のついているスクールを選ぶのが良いでしょう。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

転職保証つきでおすすめのスクールは?

参考:DMM WEBCAMPより

転職保証がついているスクールで、最もおすすめなのはDMM WEBCAMPです。

こちらのスクールは

  • 短期集中コース
  • 専門技術コース
  • 就業両立コース

の3つのコースが用意されており、用途に応じてコースの選択ができます。

転職ができなければ全額返金保証制度(※条件による)がついており、安心して受講できます。

また、経済産業省の認定講座となっており、条件を満たすことで最大70%を教育訓練給付金として支給してもらえるのです。

DMMWEBCAM
参考:DMM WEBCAMPより

一見すると料金が高い(短期集中コースで70万円ほど)ですが、70%の補助が受けられるのであれば、かなりメリットのあるスクールと言えるでしょう。

無料カウンセリングが実施されていますので、給付金制度やカリキュラムについてはまず参加してみて聞いてみるのがおすすめです。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

独立を狙えるスキル3選(副業にもおすすめ)

独立を狙えるスキル3選(副業にもおすすめ)

では、ここからは独立も狙えるスキルについてご紹介します。

副業との相性もよく、すぐさま稼ぎたい方や、ゆくゆくは独立したいという方に向けたスキルを3つほどご紹介していきます。

WEBライティング

まずご紹介するのはWEBライティングです。

こちらは2022年現在、最もスピーディに稼げるスキルと言えるでしょう。

というのも、筆者自身もWEBライターをしており、3ヶ月ほどで月収15万円〜20万円稼いだ実績があります。

僕自身は最初からフルコミットでライターをしていたので伸びるのも早かったですが、副業としてライティングをこなしていくのも十分アリです。

WEBデザイン

ホームページのLP制作など、デザイン系に興味がある方はWEBデザインもおすすめのスキルです。

3ヶ月〜半年ほど習得に時間が掛かりますが、うまく受注することができれば一本5万円と一定の収入を得ることができます。

ただし、ライティングよりもスピード感を持って稼げないので、スクールに通いながら勉強していくことになるでしょう。

動画編集

現在、最もお仕事の需要が高まっているのが動画編集スキルです。

YouTubeのユーザー数が増加したこともあり、動画編集の案件数もそれと並行して増えています。

プログラミングなどと比較するとスキルも習得しやすく、おすすめスキルと言えるでしょう。

年収が上がりやすい人の特徴3選

年収が上がりやすい人の特徴3選

では、ここからは年収が上がりやすい人の特徴について3つほどご紹介します。

自分が当てはまっているかどうか、チェックしてみましょう。

経験を活かした転職先を見つけられる人

年収を上げるためには、大きく分けて2つの方法があります。

転職して収入アップを狙うか、スキルを身につけて副業で稼ぐ方法です。

どちらを選択するかは人によりますが、転職して収入アップを狙う場合、これまでの経験を活かした転職先を選ぶことが大切です。

例えば、営業をしてきた場合には同じ営業職、金融業であれば同じ金融業など。

今まで培った経験をうまく面接でアピールできれば、高年収の企業に就職する可能性を高めることができます。

向上心がある人

これまでに目立った経験や市場価値の高いスキルがない場合、今から習得していく必要があります。

例えば先ほどご紹介したプログラミングやライティング、デザインなどのスキルを身につければ、副業でも転職でも有利になるでしょう。

しかし、大半の人がこうした勉強を嫌がってしまうのです。

そして年収も上がらず、堕落した生活を過ごしています。

そのため、自分自身の意識を高く持って、向上心のある人ほど年収を高めやすいと言えるでしょう。

自己投資できる人

このほか、自己投資することができる人も年収アップを狙いやすいでしょう。

上述したようなスキルを自分一人で習得するのは非常に困難です。

スクールに通ったり、有料であっても先行投資と割り切れる人は、それだけスピーディにノウハウを習得できます。

反対に、いつまでも我流で押し通そうとして、結局数年経って何も得られないという方もいるのです。

当然、どちらが収入アップしやすいかは目に見えていると言えます。

同業種での転職を行う人

転職をする際は、なるべく同業種で転職をする人の方が、平均的には年収が上がりやすい傾向にあります。

やはり企業サイドとしても、これまでに実績がある人材を必要としています。

そのため、一定のキャリアやこれまでの活動、取得した資格などを活かして転職する方が成功率は高いと言えるでしょう。

求人を探す際、なるべく同じ業界で探してみてはいかがでしょうか。

伸びている業界に転職する人

どの業界に転職するかというのも、非常に重要です。

年収アップを希望していても、転職先の業界が全体的に年収の低い環境だと、思うように収入は上がりません。

しっかりと事前に調査を行ってから、転職活動を行うのが良いでしょう。

ちなみに、2022年現在で年収水準が高く人気の業界は以下のような種類が挙げられます。

  • メーカー
  • 金融
  • IT

こうした業種は専門性が求められることもありますが、全体として年収水準が高く活躍しやすいでしょう。

転職で年収を上げるためのポイントは?

転職で年収を上げるためのポイントは?

年収アップを実現させるためには、採用される段階でさまざまなことに気を付ける必要があります。

ここでは、重要なポイントについて解説していきます。

実力重視の企業に転職する

転職先の企業が「年功序列型」なのか、「実績型」なのかについて見ておきましょう。

年功序列型の企業に就職すると、どれだけ市場価値の高いスキルや経験があっても、年収アップさせるのは難しいです。

本気で年収アップを狙うのであれば、社内で活躍すればそれをしっかりと評価し、給料や報酬に反映してくれる企業を選ぶことが大切です。

面接で年収について交渉する

面接段階で年収についても交渉しておくのも、重要なポイントの一つです。

自分のこれまでの経験やスキルについて一通り話しておき、希望する年収についてもアプローチしてみましょう。

ただし、あまりにも年収アップを全面に押し出すと面接官の心象を悪くしてしまいます。

あくまでもさりげなく、イメージを悪くしない範囲で交渉してみると良いでしょう。

実績や経験については細かくアピールする

これまでにマネジメントの経験や上司として培った技術などは惜しまずしっかりと話しておきましょう。

特に30代以上の方は正社員として管理職の経験がある人も多いはず。

そういったことをうまく面接でアピールすることができれば、年収アップにもつながる可能性があります。

年収を上げるスキル習得におすすめのサービス

年収を上げるスキル習得におすすめのサービス

最後に、年収アップを狙う際におすすめのサービスについてご紹介します。

転職向けのツールやスキルアップのために力になってくれるスクールなどもあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

VIEW

まずご紹介するのは、ハイキャリア向けの転職ツール「VIEW」です。

高年収を狙いたい方向けの無料キャリア診断アプリであり、利用すれば3分程度でキャリア診断ができます。

ハイキャリアに特化しており、高年収が狙える企業を紹介してもらえるのが魅力です。

利用は完全無料なので、まずは自己分析のツールとして活用してみるのが良いでしょう。

ただし、20代〜30代前半向けのツールであるため、今から転職するのはきついと感じる方は以下のようにスキルを習得する方向で考えてみましょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

DMM WEBCAMP

上記でも解説したDMM WEBCAMPは転職に特化したプログラミングスクールです。

転職成功率はなんと98%となっており、スキルを身につけて転職したい方にはおすすめできるスクールと言えます。

料金が60~90万円と少々高額になっていますが、条件によっては最大70%の給付金制度が適用される可能性があります。

転職サポートや転職保証などもついており、安心できるサービスだからこその料金設定であると言えるでしょう。

給付金制度の概要や、適用されるかどうかなどについてはまず無料カウンセリングを受けてみて聞いてみるのがおすすめです。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

まとめ

今回の記事では、年収を上げるためのスキルについてご紹介しました。

年収アップを狙うのであれば、技術的な部分はもちろん、コミュニケーションスキルなど、人間的なスキルも磨いていくことが大切です。

そのためには日々の業務においてさまざまなことを意識し、スキルアップの意識を持って仕事に取り組んでいくことが必要と言えるでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました