退職するときにおすすめの転職エージェント4選!

教員が利用すべき転職エージェント4選!その違いを分かりやすく解説! 退職

転職する時には、必ず転職エージェントを利用しておくことがおすすめです。教員は就職活動をしたことがないため、基本的に転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めることになるでしょう。

今回の記事では、利用すべき転職エージェントを4つほどご紹介していきます。それぞれの特徴やメリットについても詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

退職するなら利用すべき転職エージェントとは?

では、早速おすすめの転職エージェントをご紹介していきましょう。今回

ご紹介するのは、次の4つの転職エージェントです。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda
  • パソナキャリア

それぞれ、以下で詳しく解説していきます。

リクルートエージェント

参考:リクルートエージェント

まずご紹介するのはリクルートエージェントです。こちらの転職エージェントは業界の中でも実績や求人数においてNo.1となっている大人気の転職エージェントとなっています。

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通りです。

  • ビジネスに全く知識がない教員でも、適正な求人を紹介してもらえる
  • 各業界について詳しいキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれる
  • 教員の転職をサポートした実績が多数あり、心強い

このように、現役で教員をされている方であれば利用するメリットが非常に多いと言えます。これから転職エージェントを利用する場合には、ひとまず登録しておけば間違いないと言えるでしょう。

相談は無料で行えますので、話を聞くだけでも心が楽になるかもしれません。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

マイナビエージェント

参考:マイナビエージェント

マイナビエージェントは株式会社マイナビによって運営されている転職エージェントです。その特徴としては以下のことが挙げられます。

  • 20代を中心とした若い世代へのサポートが充実している
  • 各企業の情報が豊富で、転職先企業との繋がりも深い
  • 専任のエージェントが丁寧に相談に乗ってくれる

このように、全体として若手向けの転職エージェントと言えるでしょう。教員から転職しようと考えている20代の方は、一度無料相談に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎首都圏のIT・営業職求人多数。マイナビの人材紹介サービス≪マイナビエージェント≫へ

doda

参考:doda

dodaは業界の中でも2番手となる求人数と実績を持っている転職エージェントです。業界未経験者でも安心して転職できる求人を豊富に持っており、どのような方でも気軽に利用することができます。

年代や職種なども幅広く、多様な企業の中から転職したいと思える業種を選択することが可能です。リクルートエージェントと組み合わせて利用すれば、効果的に転職活動を進めることができるでしょう。

▶︎dodaに申し込む

パソナキャリア

参考:パソナキャリア

最後にご紹介するのは、20代だけではなく30代の方にも対応していることが特徴のパソナキャリアです。こちらの転職エージェントは転職活動におけるサポートが充実している点が魅力となっています。

そのサポート内容は転職先で行われる面接対策なども入っています。就職活動をしたことがない教員の方でも、そうしたフォローがあることで安心して転職活動に打ち込むことができるでしょう。

教員が転職エージェントを利用する際に注意すべきポイントとは?

上記ではおすすめの転職エージェントについて解説してきました。実際に転職エージェントを活用する際には気を付けるべきこともあります。主に次のようなことを意識すると良いでしょう。

  • 連絡はこまめに入れる
  • 転職時期はできるだけ最短の日を回答する
  • コンサルタントの選定は慎重に行う

以下では、それぞれについて詳しく解説していきます。

連絡はこまめに入れる

まず初めに注意すべきこととして、連絡はこまめに入れておくことが挙げられます。できれば、2週間に1度ほどは入れておくのが理想的と言えるでしょう。これは転職エージェントで行われる応募者への連絡が「新しい」人から順番にされるため、できるだけ自分のデータを更新しておく必要があるからです。

例えば、普段あまり連絡していないと、更新日がどんどん古くなっていき、あなたよりも頻繁に更新されている方へ優先してメールが送られることになります。そのためできるだけこまめに連絡を取ることが必要になると言えるでしょう。

転職時期はできるだけ最短の日を回答する

転職エージェントを利用すると、コンサルタントとの面談が行われるはずです。もしコンサルタントから転職の時期を聞かれた場合には「できればすぐにでも転職したい」と答えるのがおすすめ。

なぜなら、そのほうが優先的に対応してもらえる可能性が高まるからです。コンサルタントも日々転職者を探し、結果につなげなければならない状況にあります。そのため、すぐにでも転職したい人がいればその分成果につながりやすいので、優先されるケースも中にはあるでしょう。

ただし、現在の仕事で十分な引き継ぎや退職の手続きが必要だと思います。その際には急がず転職活動を行うようにしましょう。

コンサルタントの選定は慎重に行う

担当のコンサルタントは慎重に選ぶということも大切です。コンサルタントも人間です。中には合わない人や経験が不足している方も多いでしょう。もし、現状のコンサルタントに不満がある場合には、別の人に変えてもらうのも良いでしょう。

担当変更のメールを作成し、転職エージェント宛に送れば対応してもらいます。もし、担当の変更ができない場合には違う会社を利用する方が良いです。転職は大切な選択ですので、コンサルタントも厳選した人を選ぶようにしましょう。

まとめ

教員の転職には転職エージェントの活用が欠かせません。今回の記事に記載したことを参考にして、転職活動を充実させてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました