教師から転職失敗するパターンと、失敗しないための対処法を解説!

教師 転職失敗 教師

教師は非常に激務で大変なお仕事です。

あまりの多忙さとストレスの高さで、もう辞めてしまいたいと思われる方も少なくないでしょう。

かくいう私も、過去に高校教師として3年間勤務し、体を壊して辞めた過去があります。

「教師から転職したいけど、失敗しないか不安」

「教師から転職した人で失敗する時はどんなパターンがあるのだろう」

このように思われる人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、教師から転職して失敗するパターンと失敗しないための対処法について詳しく解説していきます。

  • 教師から転職したいけど、失敗しそうで不安な方
  • 転職に失敗しないために、その対処法を知っておきたい方
  • 教師から転職した人の体験談を知りたい方

このような方に向けて記事を制作していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

教師から転職して失敗するパターンとは?

では、具体的に教師から転職して失敗するパターンを見ていきましょう。

これから転職を考えている人は、どのような失敗があるのかについて把握しておけば対策もしやすいはずです。

以下のパターンを参考にしてみてください。

転職して年収が下がってしまう

まず初めに挙げられるのは、転職して年収が下がってしまうというものです。

教師は収入面においては手堅い給料が保証されています。

また、リストラになる心配もありませんので安定感のある職業です。

転職することで、そうした手堅い給料よりも低い賃金になってしまったり、収入ダウンしてしまう方もいらっしゃるようです。

職場の人間関係に慣れない

教師という職業は、基本的に誰かを教える立場にあります。

「年下の生徒」に「知らない知識を教える」という特殊なお仕事です。

こうしたポジションであれば、どうしても自分の方が上で相手が下であるという関係性になるでしょう。

しかし、転職した場合には自分が最も下の「新人」からスタートになります。

同僚や先輩に教えてもらう場面も増えるでしょう。

そのため、もしプライドの高い人であれば新しい職場の人間関係で思い悩む方もいるようです。

成果を求められる場合がある

営業などノルマが存在している仕事に転職した場合、結果を求められる場合もあるようです。

教師は公的なお仕事ですので、私立などの学校以外で超進学校でなければきついノルマを求められることは少ないです。

しかし、民間企業に転職すれば数字を出すことが大切になるケースも増えます。

もし、営業などで数字を出すのが苦手である場合には、転職してから苦しむこともあるようです。

家族や友人からの評価を失う

教師の社会的地位はそこそこ良いです。

家族や友人からの評価も、おそらく高い方が多いでしょう。

また、ローンの審査の際には通りやすいというメリットもあります。

教師を辞めてしまうと、そのような信頼を失ってしまうこともデメリットの一つです。

他人の評価などは気にしないという方であれば問題ないかもしれませんが、一目置かれた存在でありたいという人にはきついかも。

子供と接する機会が少なくなる

子供が好きな方であれば、転職することで子供と関わることが少なくなるのは辛い方もいらっしゃるようです。

教師は基本的に毎日子供と関わりのある仕事ですので、子供が好きな方には転職のデメリットが大きいかもしれません。

ただし、塾講師などの同じ教育業界に転職した場合には引き続き子供と関わることができます。

もし、子供に関連する仕事に転職したい場合には教育系の仕事を探すのが良いでしょう。

教師の転職率は?

教師の転職率について知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

教師の転職率は具体的に数値化できるものではありませんが、参考までに総務省から出されている「地方公務員の退職状況等調査(平成30年度)」の資料を見ると、非常に少ない数の人しか転職していないことがわかります。

実際、私が転職した際にも、教師を退職したのは同期で私だけでした。

なぜ、このように転職率が低いのでしょうか。その理由としては以下のようなことが挙げられます。

  • ある程度給料が安定しているから
  • 専門的なスキルがなく、転職しにくい
  • そもそも、公務員から転職する人があまりいないので、転職しにくい
  • 高倍率の採用試験を突破しており、辞めるのがもったいない

主にこうしたことが考えられるでしょう。

実際に教師を辞めてみた体験談

僕は実際に教師から転職した人間です。

教師→会社員→WEBライターの順番で転職しました。

実際に転職してみて良かったことは以下の通りです。

教師を辞めて良かったこと
  • 人間関係が楽になった
  • 自分の時間を持てるようになった
  • やりたいことができるようになった
  • 収入が増えた
  • 自分に自信を持てるようになった

僕は現在WEBライターとして生活しています。

あまり人と関わるのが好きではなかったので、明らかにライター向きの人間だったようです。

そのため、悩みは無くなり収入も上がるという完全にウハウハな状態になりました。

反対に、大変だったのは以下のものです。

教師を辞めるとき大変だったこと
  • 辞表出すのが本当に大変(家族、同僚、上司全てから反対される)
  • 他の業種を知らないからめっちゃ不安
  • 辞めた後も慣れるまで大変
  • 一時的に収入下がる

こうした大変なことも当然ありましたが、僕は辞めて良かったと思っています。

あのまま教師として働き続けていれば、間違いなく体を壊していたでしょう。

今は自分に向いていると思える仕事に就けているので、毎日充実感を感じながら働くことができています。

教師から転職しても後悔しないケースとは?

教師から転職しても後悔しない方は多いです。

具体的には以下のような方が辞めてもスッキリした気持ちでいることが多いため、参考にしてください。

体調不良になるほど精神を病んでいる人

教職員のメンタルヘルスに関する調査結果によれば非常に多くの方が教師の仕事を通して体調不良になっています。

特に大規模校になれば近時間も長くなる傾向にあり、中にはうつ病を発症してしまうケースも少なくありません。

実際、私が勤務していた学校も夜遅くまで残業があり、土日も休みがありませんでした。

このような状況下で働いている場合、退職してしまっても後悔はないでしょう。

むしろ、より労働条件が整っている環境へ移ることで、精神的にも安定している人生を送れる可能性が高まります。

キャリアに不安を感じた人

教師に対して将来の不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

教師は特に市場価値の高いスキルが身に付くわけでもなく、人として成長することはできても、市場に出れば弱い人間になる可能性が高いです。

そのため、現状の職場にいてもこれ以上成長できないと感じている方は、転職しても後悔しない人が多いことがわかります。

自分の能力を高めたいのであれば、転職を視野に入れても問題ないでしょう。

結婚がきっかけで転職する人

結婚をきっかけに転職する方もいます。

このパターンは女性に多いですが、結婚するのであれば仕方がないことでしょう。

子育てを行いながら厳しい教師の仕事を続けるのはなかなか難しいものです。

結婚を機に転職を考えてみても良いかもしれませんね。

教師からの転職で失敗しないためには

上記では教師からの転職で失敗するパターンについて解説しました。

では、どうすればこのような失敗をせずに済むのでしょうか。

以下ではその対処法について具体的に解説していきます。

転職先のリサーチをしっかり行う

まず、転職で失敗しないためにはリサーチをしっかり行いましょう。

思っていた転職先と違ったということにならないためにも、下調べを丁寧に行うことが大切です。

  • 求人情報を確認する
  • ホームページ情報を確認する
  • 業界新聞や専門誌のチェック
  • SNSアカウントなどを確認
  • 実際に働いている人に聞く

このような対策を行い、リサーチをするようにしましょう。

自分がやりたいことを真剣に考える

転職をする際には、自分が本当にやりたいことは何かについて洗い出すことも大切です。

転職する時の気持ちが曖昧である場合、面接時にもはっきりと答えることができないでしょう。

また、やりたいことが定まっていないと転職先でも同じ失敗を繰り返すことになりかねません。

紙に自分の気持ちを書き出すなど、心情を整理してから転職活動を行うのが大切です。

転職エージェントを上手く活用する

教師からの転職で失敗しないために最もおすすめなのは、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

転職エージェントを利用するメリット
  • 多忙な教師でも、働きながら転職活動を充実させることができる
  • 知らない業界の情報も知ることができる
  • 無料で相談に乗ってもらえる
  • 専任のコンサルタントとの面談の中で、適性のある仕事を判断できる

このように、様々なメリットがあります。

教師からの転職は個人だけで行うのは非常に難しいです。

リサーチしても情報を集められないこともあるでしょう。

そのようなとき、エージェントを活用すれば求人を紹介してもらえますので、スムーズに活動することができます。

転職エージェントを利用する場合は、マイナビエージェントがおすすめ

もし、これから転職エージェントを利用するのであればマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントでは扱っている求人数も多く、応募も非常に行いやすいでしょう。

また、専任のコンサルタントがおり、丁寧に面談を行ってもらいながら転職活動を進めることができます。

もし、これから転職エージェントに登録する場合には以下のリンクから行ってみてください。

まとめ

教師は本当に大変なお仕事です。

現在のブラックな労働環境であれば、転職したいと思うのも無理はないでしょう。

もし、これから転職をお考えなのであれば、転職エージェントなどを活用してしっかりとリサーチを行うことが大切です。

今回の記事で記載したことを意識して、ぜひ充実した転職活動を行ってください。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました