教員の転職でスキルは必要?教師の経験を活かすにはどうしたら良い?

教員転職スキル 教師

教員から転職したいけど、スキルは必要なの?

教員で培ったスキルを活かした転職って?

そのようなことをお考えではないでしょうか。

今回の記事では、教員から転職する際のスキルについて詳しく解説していきます。

この記事で分かること
  • 教員の転職でスキルは必要なのか?
  • 教員の転職で生かせるスキルは?
  • 教員の転職で身につけることで有利になるスキルは?

教員の転職でスキルは必要なのか?

まず、この記事を読まれている方が気になるのは「教員の転職においてスキルは必要なのか?」ということでしょう。

これは結論から申し上げると、「スキルはある方が有利だけど、必ずしも必要なわけではない」ということになります。

その理由には次のことが挙げられるでしょう。

教員の転職でスキルが必ずしも必要ではない理由
  • 特別なスキルがなくとも転職を成功させている人は多いから
  • 業界によってはスキルがなくとも転職できるから
  • 類似した業種であれば、そもそも教師としてのスキルが役立つから

特別なスキルがなくとも転職を成功させている人は多いから

まず初めに、特別なスキルを持っていなくても転職を成功させられる人は多いことが挙げられます。

2021年現在、教員から転職する人は多いです。

実際に僕自身もそうですし、教師の過酷な労働実態が明らかになり転職している人も数多くいらっしゃいます。

それらの人が全て特別なスキルを持っている訳ではありませんし、むしろ特殊なスキルよりもコミュニケーション能力が求められるケースが多いです。

そのため、特別なスキルがないからといって、すぐさま転職を諦めてしまうのは非常にもったいないと言えるでしょう。

必ずしも転職にスキルが必要であるわけではありません!

業界によってスキルがなくとも転職できるから

また、業種によって特別なスキルが必要ではないものも数多く存在しています。

例えば、事務系のお仕事や営業職などが挙げられるでしょう。

こういった職業では事務仕事がこなせるかどうかや、営業で成果をあげられるかが求められます。

こうしたことからも、どんな業種に転職するのかということが大切であることが分かります。

転職する業種がどのような業界なのかについてよく考えましょう!

類似した業種であれば、そもそも教師としてのスキルが役立つ

このほかにも、類似した職業に就職することでこれまでの経験を活かすことができる点も挙げられます。

例えば、塾講師などに転職すれば教師としての経験が発揮できることもあるでしょう。

授業や教科の知識を活かしながらお仕事をすることができます。

また、教材会社などに就職するケースも、これまでの専門性を活かして転職することが可能です。

このように、教師として培ってきた経験を無駄にせずに転職できるケースもあるので、必ずしも新たにスキルを身につけるべきであるわけではないことが分かります。

教育系の類似したお仕事に転職することで、これまでの経験を活かすことができます!

教員の転職で経験を生かせるスキルは?

では、これから教員から転職をお考えの場合、どのようなスキルを活かすことができるのでしょうか。

具体的には次のようなスキルを転職時に生かすことができます。

転職で経験を生かせるスキル
  • プレゼンスキル
  • 教科指導のスキル
  • コミュニケーション能力

プレゼンスキル

まず、教員として活かすことができるスキルにプレゼンのスキルが挙げられます。

教師であれば毎日授業をすることになるため、人前で話すことにはある程度慣れている人が多いのではないでしょうか。

そのため、企業においても人前で話す力を役立てることができるでしょう。

プレゼンテーションなどで分かりやすい説明をすることができれば、あなたの評価を高めることができます。

多くの企業でプレゼン能力を生かすことができます

教科指導のスキル

中学や高校の教師である場合、教科の指導力を生かせるケースもあります。

特に、塾の講師など教科の専門性が求められるようなお仕事に転職する場合であればこれまでの経験を生かしつつ転職できるでしょう。

教員は毎日教材研究などを行い、どうすれば生徒に分かりやすく伝えられるかを学んでいるはず。

転職する際に類似した業種へ変われば、これまで培った教科指導を発揮させることが可能です。

もし、教材の知識を生かして転職したいのであれば、塾などの教育系の企業を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

同じ教育系の業種に転職することで、これまでのスキルを生かして仕事をすることができます!

コミュニケーションスキル

このほかにも、特別な技術だけではなくコミュニケーションスキルも転職の際には武器になります。

教員の方は普段から職員室における他の先生との関係性、生徒とのやりとり、保護者対応など、様々なシーンでコミュニケーションが求められます。

そうした生活の中で身につけたコミュ力は転職においてかなり大切な要素になるでしょう。

なぜなら、どの企業もできるだけ円滑にコミュニケーションを取れる人材を求めているからです。

特別な技術力というのは転職後でも身につけることができますが、人としてのコミュ力は簡単には習得できません。

面接の際に明るくハキハキと受け答えができるだけでも、かなり好印象につながるでしょう。

結局のところ、特殊なスキルよりも人間力が大切ということですね!

教員の転職で身につけておけば有利になるスキルは?

転職する際に不安だから、できるだけ役立つスキルを身につけておきたい。

そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、以下では身につけておくことで転職に役立つスキルについて解説していきます。

簿記

まず、転職に役立つスキルとして筆頭に挙がるのは簿記のスキルです。

簿記検定を取得することで、会計に関する基礎知識を身につけることができ、転職する際にもアピールできます。

実際、僕も教員から転職する際に簿記の勉強をしました。

持っているから確実に転職に成功するというわけではないですが、有利に働くことは間違い無いでしょう。

まずは簿記検定3級くらいから手軽に勉強してみることをおすすめします。

英語

英語の学習も、転職する際に役立ちます。

特に、外資系など日常の中で英語を使用する職種ではTOEICで良い点数を持っていることが有利に働くでしょう。

実際にすぐさま転職するわけでなくとも、お休みに少しずつ英語の勉強をしてみるだけでもかなり有意義な時間を過ごすことができそうですね。

プログラミング

最後に、現代で最もおすすめのスキルはプログラミングです。

IT企業に転職する際には必須とも言えるスキルであり、学んでおいて損はないスキルであると言えます。

今では数多くのスクールが存在しており、手軽に勉強を始めることも可能です。

転職すると決めてスキルが欲しいのであれば、まずはプログラミングを学ぶことがおすすめと言えるでしょう。

おすすめはRaiseTechというスクールですので、よければ以下の記事もご覧ください。

まとめ

今回の記事では教員が転職する際に必要なスキルについて解説しました。

転職するからと言って、必ずしもスキルが必要になるわけではありません。

上記のことを参考にして、転職についてもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました