教員辞めるのはもったいない?元教員が実体験をもとに解説!

教員辞めるのはもったいない 教師

教員採用試験を突破して、晴れて教員になったものの、何かが違う。

こんなにきつい仕事だとは思わなかった。

そのような人は多いのではないでしょうか。

実際、僕自身も同じことを感じました。

僕は3年間の高校教師としての経験を経て転職し、現在ではライターとして活動しています。

今回の記事では、教員を辞めるのはもったいないのか、ということを解説していきます。

教員を辞めるのはもったいないのか?

  • 教員辞めるのはもったいないと言われる理由
  • 教員辞めるのはもったいないかどうかはその人次第
  • 僕はもったいないとは思わなかった

教員辞めるのはもったいないと言われる理由

まず、教員を辞めるのはもったいないと言われる理由について解説します。

具体的には以下のようなことが挙げられるでしょう。

  • 教員採用試験を突破したのに辞めるのはもったいない
  • 安定した給料と身分を捨てるのはもったいない
  • シンプルに世間体が欲しい人が言って

教員採用試験を突破したのに辞めるのはもったいない

まず、一番多いのは教員採用試験を突破したのに辞めるのはもったいないという理由でしょう。

実際、僕自身も高倍率の高校教師の採用試験を突破して正規の教員になりました。

それまでに苦労している分、周囲からは「なぜ苦労して試験に通ったのに辞めてしまうのか」という意見が多くなります。

しかし、そうした批判を言っているのは中身が無いものに思えました。

実際に仕事をやってみてしか分からないことも多いし、何より身分のために仕事をしているわけではなかったからです。

こういう批判をしてくる人は、教師の身分や世間体しか見ていない人が多いですね。

教員採用試験を突破したのに辞めるのがもったいないという意見が多いです

安定した給料と身分を捨てるのはもったいない

次に、教員の安定した給料と身分を捨ててしまうのがもったいないという意見もありました。

確かに、公務員として身分が安定していますし、職にしがみついていれば生活に困ることはないでしょう。

ただ、この意見についても僕はあまりしっくり来ていなかったです。

給料や身分が安定しているのは魅力かもしれません。

しかし、それ以上に業務上のストレスが半端なすぎるということと、やりたいと思えない仕事だったということがありました。

後は、勤務時間が長すぎて、事実上の時給は800円くらいなんじゃないかと感じる時も。

なので、単純に給料の安定性や地位の魅力だけで語れる問題ではないと思いますね。

安定は魅力だけど、ブラックな環境で働き続けるのが本当に安定?

シンプルに世間体が欲しい人が言っている

あと、もったいないと言ってくる人は、職業に対して曖昧な考えしか持っていないように感じました。

「とりあえず、教師って安定してるし、給料もそこそこ良いじゃん。なんで辞めるの?」

みたいな意見が多かったように思います。

もったいないという意見自体、結構曖昧なものが多い印象ですね・・・

教員辞めるのはもったいないかどうかはその人次第

個人的な意見ですが、教員を辞めることがもったいないかどうかはその人次第だと思います。

給料の安定感とか、身分の信用性を重視しているのであれば、確かにもったいないかもしれません。

ただ、僕はそういう外面を重視している時点で、教師には向いてないと感じます。

安定と信用性だけであれば市役所の職員や会社員でも問題ないでしょう。

教師はそういう中身のない気持ちで続けられるほど、甘い職業ではないと思うのです。

なので、確かに収入や身分は安定しているけど、辞めてもったいないと感じるかどうかはその人の価値観によるところが大きいでしょう。

他人や一般的な価値観に振り回されず、自分がどう感じるのかを重視するのが大切であるということです。

一般的な価値観や世間体ばかりに目を向けていると、本当の自分を見失います

僕はもったいないとは思わなかった

最後に、僕自身は教員を辞めて「もったいない」と感じたことは1度もありませんでした。

教員をやっている時から「自分は教師に向いていない」と強く実感していましたし、精神的にも限界でした。

今は転職してIT系の仕事をしていますが、毎日めっちゃ楽しいです。

こうしたことからも、やっぱり自分に向いている仕事をやるのが一番だと思いますね。

もし、やめるのがもったいないと感じているのであれば、何がどうもったいないのかをもっと突き詰めて考えてみてはいかがでしょうか。

自分の気持ちを洗い出した上で、もったいない要素がお金や身分が中心になっている場合、もしかするとそれは自分の本心とはかけ離れているものかもしれません。

自分の気持ちに素直になった方が楽になれますよ。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました