教員の転職・退職は後悔する?|後悔ないためのポイントを徹底解説

教員の転職で後悔

※本ページにはプロモーションが含まれています

教員の退職を検討しているけど、後悔するかな?

教員の転職で後悔しないためにはどうしたらいいの?

これから教員の転職でうまくいくためにはどうしたら良いの?

このようにお悩みではないでしょうか。

本記事を制作している私自身も、高校教員として現場で3年ほど働き、その後に退職・転職を経験した過去があります。

今回の記事では、実際の体験談を踏まえて教員の転職で後悔しないためのポイントをご紹介していきます。

この記事を書いた人
カケル

元公務員。激務により体調を崩して退職。

そこから会社員に転職し、現在は独立してWEBマーケティング事業を運営。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

目次

教員の転職で後悔してしまう事例とは?

そもそも、教員から転職して後悔してしまう事例としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

ここでは、転職してから後悔してしまう例とその解決策をご紹介します。

転職先が合わずに何度も転職を繰り返してしまった

まず、最もよくある失敗事例としては、転職したものの、転職先でもうまくいかずに退職を繰り返してしまうことが挙げられます。

教員が嫌になって辞めたものの、結局転職先でもうまくいかないと転職ばかりを繰り返してしまう恐れがあるでしょう。

何度も転職していれば履歴書にも傷がついてしまい、採用されなくなる可能性もあります。

対策方法
転職先が合わないリスクを下げるためには、なるべく適職について考えた上で転職を検討するのが良いでしょう。自分自身のやりたいことや適性を踏まえずに”とりあえず転職する”という形で転職してしまえば、その後で後悔してしまう可能性が高いです。

適職については、

適職診断を利用する
・転職エージェントの無料カウンセリングを受けてみる
・キャリアコーチングを受けてみる


などの対策が有効です。即座に転職先を決めてしまうのではなく、診断ツールや転職サポートを利用して転職先を判断するのが良いでしょう。

なお、本サイトでは教員転職コンシェルジュという無料の転職サポートも行っておりますので、教員の転職でお悩みの方は以下のリンクよりご相談いただければ、最適なエージェント紹介や適職相談も行っております。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

給与が大幅に下がってしまった

転職したものの、給与が大幅に下がってしまうというリスクは存在しています。

中には400万円程度の年収から250万円に下がってしまったという事例もありますので、給与面についてもリサーチした上で転職を進めることが大切です。

解決策
給与については教員は一般企業よりも少しだけ優遇されている傾向にあります。ただし、求人をしっかりとチェックすることで大幅な給与ダウンは避けられる可能性があるでしょう。

そのため、退職前に転職エージェントへ登録しておき、まずは求人のチェックを行っておきましょう。dodaなどの転職エージェントであれば無料で利用できる上、転職サイトのみを利用することもできるので、まずは登録してみて求人情報を収集しておくのがおすすめです。

家族とトラブルになった

家族とよく相談せずに退職してしまった場合、

「なぜ話してくれなかったのか」

など、退職後にトラブルになる可能性もあります。

また、退職前に話したとしても基本的には反対されることが多いので、問題になることもあるでしょう。

解決策
すでに結婚されているなど、配偶者とのトラブル対策については事前によく相談しておくのがおすすめです。しっかりと相談せずに辞めてしまうと、離婚してしまうケースもあるので、なるべく配偶者の理解を得た上で退職するようにしましょう。

なお、家族と言ってもそれが親とのトラブルである場合には、あまり気にしなくても良いと思います。筆者も両親が公務員家系であり、退職時には猛反発されましたが、いくら説得しても理解されることはありませんでした。

親や親族は基本的に反対してきますが、退職してから生活が安定してくれば誰も何も言わなくなりますので、気にせず退職するのがおすすめです。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

教員の転職で後悔しないためのポイント3選

ここからは、教員の転職で後悔しないためのポイントを3つご紹介していきます。

今後、教員から転職する可能性のある方は、以下のことに気をつけてみてください。

自己分析を徹底する

まず、転職が少しでも視野に入っているのであれば、自己分析をしっかりと行うことが大切です。

そもそも、

・教員を辞めて何がしたいのか
・教員を辞めたい理由はどのようなものか
・自分に向いている仕事はどんな職種か

など、自分自身のことをしっかりと理解することができているでしょうか。

こうしたことについて把握しておかなければ、退職したとしてもやりたいことが見えてきません。

まずはノートやメモ帳などに、自分自身の気持ちを書き出してみましょう。

気持ちを書き出すことで心理的にも楽になるだけではなく、今後の方針を立てることにも繋がります。

適職診断をしておく

これから転職を検討しているのであれば、適職診断を行っておくのがおすすめです。

上記で解説したように、自己分析を一人でできるのであれば良いですが、中には一人だけで分析するのが難しい方も多いでしょう。

そのような場合、ツールを使って適職診断をしておくことで、今後の方針を立てることが可能です。

現在では、20代、30代向けに診断アプリ”アサイン”などが登場しています。

こうした無料診断ツールを活用し、自分の適職について調べてみるのがおすすめです。

信頼できる人に相談する

これから転職する場合、できれば一人で判断するのではなく、信頼できる人に相談してみるのがおすすめです。

自分一人で適職を考えるよりも、第三者に相談しながら転職活動を進めた方が失敗のリスクも下げることができるからです。

転職相談を行えるサービスとしては、

・doda(無料で適職相談や求人サポートが受けられる)
・キャリアコーチング(有料だが手厚い転職サポートがある)
・教員転職コンシェルジュ(教員特化の無料サポート)

などが挙げられます。大手サービスとしてはdodaなどがありますので、無料で利用したいなら登録しておけば、アドバイザーの相談などが受けられます。

また、キャリアコーチングサービスなども、有料ではあるものの手厚い転職サポートがありますので、利用を検討してみましょう。

なお、本サイトでは教員の転職希望者向けに転職エージェントの選定や適職相談などを行う無料のサービスを行っています。

これから転職を希望される方は以下のリンクよりお申し込みいただければ、完全無料でエージェントの選定などを行いますので、まずはお気軽にご相談下さい。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

私が教員を辞めた理由とは?

教員の仕事はやりがいがある反面、大変な面も多く、辞めたいと思う方も少なくありません。ここではなぜ教員を辞めたいと思うのか、その主な理由を5つ解説します。

やりがいを感じなくなった

教員を辞めた理由の一つは、やりがいの欠如です。

初めは生徒たちの成長や学びの喜びを共有することに魅力を感じることもありましたが、時間の経過とともにやる気や情熱がなくなっていきました。

授業自体は楽しかったのですが、部活動などには興味が湧かず、しかし残業や休日出勤が多いのでとにかく辛い。

そういった日々の中で、次第にやりがいも感じなくなってしまったのです。

給与面での不満

報酬の不満も教員を辞めた理由の一つです。

教育に携わる仕事は責任やストレスが多く、長時間労働が伴うことが一般的です。しかし、他の専門職に比べて教員の給与は相対的に低い傾向があります。

残業時間は月に100時間を超えているのに、手取りは25万円程度。

これなら他の仕事をした方が絶対に稼げる・・・。

そう思うようになり、退職しました。

適性がないことに気がついた

何よりもこれが一番の理由になりますが、そもそも教員としての仕事に自分が向いていないと思うようになりました。

自分は3年で退職しましたが、例えば、

・無駄な残業や会議などに意味を感じない
・やりがい搾取だと思うようになった
・授業がうまくできない(騒がしい)
・対人ストレスを感じすぎる
・できれば黙々と誰とも話さずに仕事がしたい

など、明らかに教員として必要な対人スキルやストレス耐性が、自分には備わっていないと感じたんです。

そのため、やはり他の仕事が向いていると感じ始めたことが退職の理由と言えます。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

教員の転職時にやってよかったこと

教員から転職する際にやってよかったこととしては、以下のものが挙げられます。

自分自身の分析

まず、自分自身の分析についてはとにかく行いました。

具体的には、

・何が辛いのかについてノートに書き出す
・自分がその後どうしたいのかしっかりと考える
・向いている職業について考える

など、退職後についての計画や適職についてはとにかく考えるようにしました。

適当に転職しても絶対に失敗すると思っていたので、教員生活で辛いこと、向いてないと思うことについては洗い出すようにしました。

特に、“対人コミュニケーション”については本当に苦手だと感じていたので、次の仕事は絶対にIT系や会計など、作業系が良いと思っていました。

実際、今ではIT職に転職して非常にうまくいっています。こうした経験からも、退職前に自己分析などをしっかりと行っておくのがおすすめです。

転職エージェントへの登録

これは転職するなら今の時代は必須だと思うのですが、僕自身は転職エージェントに登録しました。実際にエージェントを利用して転職はしなかったものの、登録してから行ってもらった”無料カウンセリング”が非常によかったです。

自分では市場のことも適職のこともよく分からなかったので、カウンセリングで色んな情報を聞けて心強かったのを覚えています。エージェントとしては、とりあえずdodaなどに登録しておくことをおすすめします。

なお、僕自身の経験を通じて転職エージェント選びや転職先選びに不安を感じている方向けに、教員転職コンシェルジュというサービスを立ち上げました。

転職エージェントは大手もありますが、中小から選んだほうが良い求人に巡り合える可能性もあります。そういったメジャーではない求人を扱っているエージェント選びのサポートも行っていますので、教員の転職でお悩みの方はぜひお気軽に利用してみてください。

今後のキャリア計画

大まかで良いので、今後のキャリア計画については行っておくことをおすすめします。

・どんな業界にいきたいのか
・何歳までにどんなキャリアを歩みたいのか

など、特に20代や30代の方であれば考えておくことが大切です。

僕自身はとりあえず独立したいと考えていたので、IT系にしました。

大まかなキャリアについて考えておくことで、転職先の方針も定めることができます。

教員の転職なら「教員転職コンシェルジュへ!」

教員の転職なら、教員転職コンシェルジュへお任せください!

教員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次