教員は夏休みに退職できる?メリット・デメリットを元教員が徹底解説!

教員は夏休みに退職できる 教師

「教師の仕事が辛くて、夏休み中に辞めたいけど、年度末まで待つ方がいいのかな・・・」

「長い夏休み明けに、仕事にいくのが嫌だから退職したい」

こんな悩みを抱えていませんか?

私も教師をしていた時、夏休み明けのストレスから逃げたくて、退職したいと思っていました。

この記事では、実際に8月末に退職した私が、夏休み中に退職できるのかということや、退職するメリットやデメリットを解説していきます。

ぜひ最後までお読みください。

この記事を書いた人
はるな
はるな

新卒で小学校教師として働いたのち、抑うつ状態に。
退職し、現在はWebライターとして活動中。

  1. 結論:教員の仕事は夏休み中に退職できる
    1. 教員が夏休みに退職する場合はどうしたらいい?
    2. 我慢できるなら3月の退職するのが良い
    3. 退職代行を利用して退職する
  2. 教員の仕事を夏休みで退職するメリット4選
    1. 有休消化中に転職活動ができる
    2. 7月〜8月は求人が多い
    3. 代わりの人が見つかりやすいから後の心配がない
  3. 教員の仕事を夏休みで退職するデメリット
    1. 年度途中なので嫌がられる可能性がある
    2. 責任感がないと言われる可能性がある
    3. 4月入社よりは求人は少ない
  4. 教員の仕事を夏休みに退職すべき理由
    1. 辞めたいと思った時がやめどき
    2. 周りの人の意見よりも自分が大切
    3. 転職は早ければ早いほど有利
    4. 転職ができない人なんていない
  5. 教員の仕事を夏休みに退職する前にやるべきこと
    1. 3月まで我慢できないか考える
    2. 休職できないか考える
    3. キャリア診断を行う
    4. 自己分析を行う
    5. キャリアコーチングを受けてみる
    6. エージェントに相談する
    7. 退職代行を利用する
  6. 教員を退職するとどうなる?元教員の体験談
    1. ストレスが格段に減った
    2. 残業が減って自分の時間が持てるようになった
    3. 本当にやりたいことを見直せた
  7. 実際に転職活動をしてみて感じること
    1. 意外と教員の需要がある
    2. 教員の仕事の経験が活かせる
    3. 未経験の職種への転職も可能
  8. 教員が夏休みに退職するときの注意点は?
    1. 退職後の計画を明確にしておく
    2. なぜ辞めたいのか目的をはっきりとさせる
    3. 信頼できる人に相談する
  9. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

結論:教員の仕事は夏休み中に退職できる

教員の仕事は夏休み中に退職できる

結論から言うと教員の仕事は、夏休み中に退職することが可能です。

学校という組織は、1年単位で動いています。

多くの人が年度末である、3月に退職することが普通だと考えてしまっています。

しかし、法律上はいつでも退職することができるのが事実です。

1期間の定めのない雇用の場合、労働者はいつでも退職を申し出ることができます。また、会社の承認がなくても、民法(明治29年法律第89号)の規定により退職の申出をした日から起算して原則として14日を経過したときは、退職となります(民法第627条第1項及び第2項)

引用元:厚生労働省 定年退職及び解雇 

正規雇用の場合、退職の申し出をしてから、2週間後には退職できることが法律で決まっています。

年度末に退職するというのはあくまでも学校運営上の理想であって、法律上の問題はありません。

教員が夏休みに退職する場合はどうしたらいい?

教員が夏休みに退職するのは、 規定上には問題がありません。

4月〜6月頃には、管理職である校長に退職の意志を伝えましょう

しかし、学校という組織は、児童や生徒の学年に合わせて1年単位で運営されています。

「年度途中で辞められると困る」というのが管理職の率直な意見です。

すぐに受け入れられ、退職を促してもらえる可能性は低いでしょう。

我慢できるなら3月の退職するのが良い

規定上では問題はないものの、 我慢できるなら教員を退職する時期は3月がベストだと考えられます。

3月がベストである理由は以下の通りです。

  • 年度途中は代わりの人が見つからない可能性がある
  • 周囲から無責任だと批判される
  • 周りから全力で止められ退職しにくい

3月まで教員の仕事が続けられるのであれば、快く退職するためにも、後少し待つ方が良いです。

しかし、どうしても仕事に行くのが辛い場合は、以下の方法を利用しましょう。

退職代行を利用して退職する

年度途中で退職すると、周囲からの風当たりはかなり強くなってしまいます。

長時間にわたって説得され、結果的に言いくるめられてしまう可能性も否定できません

どうしても仕事が辛く、夏休み中に確実にやめたいのであれば、退職代行を利用しましょう。

退職代行「みやび」に退職手続きを依頼すれば、退職を自分で伝える必要がなく、確実に即日退職ができます

法律に詳しい弁護士のスタッフがいるため、教員の退職に最適だといえるでしょう。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

教員の仕事を夏休みで退職するメリット4選

教員の仕事を夏休みで退職するメリット4選

教員の仕事を夏休みで退職するメリットは、意外にも沢山あります。

  • 有休消化中に転職活動ができる
  • 7月〜8月は求人が多い
  • 代わりの人が見つかりやすいから後の心配がない

順番に解説していきます。

有休消化中に転職活動ができる

夏休みは、基本的に仕事が少ないので、有休消化しながら転職活動をすることができます。

部活などの仕事がある教員も、通常の学期期間よりは、忙しくないでしょう。

年度末退職をする場合、2月〜3月頃に集中して転職活動をしなければなりません。

しかし、2月〜3月は成績処理などの業務で、教員の仕事はとても忙しくなります。

面接などを受けられる状態ではありません。

夏休み中であれば確実に余裕を持って転職活動ができるでしょう

7月〜8月は求人が多い

7月〜8月は他の月に比べて、求人が多い傾向にあります。

1年間で1番求人が多いのは、4月入社を目当てとした2月〜3月です。

しかし、その次に求人が多いのは、9〜10月入社を目当てとした7月〜8月ごろになります。

通年採用をしている企業もありますが、通年採用せず4月や9月のみに採用している企業も多いです。

1年中採用している企業は人の入れ替わりが激しい、ブラック企業である可能性も。

求人が多い時期に転職活動を行い、ホワイト企業に転職した方が良いでしょう。

代わりの人が見つかりやすいから後の心配がない

1学期が終わって区切りよく仕事を辞めると、代わりの先生が見つかりやすく、後の心配をしなくても良いと考えられます。

もし、学期期間中に突然辞めてしまえば、代わりの先生が見つからず、子供達が授業を受けられなくなるかもしれません。

しかし、夏休み中に辞めると、管理職は代わりの先生を探す猶予期間が設けられます。

1学期のみの採用で、仕事がない講師などもいるため、2学期から新しい講師を呼ぶことができる可能性はとても高いです。

後の心配をせず、きれいさっぱり辞められます。

教員の仕事を夏休みで退職するデメリット

教員の仕事を夏休みで退職するデメリット

ここからは夏休み中に教員の仕事を退職するデメリットを紹介していきます。

  • 年度途中なので嫌がられる
  • 責任感がないと言われる可能性がある
  • 4月入社よりは求人は少ない

順番に見ていきましょう。

年度途中なので嫌がられる可能性がある

学校という組織は、1年単位で動いています。

多くの先生が、辞めるなら年度末で辞めるのが筋だと考えているでしょう。

そのため、退職することを告げると、年度末にしてくれないかと嫌がられる可能性はあります

喜んで応援してくれる先生は少ないでしょう。

しかしこれはあくまでも学校側の事情であって、適切な手続きを踏めば、退職自体はいつでも可能です。

自分のことだけをしっかりと考え、周りの声に惑わされないようにしましょう。

責任感がないと言われる可能性がある

教員は通常、担任の業務を任されることが多いです。

担任は、1年という期間、子供達に対して責任を負う立場です。

年度途中に先生が急に変わってしまったら、不安定になる子供や、学校に対して怒りをあらわにする保護者もいるでしょう。

確かに途中で仕事を投げ出してしまうのは無責任であるという意見も納得できます。

しかし仕事を辞めたくなるほどあなたを追い詰めた学校側は、もっと無責任です。

やめた後にどんな評価を受けようが、あなたには関係ありません。

どんなことを言われようとも、気にせず自分のことを最優先にしましょう。

4月入社よりは求人は少ない

一年で1番求人が多いのは、4月入社を目的とした2月〜3月です。

2月〜3月に求人が多いということは、年度末に退職する方が良いということになります。

一番求人が多い時期に転職先を探せば、条件の良い会社が多くなったり、仕事の選択肢が広がったりします

しかし、その他の期間では、条件の良いホワイト企業が求人を出していない可能性なども考えられるでしょう。

求人が1番多い時期以外に転職活動をするのは、デメリットかもしれません。

教員の仕事を夏休みに退職すべき理由

教員の仕事を夏休みに退職すべき理由

教師の仕事を夏休みに退職するのは、すごく勇気がいるかもしれません。

しかし、私は夏休みに退職することを強くおすすめします。

ここからは、仕事を夏休みに退職するべきだと考える理由を紹介します。

  • 辞めたいと思った時がやめどき
  • 周りの人よりも自分が大切
  • 転職は早ければ早いほど有利
  • 転職ができない人なんていない

辞めたいと思った時がやめどき

教師の仕事を辞めるのに最も適している時期は、辞めたいと思った時です。

辞めたいと思った時に辞めなければ、ずっと悩みながら働かなければならなくなってしまいます。

さらに、辞めるタイミングを逃し、不満を持ちながら、ダラダラ続けてしまう可能性も。

毎日志がないまま仕事をするのは、とても辛いですよね。

何年も悩んだ後に限界がきて結局辞めることになると、本来着くべき仕事でキャリアを築いて活躍する時間を奪います。

この先もモチベーションを保てないと感じているならば、早めに決断しましょう。

周りの人の意見よりも自分が大切

退職をするときには、周りの人の意見など、様々な考えが頭をよぎるでしょう。

「年度末に辞めるなんて、同僚はどう思うのか」

「学校に迷惑がかかってしまうのではないだろうか」

「途中で投げ出した自分に対し、友達や家族はどう思うのだろうか」

このようなことをしっかりと考えている時点で、あなたには責任感があります

責任感がある人が、やめたいと悩むほどの環境を与えているのは学校です。

周りの人の意見よりも、自分の体や心を第一に考えてください。

転職は早ければ早いほど有利

教師経験が1年以上ある場合は、有利に転職するために、早めに転職しましょう

「社会人経験年数が1年以上」という条件を設けている会社は多いです。

最低1年は教師を続けている人は、早ければ早いほど有利になることは間違いありません。

特に、35歳以上になってしまうと、異業種への転職は難しくなってしまいます。

20代であれば、第二新卒としてポテンシャルがあるとみなされます。

早いうちに転職すれば、未経験でも採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

転職ができない人なんていない

教師は特殊な職業なので、転職できるか不安を抱きますよね。

私自身も教師から民間企業に転職するなんて無理だ、とずっと思っていました

しかし教師から転職している人は、実はたくさんいます。

特に近年では、教師からIT業界に就職する人も多いです。

さらに、教師という仕事柄、真面目さが評価されたり、教育関係の仕事なら有利に転職できたりすることもあります

教師という多忙で過酷な仕事を一生懸命続けているあなたなら、どんな仕事についても、活躍できます。

自信を持って転職に臨みましょう。

教員の仕事を夏休みに退職する前にやるべきこと

教員の仕事を夏休みに退職する前にやるべきこと

ここからは実際に教師の仕事を退職した私が、夏休みに退職する前にやるべきことをお話しします。

  • 3月まで我慢できないか考える
  • 休職できないか考える
  • 自己分析を行う
  • 適職診断を行うVIEW
  • キャリアコーチングを受けてみる
  • エージェントに相談する

一つずつ解説していきます。

3月まで我慢できないか考える

少し余裕がある場合は、3月まで我慢できないか考えてみましょう。

年度途中に退職すると、やり残した仕事などが気がかりになって、後悔する可能性があります。

自分の仕事を全て終えて、年度末に退職すれば、すっきりした気持ちで辞めることができます。

新年度から、気持ち良く新しいスタートを切ることができるのです。

しかし、とても辛くてどうしても退職したいという場合は我慢しなくても大丈夫です。

あくまでも理想の話なので、一度考えてみて、無理だと思えば夏休み中に退職しましょう。

休職できないか考える

体調に影響が出ているなら、精神科などを受診して、休み明けから休職できないか考えてみましょう

夏休み期間、一度仕事を離れても、日常生活に支障をきたすような症状が出ている場合は、治療が必要かもしれません。

もし精神科を受診して、治療が必要だと判断されれば、仕事を辞めずに休職できます。

仕事を辞めてしまった後も体調が回復しなければ、次の仕事に集中できなくなります。

体調がなかなか治らず、さらに苦しい思いをしないためにも、一度受診をしてみるのも良いかもしれません。

キャリア診断を行う

  • 転職してみたいけど、どんな仕事が向いているのかわからない
  • 教師の職歴が有利になる仕事はどんな仕事か知りたい

このように考えている人は、無料のキャリア診断を利用すると、自分に何が向いているのかを知ることができます。

おすすめなのは、3分でキャリアを診断できるキャリア診断アプリ「VIEW」です。

AIが膨大なデータを利用して、キャリアをランキング形式で教えてくれます。

夏休みの時間を使って、まずはキャリア診断をしてから転職を検討しましょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

自己分析を行う

  • 今後どんな仕事をしたいのかわからない
  • 自分には何ができるのかわからない

このように考える方は、夏休み期間を使って、自己分析を行ってみましょう。

教師の仕事はマルチタスクで、気づかないうちにたくさんの仕事をして、スキルを身につけています。

例えば、保護者対応でのコミュニケーション力、授業で子供でもわかるようにかみくだいた説明ができる、などの強みがあります。

教師の仕事で身についた力が何なのかよく考えて見ると、意外と沢山発見できますよ。

その中で自分が得意だと思うことや、やりたいと思うことを活かせば、有利に転職できるでしょう。

キャリアコーチングを受けてみる

  • 自分のキャリアを誰かと一緒に考えたい
  • 状況を客観的に判断してもらいたい

そう考えている方は、キャリアコーチングを受けてみましょう。

キャリアコーチングのアドバイザーは、キャリアに悩む人の支援をしています。

キャリアコーチングには、20〜30代受講者数No.1の「ポジウィル」がおすすめ

45分間の面談がオンラインで受けられるので、夏休み期間に利用してみましょう。

まずは無料で面談を受けてみて、第三者の意見も聞きながら転職について考えるのも良いかもしれません。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

エージェントに相談する

引用:リクルートエージェントホームページより
  • 転職をするという意思が固まっている
  • 今すぐ転職活動を始めたい

このような方は、いますぐに転職エージェントに相談を始めて、転職活動をしていきましょう。

業界No.1の「リクルートエージェント」では、プロのキャリアアドバイザーがあなたの転職を無料でサポートします。

転職エージェントに登録すると、求人サイトにない非公開求人を紹介してもらえたり、履歴書の添削をしてもらえたりします。

効率よく有利に転職活動したい人は、夏休み期間に、転職エージェントを利用しましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

退職代行を利用する

  • 上司にパワハラされそうで、退職を伝えるのが怖い
  • 退職を伝えても受け入れてもらえるかわからない

そんな方は自分で退職の手続きをする前に、退職代行を利用して退職するという方法も考えてみましょう。

退職代行みやびでは、プロの弁護士が以下の手続きを全て代わりに行ってくれます。

  • 有給消化
  • 残業代・退職金の請求
  • 未払い金など損害賠償請求
  • 職場に置いている私物の引き取り

退職の交渉をするのは精神的負担も大きいです。

職場と退職で揉めてストレスにならないためにも、退職代行を使って楽に手続きするのは良いかもしれません。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

教員を退職するとどうなる?元教員の体験談

教員を退職するとどうなる?元教員の体験談

私は、小学校教員として勤務したのちに夏休みに退職をしました。

その経験から、教員を退職するとどうなるのか、実体験をもとに解説していきます。

ストレスが格段に減った

教員の仕事を退職してからは、ストレスが格段に減ったと感じています。

教員の仕事をしていた時は、常に緊張しており、イライラしていました。

私は特に、以下のような業務にストレスを感じていました。

  • 保護者からクレーム電話への長時間の対応
  • 暴力を振るう児童への指導
  • 同僚との対立
  • 膨大な仕事に常に追われる

どんな仕事でもストレスはつきものです。

しかし、教師を退職してからは、上記のような教員ならではのストレスがどれだけ自分の負担になっていたのかを実感しました。

残業が減って自分の時間が持てるようになった

教員の仕事を辞めてからは、自分の時間が持てるようになり、生活が充実しています。

教員として勤務していた時は、1日2時間の残業は当たり前で、5時間以上残業した日も。

同僚からの同調圧力もあり、仕事が終わってからも帰れないことが多々ありました。

毎日2時間くらいの残業は当たり前でしたが、5時間以上の残業が続くと、精神的にも体力的にも辛くなることが多かったです。

しかし、教員を辞めてからは残業することもなくなり、就業後は料理やジムに打ち込み、しっかりとリフレッシュすることができています。

本当にやりたいことを見直せた

私は、思い切って教員をやめて転職活動することで、自分が本来やりたいことを見直すことができました。

教員の仕事をしながら、自分はなぜ周りの人のように頑張れないんだろうと、自分を責めたこともありました。

しかし、転職活動をすると、さまざまな仕事に目を向けることで、なぜ教員の仕事があっていないのか気づくことができます。

あっていない部分から、自分にはどんな仕事が向いているのか、本当にやりたいことを冷静に考え出すことができるのです。

実際に転職活動をしてみて感じること

実際に転職活動をしてみて感じること

教員の離職率はとても低く、退職しても転職できるのかとても不安ですよね。

ここからは、実際に教員を退職した私が、転職活動をして感じたことを解説します。

意外と教員の需要がある

実際に転職活動をしてみてわかったことの1つは、意外と教員の需要があるということです。

転職活動を始める前は、教員という特殊な仕事の経験しかないため、民間企業に転職なんてできない、と考えていました。

しかし、実際に転職活動を始めると、書類選考も難なく通過して、面接にも進むことができました。

教員の仕事はマルチタスクで、知らないうちにさまざまなスキルが身についています。

その上、教員という仕事柄、信頼され、真面目だと評価されるのです。

教員は転職できないという思い込みは間違いなので、自信を持って退職しましょう。

教員の仕事の経験が活かせる

教員の仕事の経験は、意外と民間企業で活かせます。

保護者と児童と関わったり、授業や校務分掌の仕事をしたりすることで、以下の能力が身につくのです。

  • コミュニケーション力
  • 顧客折衝能力
  • 信頼構築力
  • 企画力
  • 課題解決力

このような能力を、エピソードを交えて面接でアピールできれば、転職活動がうまく行く可能性が高まります。

教員の仕事をふりかえって自己分析をしっかりと行えば、教員経験を活かしてスムーズに転職できるでしょう。

未経験の職種への転職も可能

若ければ若いほど、未経験の職種への転職も可能になります。

実際に転職活動を始める前には、教員を辞めた後は、塾講師など教育関係の仕事にしか就けないと思い込んでいました。

しかし、民間企業では、未経験の職種の募集も意外と行われています。

特にIT業界では、現在プログラマーやエンジニアの人材不足が多いため、未経験からでも十分挑戦できるでしょう。

また、営業職などコミュニケーション能力が必要な仕事でも、未経験でも需要は高くなります。

いずれ転職したいと考えているなら、早めに転職するのがおすすめです。

教員が夏休みに退職するときの注意点は?

教員が夏休みに退職するときの注意点は?

退職届を一度出してしまうと、後戻りはできません。

教員の仕事を夏休み中に退職すると決めている場合、以下の3つのことに気をつけることが大切です。

取り返しのつかないようなことにならないよう、しっかりと見ていきましょう。

退職後の計画を明確にしておく

退職する前に、退職後のプランをきちんと立てましょう。

転職活動は、離職してから3ヶ月以内に行うのが理想だと言われています。

退職した後、すぐに転職活動を始めなければならないのですが、転職活動は意外と時間がかかります。

自己分析をして履歴書を書いたり、面接対策に充分に時間をかけたりしないと、良い転職先は見つかりません。

勢いでやめてしまうと、退職後時間に追われながら転職活動をすることになります。

退職後の計画をきちんと立てて、在職中にできることはやっておきましょう。

なぜ辞めたいのか目的をはっきりとさせる

辞める前には、なぜ辞めたいのかをきちんと考え、辞める目的をはっきりさせましょう。

教員の仕事を退職したい理由は人によってさまざまです。

退職する前には、まず辞めたい理由を書き出して整理します。

  • 長時間労働がしんどい
  • 人間関係に疲れた
  • 仕事内容が合わない

自分がなぜ辞めたいのか目的をはっきりさせ、どうにか改善できないか考えます。

改善できない場合は、転職活動では同じようなことが起きないように会社選びをしましょう。

信頼できる人に相談する

退職する前には、必ず信頼できる人に相談してから退職を決めましょう。

教員の仕事は多忙のため、心身ともに疲れてしまっていると、冷静な判断ができない可能性があります。

周りに信頼できる人がいなければ、キャリアコーチングサービスを利用するのがおすすめです。

20〜30代受講者数No.1のキャリアコーチングサービス「ポジウィル」では、45分の相談が無料で受けられます。

転職するかどうかや、転職後のキャリアプランを、アドバイザーと一緒に考えてみましょう。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、教員の仕事を夏休みに退職するメリットやデメリットを紹介しました。

夏休み期間に退職するのは、多少のデメリットもありますが、自分の意志が一番大切です。

夏休み中であっても、教師からの転職はできます。

夏休み期間を利用して自己分析をしたり、就職活動のツールを上手く使ったりして、転職を成功させましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました