薬剤師が辛すぎると感じるあなたへ!状況を変える対策を徹底解説!

薬剤師が辛すぎる 薬剤師

薬剤師が辛すぎる

毎日の業務が辛い

このようなお悩みを抱えていないでしょうか。

今回の記事では、薬剤師の仕事が辛すぎると感じている方に向け、具体的な解決策をご紹介していきます。

この記事を読めば分かること
  • 薬剤師が辛すぎる時の対策
  • 薬剤師が辛すぎると感じる理由
  • すぐに辞めるべきケース
  • 3年間は続けるべきなのか?
  • 薬剤師におすすめの転職サービス

薬剤師が辛すぎると感じる時の対策とは?

薬剤師が辛すぎると感じる時の対策とは?

現状、薬剤師の仕事が辛すぎると感じている人は、以下のような対策を行ってみてはいかがでしょうか。

ゆっくりと休暇を取る

現状、薬剤師の仕事が辛いと感じているのであれば、まずはゆっくりと休むことが大切です。

悩んでいる理由は人によって異なると思いますが、まずは休んで心身ともに健康な状態を取り戻さなければ、冷静な判断を行うことができません。

しばらく休職するのも良し、2~3日だけ休みをもらうのも良し。

とにかく心身ともにゆっくりと休むようにしましょう。

薬剤師であれば、一度退職して休暇を取り、元気になってからまた再就職するという選択肢もありです。

資格を生かし、幅広い選択肢からどうすべきか考えるのが良いでしょう。

辛すぎる理由を明確にする

現状、あなたが辛いと感じている理由とはどのようなものでしょうか

後述しますが、薬剤師によくある悩みとしては人間関係の辛さや業務の多忙さなどが挙げられます。

こうした理由を、まずは紙に書き出してみましょう

自分が悩んでいることについて改めて書き出し、視覚化することで気持ちが落ち着きます

箇条書きで良いので、

  • 〜〜さんとの関係が辛い
  • 業務内容が面白くない
  • 日々の生活が忙しすぎる

など、書いてみましょう。

そして、どうすればその問題が解決するか考えることで、転職すべきかどうかの判断に役立てることができます。

働き方を変えてみる

薬剤師の強みは、資格保有者として市場価値が非常に高いということです。

現状、多くの現場で薬剤師の人材が足りておらず、転職活動をすれば引く手数多になることも珍しくありません。

もし、フルタイムでの労働に疲れてしまったのであれば、パートや派遣として働いてみる方法もあります。

薬剤師の資格があれば、短い時間でも十分な収入を得ることができますので、こうした働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

ライフワークバランスを重視しながら、働き続けることも可能です。

転職サポートに相談してみる

今現在、少しでも薬剤師の仕事に悩みを抱えているのであれば、早めに転職サポートサービスに登録しておきましょう。

薬キャリなどに登録しておけば、あなたの悩みを聞いてもらいながら最適な職場を紹介してもらえます。

利用は完全無料ですし、必ずしも転職しない場合でも、早めに登録しておくことで他にどんな職場があるのか見極められるでしょう。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

薬剤師が辛すぎると感じる理由とは?

薬剤師が辛すぎると感じる理由とは?

そもそも、薬剤師が辛すぎると感じる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、薬剤師の方がお仕事に悩んでしまう理由について詳しく解説していきます。

人間関係が劣悪すぎる

同僚の薬剤師の人や、現場の事務員と関係が合わずに悩んでしまう方もいらっしゃいます。

どのような仕事であっても、人間関係上の悩みはつきものですよね。

多少のストレスなら仕方のないことかもしれませんが、あまりにも負担が掛かっている場合には何らかの対処をしなくてはなりません。

もし、薬局などで店舗が複数あるのであれば、人事異動を願い出るのも一つです。

マネージャーが話の通じる人であれば、機転をきかせて別店舗に配属してもらえることもあります。

ただし、毎回必ず要望が通るわけではないと思いますので、どうしても辛いのであれば退職して他の職場を探すのも選択肢の一つでしょう。

業務が忙しすぎる

薬剤師業界は現在、どこも人手不足となっていることが多いです。

そのため、人材が増えずに一人当たりの業務量が増えてしまう傾向にあります。

場合によっては薬剤師本来の業務のみならず、医療事務の方が行うべき業務も担当しているというケースも。

「本来は自分の仕事じゃないのに・・・」

「何でこの仕事も私がしないといけないの?」

と、不満に思っている方も多いのではないでしょうか。

もし、業務量が多すぎて困っているのであれば、人手を増やしてもらうように上司に要請してみましょう。

医療事務の方を補填してもらえることもあります。

ただし、そういった要望を受け入れてもらえず、業務量が増え続ける一方であれば再就職することをおすすめします。

収入が低すぎる

薬剤師の方で多いお悩みの一つとして、収入面に不安を感じていることも挙げられます。

薬剤師といっても様々な場所で働かれていると思いますが、中でも病院で働いている薬剤師の方は収入面の低さに悩んでいるケースが多いようです。

これは相場感として仕方のないことかもしれませんが、病院の薬剤師は給料が低めに設定されていることが多いです。

特にグループ型の病院や個人が経営している病院は、給料形態が低く、不満を感じる方もいます。

もし、収入アップを狙うのであれば、調剤薬局やドラッグストアなどに転職するのが良いでしょう。

こうした職場では、病院よりも高めに給料設定が行われていることが多いです。

給料面の相場が分からず不安を感じている方は、薬剤師専門のコンサルタントに相談して色々と聞いてみるのも良いでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

プレッシャーを感じる

薬剤師の仕事は、患者様の大切な命を預かるものです。

そのため、日々の業務に対してプレッシャーを感じてしまい、辛いと思う人も少なくないでしょう。

中にはそうしたプレッシャーに耐えられず、辞めたいという気持ちになってしまう人もいます。

確かにプレッシャーを感じる仕事だと思いますが、あまり思い詰めず、周囲の人に相談しながら仕事を進めてみると、気持ち的にも楽になるはずです。

仕事が覚えられない

新人の方や新卒の方で、入社して間もない状態であれば、なかなか仕事が覚えられずに”辛すぎる!”と感じてしまうこともあります。

新人や新卒であれば業務がある程度覚えられないのは仕方がありません。

普段からメモを取ったり、マニュアルを確認しながら、仕事を進めていくのが良いでしょう。

ただし、あまりにも教育体制が整っていない職場なら、転職も視野に入れるのがおすすめです。

ミスしてしまった

薬剤師のお仕事で、どうしても避けられないのが調剤過誤やミスです。

重要なミスをしてしまうと、辞めたいと感じてしまう人もいるでしょう。

ただし、人間である限りはミスを完全に無くすことは難しいです。

完璧に業務をこなすのではなく、ミスをカバーできるだけのフォローアップが現場にあるかどうかを確認しましょう。

フォローしてくれる体制が整っていないなら、他の職場も検討した方が良いです。

薬剤師が退職する時の手順と事前準備とは?

薬剤師が退職する時の手順と事前準備とは?

もし、これから退職するのであれば、大まかにどのような手順で退職を進めていくべきかについて理解しておくことが大切です。

ここでは、その手順と事前準備についてご紹介していきます。

辛い理由を明確にする

まず、現状辛いと感じている理由について明確にしておきましょう

これから転職活動を行うにあたって、転職サービスを利用すればコンサルタントの方との面談、就職する際には病院や企業の方との面談などがあります。

その際、

転職ではどのようなことを重視されますか?

志望動機はどのようなことですか?

といった質問をされる機会が増えるでしょう。

そもそもの転職理由がはっきりしていなければ、“何を目的にして転職するのか”ということが明確になりません。

  • 人間関係が辛い(なるべく対人関係が少ない職場で働きたい)
  • ライフワークバランスを充実させたい
  • 収入が低い(もっと給料が高い職場に行きたい)

など、何かしらの辞めたい理由があるはず。

こうしたことを明確にしておき、転職活動を進めていくようにしましょう。

退職までのスケジュールを整理する

実際に退職になる意志が固まれば、退職のスケジュールを明確にしていきましょう。

退職する際は、原則2週間前までに職場に対して退職の意向を伝えれば問題ありません。

ただし、職場によっては独自の就業規則が設定されていることもあり、”1ヶ月前以外認めない”とされていることもあるようです。(そんな職場はかなりブラックですが・・・)

そのため、念のために事前に就業規則も確認しておくと良いでしょう。

もし、自分でスケジューリングするのが難しければ、先ほども解説したように薬剤師に特化したコンサルタントに色々と質問してみるのがおすすめです。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

転職サービスを利用して転職先を探す

転職先を探す際、気になるのは“退職してから転職先を探すか”、”働きながら転職先を探すか”どちらにするかということでしょう。

これは、状況によって異なるとは思いますが、基本的には働きながら転職先を探すことをおすすめします。

というのも、一度退職してしまうと、以下のようなデメリットがあるからです。

  • 金銭的な不安を抱えながら転職活動をする必要がある
  • 無職期間を作ってしまう
  • 家族や親戚から冷ややかな目線で見られる

無職になると、当然ですが収入源がなくなってしまいます。

無収入の状態で転職活動を行うのは、精神的にもきついでしょう。

「もうどこでも良いから転職したい・・・」

という気持ちになってしまうことも多く、妥協して転職先を選べばまた劣悪な職場を引き当てかねません。

また、無職期間を作ると面接でも不利になることがあります。

家族からも”無職”の烙印を押され、プレッシャーを感じてしまうケースも。

こうしたことから、なるべく働きながら転職活動を行うのがおすすめです。

ただし、働きながら転職活動を行うのは時間的にも余裕がないと思いますので、以下のようなサポートサービスを利用しつつ転職を進めるのが良いでしょう。

薬剤師が辛すぎる!と感じたら利用すべきサービス

薬剤師が辛すぎると感じた時に利用すべきサービスは?

現状、薬剤師が辛すぎる!と感じている方は、薬剤師に特化した転職サービスを利用するのがおすすめです。

ここでは、薬剤師の転職サービスを利用するメリットと、おすすめのサービスについてご紹介します。

薬剤師専門の転職サービスを利用するメリットとは?

現在では、薬剤師に特化した転職サービスが充実しています。

利用するメリットとしては、以下のことが挙げられるでしょう。

コンサルタントに相談できる

まず、転職サービスを利用することでコンサルタントに相談できるのは大きなメリットです。

薬剤師として働きながら、様々な悩みを抱えているのではないでしょうか。

  • 人間関係が辛い
  • 業務内容が多すぎる
  • ライフワークバランスを充実させたい

など、人によって多様な悩みがあるはずです。

そういったお悩みも、コンサルタントに相談しながら転職活動を進められるので、自分に合った職場、自分に合った働き方を模索しながら転職先を選べます

コンサルタントも、

そういった希望であれば、この職場はどうでしょう?

というふうに提案してもらえることもあるので、プロの第三者の意見を聴きながら転職できるのは最大のメリットと言えます。

企業の内部事情を把握し、転職の失敗を防げる

業界のプロに相談すれば、転職先企業の内部事情を事前に把握できるのは大きなメリットです。

自分一人で転職する場合、どうしても転職先の情報を収集するにも限界があります。

せっかく受かったとしても、入ってみたらブラックな環境だったり、嫌な人がいてまた転職を繰り返す、という可能性もあるでしょう。

その点、転職サービスを利用して転職活動を行えば、事前に企業の内部情報を集めているコンサルタントから色々な情報を聞くことができます

そうした情報を元に転職先を選ぶことで、いざ転職してから後悔することになるリスクを減らすことができるのです。

転職の失敗を防ぎたい方は、登録しておくのが良いでしょう。

働きながら転職できる

転職エージェントサービスを利用すれば、働きながら転職することができます

普段の業務が忙しく、

転職活動なんて、やってる暇がない!

という方も多いでしょう。

転職エージェントを利用すれば、あらかじめ要望を伝えておくことであなたに合った転職先を抜粋してもらい、紹介してくれます。

本来であれば、転職先の情報も自分でリサーチしなければなりませんが、そうした手間を省いてもらえるのです。

時間に余裕がない、という方にもおすすめできます。

薬剤師におすすめの転職サービスは?

最後に、薬剤師におすすめの転職サービスを3つほどご紹介します。

これから転職を検討されている方は、以下のサービスに登録しておくと良いでしょう。

薬キャリ

  • 連絡が早い(業界内でも定評がある)
  • 求人数が多い
  • 電話のみで転職できる

薬キャリは薬剤師の転職サービスの中でも、スピーディな転職と手軽さに定評のあるサービスです。

レスポンスが非常に早く、最短即日で求人を紹介してもらえるケースもあります。

また、電話のみで転職ができるのもメリットの一つ。

対面での面談ではなく、電話で対応してもらえるので、忙しい方でも手軽に利用することができます。

ただし、対面での面談を希望する場合は、他のサービスと併用して利用してみるのがおすすめです。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

  • 対面重視の徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しく転職失敗のリスクが少ない
  • ドラッグストアや企業の転職に強い

マイナビ薬剤師は大手企業のマイナビが運営している薬剤師転職サービスです。

こちらは対面での面談を重視しており、徹底したサポートを通じて最適な求人先を紹介してもらえます。

また、マイナビは企業の内部事情に詳しいコンサルタントが在籍しており、転職後のミスマッチを未然に防ぐことが可能です。

ドラッグストアや企業への転職に強いので、こうした職場に転職したい方は無料登録しておくと良いでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

  • 業界トップクラスの求人数
  • 面接に同行してもらえる
  • 派遣の福利厚生が手厚い
  • 業界トップクラスの求人数
  • 面接に同行してもらえる
  • 派遣の福利厚生が手厚い

ファルマスタッフは、業界トップクラスの求人数を誇り、全国各地の求人を保有しています。

大手や地方チェーン店はもちろん、個人経営の求人なども取り扱っており、多種多様な求人から最適なものを選ぶことができます

また、面接にスタッフが同行してもらえるのも心強いポイントです。

一人であれば聞きにくいことでも、一緒に面接に同行してもらうことでより詳しい部分まで聞き出せます。

また、派遣での転職にも強く、産休や育休、有給休暇など、様々な福利厚生も手厚いです。

利用は全て無料なので、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

薬剤師が辛すぎる!すぐ辞めた方が良いケースとは?

薬剤師が辛すぎる!すぐ辞めた方が良いケースとは?

薬剤師が辛すぎると感じているものの、

「本当に辞めた方が良いのだろうか・・・?」

と悩んでしまう方も多いです。

ここでは、すぐに辞めた方が良いケースについてご紹介していきます。

心身ともに不調が続く

まず、心身ともに不安定な状態や不調が続いているという方は、一刻も早く退職した方が良いでしょう。

例えば、以下の症状が出ていませんか?

  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 日曜日の夜、明日出勤するのが憂鬱で眠れない
  • 出勤前に吐き気を催す
  • 死にたいと感じたことがある

もし、このような症状が現れているのであれば、適応障害やうつ病の傾向があります。

すぐに休職するか、退職しましょう。

薬剤師は資格を生かして他の仕事に転職できる可能性が高いです。

何も、今の職場で頑張り続ける必要はありません。

我慢し続けず、他の可能性も検討してみてはいかがでしょうか。

職場でパワハラやセクハラがある

職場でパワハラやセクハラを受けていませんか?

薬剤師は職場内の女性比率が高く、年上の女性職員などから陰湿ないじめを受けるケースもしばしばあります。

  • 同僚の女性職員から悪口を言われる
  • 仕事を教えてもらえない
  • 男性の職員から体を触られる

など、パワハラやセクハラだと感じているのであれば、早めに退職を視野に入れる方が良いでしょう。

職場環境を変えるだけでも、空気感は全く異なります。

どうせなら、気持ちよく働ける職場を探してみてはいかがでしょうか。

残業代の未払いが発生している

個人経営の病院などでは、独自の残業ルールが適用されていることもあります。

中には、残業代が加算されていないというケースも多いでしょう。

サービス残業が横行している職場はどのような場所でも確実にブラック企業です。

すぐさま退職を決断することをおすすめします。

ちなみに、未払いとなっている残業代はきっちりと請求することができます。

もし、退職を決意し、その際に未払いになっている残業代を請求する場合には、

  • 勤務時間が示されたタイムカード
  • 出勤記録
  • 日記やメモ
  • 日常の給与明細

など、未払いとなっていることが証明できるものを用意しておくと良いでしょう。

上司に改善を提案しても受け入れられない

上記でも解説しましたが、薬剤師が仕事を辞めたいと感じる理由の多くが人間関係や業務量の忙しさです。

人事異動を願い出ても受け入れられない場合や、人員の補填がいつまで経っても行われないのであれば、早めに見切りをつけて退職した方が良いでしょう。

職員の不満や現場の問題点を認識していながらいつまでも改善しない上司は、正直無能と言えます。

そこで働き続けるより、もっとより良い環境を求めて転職した方が今後の人生も豊かになるはずです。

とりあえず3年続けた方がいい?

とりあえず3年続けた方がいい?

この記事を読まれている方の中には、

「仕事はとりあえず3年続けた方が良いって聞くけど、本当?」

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

20代など、若い世代の方だと特にこの問題について考えてしまいますよね。

ここでは、よく聞かれる”3年問題”について解説します。

とりあえず3年続ける必要はない

結論ですが、とりあえず3年続ける必要はありません。

実際に僕も20代で転職経験がありますし、職種は違いますが、1年目で仕事が辛いと感じていました。

その時に言われたのが、

「とりあえず3年続けた方が良いよ」

というものです。

しかし、その後3年続けましたが、結局辛いままでした。

むしろ、仕事の辛さは増し続けているように思います。

転職するなら早い方が良い

また、転職するならなるべく早い方が良いです。

辛い仕事を継続していくと、以下のようなデメリットがあります。

  • ストレスが増していき、精神を病んでしまう
  • 年齢を重ねていくと転職で不利になる
  • さまざまな経験ができるチャンスを逃す

辛いと感じているまま働き続ければ、精神を病んでしまうことになります。

薬剤師の転職においては、資格を保有しているのでどのような年代でも転職先に困ることはないでしょう。

そのため、わざわざ辛い職場で働き続ける意味はありません。

また、薬剤師といえど、未経験業種では若い方が有利です。

なるべく早めに転職活動を開始した方が、成功率を高めることができます。

20代や30代でさまざまな仕事を経験しておけば、その経験を生かして30代~50代でもキャリアアップする機会を増やすことに繋がります。

環境そのものが問題であることが多い

そもそも、仕事が辛いと感じている原因の多くは職場環境が原因であることが多いです。

  • 嫌味ばかり言ってくる年上の上司がいる
  • 日々の業務量が多すぎる
  • 仕事にやりがいを感じない
  • 収入を上げてほしい

このような問題は、自分一人で解決できることではありません。

職場環境を変え、より良い環境に身を移すことでしか状況を改善するのは難しいでしょう。

そのため、

「自分の努力が足りない」

「もっと頑張らないと・・・」

などと考えなくても大丈夫です。

まずは転職先選びを開始して、今後のキャリアをどうすべきか考えるのが良いでしょう。

まとめ

今回の記事では、薬剤師の仕事が辛すぎると感じている方に向け、具体的な解決策をご紹介しました。

  • ゆっくりと休んでみる
  • 辞めたい理由を書き出す
  • 働き方を変えてみる
  • 転職サービスを利用する

などの対策を行い、現状を改善するのが良いでしょう。

薬剤師は資格保有者としての強みがあり、転職においてもスムーズに転職先を見つけることができます。

今の職場が辛いのであれば、他の職場を探すのがおすすめです。

上記で紹介したサービスなどをうまく活用し、今後の転職を進めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました