薬剤師を辞めたい!プレッシャーを感じる理由や対処法4選を徹底解説!

薬剤師辞めたいプレッシャー 薬剤師

薬剤師はプレッシャーがすごくて辞めたい…

思い描いていた仕事と違うかった…

このように、薬剤師になりたい夢を叶えたけれど理想と違うかったという方も多いと思います。

今回は、薬剤師を辞めたいと感じている方のために、対処法やおすすめの転職エージェントをご紹介します。

この記事を読めばわかること
  • 薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じてしまう理由
  • 薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じたときに取るべき行動
  • 薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じてしまう方におすすめの転職エージェント
  • 薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方が、辞める前に知っておくべきこと

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じた時に取るべき行動4選

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じた時に取るべき行動4選

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じた時に取るべき行動は、以下の4つです。

  • 薬剤師を辞めずに別の職場に転職してみる
  • 現職で不満を解消する方法を模索する
  • 休暇を取得してゆっくり考えてみる
  • 信頼できる人に相談する

それぞれ見ていきましょう。

薬剤師を辞めずに別の職場に転職してみる

薬剤師の仕事に対する不満は、職場が原因であるケースが多いです。

例えば、人間関係・年収・人手不足による激務・調剤過誤などのプレッシャーは、職場を変えることで解決できる可能性があるでしょう。

転職する場合は、現職への不満を分析して、希望条件に優先順位をつけて探すことをおすすめします

優先順位をつけて、「ここだけはどうしても譲れない!」という条件をつけておくことで、転職先で同じような不満を感じる可能性を減らすことができるでしょう。

現職で不満を解消する方法を模索する

「長時間労働がきつすぎる…」「人間関係のストレスに耐えられない…」という方は、雇用形態を変えたり職場に改善を求めることで解消できる可能性があります。

大きな薬局で他にも複数店舗がある職場に勤めている場合、異動願いを出して他店舗に移ることで、人間関係をリセットすることができます。

また、雇用形態を変えることで長時間労働から解放されたり、プライベートの時間を作りやすくなる可能性があるでしょう。

「転職せずに今の職場でもうちょっと頑張りたい!」という方は、勇気を出して職場に改善を求めることをおすすめします。

休暇を取得してゆっくり考えてみる

「忙しすぎて辞めたい…」「もう何も仕事をしたくない…」という状態に陥ってる方は、1度休暇を取得して仕事についてゆっくり考えることをおすすめします。

ゆっくり考えることで、「薬剤師を辞めずに状況を打破する選択肢を考えよう!」とポジティブな思考になる可能性があります。

また、ゆっくり考えてみてそれでも「薬剤師を辞めたい…」という気持ちが残る方は、休職することも選択肢の1つでしょう。

会社によっては休職できない場合もありますが、心身に不調をきたし病院で診断書をもらえば、受理される可能性が高いです。

焦って薬剤師を辞めるのではなく、休暇を取って自分が選べる選択肢をしっかり考慮することが重要でしょう。

信頼できる人に相談する

会社の同僚・大学時代の友人・家族など信頼できる人に相談することも選択肢の1つです。

信頼できる人に相談することで、1人で抱えていた時よりも負担が減ったり、解決策を考えてくれるなどいい方向に動く可能性が高いです。

また、「薬剤師の転職や問題を解決するプロの方に相談したい!」という方は、転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

転職エージェントは、業界に精通しているプロのアドバイザーが、薬剤師の悩みを親身になって聞いてくれます。

「信頼できるプロに相談したい」という方は、以下で紹介する転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

▶︎ヤクマッチに無料相談してみる

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方におすすめの転職サービス3選

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方におすすめの転職サービス3選

薬剤を辞めたいとプレッシャーを感じてしまう方におすすめの転職エージェント3選をご紹介します。

  • ヤクマッチ
  • ファルマスタッフ
  • マイナビ薬剤師

それぞれ見ていきましょう。

ヤクマッチ

  • 地方求人も豊富
  • 薬剤師資格保有者のコンサルタントが在籍
  • 調剤薬局の求人に強い

ヤクマッチは求人数の多さに定評のある薬剤師特化のサービスです。

都市部だけではなく、地域に根ざした求人も多数取り扱っているので、地元で働きたいという方にもオススメできます。

また、コンサルタントには薬剤師資格を保有している人も在籍しており、現場目線で寄り添ったアドバイスをしてもらえるのも魅力です。

まずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎ヤクマッチに無料相談してみる

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師向けの転職エージェントです。

正社員・派遣・パートと求人数が多く、薬剤師業界に詳しい専任コンサルタントが多数在籍しています。

調剤薬局・ドラッグストア・病院、など求人数が豊富にあるので、自分の希望に合う職場を見つけることができるでしょう。

また、利用者の満足度も96.5%を超えているため、多くの方が満足する転職先に出会うことができています。

「仕事を続けながら質が高い転職活動をしたい!」という方には、うってつけのサービスとなっていますのでおすすめです。

利用は完全無料となっているため、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎ファルマスタッフに相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度No.1
  • 対面での面談を重視した徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しくミスマッチが防げる

マイナビ薬剤師は、薬剤師向けの転職エージェントです。

利用者満足度は業界トップを誇り、対面での丁寧な面談を行いながら、あなたに最も最適な求人を紹介してもらえます。

企業の内部事情に詳しいため、転職後にミスマッチが発生するリスクを回避できるのが魅力です。

こちらも、利用は完全無料なので、まずは無料登録をしておきましょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料相談してみる

薬剤師を辞めたいとプレッシャーに感じてしまう理由7選

薬剤師を辞めたいとプレッシャーに感じてしまう理由7選

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じてしまう理由は、以下の7つです。

  • 人手不足による激務
  • 十分な教育環境が整っていない
  • 思い描いていた理想と現実がかけ離れていた
  • 人間関係によるストレス
  • 自分のスキルと年収が比例しない
  • 調剤過誤などの大きなミスに対するプレッシャー
  • やりたくない仕事を強制される場合がある

それぞれ見ていきましょう。

人手不足による激務

薬剤師業界は、全体的に人手不足の傾向があり、1つの店舗に1人の薬剤師しかいないということも珍しくありません。

そのため、1人当たりの作業量が増え、残業や長時間労働が当たり前の業界になっています。

また、他のエリアにも店舗を構えている大規模の薬局チェーンは、応援勤務に行かなくてはいけないケースもあります。

応援勤務の場合、慣れない店舗でルールやスタッフなども違うため、自分が勤めている店舗で働くよりも精神的な負担は大きいでしょう。

十分な教育環境が整っていない

新人薬剤師の場合、十分な教育環境が整っていないと、仕事内容がいつまでもわからずプレッシャーを感じてしまうでしょう。

教育環境が整っていない職場は、先輩薬剤師も激務に追われ、新人を教育する時間が取れない要因がほとんどです。

その結果、いつまでも優秀な薬剤師が育たず、業務も忙しいままの負の循環になってしまうことも。

また、新人薬剤師の頃は錠剤ピックなどの、単調業務ばかりで学びの機会が少ないのも要因の1つです。

いつまでも成長しない自分に、プレッシャーを感じてしまう薬剤師の方も少なくないでしょう。

思い描いていた理想と現実がかけ離れていた

医療系の仕事なので、年収が高いイメージを持って薬剤師になった方や、薬の知識をさらに深めることができると考えて薬剤師になった方も多いと思います。

しかし、実際の薬剤師の仕事は、単純作業や調剤の仕事ばかりで「思い描いていた仕事内容と違う!」と感じる方も少なくないでしょう。

また、自分が想像していた以上の激務をしているのにも関わらず、「年収が思っていたよりも高くない!」と割に合わないと感じる薬剤師の方もいらっしゃるはず。

薬剤師の仕事は、世間的には年収が高いイメージがあるため、周りからの期待もプレッシャーに感じる場合があります

人間関係によるストレス

薬剤師の職場は、1つのミスが命取りになる職場のため、常に緊張感でピリピリしている薬局も多いです。

そのため、些細なミスの押し付け合いや、ちょっとした言葉の受け取り方次第で人間関係が悪くなりやすいです。

薬剤師の仕事は、薬局や調剤室などの閉鎖的な空間で作業を進めることが多いので、1度人間関係が悪くなると修復することが難しくなります。

このような人間関係の悪化を恐れて、薬局で働くことにプレッシャーを感じてしまう方も少なくないでしょう。

自分のスキルと年収が比例しない

薬剤師業界は、人員を確保するために、初任給を高めに設定している企業が多いです。

初任給から年収が高いのはいいことですが、その分自分のスキルが向上しても年収が上がりづらく、やりがいを感じることができません。

また、大学時代の友人との収入の格差がプレッシャーに繋がり、自己肯定感が低下してしまう可能性もあります

薬剤師の年収は、同じ歳でも勤務先によって大きく異なり、特に製薬会社と調剤薬局では大きな差があります。

自分のスキルと年収が比例せず、同じ歳の薬剤師とも収入に格差があれば、プレッシャーを感じてしまうのも仕方がないでしょう。

調剤過誤などの大きなミスに対するプレッシャー

薬剤師の仕事は、調剤過誤などのミスが、人命に関わってしまいます。

そのため、自分の業務にプレッシャーがかかり、調剤過誤を過剰に恐れて精神的に追い込まれてしまう薬剤師の方も少なくありません

しかし、調剤過誤は必ずしも自分だけの問題ではなく、人員不足により二重監査などの防止対策が整っていない業務体制にも問題があります。

調剤過誤などのミスは、薬剤師の仕事を続けていく上で一生付き纏うものなので、しっかりと対策がされている企業に転職して負担を減らす必要があるでしょう。

やりたくない仕事を強制される場合がある

薬剤師の仕事は、応援勤務などの行きたくもない他の店舗に派遣されるケースもありますが、他にもやりたくない仕事を強制される場合があります。

例えば、薬局勉強会などの外部研修や、多職種連携や地域薬剤師会などの地域貢献運動に強制参加させられる場合があります。

自分がやりたくない仕事を強制されると、仕事とプライベートの両立が難しくなり、精神的・肉体的に負担を感じるでしょう。

自分に負担がかかる状況が続いてしまえば、「薬剤師の仕事が想像と違って辞めたい…」と感じてしまっても仕方がありません。

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方が知っておくべきこと

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方が知っておくべきこと

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方が辞める前に知っておくべきことを、男女別で以下の2つにまとめました。

  • 男性の薬剤師は今後のキャリア形成を明確にしよう
  • 女性の薬剤師はライフプランの見直しをしよう

それぞれ見ていきましょう。

男性の薬剤師は今後のキャリア形成を明確にしよう

男性の薬剤師は女性に比べ、転職に対するハードルが上がってしまう傾向があります。

なぜなら、女性は結婚や育児などの理由で辞める人が多いのに対し、男性はプライベートの理由で辞めることが少ないからです。

そのため、転職の際に「なぜ前職の仕事を辞めたのか?」を重点的に聞かれてしまいます。

転職する際は、「今の仕事が辛いからなんとなく辞めた」ではなく、今後のキャリア形成を明確にした後で辞めるようにしましょう。

キャリア形成を明確にすることで、転職後の職場でも目標を持ってやりがいを感じながら仕事することができるでしょう。

女性の薬剤師はライフプランの見直しをしよう

女性の薬剤師の場合、出産や結婚が理由で、転職回数が多い方もいると思います。

そのような方は、転職する前に、今後10年間の自分のライフプランの見直しをしましょう

10年間のうちに、結婚・出産などのプランがある場合は、育児休暇を取れる会社なのか・時短勤務が可能なのかをしっかり確認する必要があるでしょう。

ライフプランを見直すことで、転職せずに安定した職場で長く働くことができます

また、「今後のキャリアアップのために転職する!」という方は、自分のキャリア形成を明確にして目標に近づける職場を選びましょう。

薬剤師の仕事でプレッシャーを感じやすい人は?

同じ薬剤師でも、プレッシャーを感じやすい人とそうではない人がいます。

ここでは、薬剤師の仕事をしていてプレッシャーを感じやすい人について詳しく解説します。

ゆったりと働きたいと考えている人

まず、なるべくゆったりと働きたいと考えている方は、今の仕事でプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。

特に、病院薬剤師の方などは夜勤が発生するケースもあり、心身ともに疲労困憊している方も少なくありません。

患者様の命を預かる仕事だけに、業務も忙しいとプレッシャーを感じてしまうのは無理もないことと言えます。

もし、普段の仕事が忙しすぎることをプレッシャーに感じるなら、なるべくライフワークバランスが整備されている環境に身を移しましょう。

薬剤師はパート社員や派遣として働くこともできるため、様々な働き方を検討してみることをおすすめします。

責任感が強い人

次に、責任感が強い人も普段の仕事に対してプレッシャーを感じてしまいがちです。

この記事を読まれている方も、以下のように感じたことがあるのではないでしょうか。

  • 仕事でうまくいかないことがあると、自分の努力が感じていないと思う
  • 上司や先輩に分からないことを質問できない
  • 何か問題が起きると、全て自分のせいだと思ってしまう

薬剤師はなるまでの過程が大変なこともあり、努力家な人が多いです。

ただし、責任感が強く、真面目な人はストレスを感じやすい弱みも併せ持っています。

そのため、上記のような特徴に当てはまる人はストレスを抱え込んでいないか要注意です。

もし、どうしても辛いなら、転職サービスを利用してコンサルタントに相談するようにしましょう。

悩んでいることを吐き出すだけでも、心が軽くなるはずです。

助け合いの精神がない職場に勤めている人

今の職場には、助け合う空気感があるでしょうか。

薬剤師は調剤ミスなどの問題が発生しやすく、ヒューマンエラーが起きることもあるでしょう。

そうした時、先輩や上司はしっかりとフォローしてくれますか?

“ミスしてはいけない”という空気感があると、どうしてもプレッシャーを感じてしまいます。

そのため、職場内にフォローアップしてくれるような環境が整っていないのであれば、もっとより良い環境を求めて転職するのが望ましいでしょう。

薬剤師を辞めるかどうかの判断基準は?

現状、薬剤師を辞めるべきかどうかお悩みの方も多いでしょう。

ここでは、薬剤師を辞めるべきかどうかの判断基準について詳しく解説していきます。

しっかりとフォローしてくれるか

先ほども解説しましたが、プレッシャーを感じてしまうのは、現場に助け合いの精神がなかったり、ミスしてはいけないという空気感が要因になっていることも多いです。

しっかりとしたフォローをしてくれないと、現場でも働きにくく、息苦しい状態で仕事をしなければなりません。

  • 的確な指示を出してもらえない
  • 悩みを相談しても聞いてもらえない
  • ミスした時に責任を全て押し付けられる

など、こうした悩みを持っているのであれば、早めに他の転職先を探しましょう。

研修体制やフォロー体制が整っている職場に身を移せば、普段の仕事ももっとやりやすくなります。

尊敬できる上司や先輩がいるか

同じ職場で働いている上司や先輩のことを尊敬できるでしょうか。

先輩や上司は、将来のあなたの姿です。

3年後、10年後は、同じような姿に自分もなっていると思えるかどうかで仕事に対するモチベーションも変わってきます。

にもかかわらず、全く尊敬できないどころか、

「自分はこういう人になりたくないなぁ・・・」

と感じているのであれば、他の職場に移った方が良いでしょう。

尊敬できないどころか、むしろ見下しているような人と働いていても、成長することは難しいです。

給与に満足しているか

今の給与水準に満足しているでしょうか。

薬剤師といっても、働く環境によってどれくらいの収入になるかは異なっています。

比較的ドラッグストアなどは収入が高めに設定されていることが多いですが、病院薬剤師は収入水準が低く設定される傾向にあります。

しかし、だからと言って病院薬剤師の方が楽かと言えば、全くそうではありません。

むしろ病院薬剤師の方が忙しいということもあり、

「なぜこんなに頑張っているのに、給料が上がらないのか」

と、虚しさを感じている人も少なくないでしょう。

もし、今の給料に満足できていないのであれば、早めに転職して収入アップを狙ってみるのも選択肢の一つです。

薬剤師に特化した転職サービスを利用すれば、専任のコンサルタントがより良い求人を紹介してくれます。

まとめ

今回は、薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じている方に向けて解説しました。

薬剤師の仕事はプレッシャーがかかりますが、職場に相談したり、転職エージェントを活用するなどの対策をすることで改善される可能性が高いでしょう。

そのため、「薬剤師の仕事はプレッシャーを感じてしまうから辞めたい…」という方でも、焦らず解決策を探すことが重要です。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、今よりも自分に合ういい職場に巡り合うことを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました