薬剤師辞めたい|プレッシャーで疲れた時の対処法と退職理由を解説

薬剤師辞めたいプレッシャー 薬剤師

薬剤師はプレッシャーがすごくて辞めたい…

思い描いていた仕事と違うかった…

このように、薬剤師になりたい夢を叶えたけれど理想と違うかったという方も多いと思います。

今回は、薬剤師を辞めたいと感じている方のために、対処法やおすすめの転職エージェントをご紹介します。

この記事を読めばわかること
  • 薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じてしまう理由
  • 薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じたときに取るべき行動
  • 薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じてしまう方におすすめの転職エージェント
  • 薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方が、辞める前に知っておくべきこと
  1. 薬剤師辞めたい|プレッシャーで疲れた時に取るべき行動4選
    1. 薬剤師を辞めずに別の職場に転職してみる
    2. 現職で不満を解消する方法を模索する
    3. 休暇を取得してゆっくり考えてみる
    4. 信頼できる人に相談する
  2. 薬剤師辞めたい|プレッシャーで疲れたと感じる方におすすめの転職サービス3選
    1. ファルマスタッフ
    2. マイナビ薬剤師
  3. 薬剤師の退職理由を徹底リサーチ!
    1. 調剤薬局の退職理由
      1. プライベートな時間が削られる
      2. 給料が不平等な上に安い
      3. 人手不足のため忙しすぎる
    2. 製薬会社の退職理由
      1. 会社に将来性がなくキャリアが築けない
      2. 会社の方針性がわかりにくい
      3. 研究者を大切にしていない
    3. 病院薬剤師の退職理由
      1. 給料が安く、上がらない
      2. 社会的に成長ができないと感じた
      3. 医師との関係が悪い
    4. ドラックストア薬剤師の退職理由
      1. 残業が多く休憩時間がない
      2. 給与改定で年収が減った
      3. 人員不足が深刻化している
  4. 薬剤師を辞めたいけど、辞めても良いか分からない時の対処法
    1. まずは転職エージェントに相談してみよう
    2. 転職エージェントの選び方とは?
      1. 年代で選ぶ
      2. 転職スピードで選ぶ
      3. 求人数で選ぶ
      4. 職場見学ができるかどうかで選ぶ
  5. 薬剤師が転職で失敗しないためには?
    1. 転職する理由を明確にしておく
    2. 優先順位をつけて転職する
    3. 事前に職場見学をする
    4. 転職先内部の情報もリサーチしておく
  6. 薬剤師の辞め時やタイミングとは?
    1. 長期間辞めたいと思い続けている
    2. 心身に異常が出ている
    3. 残業時間が長すぎる
    4. 相談できる人が周囲にいない
  7. 薬剤師辞めたい疲れた|プレッシャーを感じる方が知っておくべきこと
    1. 男性の薬剤師は今後のキャリア形成を明確にしよう
    2. 女性の薬剤師はライフプランの見直しをしよう
  8. 薬剤師の仕事でプレッシャーを感じやすい人は?
    1. ゆったりと働きたいと考えている人
    2. 責任感が強い人
    3. 助け合いの精神がない職場に勤めている人
  9. 薬剤師を辞めるかどうかの判断基準は?
    1. しっかりとフォローしてくれるか
    2. 尊敬できる上司や先輩がいるか
    3. 給与に満足しているか
  10. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

薬剤師辞めたい|プレッシャーで疲れた時に取るべき行動4選

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じた時に取るべき行動4選

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じた時に取るべき行動は、以下の4つです。

  • 薬剤師を辞めずに別の職場に転職してみる
  • 現職で不満を解消する方法を模索する
  • 休暇を取得してゆっくり考えてみる
  • 信頼できる人に相談する

それぞれ見ていきましょう。

薬剤師を辞めずに別の職場に転職してみる

薬剤師の仕事に対する不満は、職場が原因であるケースが多いです。

例えば、人間関係・年収・人手不足による激務・調剤過誤などのプレッシャーは、職場を変えることで解決できる可能性があるでしょう。

転職する場合は、現職への不満を分析して、希望条件に優先順位をつけて探すことをおすすめします

優先順位をつけて、「ここだけはどうしても譲れない!」という条件をつけておくことで、転職先で同じような不満を感じる可能性を減らすことができるでしょう。

また、派遣薬剤師のようにフルタイム以外の働き方も検討してみてください

現職で不満を解消する方法を模索する

「長時間労働がきつすぎる…」「人間関係のストレスに耐えられない…」という方は、雇用形態を変えたり職場に改善を求めることで解消できる可能性があります。

大きな薬局で他にも複数店舗がある職場に勤めている場合、異動願いを出して他店舗に移ることで、人間関係をリセットすることができます。

また、雇用形態を変えることで長時間労働から解放されたり、プライベートの時間を作りやすくなる可能性があるでしょう。

「転職せずに今の職場でもうちょっと頑張りたい!」という方は、勇気を出して職場に改善を求めることをおすすめします。

休暇を取得してゆっくり考えてみる

「忙しすぎて辞めたい…」「もう何も仕事をしたくない…」という状態に陥ってる方は、1度休暇を取得して仕事についてゆっくり考えることをおすすめします。

ゆっくり考えることで、「薬剤師を辞めずに状況を打破する選択肢を考えよう!」とポジティブな思考になる可能性があります。

また、ゆっくり考えてみてそれでも「薬剤師を辞めたい…」という気持ちが残る方は、休職することも選択肢の1つでしょう。

会社によっては休職できない場合もありますが、心身に不調をきたし病院で診断書をもらえば、受理される可能性が高いです。

焦って薬剤師を辞めるのではなく、休暇を取って自分が選べる選択肢をしっかり考慮することが重要でしょう。

信頼できる人に相談する

会社の同僚・大学時代の友人・家族など信頼できる人に相談することも選択肢の1つです。

信頼できる人に相談することで、1人で抱えていた時よりも負担が減ったり、解決策を考えてくれるなどいい方向に動く可能性が高いです。

また、「薬剤師の転職や問題を解決するプロの方に相談したい!」という方は、転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

転職エージェントは、業界に精通しているプロのアドバイザーが、薬剤師の悩みを親身になって聞いてくれます。

「信頼できるプロに相談したい」という方は、以下で紹介する転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

▶︎高時給求人が豊富!ファルマスタッフに相談してみる

薬剤師辞めたい|プレッシャーで疲れたと感じる方におすすめの転職サービス3選

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方におすすめの転職サービス3選

薬剤を辞めたいとプレッシャーを感じてしまう方におすすめの転職エージェント3選をご紹介します。

  • ファルマスタッフ
  • マイナビ薬剤師

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師向けの転職エージェントです。

正社員・派遣・パートと求人数が多く、薬剤師業界に詳しい専任コンサルタントが多数在籍しています。

調剤薬局・ドラッグストア・病院、など求人数が豊富にあるので、自分の希望に合う職場を見つけることができるでしょう。

また、利用者の満足度も96.5%を超えているため、多くの方が満足する転職先に出会うことができています。

「仕事を続けながら質が高い転職活動をしたい!」という方には、うってつけのサービスとなっていますのでおすすめです。

利用は完全無料となっているため、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎高時給求人が豊富!ファルマスタッフに相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度No.1
  • 対面での面談を重視した徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しくミスマッチが防げる

マイナビ薬剤師は、薬剤師向けの転職エージェントです。

利用者満足度は業界トップを誇り、対面での丁寧な面談を行いながら、あなたに最も最適な求人を紹介してもらえます。

企業の内部事情に詳しいため、転職後にミスマッチが発生するリスクを回避できるのが魅力です。

こちらも、利用は完全無料なので、まずは無料登録をしておきましょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料相談してみる

薬剤師の退職理由を徹底リサーチ!

薬剤師を辞めたいとプレッシャーに感じてしまう理由7選

過去に転職した薬剤師の方々は、どのような理由で転職したのでしょうか。

調剤薬局から製薬会社まで、退職された方の主な退職理由を徹底的に調べました

現場の声とともに理由を紹介していきます。

調剤薬局の退職理由

調剤薬局から退職された方の声には、以下の3つの理由が多かったです。

順番に紹介していきます。

プライベートな時間が削られる

毎週日曜日に一年目の薬剤師大勢が強制的に休日出勤させられて、 平日に溜まった薬歴の入力をしていた。 仕事が時間内に終わることはほとんどなく、 持ち帰り残業をすることもしばしば。 そのためにプライベートな時間を削られ、自己研鑽する時間もなくなる。

openworkより

薬局の数に薬剤師の数が追いついておらず慢性的に薬剤師不足。

openworkより

休日出勤などで残業し、プライベートな時間が削られるという声がみられました。

忙しい薬局では、薬剤師が不足しているとどうしても残業が多くなり、辞めたくなる人が多いようです。

給料が不平等な上に安い

地域限定コースでは給料が一番低く手当もないため給料が安い。 

openworkより

管理薬剤師になっても広域コースの平社員より給料が安いという現状。 ボーナスもしかり。真面目に働いている人ほど損をする。

openworkより

店舗格差もひどく年中無休店舗、 忙しい店舗、 暇な店舗すべて同じ給料のため疑問に思う上、 その差をお金以外の他の要因で埋めようともしない。

openworkより

店舗によって忙しさが変わるのに手当がなく、給料が変わらないという声が見受けられました

忙しい店舗に対して手当などがないと、不満がたまり辞めたくなりますよね。

人手不足のため忙しすぎる

配属されている店舗が忙しすぎるため。 半日勤務の曜日があるため、 6連勤はもちろんひどい時には8連勤もある。 店舗に人が補充されても、その分他の店舗へのヘルプに駆り出されるため、 いつになっても状況が改善せず転職を決意した。

openworkより

人員の不足するエリアが顕著で、 人手が足りない店舗は慢性的に不足している。

openworkより

上長の異動提案を承諾したが、 その後異動に伴うトラブルが生じた際上司の対応に不満を感じたため。

openworkより

人手不足のため、6連勤〜8連勤しなければならないという声もありました。

改善される見通しがつかなければ、辞めたくなってしまうのも仕方ないでしょう。

製薬会社の退職理由

製薬会社から退職した方の主な理由は以下の3つでした。

1つずつ見ていきましょう。

会社に将来性がなくキャリアが築けない

将来性が低い。 リスクを嫌い、しかし戦略性のないバラマキ投資をする傾向が最近の上層部ではより顕著になった。

openworkより

能力やモチベーションの高い人の離職が現在進行形で相次ぎ、 会社と自分の将来につながる業務がなくなりそう。

openworkより

周囲は優秀かつ気さくな人たちが多く職場としての不満はないが、 人事制度の度重なる改変で評価が良くても年収はダウンすることに(誰もが不満。

openworkより

研究に必要なリソースがアンバランスな状態が続いているため、 向こう5年のキャリア形成が難しいと判断した。

openworkより

上層部に愛想を尽かして辞める人が多いという声も。

将来性がない会社にいると自分の将来性にも疑問を感じてしまい、退職を決意する場合が多いようです

会社の方針性がわかりにくい

会社の方針が、現場まで落とし込まれていない。 R&Dの生産性が低いと感じる場面が多い。 内資独自の社風で、責任の所在が分からず、 事なかれ主義になることもまだまだ多い。

openworkより

社内で会社の方針が共有されておらず、責任の所在がわからないと進むべき方向がわからなくなりますよね。

会社の方針に共感できないと辞めたくなるでしょう。

研究者を大切にしていない

①チャレンジングな研究に対する風当たりが非常に強く、患者様のためになる画期的な新薬を創生するためには、ここでは無理だと思ったため。また、近年では特に上層部の戦略性の無さが際立っており、 会社の方向性に危うさを感じたため。

創薬型製薬企業と謳っているわりに、 その原動力になるはずの研究者を大事にしていない。

openworkより

②上層部からの目標達成に対するプレッシャーが大きい。 特に管理職への圧力が大きく、疲弊を隠しきれない管理職が多い。必然的に組織として士気の低い部署が多い。

openworkより

研究に対するプレッシャーも多く、研究者が大切にされていると感じられないという声もありました。

結果が出しやすく環境が良い他の企業で研究したいと考え、退職する人も多いようです。

病院薬剤師の退職理由

病院薬剤師の退職理由には以下のようなものが見受けられました

どんな理由が多かったのか見ていきましょう。

給料が安く、上がらない

①残業している割に給料が低い印象があります。 多忙すぎて、ずっと働くには辛い面もありました。

openworkより

②役職に就いているものは退職しないためなかなか役職に上がることができず給料はほとんどアップしないしやめるしかないと感じた。

openworkより

役職についても給料が上がらなければ、役職に就くメリットが感じられないですよね。

責任だけが増えて給料が見合わなければ辞めたくなるのも仕方ないでしょう。

社会的に成長ができないと感じた

このまま長く勤めていても、薬剤師としてホスビタリティな成長やチーム医療として貢献は出来ると思うが、 製薬メーカーさんが当院に訪問されるのを見る度に社会的成長は出来ないのではないかと考え、転職した。(接 遇マナーやメールのやり取り、電話対応など)

openworkより

病院という狭い世界で働いていると、社会的なスキルが身につかないと感じる人もいるようです。

社会的に成長したいと感じる人には物足りず、辞めてしまう人もいるでしょう。

医師との関係が悪い

関わった医師が威圧的であったため、精神的なバランスを崩してしまった。一緒に働く人は選べないので、悩み抜いた末、退職を選んだ。

openworkより

どの職場でも全ての人とうまくやっていくのは難しいですが、病院勤務の薬剤師の中では医師との関係に悩む人が多いようです。

openworkより

薬剤師と医師は立場上どうしても上下関係が厳しくなってしまい、辞める人もいるようです。

ドラックストア薬剤師の退職理由

ドラッグストアでの薬剤師は以下のような理由が多いです。

調剤薬局とも似た理由が多いですが、順番に見ていきましょう。

残業が多く休憩時間がない

店舗にもよるが、 夜が遅い。 遠くの店舗に行かされる。 片道1時間くらいは普通

openworkより

今は改善されたようだが、 毎月の残業時間も多かった。代わりがいないと、 昼休みにコンビニや郵便局にも行けない事も

openworkより

忙しい職場では、お昼休みすら取れないようなこともあるようですね。

遅くまで残業しなければならない日が続くと、辞めたくなるのも仕方ないでしょう。

給与改定で年収が減った

①新卒時の年俸が600万円で次年度よりシニア扱いで650万円となった。 残業代を含めると700万円近くとなったが2018年の給与改訂により一日10時間拘束9時間労働から9時間拘束8時間労働となり、 また残業が厳しく規制されたので年収で1割減となった。

依然として高水準ではあるが7年目にして新卒と変わらない年収になってしまったため退職を決意した。

openworkより

②給料制の変更されたことにより、 実質年収が下げられたこと、出世して地区長などの役職に就いたところで収入の伸びが少なく、 地方などへの転勤も頻繁にあることから独立を決意した。

openworkより

年収が1割減るというのは、精神的にも大ダメージになりますよね。

これからの年収の伸びも感じられないと、今後のやる気が失われて辞めたくなるのでしょう。

人員不足が深刻化している

①規模が大きい割に深刻な人員不足。 人がやめるたびに人数が多い店から引き抜きが始まり、 多い店は人員不足に陥る。 産休を取る方が増加し、さらに社員が入る速度より出店速度のほうが速いため慢性的に人員不足になる。

その結果残業がかさむが、 上からは残業を抑えろという指示がでる。 また事務なし一人薬剤師の店舗への応援も多く、その場合昼休みはとれないことも多かった。

openworkより

②休み明けに出勤したところ辞令がでており、既に店舗異動となっていた。 3日後には異動先で勤務するよう言われ、異動先では人員不足で開店~閉店までの通し勤務の頻発。

体が壊れる寸前に、耐えきれず退職した。 壊れた駒はまた補充すれば良いという考え方、 人を大事にしない会社に嫌気がさした。

openworkより

ドラッグストアでは、慢性的な薬剤師不足のせいで、人の扱いも悪くなっている様子が伺えます

自分の代わりがいくらでもいる、と感じるような職場では辞めたくなるのも仕方ありませんね。

薬剤師を辞めたいけど、辞めても良いか分からない時の対処法

薬剤師を辞めたいけど、辞めても良いか分からない時の対処法

薬剤師の仕事を辞めても大丈夫かな…

辞めた後はどうしたらいいの?

仕事を辞めるかどうかと言う大きな決断をする時は慎重に行動したいですよね。

悩みを抱えている方向けに、対処法を紹介します。

まずは転職エージェントに相談してみよう

悩んだら、まずは転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは、たくさんの人々の転職を手助けし、内定獲得までフォローしてきた実績のあるスタッフがいます。

実際に私も転職した際「そもそも転職しても大丈夫か」というところから相談に乗ってくれました。

転職活動をすると決めた際にも、過去に転職した薬剤師がどこに転職したのかなどの情報も教えてくれます。

転職するか悩んでいる初期段階から転職エージェントに相談し、プロの第三者の意見を聞いてみましょう。

▶︎高時給求人が豊富!ファルマスタッフに相談してみる

転職エージェントの選び方とは?

転職エージェントに相談したいと思っても、いろいろありすぎてどこに相談したらいいかわかりませんよね。

そのため、ここではどのような視点で転職エージェントを選んだら良いのかを紹介します。

年代で選ぶ

転職エージェントは、特定の年代に特化している場合があるので、年代で選ぶのが良いでしょう。

20代〜30代に向けたものや、40代以降に特化したものなどさまざまです。

自分の年代に合わせて選ぶことで、年齢の相性が良い求人から探せます

特化している年代と自分の年齢が合っていないものを選んでしまうと、過去の事例や情報がないので難航します。

転職エージェントを選ぶ際には、自分の年齢に対応しているのかを確認して選びましょう。

転職スピードで選ぶ

転職を急いでいる人は、転職が決まるスピードで選ぶのも1つの手段です。

転職エージェントの中には、最短1ヶ月で転職できるものから、3ヶ月ほどじっくりと面倒を見てもらえるものまであります。

すでに退職しており急いでいる場合や、今すぐ転職したい場合はスピード感を重視したエージェントを選ぶようにしましょう。

なお、薬キャリなどのサービスは転職スピードに定評があるので、早めに転職したい方は利用してみてください。

しかし、転職活動は時間をかけて丁寧にやると、成功の確率が高まる傾向にあります。

「めんどくさいから早く終わらせたい」という理由からスピードで選ぶのは、あまりよくありません

事情がある人はスピード感で選び、早めに転職活動を終わらせましょう。

求人数で選ぶ

転職エージェントを選ぶ際には、求人数で選ぶようにしましょう

特定の企業に応募したいという意思が固まっていない場合、なるべく多くの選択肢から選べた方が良いですよね。

求人数はエージェントごとに違いますが、薬剤師の転職の場合、多ければ多いほど良いというわけではありません。

一般向けの転職エージェントの求人数より、薬剤師向けの転職サイトの求人数の方が少ないのは当然です。

薬剤師の資格を使った仕事を探す場合、薬剤師向けの転職エージェントの中で求人数が多いものから選びましょう

なお、求人数で選ぶのであれば業界大手のファルマスタッフがおすすめです。

職場見学ができるかどうかで選ぶ

職場の雰囲気を重視する際は、職場見学ができる転職エージェントを選びましょう

転職エージェントの中には、職場見学ができるサービスがあるところもあります。

職場見学は、エージェントと企業との関係が構築されていなければできません。

つまり、職場見学できるエージェントは、実績がしっかりあるということです。

実際に働いている様子を見て決めたいという場合には、職場見学ができるエージェントに依頼するのが良いでしょう。

マイナビ薬剤師などを利用すれば、企業の内部情報までしっかり教えてもらえるので、利用してみるのがおすすめです。

なお、おすすめのエージェントについては以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

薬剤師が転職で失敗しないためには?

薬剤師が転職で失敗しないためには?

転職に失敗してしまえば、またすぐに転職しなければならなくなります。

経歴に傷をつけないためにも、転職は慎重に行わなければなりません。

ここでは、薬剤師の転職で失敗しないために行うべきことを紹介します。

転職する理由を明確にしておく

転職する理由を明確にしておくことで失敗を避けられます。

自分が転職したいと思っている理由を紙に書き出して把握しておきましょう

  • 残業を減らすため
  • キャリアアップするため
  • 嫌な上司から逃げるため

自分がなぜ転職するのかを明確にしておけば、転職先で同じことが起こるのを避けて職場選びができます

転職の面接でも、転職理由は必ず聞かれます。

自分なりの理由を明確にして、他人に説明して納得してもらえるようにしておきましょう。

優先順位をつけて転職する

転職で失敗しないためには、必ず優先順位をつけて転職しましょう

実際、転職して全ての条件を好転させるのは難しいです。

仕事に求めるものは人それぞれ。

自分にとって何を優先させれば納得して働けるのかを考えておきましょう

まずは、下記のように自分が職場に求めるものを書き出しましょう。

  • 良い人間関係
  • 給料
  • 仕事内容
  • 残業の少なさ

箇条書きしたらランク付けをします

自分にとっての優先順位を出すことで、ランクの高い条件からクリアできるような職場を見つけましょう。

事前に職場見学をする

事前に職場見学をすることで、転職での失敗を避けましょう。

エージェントのサービスには、職場見学を行えるものもあります。

職場見学では、実際に働くことになる現場に行き、職場の雰囲気や働いている人の話を聞くことができるのです。

「人手不足で忙しそうだな・・・」「人間関係が悪そうだなあ」といった雰囲気を掴み、転職失敗のリスクを避けられます

逆に「暖かい人ばかりで楽しそうだな」という印象を受けると、実際に勤務するときに安心ですよね。

求人票だけでなく、職場見学から情報を得ることで、実態を把握して失敗を避けましょう。

▶︎職場見学もできる!ファルマスタッフに相談してみる

転職先内部の情報もリサーチしておく

転職に失敗しないようにするためにも、転職先の内部の情報をリサーチしておきましょう

転職エージェントは、長期にわたってさまざまな企業や病院に人材を紹介して関係を築いています。

その中で、求人票ではわからない内部の情報を把握していることも多くあります

そのため、エージェントに相談すれば、内部の情報を教えてくれることも。

求人票と実態が全く違い「思っていたのと違う・・・」とならないためにも、エージェントに相談して情報収集しておきましょう。

▶︎企業の内部情報にも詳しい!マイナビ薬剤師に無料相談してみる

薬剤師の辞め時やタイミングとは?

薬剤師の辞め時やタイミングとは?

辞めたいと悩んでいるけどなかなか行動に移せない

辞める意思が固まっていても、いざ踏み切るのはなかなか難しいですよね。

そのため、ここからは薬剤師を辞めるときにベストな辞め時を紹介していきます。

ご自身の状況に当てはまっていないか確認しましょう。

長期間辞めたいと思い続けている

長期間辞めたいと思い続けている人は、辞めても良いでしょう。

いつから辞めたいと考えているのか思い返してみてください。

ここ数ヶ月で辞めたいと考えているのであれば、焦らず原因を改善できないか方法を考える方が良いでしょう。

しかし半年以上悩んでいるなら、その期間はあまり仕事に熱中できない状態が続いているということです。

仕事に打ち込めない状況が長く続くと、自分の成長にとっても良い影響はありません。

長期間辞めたいと悩んでいるなら、そろそろ辞めるために行動しましょう。

心身に異常が出ている

心身に異常が出てしまっている場合には、すぐに退職を検討しましょう

何よりも大切なのは、仕事を頑張ることではなく健康でいることです。

ずっと精神的に辛い状況である場合や、体の不調などが出ている場合、病院を受診しましょう。

病院を受診して診断書が出ると、休職できることもあります

心身に異常が出ている状態では、次の仕事を見つけるのが難しくなる可能性も否定できません。

病院で自分の状態を医学的に判断してもらって、異常が出ているなら辞めましょう。

残業時間が長すぎる

残業時間が多すぎる上、長期間続いている場合は辞めましょう。

法律的な目安としては、月に45時間以上の残業が何ヶ月も続いている状態です。

一時的な人手不足や、繁忙期に残業するのは仕方ありません。

しかし、残業しなければならない状態が長期間続いている場合、今後も改善される見通しは立ちません。

残業は、必要である時のみに行うべきです。

会社が改善に努めているなら別ですが、常態化している場合には早めに見切りをつけましょう

残業したくない場合には、派遣薬剤師やパート薬剤師として働く選択肢もあります

相談できる人が周囲にいない

薬剤師の仕事や自分の状態ついて、相談できる人が周囲にいない職場であれば退職しましょう。

同じ職場で今の辛い状況について共有する人がいれば、共感してもらえるので気持ちが楽になります。

しかし、相談ができる人がいないような職場では、一人で悩んで思い詰める可能性があります。

どんな仕事でもしんどいことはありますが、その状況を周りの人といかに共有するかどうかが大切です。

相談できる人がいないような職場であれば、退職するべきでしょう。

薬剤師辞めたい疲れた|プレッシャーを感じる方が知っておくべきこと

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方が知っておくべきこと

薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じる方が辞める前に知っておくべきことを、男女別で以下の2つにまとめました。

  • 男性の薬剤師は今後のキャリア形成を明確にしよう
  • 女性の薬剤師はライフプランの見直しをしよう

それぞれ見ていきましょう。

男性の薬剤師は今後のキャリア形成を明確にしよう

男性の薬剤師は女性に比べ、転職に対するハードルが上がってしまう傾向があります。

なぜなら、女性は結婚や育児などの理由で辞める人が多いのに対し、男性はプライベートの理由で辞めることが少ないからです。

そのため、転職の際に「なぜ前職の仕事を辞めたのか?」を重点的に聞かれてしまいます。

転職する際は、「今の仕事が辛いからなんとなく辞めた」ではなく、今後のキャリア形成を明確にした後で辞めるようにしましょう。

キャリア形成を明確にすることで、転職後の職場でも目標を持ってやりがいを感じながら仕事することができるでしょう。

女性の薬剤師はライフプランの見直しをしよう

女性の薬剤師の場合、出産や結婚が理由で、転職回数が多い方もいると思います。

そのような方は、転職する前に、今後10年間の自分のライフプランの見直しをしましょう

10年間のうちに、結婚・出産などのプランがある場合は、育児休暇を取れる会社なのか・時短勤務が可能なのかをしっかり確認する必要があるでしょう。

ライフプランを見直すことで、転職せずに安定した職場で長く働くことができます

また、「今後のキャリアアップのために転職する!」という方は、自分のキャリア形成を明確にして目標に近づける職場を選びましょう。

▶︎高時給求人が豊富!ファルマスタッフに相談してみる

薬剤師の仕事でプレッシャーを感じやすい人は?

同じ薬剤師でも、プレッシャーを感じやすい人とそうではない人がいます。

ここでは、薬剤師の仕事をしていてプレッシャーを感じやすい人について詳しく解説します。

ゆったりと働きたいと考えている人

まず、なるべくゆったりと働きたいと考えている方は、今の仕事でプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。

特に、病院薬剤師の方などは夜勤が発生するケースもあり、心身ともに疲労困憊している方も少なくありません。

患者様の命を預かる仕事だけに、業務も忙しいとプレッシャーを感じてしまうのは無理もないことと言えます。

もし、普段の仕事が忙しすぎることをプレッシャーに感じるなら、なるべくライフワークバランスが整備されている環境に身を移しましょう。

薬剤師はパート社員や派遣として働くこともできるため、様々な働き方を検討してみることをおすすめします。

責任感が強い人

次に、責任感が強い人も普段の仕事に対してプレッシャーを感じてしまいがちです。

この記事を読まれている方も、以下のように感じたことがあるのではないでしょうか。

  • 仕事でうまくいかないことがあると、自分の努力が感じていないと思う
  • 上司や先輩に分からないことを質問できない
  • 何か問題が起きると、全て自分のせいだと思ってしまう

薬剤師はなるまでの過程が大変なこともあり、努力家な人が多いです。

ただし、責任感が強く、真面目な人はストレスを感じやすい弱みも併せ持っています。

そのため、上記のような特徴に当てはまる人はストレスを抱え込んでいないか要注意です。

もし、どうしても辛いなら、転職サービスを利用してコンサルタントに相談するようにしましょう。

悩んでいることを吐き出すだけでも、心が軽くなるはずです。

助け合いの精神がない職場に勤めている人

今の職場には、助け合う空気感があるでしょうか。

薬剤師は調剤ミスなどの問題が発生しやすく、ヒューマンエラーが起きることもあるでしょう。

そうした時、先輩や上司はしっかりとフォローしてくれますか?

“ミスしてはいけない”という空気感があると、どうしてもプレッシャーを感じてしまいます。

そのため、職場内にフォローアップしてくれるような環境が整っていないのであれば、もっとより良い環境を求めて転職するのが望ましいでしょう。

薬剤師を辞めるかどうかの判断基準は?

現状、薬剤師を辞めるべきかどうかお悩みの方も多いでしょう。

ここでは、薬剤師を辞めるべきかどうかの判断基準について詳しく解説していきます。

しっかりとフォローしてくれるか

先ほども解説しましたが、プレッシャーを感じてしまうのは、現場に助け合いの精神がなかったり、ミスしてはいけないという空気感が要因になっていることも多いです。

しっかりとしたフォローをしてくれないと、現場でも働きにくく、息苦しい状態で仕事をしなければなりません。

  • 的確な指示を出してもらえない
  • 悩みを相談しても聞いてもらえない
  • ミスした時に責任を全て押し付けられる

など、こうした悩みを持っているのであれば、早めに他の転職先を探しましょう。

研修体制やフォロー体制が整っている職場に身を移せば、普段の仕事ももっとやりやすくなります。

尊敬できる上司や先輩がいるか

同じ職場で働いている上司や先輩のことを尊敬できるでしょうか。

先輩や上司は、将来のあなたの姿です。

3年後、10年後は、同じような姿に自分もなっていると思えるかどうかで仕事に対するモチベーションも変わってきます。

にもかかわらず、全く尊敬できないどころか、

「自分はこういう人になりたくないなぁ・・・」

と感じているのであれば、他の職場に移った方が良いでしょう。

尊敬できないどころか、むしろ見下しているような人と働いていても、成長することは難しいです。

給与に満足しているか

今の給与水準に満足しているでしょうか。

薬剤師といっても、働く環境によってどれくらいの収入になるかは異なっています。

比較的ドラッグストアなどは収入が高めに設定されていることが多いですが、病院薬剤師は収入水準が低く設定される傾向にあります。

しかし、だからと言って病院薬剤師の方が楽かと言えば、全くそうではありません。

むしろ病院薬剤師の方が忙しいということもあり、

「なぜこんなに頑張っているのに、給料が上がらないのか」

と、虚しさを感じている人も少なくないでしょう。

もし、今の給料に満足できていないのであれば、早めに転職して収入アップを狙ってみるのも選択肢の一つです。

薬剤師に特化した転職サービスを利用すれば、専任のコンサルタントがより良い求人を紹介してくれます。

まとめ

今回は、薬剤師を辞めたいとプレッシャーを感じている方に向けて解説しました。

薬剤師の仕事はプレッシャーがかかりますが、職場に相談したり、転職エージェントを活用するなどの対策をすることで改善される可能性が高いでしょう。

そのため、「薬剤師の仕事はプレッシャーを感じてしまうから辞めたい…」という方でも、焦らず解決策を探すことが重要です。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、今よりも自分に合ういい職場に巡り合うことを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました