年収アップが転職理由だと危険?転職理由をうまく伝えるには?

年収アップが転職理由 年収アップ

転職するときに年収アップが理由だと伝えると、打算的でドライな人間ではないかとマイナス評価されないか

誰でも悩むポイントです。

しかし、ビジネスの世界で自分をより高く評価してくれるところへ転職するのは何もやましいことではありません。

今回は転職理由をうまく伝え、失敗しない面接術を解説するので最後までお読みください。

年収アップが転職理由だと危険な理由とは?

年収アップが転職理由だと危険な理由とは?

年収アップをメインの転職理由にするのは危険です。

理由は正当なのですがそればかり前面に出してしまうと、面接官の印象を悪くする恐れがあるからです。

ここでは、考えられる反応について深掘りして見ていきましょう。

自分のことしか考えてないと思われる

年収アップは、個人のキャリアアップに直結する事項です。

根拠に裏付けられた理由でないと、ただ意識が高く自分のことしか考えない人だと思われるかもしれません。

もしかして、周りは仕事に応じた収入に満足しているのに、自分だけ不相応に年収の高い職場へ転職したいのではと思われる可能性があります。

年収金額のことを先に話すのは避けましょう。

ただ年収を上げたいのではなく、年収に見合った仕事ができるとアピールする方が建設的です。

次の仕事でも同じような不満を抱えると思われる

面接で前の職場の悪い面ばかり話すのはやめましょう。

年収も職場の人間関係も、思いのとおりにならないことがあるのは当然だからです。

長期的に物事を考え企業の業績や職場環境を改善するのは、社会人として当然のことです。

年収のことばかり口にすると、

  • 短期的なことしか考えられない
  • 不満を言うだけで改善の方策を提示して実行できない

などのような人間と思われる可能性があります。

転職しても同じ不満を持つのではないかと思われてしまうかもしれません。

お金のことしか考えてないという印象を持つ

確かにお金のことは大事なのですが、話す順序が重要です。

面接の最初から年収が低かった不満を述べ、低かった明確な理由を述べない場合は、お金のことしか考えていないという印象を持たれます。

企業が報酬をケチっていたのか、評価が低かったから報酬を上げてもらえなかったのか真相は第三者にはわかりません。

わからないことを延々と話されても、面接は進まないのです。

年収アップをメインに話すのは得策ではありません

コミュニケーションができないと思われる

いきなり年収の話を切り出すと、交渉や営業が下手だと思われます。

面接は実務的なスキルを試す場でもあるのです。

自分の不満ばかり一方的に話すのではなく、会話として成立させる能力があるか、相手に好感を持たせる話し方ができるか、話の筋が通っているかもチェックされています。

得意先への訪問や顧客との打ち合わせで、好印象を持ってもらいながらタスクを展開できるかは企業にとって重要な要素です。

面接では年収アップを話すとしても、結論へ持って行く論理性や話術もチェックされていると心得ましょう。

そもそも年収アップできるほどの人材かと厳しくチェックされる

採用する企業側は、自社にとってプラスになる人材を探しています。

応募者が年収アップを望んでいることは、重要な関心事ではありません。

あくまでも人物評価の一つの材料に過ぎず、ただ年収アップを訴えるだけの人は必要ないのです。

逆に年収を上げてもらえなかった理由を詮索される恐れがあります。

もちろん企業としては優秀な人材は高いお金を払ってでも獲得したいのが本音です。

そのためには金額ではなく何が貢献できるかを伝えるようにしましょう。

事前に報酬を高くしてくれるようなスキルを習得しておくのもおすすめです。

年収アップの転職理由をうまく伝えるには?

年収アップの転職理由をうまく伝えるには?

これまで悪い面ばかりお伝えしましたが、年収アップ自体は大事なことであり決して悪いことではありません。

伝え方が問題なのです。

採用担当者の評価を得ながら、実年収アップをうまく伝えるには3つのコツをご紹介します。

これまでの経験やスキルをうまく伝える

面接では、自分がいかに企業に役に立つか、自分の持つ経験やスキルを話しましょう

これまでの担当業務でどんな成績をあげたか、会社にどんな利益をもたらせたかを数字を交えて説明ができると説得力があります。

業務を進める上で取得した資格など自己研鑽もポイントです。

企業の求めているものと合致すればもちろん良いですが、直接関連がなくても構いません。

問題解決能力や向上心がアピールできれば、面接官の心に響きます

ネガティブなことを言わない

なんといっても面接は印象が大事です。

ネガティブな話題や前向きでない態度は、間違いなく印象が悪くなります。

例えば不満などネガティブなことしか言わない人と前向きな人の2人から選ぶとしたら、採用担当者は間違いなく前向きな人を選ぶでしょう。

面接官が好印象を持って、上司に勧められる人物かどうかを自問してみるのがおすすめです。

ネガティブな話題でも、課題として前向きに捉えて今後どうしていきたいか話すことができるよう心がけましょう。

実際に伝える時の例

「以前の職場では大手競合相手がひしめくなか、こまめな訪問とヒアリング・徹底したサポートで案件を獲得しました。私は営業職なので、案件採用後は事業のリーダーをSEに引き継ぎましたが、よいSEを紹介してくれたと感謝されました。残念ながら社内では大きな評価を得られませんでしたが、実績は同僚や経験のある先輩社員にも負けていなかったと思います。」

アピール例

などと伝えればどうでしょう。

業務で課題解決ができ、かつお客さんからも信頼を得られる人物であることをアピールできるでしょう。

正当な評価を得ていなかったこともさりげなく盛り込んでも良いかもしれません。

転職理由を聞く面接官は何を見ている?

転職理由を聞く面接官は何を見ている?

面接のとき何を聞かれるか気になる方も多いはず。

その場合は面接官の立場から考えてみましょう。

企業にとって必要なのは高い年収よりも、有能な人物です。

面接官の視点を3点紹介するので、重点的にアピールしましょう。

人間性

面接の目的の一つは、書類審査ではわからない人間性を見ることです。

話し方や質問の受け答えから、その人の人間性を探ろうとします。

信頼できる人物か、組織でうまくやっていけるか、リーダーシップを発揮できるか、周りの信頼を得られるかなどは重要なポイントとなるでしょう。

話し方に変な癖はないか、話す内容は筋道が立っているかも印象に残ります。

面接には誠実に臨み、好印象を与えられるようにしましょう。

これまでの経験

これまでの経験はESでもわかるのですが、本人の口からも聞いてみたいものです。

以前の職場の業務でどんな実績を上げてきたか、主なものだけでも概要がわかるようにしましょう。

内容が営業を頑張って成績をあげました、という抽象度の高いものでは言葉が不足しています。

こまめな対応で信頼を得た様子や困難な状況で数字を上げたなど、その人しか知り得ない具体的な情報を伝えられれば高評価に繋がるでしょう。

また、業務をこなしながら関連する資格も取得し、さらに情報収集も続けていれば向上心のある人物と受け止められます。

企業に貢献できること

企業は自社に有益な人材を求めています。

即戦力であれば越したことはありませんし、経験がなくても新しい視点や業務改善をもたらしてくれそうな人物を評価するのです。

面接では企業にとっていかに貢献できるかを話しましょう

面接官は、自社の不足している分野を補えるか、メイン事業を増強できるか、新分野開拓が期待できるか、人手不足の解消、業務改善、心理的安全性の確保などあらゆる視点でチェックしています。

年収アップを狙う際に言ってはいけない転職理由とは?

年収アップを狙う際に言ってはいけない転職理由とは?

面接では、好印象を持たせつつ自分の良さをアピールすることが大切です。

不満ばかり並べたり、家庭の事情を強調しすぎるのは避けましょう

面接官でなくても聞いていて誰もいい気分にはなりません。

これから注意点を5点紹介するので気をつけましょう。

前の企業の給料が低い

給与や待遇の不満を言うのはやめましょう

企業を批判する人だと思われるので評価を下げます。

退職する理由はそれぞれにあるのでしょうが、それよりも面接で聞きたいのは面接を受ける人の人間性と能力についてなのです。

前の職場で給与に見合う成果を上げていなかったのでは無いかと疑念を持たれると、今後が不安になります。

入社後に十分な成果を上げられるかが重要なのであり、企業にとって関係のない話題は避けましょう

人間関係が嫌だった

どこの職場にも人間関係はついてまわります。

これまでは問題なくても、人事などのタイミングで良くない雰囲気になることもありえるでしょう。

以前の職場の話を聞いたとしても、想像できる範囲が限られてしまいます。

正確な状況は分かりませんし、結局のところ第三者には判断ができません。

どこの職場でも人間関係が問題になることはあり、ちょっと気に入らないとやめてしまうのでは無いかと疑念を持たれることになります。

上司と合わなかった

上司は選べないので不満に思うのは仕方ありません。

しかし、第三者には上司が悪かったのかあなたが悪かったのかは分からないことです。

また必要な範囲であれば、上司に合わせて仕事をするのも必要なこととなります。

上司には組織として成績を上げる責任があるからです。

職場の雰囲気さえ良ければ、成果が出るわけではありません。

新しい職場で、仕事の成果を求める上司と合わない可能性もあります。

もちろん企業風土が合わないことがないように、情報収集はしておきましょう。

本音すぎる

本音で話しすぎるのは避けましょう

業界や企業の裏話を赤裸々に話すのは面白いかもしれませんが、自社も言われるのでは無いかと不安になります。

人のせいにして不満をすぐ表す性格ではないかと誤解される可能性もあります。

また、話に熱中しすぎて言葉遣いが乱暴になることにも注意しましょう

くだけすぎた言葉遣いはマイナス評価となります。

あくまでも面接はフォーマルな場であり、節度を持って前向きな雰囲気を保つべきなのです。

結婚を理由にする

仕事を進める上でワークライフバランスは重要です。

しかし面接官は、家庭を重視するあまり仕事は大丈夫だろうか、成果を上げてくれるだろうかと思う可能性があるのも事実でしょう。

休みを前提に話を進めるよりも、家族や企業の協力を得ながら成果を上げていくというふうに伝えた方が良いです。

休暇制度が充実していることは大きなメリットですが、いかに効率的に業務が進められるかを話しましょう。

成果を出すことを先に話を進めれば、同じ内容だとしても面接官の印象は悪くなりません。

転職で年収アップする際に利用すべきサービスは?

転職で年収アップする際に利用すべきサービスは?

最後に、これから転職する方に向けて年収アップに効果的なサービスをいくつかご紹介します。

キャリア診断アプリ「VIEW」

VIEWはハイキャリア向けのキャリア診断アプリです。

3分程度で無料診断することができ、あなたに最適な会社やこれから受けられる会社が一目で分かります。

20~30代前半向けのツールではありますが、自己分析も行うことができるため、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

スキルアップしたいならDMM WEBCAMP

参考:DMM WEBCAMPより

年収アップしたいけど、特に強みがない

年収アップしやすい業界にいきたい

など、お悩みの方も多いでしょう。

もし、年収アップを実現させたいのであれば、転職前にスキルを習得しておくのがおすすめです。

プログラミングなどの市場価値が高いスキルを習得しておけば、転職にも有利と言えます。

DMMWEBCAM
参考:DMM WEBCAMPより

また、DMM WEBCAMPのように

  • 転職成功率98%
  • 条件を満たせば受講料の70%の給付金がもらえる

などのサービスが充実しているスクールに通えば金銭的なコストをかけず最短で転職できます。

給付金やカリキュラムについては無料カウンセリングにて詳しく聞くことができるので、まずはお気軽にカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリング」へ申し込む

まとめ

面接はプレゼンと同じです。

ネガティブな話題を全面に出すことは控えつつ、自分の良さをアピールしましょう。

自分が採用担当者だったら、どんな人を採用したいですか。

年収ばかりを前面に出すのは印象が良くないですよね。

この記事を読んだ方は、面接担当者が聞きたいことを話すことが大切だと気づいたはずです。

まずは自分がいかに貢献できるか、しっかりアピールしていきましょう。

この記事を参考にして自信を持って面接に臨んでください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました