薬剤師の人間関係がしんどい方へ。対策5選と利用すべきサービス

薬剤師の人間関係がしんどい しんどい

「薬剤師の人間関係がしんどい・・・」

「薬剤師の仕事が辛い・・・」

このようにお悩みではないでしょうか。

薬剤師は職場環境がどうしても狭くなりがちで、”しんどい”と感じてしまうことも多いです。

今回の記事では、薬剤師の人間関係がしんどいと感じている方に向け、具体的な解決策をご紹介していきます。

人間関係でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

薬剤師の人間関係がしんどい時の対策5選

薬剤師の人間関係がしんどい時の対策5選

薬剤師として働いていて、

「人間関係がしんどい・・・」

と感じてしまう瞬間ってどうしてもありますよね。

社会人になれば必ず人間関係で悩んでしまうもの。

ここでは、薬剤師の人間関係がしんどい時の対策を5つほどご紹介していきます。

円滑にコミュニケーションを取れる努力をしてみる

合わないと感じている相手にもよりますが、まずは自分からうまくコミュニケーションを取れるように努力してみましょう。

  • 率先して仕事を引き受けてみる
  • 自分から明るく挨拶してみる
  • おやつなどを差し入れする

など、最低限の努力はしてみる価値があると思います。

案外、自分が思い込んでいるだけで、コツコツコミュニケーションを取っていけば打ち解けられることも。

ただし、やはりどうしても難しい人はいますよね。

性格のきついお局様や、パワハラをしてくるような上司である場合には、自分の努力だけでは解決することができません。

もし、そうしたケースに直面しているのであれば以下のような対策を行ってみてください。

目上の人に相談してみる

自分で努力してもどうしようもない場合は、上司などの目上の人に相談しましょう。

同僚との関係性に悩んでいる場合は、直属の上司に相談してみるのが良いです。

上司が優秀な人であるならば、別の場所に異動させてくれる場合もあるでしょう。

ただし、そもそも上司との関係性で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

その場合、もっと権限のある人に相談してみる方法もありますが、環境を変える他に選択肢はほぼないと言えます。

配置換えしてもらう

ある程度規模の大きな病院や、大手のドラッグストアなどに勤務している場合、人事異動を願い出る方法もあります。

今の職場でうまくいかなかったとしても、他の職場に環境を移すだけでもかなり状況が変わります。

関わる人間が変われば、ストレスもなくなって生き生きと働ける方も多いでしょう。

ただし、小さな薬局で働いていたり個人経営の病院薬剤師の方は、人事異動ができないケースもあります。

そうした場合は転職して、そもそもの働いている職場を変えるようにしましょう。

職場を変える

ここまで、薬剤師の人間関係で悩んでいる方向けに色々なことを解説してきました。

しかし、正直なところ一番実現しやすいのは、働いている職場を変えてしまうことです。

上司に相談しても、関係性を改善するのは難しいでしょう。

また、人事異動ができるような環境に勤めている人ばかりではないはず。

そのため、できるだけ職場を変えるようにすることをおすすめします。

薬剤師専門のコンサルタントに相談する

もし、現在転職を考えているのであれば、まずは薬剤師専門のコンサルタントに相談しましょう。

現在では薬剤師向けのサービスもかなり普及しており、無料で相談することができます。

薬剤師に特化したサービスなら、薬剤師市場にも詳しく、あなたのお悩みに合わせた転職先を紹介してもらえるでしょう。

まずは無料相談してみることをおすすめします。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】のコンサルタントに無料相談してみる

薬剤師の人間関係がしんどい原因は?

薬剤師の人間関係がしんどい原因は?

そもそも、薬剤師の人間関係がしんどい原因にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、その原因について詳しく解説していきます。

職場が狭く、問題が起きやすい

まず、薬剤師の職場は非常に狭く、問題が起きやすいことが挙げられます。

基本的には女性ばかりなので、誰かから悪口を言われたり、仲間はずれになったりすることもあるようです。

職場にお局様のような人がいるケースもあり、そうした中心人物に目をつけられてしまうと、人間関係で悩んでしまうこともあるでしょう。

人間関係の悩みは、社会人であれば多少は仕方のないことです。

しかし、いじめやパワハラのようなことが横行しているのであれば、早めに転職を視野に入れることをおすすめします。

医師から雑に扱われる

病院薬剤師や薬局薬剤師の方であれば、薬剤師同士だけでなく、医師や看護師など、別の部門との連携も求められます。

そして、中には雑な扱いを受けてしまうという方もいらっしゃるようです。

曖昧な指示を出され、患者様からクレームを受けてしまった方も多いのではないでしょうか。

「現場で対応するのはわたしたちなのに・・・」

と不満を募らせている方も多いはず。

フォロー体制が充実していない職場は、今後もやりにくいことが予想されます。

もっと風通しの良い職場を探してみるのも、選択肢と言えるでしょう。

患者様からクレームが来る

薬剤師の仕事は単純な調剤作業だけではなく、データの処理や接客など、幅広いです。

中でも、患者様からのクレーム対応は非常に辛いものですよね。

特に、薬を求めに来る患者様は高齢者が多く、クレーマーのような方もいらっしゃるでしょう。

そうした人の対応を日々行っていては、精神的に病んでしまうのも無理はありません。

患者様の対応が辛いのであれば、ドラッグストアのパートなど、別の働き方を検討してみるのも選択肢です。

薬剤師の人間関係がしんどいと感じやすい人とは?

薬剤師の人間関係がしんどいと感じやすい人とは?

薬剤師の仕事をしていて、人間関係がしんどいと感じやすい人はどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、その具体的な特徴について解説します。

責任感が強い

まず、責任感が強い人は、薬剤師の仕事で人間関係に悩みやすいです。

というのも、責任感が強いと自分一人で仕事を抱え込んでしまい、ストレスを感じやすくなります。

あなたは、次のような特徴がないでしょうか。

  • とにかく頑張れば報われると考えている
  • 仕事でうまくいかないと、努力が足りないと感じる
  • 上司にうまく質問できない

もし、このような特徴を持っているのであれば、あなたは責任感が強い傾向にあります。

そして自分を追い込み、精神を病んでしまうリスクもあるでしょう。

なんでも自分で抱え込まず、時には周りの人を頼りましょう。

自分にも寛容になることで、仕事も円滑に進めることができます。

ストレスを感じやすい

同じ薬剤師だとしても、中にはストレスを感じやすい人とそうではない人がいます。

例えば、少し注意されただけでも、極度に落ち込んでしまう人と、全くメンタルにダメージがない人というように、人によっても違いがあるものです。

  • 周囲の人からどう思われているかが気になる
  • 人から嫌われたくない
  • ミスをすると数日間は立ち直れない

などの傾向がある人は要注意です。

もしかすると、HSPかもしれません。

上記の特徴に当てはまっている人は、働き方なども見直す方が良いでしょう。

フルタイムではなく、パートなどでゆったりと働く方法もあります。

自分に合った働き方で、無理なく働くことをおすすめします。

対人関係が苦手

中には、対人関係が苦手な方も多いのではないでしょうか。

人と話すことが得意でなかったり、上司に質問するだけでも精神的に負担が掛かる方もいらっしゃるはず。

薬剤師としての仕事は、常に複数人と関わる必要があります。

他の薬剤師とのコミュニケーションのみならず、病院なら看護師や医師、患者様など、さまざまな人と関わらなくてはなりません。

対人関係が苦手なら、比較的少ない関係で済む職場選びなどを行うのが良いでしょう。

薬剤師の人間関係がしんどい時の注意点とは?

薬剤師の人間関係がしんどい時の注意点とは?

現状、薬剤師として働いており、人間関係がしんどいと感じているのであれば、すぐさま辞めてしまいたいと思っている方も多いでしょう。

ただし、辛い時こそ注意しなければならないこともあります。

ここでは、薬剤師の人間関係がしんどい時の注意点について解説します。

職場内の人に相談するのは避ける

まず、職場内の人に悩んでいることを相談するのは避けた方が良いかもしれません。

なぜなら、

「〇〇さんとの関係に悩んでいる・・・」

と、他の人に相談したとしても、職場内で噂になってしまうリスクがあるためです。

女性なら、

「絶対に誰にも言わないから、話してみて?」

というふうに言われると、ついつい信用して話してしまいがち。

しかし、その約束が守られることはほぼなく、基本的には噂になります。

そして、結局社内で居場所を無くす・・・

というパターンはよくあることです。

相談するなら、できるだけ外部の人で、転職エージェントとなどの関係がない人に相談するようにしましょう。

無計画に退職しない

人間関係が”しんどい”と感じていると、一刻も早く退職してしまいたいですよね。

中には感情的になってしまい、いきなり退職届を提出してしまうような人もいるかもしれません。

しかし、無計画に退職してしまうのはおすすめできません。

特に、音信不通になるなど、社会人としてのマナーに欠けるような行動を取ってしまうと、転職する際にも不利になってしまうことがあります。

なるべく事前に計画をしっかりと立てた上で、行動に踏み切ることが大切です。

一人で悩みを抱え込まない

人間関係のストレスを一人で抱え込んでいませんか?

ストレスを溜め込んでしまうと、どうしても冷静な判断を行うことができません。

転職の軸が定まらなかったり、最悪の場合はうつ病や適応障害などを発症してしまうこともあるでしょう。

そのようなことになる前に、なるべく早めに転職や退職をした方が良いです。

辛い場合は、以下で解説するような薬剤師に特化したサービスを活用してみてください。

薬剤師の人間関係がしんどいと感じた時に利用すべきサービス

薬剤師にならなきゃよかった!と思う方が利用すべきサービス3選

最後に、薬剤師の人間関係がしんどいと感じた時に利用すべきサービスをご紹介します。

もし、現状しんどいと感じているのであれば、以下のサービスを利用してみてください。

薬キャリ

薬キャリは、スピード感のある転職を実現できます。

電話のみで転職先を紹介してもらえるため、わざわざ面談のために足を運ぶ必要がありません。

最短即日で10件もの転職先を紹介してくれるため、なるべく手軽かつ素早く転職したい方にはおすすめできるサービスです。

まずは無料で行える電話相談をしてみてはいかがでしょうか。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】のコンサルタントに無料相談してみる

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、丁寧な面談を行った上で転職先を紹介してくれるサービスです。

業界でも大手のマイナビが運営しており、安心感のあるサービスとなっています。

企業内部の事情を把握しているコンサルタントが在籍しているため、就職後のミスマッチを未然に防ぐことができます。

こちらも完全無料で利用できるので、まずは無料登録しておくのがおすすめです。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、正社員から派遣社員・パートまで、幅広い求人を取り扱っているサービスです。

面談までスタッフが同行してくれるので、企業との面談も安心して受けることができます。

また、地方の求人も幅広く取り扱っているので、地元で働きたいという方にもおすすめです。

まとめ

今回の記事では、薬剤師の人間関係がしんどいという方に向け、具体的な対策をご紹介しました。

薬剤師の転職サービスは上記に解説したようにたくさんあるので、まずはそうしたサービスを利用してコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。

悩んでいることも、誰かに相談すれば気持ちが楽になります。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました