薬剤師の仕事がしんどい時の対策7選!どうしても辛いあなたへ

薬剤師の仕事がしんどい しんどい

「薬剤師の仕事がしんどい・・・」

「毎日の業務が辛い、きつい・・・」

このように感じていないでしょうか。

薬剤師は何かとストレスを感じやすいお仕事です。

時には、薬剤師の仕事を”しんどい”と感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

今回の記事では、薬剤師の仕事がしんどいと感じている方に向け、具体的な解決策をご紹介していきます。

薬剤師の仕事がしんどいと感じる時の対策7選

薬剤師の仕事がしんどいと感じる時の対策7選

薬剤師の仕事は人間関係の辛さや業務量の多さから、「しんどい」と感じてしまう人も多いです。

そんな時は、何かしらの対策を行わなければ状況は改善されません。

現状、薬剤師の仕事がしんどいと感じている方は、以下のような対策を行ってみると良いでしょう。

まずはゆっくりと休む

薬剤師の仕事がしんどいと感じている方は、まずはゆっくりと休むことが大切です。

今の職場で、次のような状況に陥っていませんか?

  • 毎日の仕事が忙しく、残業ばかり続いている
  • 業務が終わらないので休みの日も出勤している
  • 家族や自分の時間が持てない

もし、このような状況にある場合には、仕事が忙しすぎてストレスを溜め込んでいる可能性が高いです。

悩みを抱えていたり、ストレスを溜め込んでいると、人は冷静な判断力を失ってしまいます。

切羽詰まった状態では良い方向に物事が動かず、どう対処すれば良いか分からなくなるのです。

そのため、週に1日だけは絶対に休みを確保しましょう。

仕事を全くしない日を作るだけでも、精神的にかなり楽になるはずです。

趣味に没頭してみる

お休みの日は、なるべく仕事のことを考えないようにしましょう。

仕事から頭を切り離すために有効なのが、趣味に没頭することです。

何かに悩んでいると、休日にもそのことで頭がいっぱいになったり、休日に仕事の準備などをしてしまいますよね。

しかし、どこかで仕事から離れる日を作らなければ、頭の中がパンクしてしまいます。

  • どこかに旅行へ出かけてみる
  • ゴルフやサッカー、テニスなどのスポーツをしてみる
  • 友人と買い物に出かける

など、どんなことでも良いので、まずは仕事から離れるための趣味を作ってみましょう。

業務から離れて自分の時間を持つことができれば、普段の仕事もうまくいくことがあります。

もし、これといった趣味がないのであれば、まずは趣味を探すことからスタートしてみてはいかがでしょうか。

しんどい理由を紙に書き出す

今現在、薬剤師の仕事を”しんどい”と感じているのであれば、何がしんどいのかその理由を書き出してみましょう。

状況によって悩みは異なると思いますが、具体的に何に対して悩んでいるのかを視覚化することが大切です。

  • 〇〇さんとのコミュニケーションが取れない
  • 業務が忙しすぎて、自分の時間が持てない
  • いつまで経っても仕事を覚えることができない

など、より具体的な部分まで明確にしてみましょう。

こうしたことを書き出せば、頭の中が整理されます。

また、悩みの種を洗い出すことで、転職すべきかどうかの方向性も明確にすることが可能です。(業務量が多すぎるのであれば、もっと働きやすい職場を探すなど)

まずは家にある紙とノートを手に取り、悩んでいることを書き出してみてはいかがでしょうか。

休職する

場合によっては、職場の休職制度を利用してしばらく休んでみるのも良いでしょう。

ストレス過多になっており、どうしても精神的にきつい場合は休職も視野に入れるのがおすすめです。

休職することで、

  • しばらく仕事から離れて頭の中を整理することができる
  • 今後のキャリアについてゆっくりと考えることができる
  • 自分のやりたいことを見つめ直せる

など、自分の人生についてよく考えるきっかけとなります。

もし、休職を認めてくれないような職場であれば、それはブラック企業なので退職するのが良いです。

一度退職する

中には、休職しにくいという方もいらっしゃるでしょう。

どうしても休職するのが気持ち的にきついと感じるのであれば、一旦退職してしまうのも選択肢の一つです。

薬剤師は資格保有者として市場価値が非常に高く、退職したとしても転職しやすい状況にあります。

また、休職とは違い同じ職場に戻る必要がないため、精神的なプレッシャーも感じずに済むでしょう。

どうしてもしんどい職場なのであれば、早めに退職して再就職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

信頼できる人に相談する

深刻な悩みを抱えている場合は、近くにいる人に相談してみましょう。

他の人に相談することで、自分の頭の中を整理することができます。

人は、自分だけで考えられる許容範囲に限界があります。

抱えている悩みを打ち明けることで、精神的にも楽になるはずです。

ただし、同じ職場の人に相談すると噂になってしまうリスクもあり、あまりおすすめできません。

違う職場に勤めている友人や、下記で紹介するような薬剤師専門のコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

薬剤師専門のコンサルタントに相談してみる

現状、仕事にお悩みであれば薬剤師専門のコンサルタントに相談しましょう。

現代では薬剤師に特化した転職サービスも多く、全て無料で利用することができます。

先ほども解説したように、人間は自分一人で抱え込めるストレスに限界があります。

もし、現状どうしようもないほど”しんどい”状態であれば、早めに誰かに相談するのが良いです。

特に薬剤師業界に詳しいコンサルタントなら、あなたの悩みに寄り添って優しく話を聞いてくれます。

利用も完全無料なので、まずは相談してみることをおすすめします。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

薬剤師の仕事がしんどいと感じる理由とは?

薬剤師の仕事がしんどいと感じる理由とは?

そもそも、薬剤師の仕事がしんどいと感じる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、その具体的な理由について詳しく解説していきます。

狭い環境での人間関係がきつい

まず、やはり多くの人が人間関係で悩んでいるようです。

薬剤師の仕事はどうしても閉塞的な環境下での業務になるため、狭い環境内での人間関係に悩んでしまう人は少なくありません。

単純に同じ薬剤師の方だけではなく、同僚には医療事務の人や患者様など、幅広い関係に気を配らなければなりません。

また、ほとんどが女性ばかりであるため、お局様に目をつけられるとかなりきつい状況となります。

このように、薬剤師を取り巻く環境はとにかく人間関係上の悩みが尽きないのです。

多少の悩みなら仕方がありませんが、もしどうしても辛いのであれば環境を変えて新しい環境に身を移すのも選択肢と言えるでしょう。

仕事が忙しすぎる

あなたの職場は、とにかく忙しい環境ではないでしょうか。

薬剤師業界はどこも人手が足りておらず、どうしても一人当たりの仕事量が増えてしまいがちです。

本来なら薬剤師の仕事ではない電話対応や事務仕事も、現場にいるとこなさなければならない時もあるでしょう。

  • 毎日遅くまで残業しなければならない
  • 休みの日も準備のために職場に行っている
  • どれだけ頑張っても仕事が終わらない

など、上記のような環境にいるのであれば、その職場はブラックであると言えます。

もし、当てはまっているなら早めに退職も視野に入れることをおすすめします。

思っていた業務内容と違った

学生時代、薬剤師に対してキラキラしたイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか。

現場に入り、しっかりと経験と知識を蓄え、キャリアアップしていく。

そんなイメージを持って働き始めたものの、思っていた業務内容ではなくてガッカリした方も多いはず。

もっと知識やスキルを習得したいのに、毎日地味な作業ばかり。

患者様の対応や事務仕事に追われ、キャリアアップどころではない。

多くの人がこうした現実を目の当たりにしているでしょう。

もし、自分の中で描いているキャリアがあるのであれば、早めに転職も検討した方が良いです。

薬剤師であれば年代に関わらず転職にも強いため、まずは人生設計について改めて考えてみてはいかがでしょうか。

収入が低い

実際に働き始め、思っていたよりも給料が高くないことをストレスに感じる方も多いです。

薬剤師は高収入というイメージが強いですが、職場によっては一般的な会社員とさほど変わらない給与水準が設定されているケースもあります。

例えば、個人経営の病院などは独自の給与設定となっており、ドラッグストアなどと比較すると年収が低いということもあるでしょう。

「同級生はもっと年収が高いのに、自分の職場は給料が低い」

「何年も働き続けているのに、全然収入が上がらない!」

と考えている方は、職場を変えることがおすすめです。

ドラッグストアなどは比較的収入も高く設定されているため、そうした職場を受けてみるのが良いでしょう。

ミスが辛い

薬剤師は職業的にも責任の重い仕事です。

病院薬剤師や調剤薬局などであれば、調剤ミスが発生してしまうリスクがあるでしょう。

中には、

「責任が重すぎてきつい」

「ミスが発生したらどうしよう・・・」

と感じている方も少なくないはず。

もし、プレッシャーを感じているのであれば、ドラッグストアでパートとして働いたり、派遣社員として緩い職業体系を選択するのが良いでしょう。

働き方を改善することで、精神的な負担も軽くして働き続けることができます。

教育体制が整っていない

新人や新卒で入社したばかりの場合、まだまだ仕事を覚えられずに”しんどい”と感じている人も多いのではないでしょうか。

最初の頃はある程度ベテラン薬剤師と比較して劣ってしまうのは仕方のないことです。

しかし、しっかりとした教育体制が整っていない場合には、仕事を覚えられないのも環境に責任があるかもしれません。

  • 研修がないまま現場に出された
  • 失敗してもフォローしてくれない
  • 背中を見て覚えろというスタイル

など、どう考えても新入社員に対しての扱いが雑である場合には、別の職場を選ぶ方が懸命と言えます。

薬剤師の仕事がしんどいと感じやすい人の特徴とは?

薬剤師の仕事がしんどいと感じやすい人の特徴とは?

薬剤師の仕事が”しんどい”と感じてしまう人には、いくつかの特徴があります。

ここでは、その具体的な特徴について詳しく解説していきます。

当てはまっていないかチェックしてみてください。

責任感が強い

まず、責任感が強い人は薬剤師の仕事に対して”しんどい”と思ってしまいがちです。

これは薬剤師だけに関わらず、どのような仕事でも同じかもしれませんが、例えばあなたは以下のように考えていないでしょうか。

  • 何かがうまくいかないと、”努力が足りない”と感じる
  • 周囲に迷惑をかけまいと頑張りすぎてしまう
  • この職場でうまくいかないなら、他も無理だと思う
  • 努力すれば報われると思っている
  • 我慢することは大切だと感じる

もし、こうした特徴に当てはまっているのであれば、あなたは責任感が強いです。

そして責任感の強い人ほど、自分を追い込んで精神的に病みやすい傾向にあります。

あまり自分を責めすぎず、時には寛容になることも大切です。

入社して間もない

入社して間もない新卒や新人の薬剤師は、”しんどい”と感じやすい傾向にあります。

最初のうちはどうしても仕事の全体像が分かっておらず、ミスを繰り返してしまったり、先輩や上司から怒られてしまうこともあるでしょう。

最初の何回かはそんなに気にしなくても、失敗が続くと「薬剤師に向いてないかも?」と思ってしまうこともあるはず。

しかし、最初のうちは誰しもミスが続くものです。

ある程度の失敗は、周囲もカバーしてくれるはず。

なお、フォローアップが全く無く、全て自己責任というような職場はブラックな環境かもしれません。

そうした方は、もっとしっかりとした教育体制が整っている職場に環境を移してみてはいかがでしょうか。

ストレスを感じやすい

同じ薬剤師であっても、人によってはストレスを感じやすい方とそうでない方がいます。

少し注意されただけでもへこんでしまったり、気落ちしてしまう方は”しんどい”と思うのも無理はありません。

最近ではHSP体質の人も増えており、もしかするとあなたもHSPの可能性もあるでしょう。

日々ストレスを感じやすいという方や、自分はHSPかもしれないと思う方は、以下の記事にて詳しく解説しているので参考にしてください。

なお、例えストレスを感じやすい体質であっても、職場選びを徹底すれば生き生きと働くことは可能です。

薬剤師の仕事がしんどい時の注意点は?

薬剤師の仕事がしんどい時の注意点は?

現在、薬剤師の仕事が”しんどい”と感じている方も、いくつか注意すべきことがあります。

ここでは、薬剤師の仕事がしんどい方が注意すべきことを解説します。

感情的に退職しない

まず、感情的に退職してしまわないようにしましょう。

日々の業務に追われ、ストレスを感じていると、

「今すぐにでも辞めたい!」

と思ってしまいがちです。

しかし、だからと言って突発的に行動してしまうと、あまり良い結果にはなりません。

例えば、突然音信不通になったり、勢いで退職届を提出するのは辞めた方が良いでしょう。

いかに薬剤師が転職市場で有利だとしても、こうした辞め方をすると次の転職で悪影響になりかねません。

どうしても辞めたいのであれば、まずは無計画に退職せず、以下でも解説するようなコンサルタントに相談し、計画的に進めるのが良いでしょう。

今の仕事が全てだと思わない

先ほども解説したように、責任感が強い人ほど自分を追い込んでしまい、”しんどい”と感じる傾向にあります。

そして

「この現場でうまくいかないなら、自分はどこに行ってもうまくいかない・・・」

と、考えてしまいがちです。

しかし、仮に今の職場でうまくいかないからと言っても、他の職場で通じないとは限りません。

職場が変われば業務の内容も自分を取り巻く人間関係も全て変化します。

他の職場で生き生きと働くことができるケースも非常に多いです。

そのため、今の仕事が全てだとは思わず、もっと広い視野を持って行動するのが良いでしょう。

悩みを一人で抱え込まない

今現在、薬剤師の仕事が”しんどい”と感じているのであれば、その悩みを一人で抱え込むのは辞めましょう。

自分一人で塞ぎ込んでいても、問題が解決するわけではありません。

問題を解決するには、具体的なプランと行動力が必要です。

また、市場に詳しい人に相談することで、思わぬ可能性が見えることもあるでしょう。

そのため、仕事に悩んでいる方は、薬剤師に特化した転職サービスをまず利用してください。

以下で紹介するサービスは全て無料で利用でき、コンサルタントも丁寧に話を聞いてくれますので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

薬剤師の仕事がしんどいと感じる方におすすめの転職サービスは?

薬剤師の仕事がしんどいと感じる方におすすめの転職サービスは?

最後に、薬剤師の仕事がしんどいと感じている方に向けておすすめの転職サービスをご紹介します。

今現在、お悩みの方は以下の転職サービスを利用してみると良いでしょう。

薬キャリ

  • スピード感のある転職を実現できる
  • 利用者数が多い
  • 電話のみで完結できる

薬キャリはスピード感のある転職を実現できるサービスです。

最短即日で10件の求人も紹介してもらうことが可能で、なるべく早く転職したいとお考えの方にはおすすめできるサービスです。

また、対面ではなく電話のみで完結できるのも魅力の一つ。

対面での面談だと、どうしても現場まで足を運ぶ必要がありますが、薬キャリならそうした労力が掛かりません。

手軽に相談したい方は、利用してみると良いでしょう。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

  • 面談を重視した徹底サポート
  • 企業の内部事情に精通している
  • 大手の安心感がある

マイナビ薬剤師は、転職業界大手のマイナビが運営しているサービスです。

こちらは面談を重視しており、丁寧なカウンセリングを行いながら要望に合わせて求人紹介をしてもらえます。

また、企業の内部事情に精通しているため、転職先とのミスマッチを防ぐことができます。

大手の安心感のもと、丁寧なサポートを受けたい方は利用してみると良いでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

  • 派遣社員やパートの求人も充実
  • 面談にスタッフも同行してくれる
  • 派遣社員の福利厚生も充実

ファルマスタッフは派遣社員やパート社員の求人も充実しているサービスです。

その特徴として、企業との面談にスタッフが同行してくれるサポートがあることが挙げられます。

一人だと聞きにくいことも、スタッフと一緒に面談を受けることで細かく尋ねることができるでしょう。

派遣社員の求人も充実しているので、派遣やパートとして働きたい方は利用してみるのがおすすめです。

まとめ

今回の記事では、薬剤師の仕事がしんどい時の対策について解説しました。

薬剤師の仕事は過酷なことも多く、しんどいと感じてしまうこともあるでしょう。

時には上記で解説したようなサービスも活用し、悩みすぎないようにしてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました