薬剤師の仕事がきつい!辛い時の対処法5選を徹底解説!

薬剤師の仕事がきつい きつい

「薬剤師の仕事がきつい・・・」

「日々の業務が辛い・・・」

このように思っていないでしょうか。薬剤師は日々の業務も忙しくなりやすく、ストレスを感じやすい職業です。

人間関係や業務内容に不満を感じていると、薬剤師の仕事がきついと感じてしまうこともあるでしょう。

今回の記事では、薬剤師の仕事がきついときの対策や理由について具体的に解説していきます。

お悩みの方はぜひ参考にしてください。

薬剤師の仕事がきつい時の対策

薬剤師の仕事がきつい時の対策

薬剤師の仕事は、何かときついことが多く、辛い思いをされている方も多いでしょう。

もし現場の仕事がきついと感じている場合には以下の対策を行ってみてください。

まずはゆっくり休む

薬剤師の仕事がきついと感じている方は、まずはゆっくり休むようにしましょう。

心身ともに疲れ果てている状態だと、より良い選択を行うことはできません。

1日何もしない日を作ることで、仕事から離れることができます。

普段の業務や調剤の作業などでいっぱいいっぱいになっているのではないでしょうか。

「毎日残業が続いて自分の時間が取れない」

「祝日も休むことができずいつも仕事のことを考えている」

という方は、まず体を休めるようにしてください。

体力が回復してくれば気持ちも楽になってくるはずです。

趣味に没頭してみる

休んでも、ついつい仕事のことを考えてしまうという方はいらっしゃいませんか。

体を休めていても頭が休めなくては意味がありません。

どうしても仕事の事ばかり考えてしまう人は、趣味に没頭してみるのも選択肢です。

どのような事でも良いので仕事のことを忘れられるような趣味を見つけてみましょう。

例えば、

  • スポーツで汗を流してみる
  • 友人と買い物に行く
  • 家族と旅行に行く
  • ゲームに没頭する

など、どのような事でも構いません。

打ち込む趣味が見つかれば、生活にもメリハリがつき仕事に集中することができます。

もしこうした趣味がないという方は、まず趣味を探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

辛い理由を書き出してみる

仕事について辛い理由を書き出してみるのも良い方法です。

人間は、自分の悩みが明確になっていないと不安を感じてしまいます。

そのため、考えていることや悩みを紙に書き出し、視覚化してみましょう。

例えば、

  • 〇〇さんとうまくいかない
  • 仕事がいつまでたっても覚えられない
  • 他の人とコミュニケーションをとるのがきつい

など、自分が悩んでいると思うことをとにかく紙に書き出してみるのです。

こうしたことが明らかになってくると、それに対する対策を練ることも可能です。

また、悩み事を俯瞰して見ることができるため、心理的にも落ち着くことができます。

紙とペンさえあれば簡単にできるため、お気軽に試してみてはいかがでしょうか。

上司に相談してみる

自分1人の力ではどうしようもない問題に直面している場合は、上司に相談してみましょう。

例えば、同僚の人と関係がうまくいかない場合、どれだけ自分が頑張ったとしても問題が解決しません。

そんな時は、上司に相談し、アドバイスをもらってみるのも選択肢の1つです。

上司に話しにくい場合は、先輩など話しやすい人に相談してみましょう。

人間関係の問題だけじゃなく、仕事内容に対する問題も何かしらのアドバイスがもらえるかもしれません。

ただし、そもそもの悩みが上司との人間関係である場合、転職も視野に入れた方が良いでしょう。

人事異動を願ってみる

大手の薬局や、チェーン店のドラッグストアなどに勤めている場合、人事異動を願ってみるのも選択肢の1つです。

薬剤師は狭い環境で働いているが故に人間関係で問題が発生しやすいのがデメリットの一つ。

周囲の人とのコミニケーションに悩んでいる場合は、環境を変えることで問題が解決する可能性が高いでしょう。

関わる人間が変われば、仕事のやりやすさも一変します。

ただし、個人の病院や、地元の小さな薬局で勤めている場合は人事異動をすることが難しいでしょう。

そうしたケースでは、職場を変えるためにいちど退職し、再就職した方が良いです。

信頼できる人に相談する

1人で悩みを抱え込んでいる場合は、周囲の人に相談してみましょう。

友人や家族など、職場とは関係ない第三者に話を聞いてもらうのがお勧めです。職場内の人に相談してしまうと、狭い環境なので噂になってしまうリスクがあります。

「誰にも言わないから話してごらん」

「ここだけの話だから」

などと、あなたの悩みを聞き出そうとしてくる同僚の人はいませんか。

そうした甘い言葉につられて相談してしまうと、職場内で言いふらされてしまう恐れがあります。

そのため、できるだけ仕事とは関係のない人に相談するのがお勧めです。

もし身近にそうしたしたい人がいないのであれば、以下でも解説するような薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみると良いでしょう

薬剤師に特化したコンサルタントに相談する

身近に相談できる人がいない場合、薬剤師に特化した専門のコンサルタントに相談しましょう。

現在では、薬剤師向けの転職サービスも充実しており、無料で悩みを相談することができます。

コンサルタントは薬剤師の市場に詳しく、あなたの悩みを丁寧に聞いてもらえるでしょう。

他の職場と比較して、今の職場が良いのか悪いのかについてもアドバイスしてもらえます。

完全無料で利用できるため、まずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】に無料相談してみる

薬剤師の仕事がきつい理由とは?

薬剤師の仕事がきつい理由とは?

そもそも、薬剤師の仕事がきついと感じる理由にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

ここでは、薬剤師の仕事がきついと感じている理由について詳しく解説していきます。

人間関係がきつい

よく挙げられるのは、人間関係のきつさです。薬剤師に限った話ではありませんが、やはり女性が多い職場になるので、人間関係で悩む人が多いでしょう。

上司や同僚とのコミニュケーションがうまく取れなかったり、看護師や医師との連携がうまく取れないなど、様々な悩みを抱えていると思います。

ある程度のストレスは仕方のないことかもしれませんが、職場内で陰口を言われていたり、いじめ問題が発生している場合には早めに退職を検討することをお勧めします。

働く環境を変えることで、日々の過ごしやすさも全く異なるでしょう。

業務が忙しすぎる

業務の多忙さも、薬剤師の仕事がきついと感じている要因の1つでしょう。

薬剤師業界はどの職場も人手不足に陥っています。

つまり、一人当たりに対する業務量が増え、負担がかかってしまっている状況です。

人手が足りていないと、どうしても業務内容がブラックになりがち。

本来であれば薬剤師がすべきではない雑務などを担当している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、休む日がないほど過酷な環境下で働いているのであれば、もっとライフワークバランスの充実した求人を探してみましょう。

企業によっても、風通しの良い場所と悪い場所があります。

リサーチをしっかりすることで、働きやすい職場を見つけることが可能です。

夜勤がきつい

病院薬剤師として勤務している方なのであれば、当直がきついと感じている人もいらっしゃるでしょう。

20代や30代の若手であれば、むしろ収入が増えるため夜勤もありがたいと感じる傾向にあります。

ただ、40代以降になってくると身体的にもきついと感じる人も多いでしょう。

もし、夜勤がきついと感じているのであれば、当直のない職場を選んで転職するのがおすすめです。

薬剤師の仕事は、病院だけではなく企業のお仕事もたくさんあります。夜勤のない仕事を選べば働きやすい環境で仕事をすることが可能です。

給料が安い

給料の低さを不満に感じている人も多いでしょう。

薬剤師と言えば、高収入なイメージを持ちがちですが、実際に働き始めてみるとそうではなかったと衝撃を受けている人も多いはず。

特に、病院薬剤師などは、給料水準が他の企業等と比較しても低いことが多いです。

友人や、同級生などと比較して、自分の方が給料が安いと感じている人もいらっしゃるでしょう。

せっかく薬剤師資格を取ったのに、一般の人と同じような給料だとやってられないと感じるのも無理はありませんよね。

もし収入面で不安があるのであれば、ドラッグストア等に転職するのも選択肢の1つです。

どの業界が収入面で有利なのかについては、薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

クレーム対応がきつい

薬剤師の仕事は、単純な調剤業務のみではありません。

薬局やドラッグストア等であれば、患者様の対応も行う必要があります。

高齢者の患者様がほとんどだと思うのですが、中にはクレーマーの方もいらっしゃいます。

毎日理不尽な要求をされていると、仕事がきついと感じてしまう人も多いでしょう。

ストレスに耐性がある人はクレーム対応も問題ないかもしれませんが、中にはストレスを感じやすい人もいるはず。

もしどうしても入られないのであれば、なるべく顧客対応が少ないような職場を選ぶことをお勧めします。

薬剤師の仕事がきついと感じやすい人の特徴は?

薬剤師の仕事がきついと感じやすい人の特徴は?

同じ薬剤師になっても、仕事がきついと感じやすい人はいらっしゃいます。

ここでは、薬剤師の仕事がきついと感じやすい人の特徴について詳しく解説していきます。

コミュニケーションが苦手

まず、コミュニケーションが苦手な人は薬剤師の仕事がきついと感じることがあるでしょう。

薬剤師は同じ薬剤師同士だけではなく、看護師や医師、事務員など様々な人と連携を取らなければいけません。

必然的に複数の人とコミュニケーションを取らなければ仕事にならないため、対人関係が苦手な方は薬剤師の仕事がきついと感じてしまう可能性が高いです。

もし、どうしても対人関係が辛いのであれば、パート社員や派遣社員として、部分的に働くことも選択肢に入れてみるのが良いでしょう。

自分に合った働き方が実現できれば、もっと気楽に働くことができます。

新人社員や新卒者

新入社員や新卒者の方は、仕事をなかなか覚えることができずに”きつい”と感じる人も少なくありません。

薬剤師の仕事は調剤作業のみならず、データの入力など煩雑な業務も多いです。

仕事がうまくできないと、先輩や上司から怒られてしまうことも少なくないでしょう。

ただし、就職して間もない段階では、どうしてもベテラン社員と同じように仕事ができないのは仕方がありません。

あまり落ち込みすぎず、まずは目の前の仕事に集中するのが大切です。

なお、職場によっては十分な研修が行われないまま現場に出されているケースもあります。

もし、研修制度が整っていない職場であれば、教育をしっかりと行ってくれるような職場に環境を変えるのも選択肢の一つです

夜勤がきつい人

病院薬剤師の方であれば、夜勤がきついと感じている人も少なくないでしょう。

20代や30代など、ある程度体力もある時ならそこまで気にならないかもしれません。

しかし、薬剤師になってからしばらく経ち、30代後半から40代以上になると夜勤や当直がキツくなってきます。

中には、もっとライフワークバランスを充実させたいと思っている人もいらっしゃるはず。

もし、夜勤がきついと感じているのであれば、ドラッグストアなど夜勤が少ない環境に身を移すのがおすすめです。

きついだけじゃない?薬剤師の魅力とは?

きついだけじゃない?薬剤師の魅力とは?

薬剤師の仕事がきついと感じていると、どうしても良くない部分ばかりに目が行ってしまいます。

しかし、一般的にみても薬剤師は非常に魅力のある職業です。

ここでは、薬剤師の魅力について改めてご紹介していきます。

ホワイトな環境が多い

現状、薬剤師の仕事が”きつい”と感じている方は、

「今の職場がブラックだ・・・」

と感じているかもしれません。

しかし、やはり一般的なブラック企業と比較すると、薬剤師の職場はホワイトな環境であることが多いです。

薬剤師業界全体の平均残業時間は20時間程度と言われており、全体的にも残業が少ないことが分かります。

そのため、過酷な職場が少ないのは薬剤師の魅力と言えるでしょう。

転職市場で強い

薬剤師は、転職市場で強いことも魅力です。

現在、業界全体として薬剤師の人手が足りていません。

地方の病院や薬局などでは、頻繁に求人募集されていることが多いです。

通常、民間企業でなんの資格も持っていなければ、それだけ同じような人と競争して内定を勝ち取る必要があります。

しかし、薬剤師はそもそも応募できる人が限られているため、激しい競争が発生しないのも大きな利点です。

全体的に転職しやすく、自分の働きたい職場に受かりやすいのもメリットと言えるでしょう。

キャリアアップしやすい

薬剤師はキャリアアップしやすい職業です。

ある程度の経験を積んだ後に大手企業に転職し、収入アップを狙うこともできます。

パート社員や派遣社員としてゆったりと働きながら生活するだけではなく、薬剤師としてのスキルを磨き上げてキャリアアップできるのも大きな魅力と言えるでしょう。

収入が安定している

医療職種として、収入と身分が安定しているのも大きなメリットです。

近年ではAIの発達により、将来的に無くなるとされている職業も多いです。

そんな中、薬剤師は患者様とのコミュニケーションなど、対人を重視する職業であるため、安定している仕事とされています。

今後リストラされる心配もなく、収入と身分が安定しているのは魅力と言えるでしょう。

薬剤師の仕事がきついと感じた時の注意点は?

現在、薬剤師の仕事がきついと感じている人も、退職する際にはいくつかの注意点があります。

ここでは事前に気をつけるべきポイントについて解説していきます。

感情に任せて辞めない

まず、感情に任せてやめないようにしましょう。

薬剤師の仕事がきついと感じている人は、業務内容や人間関係について不満が溜まっているはずです。

中には我慢できず、退職届をとりあえず提出してしまう人もいらっしゃるでしょう。

しかし、勢いで退職してしまうと後から後悔することになりかねません。

また中には、突然音信不通になるような人もいますが、そうした止め方は絶対にNG。

次の転職にも悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、まずは落ち着いて感情に任せて行動しないようにしましょう。

事前に計画を立てる

薬剤師は非常に需要が高く、転職活動でも困ることがない仕事です。

しかし、事前にしっかりとした計画を立てていなければ、転職活動もうまくいかない可能性があります。

そのため、スケジューリングなどはある程度完成させた上で、転職活動を始めるのが望ましいです。

もし、転職に向けて何から始めれば良いか分からない方は、以下でもご紹介する薬剤師の転職サービスを利用すると良いでしょう。

一人で悩みを抱え込まない

現在、仕事が辛い方は自分一人で悩みを抱え込まないようにしましょう。

人間、自分だけで解決できる問題には限界があります。

どれだけ頑張ったとしても、環境が悪ければ問題が解決することはありません。

まずは転職市場に詳しいコンサルタントに相談しながら、どうすべきか判断しましょう。

以下では、薬剤師の仕事がきついと感じている方におすすめの転職サービスをご紹介しますので、参考にしてください。

薬剤師の仕事がきつい時に利用すべきサービス

スギ薬局を辞めたい薬剤師|おすすめの転職サービス3選

最後に、薬剤師の仕事がきついと感じている方におすすめの転職サービスをご紹介します。

お悩みの方は、以下のサービスを利用してみてください。

薬キャリエージェント

  • 業界最大手のエムスリーグループが運営
  • 薬剤師の登録者数業界No.1
  • 利用者満足度95%以上

薬キャリエージェントは、薬剤師業界で最大手となる、エムスリーグループが運営している転職サービスです。

業界でも利用者の数が多く、登録者数はNo.1とされています。

また、利用者の満足度が高いのも特徴で、95%の満足度を獲得。

信頼度の高いサービスです。

コンサルタントが利用者の代わりに条件交渉まで行ってくれるため、安心して利用できます。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】に無料相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 転職業界大手のマイナビが運営
  • 年収600万円以上の求人も取り扱っている
  • 求人数58,000件以上

マイナビ薬剤師は、大手のマイナビが運営している薬剤師特化の転職エージェントです。

全国に求人を持っており、総数では58,000件以上とされています。

様々な求人の中から、自分に合った転職先を見つけられるため、幅広い選択肢を持つことが可能です。

また、マイナビ側から取引先企業へのセミナーなども開催されており、転職者の希望に沿った転職を実現させることができます。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

  • 大手調剤グループが運営している
  • 薬局の求人に強い
  • 派遣やパートの求人が豊富

ファルマスタッフは、大手の調剤グループが運営している転職サービスです。

薬局グループが運営しているだけあって、調剤薬局への転職に強い特徴があります。

派遣スタッフの福利厚生も良く、高収入の求人も保有。

目的に応じて、最適な求人を紹介してもらえます。

スキルアップのためのサービスも充実しているため、キャリアアップが可能なのも魅力です。

まとめ

今回の記事では、薬剤師の仕事がきついと感じている方に向けて具体的な対策を解説しました。

薬剤師の仕事がきついと感じているのであれば、まずはコンサルタントに相談するのがおすすめです。

上記でも紹介したサービスをうまく活用し、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました