会社辞めたい疲れた40代はどうするべき?具体的な対策を解説!

会社辞めたい疲れた40代 退職

厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概況」を見ると、40代は比較的離職率の低い年代です。

しかし、内心「もう疲れた、会社を辞めたい」と考えている方も少なくないと思います。

それなのにどうして離職率が低いのでしょうか。

40代はある程度経験も積んでいるため、責任ある仕事を任されがちです。

若いころのように

「じゃあ辞めよう!」

フットワーク軽く転職するには、しがらみが強すぎることもあるでしょう。

もし嫌気がさしていても

「今後どうしよう。」

「40代ってすぐに転職が決まるのだろうか…。」

と考えて躊躇してしまうこともあると思います。

かといって、我慢して仕事を続けていると、調子が悪くなってきたり…。

ストレスを溜めすぎて心身の調子を崩してしまったら元も子もありません。

お金も健康も共に大切な人生の資本です。

今回の記事では40代で転職を考える人にはどのような理由が多いのか、また40代の転職に対する現状と対策についてまとめてみました。

40代で会社を辞めたい理由やその対策について解説します!

この記事を読めば分かること
  • 40代が仕事を辞めたい理由
  • 仕事辞めたい40代の方がまず考えるべきこと
  • 転職活動は就職中に行うべきか退職してから行うべきか
  • 転職に際してお金が不安な方に向けた解決策

会社辞めたい、疲れた40代。辞めたい理由とは?

会社辞めたい、疲れた40代。辞めたい理由とは?

会社を辞めたい40代に多い理由は大まかに分類して3つほどあります。

  1. 仕事にやりがいを感じない
  2. 人間関係が辛い
  3. 将来に不安がある

以下ではこのことについて深堀していきます。

1.仕事にやりがいを感じない

40代というと、ある程度会社でも経験を積み、仕事の内容もほぼ把握している年代だと思います。

毎日仕事のルーティーンをこなし、ここまで頑張ってきたのではないでしょうか。

ほとんどのトラブル関係に対しても、問題なく対処できるに違いありません。

そうなると、

今後の人生って、ずっとこんなものなんだろうか。

と考え、マンネリに陥ってしまいがち。

精神的にも疲れてしまいます。

加えて、仕事に対する適正な評価を受けられない状況であれば苦痛と言わざるを得ません。

そのため転職したいと思いはじめるようです。

仕事になじみすぎて、マンネリ化していることも多いです

2.人間関係が辛い

40代になると、人間関係にも変化が出てきます。

若手社員のうちはがむしゃらで良くても、中堅社員である40代は、責任ある役職に就くことが多いもの。

会社においては、上司と部下の板挟みになりがちです。

また上下関係だけでなく、出世競争や派閥などにも気を付けていく必要があります。

今までと違った方向で、人間関係のストレスを感じることが多くなってくる年代です。

そのため

「もう辞めたい!」

と考えやすくなる傾向があります。

中間管理職になっていることも多く、人間関係上の悩みも多いです

3.将来に不安がある

40代まで勤めていれば今後の人生も

まあ、こんなものかな。

と予測がつくようになります。

将来に関して自分のイメージと違いすぎてもストレスになり、日々の仕事にも疲れてしまいがち。

40代になると全体の7割以上が既婚者です。(厚生労働省 年齢階級別未婚率)

そのため、仕事を辞めることを躊躇してしまう人が多い一方で、今後の人生と仕事を考えると

このままではいけない

と焦りを感じます。

そのため、キャリアをある程度形成した40代で仕事を辞め、あえて転職という選択肢を選ぶ人もいるようです。

既婚者でなかなか仕事を辞められない人もいますが、一方でキャリアに不安を感じて転職する人も多い状況です

会社辞めたい、疲れた40代がまず考えるべきこと

会社辞めたい、疲れた40代がまず考えるべきこと

責任ある立場の40代、いきなり転職活動を行うにはリスクが大きすぎます。

まず、自身の置かれている環境を見つめなおし、客観的に評価していく必要があります。

そのために大切なポイントとなるのは以下の4点です。

  1. 本当に辞めて大丈夫なのか?
  2. 家族の同意を得ること
  3. 辞めた後のプランを練ること
  4. 金銭的な計算

以下、ポイントに関して解説していきます。

1.本当にやめて大丈夫なのか?

まず、「辞めたい」という願いが、本物であるかどうかが大切です。

人間というのは一度置かれた環境に対し、同じ状態であるということに安心感を得るようにできています。

そのため、今「辞めたい」と考えていても衝動的なものであれば、時間が経過するにつれてその考えが薄れていくことがあるのです。

今の企業で就業している限り、よく見知った環境の中で仕事し、安定した給与を貰えます。

反対に、転職すれば全く知らない環境で仕事を行わなければなりません。

すべてが未知からのスタートです。

仕事を辞めてから、

辞めなければ良かった…。

となっても、出戻るのは並大抵のことではありません。

自分が本気で今の仕事を辞めたいのか、気持ちをはっきりさせておくことが必要です。

40代からの転職は覚悟が必要です。本当にやめて良いのかよく考えましょう

2.家族の同意を得る

40代になると既婚者が多くなります。

家族は自分一人で成り立つものではありません。

そのため、事前に相談して了承を得たほうが手助けも期待でき、転職活動もスムーズに進めることができるでしょう。

もし家族に相談せずに仕事を辞めてしまった場合、転職活動の応援得にくくなるだけでなく、雰囲気悪化は避けられません。

そうなると転職も焦りがちです。

もし今「疲れた、会社を辞めたい」と本当に思っているのであればその気持ちを伝えておいたほうがいいでしょう。

事前に家族に相談してから転職に進むのが良いでしょう

3.辞めた後のプランを練る

40代の離職率が低いということは、転職活動をしている人間自体が少ないということです。

転職市場も若手と比較して、求人が少ない傾向にあります。

勢い辞めたところで、すぐに好条件の求人が見つかる確率は低いと言わざるを得ません。

しかし、40代での転職は難しいとはいえ求人はあります。

転職活動を行うと決めたら、自身のスキルや経験を明確にしておきましょう。

ブレたり迷ったりしないためにも、今まで仕事で得たスキルから今後の目標を立て、どのような転職活動をするか、計画を練ることが必要です。

今持っているスキルや経験を踏まえて今後のキャリアプランを練りましょう!

4.金銭的な計算

生活するにはお金が必要です。

お金がないと不安に駆られ、転職を焦ってしまいがち。

そのため、転職活動に必要な期間の目安を付け、お金に困らないよう貯金をしておくといいでしょう。

計画的に貯金しておきましょう

会社を辞めたいとき、転職活動はいつ行うべき?

会社を辞めたいとき、転職活動はいつ行うべき?

転職活動をしようと決心しても、いつから始めたらいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。

ここでは、転職活動を就業中に行う場合、退職後に行う場合のメリット・デメリットについて紹介していきます。

就業中に転職活動を行う場合のメリット

就業中に転職活動を行った場合以下のようなメリットが考えられます。

1.転職に失敗しても金銭的に困らない

就業中に転職活動を行った場合、給与は変わらず支払われています。

そのため長いスパンでゆっくりと転職先を探すことができるでしょう。

転職活動は、スーツの新調、オンライン環境を整えるなど思ってもみなかった出費が必要になることがあります。

就業中であれば突発的な出費にも対応できるので、「思ってもみなかった出費のせいで転職活動をあきらめる。」ということはないでしょう。

最悪転職活動に失敗してもダメージを最小限に押さえることもできます。

金銭的に余裕があることで焦らず転職活動が行えます

2.転職活動にあたって様々なアピールができる

就業中に転職活動を行うと、今後の目標があるため、理想の自分に自分になるため積極的に活動している、仕事に対して意欲があることをアピールできます

また、転職に関する引継ぎや退職日などをしっかり計画しておくことで、責任感があるということもアピールできるでしょう。

転職活動をするには相当の時間や自由が束縛されてしまいます。

就業中でありつつもスケジュールを組み、自身のプランをしっかりと練って転職活動に挑むことはそれだけでもアピールポイントにすることができるでしょう。

就業中の転職活動はスケジュール管理力などのアピールもできます

3.ブランクゼロでキャリアを継続できる

一度退職すると、自身の今までに一度区切りをつけることになります。

また、退職してもすぐに就職が決まるとは限りません。

そのため、退職してしまうと自身のキャリアにブランクが生じる可能性が高くなります。

就業中に転職活動を行えば、

「今までの経験を生かし、次はこのようなステップアップを計画しています。」

ということがアピールでき、加えて就職先が決まれば自身の予測通りステップアップすることが可能でしょう。

まだ退職していないので、転職に対し前向きに目標を持ち

「ぜひ御社で働きたいので転職活動をしています!」

と言えるのでポジティブなイメージを与えることができます。

ブランクなく転職を実現させることができます

就業中に転職活動を行う場合のデメリット

反対に、就業中に転職活動を行う場合のデメリットとしては以下のような点が考えられます。

1.希望通りに日程調整ができない

就業中であれば、転職希望先の希望に合わせてすべて日程調整することは困難です。

複数社面接したい場合はなおさらでしょう。

休日のほとんどを面接につかってしまうとプライベートにも支障が出る可能性があります。

自身が何日休めるか、いつ休めるのか、また絶対休めない日はいつなのか長期にわたって計画を練る必要があるでしょう。

スケジュール調整が難しいです

2.引き止めに合った場合転職先にも迷惑がかかる

就業中に転職先が決まり退職を願い出ると、40代であれば引き止めに合う確率も高いことが多いでしょう。

転職先が決まった場合は強い意志をもって速やかに退職する必要がありますが、そこで手間取ってしまうと転職先からも不信感を持たれてしまいます。

事前に準備し段取りを行っておく必要があるでしょう。

転職先の都合も考えながら準備を進める必要があります

退職後に転職活動を行う場合のメリット

続いて、退職後に転職活動を行う場合は以下のようなメリットが考えられます。

1.転職活動に専念できる

退職後に転職活動を行うと、自分のスケジュールに合わせて行動することができるので細やかなスケジュール調整が可能です。

自身の外見を整える時間も十分確保できるので、疲れ切って面接を受けるよりも”はつらつ”とした印象を与えやすくなります。

また気になる企業が複数あっても問題なく応募できるので、納得のいくまで転職活動を行えるでしょう。

時間的に余裕があるのは最大のメリット!

2.資格取得などの勉強ができる

退職後は自由に時間を使えます。

そのため今後のステップアップに勉強が必要であれば、勉強に専念することができるのです。

貯金などをしっかり確保していれば、就業中と比較して資格取得も容易でしょう。

資格を取得してから転職活動をすることも可能です

3.転職決まった場合予定通りに就業できる

すでに退職しているので退職のための段取りや労力に関する不安はいりません。

企業が指定した日程に必ず就業することができるので、安心して入社準備を行うことができます。

転職先と働いている企業の板挟みにならずに済みます

退職後に転職活動を行う場合のデメリット

デメリットとしては以下のような点が考えられます。

1.無収入になると余裕がなくなる

収入がないと生活が困窮します。

すぐに転職先が決まらないと焦ってしまいがちです。

焦ると

希望通りの企業でなくてもいいか。

妥協して就職し、また同じようなストレスを抱えることになりかねません。

40代であればしっかりとステップアップを図り将来設計を向上させていきたいところ。

自身が転職活動する期間は事前にしっかりと計画し、退職後は期日前に就職する必要があります。

収入面で不安定なのが最大のデメリット・・・

2.転職活動が長引くとブランクができる

退職後はキャリアや経験もストップしてしまい、転職活動中はほぼブランクになります。

転職活動が長引くと、面接でも

この期間、何をしていたんですか?

と尋ねられることも増えてきます。

ブランクの長さによってはそれだけで意欲がないとマイナスの印象を与えることになってしまいまうため、できるだけブランクを作らず転職することが大切です。

面接官に無職期間を突っ込まれることもあります

40代、在職中に転職を成功させたいのなら!

40代、在職中に転職を成功させたいのなら!

在職中であれば、安定した状態で活動できます。

やはり、金銭的、社会的に保証があるのは安心感が大きいもの。

特に40代になると求人もグッと減ってしまいます。

いつ転職先が決まるかわからない。

でもどうしても辞めたい。

そのため、疲れた状態で在職中に転職できる状況を整えるのは困難ですが、出来れば在職中に転職先を決めたいと思う方も多いと思います。

在職中に転職活動をするにあたって一番のネックは時間です。

時間不足を解消するためには、

  • 知人に仕事を紹介してもらう
  • 転職エージェントや転職サイトを使う

といった手段が効果的です。

知人の仕事を手伝うのであれば、面接などの時間は考慮してもらいやすいはず。

また、転職サイトや転職エージェントを利用すればサイト側のエージェントが時間や転職先について一緒に考えてくれるので、1人で転職活動を行うよりスムーズにスケジュールを組めます。

転職サイトや転職エージェントは転職のプロです。

自分の市場価値を正確に査定してもらうことができるため、1人で転職活動をするより成功させやすい手段だといえるでしょう。

無料で利用できるため、以下のリンクから登録しておくことをおすすめします。

退職後に転職したいけどお金が不安な方へ

退職後に転職したいけどお金が不安な方へ

就業中の転職活動はとても大変です。

仕事に疲れていると表情にも余裕がありません。

ストレスを一掃し、退職後から転職活動をしたい!

かといって退職後ではお金が目減りするばかり。

40代で良い仕事ってあるのだろうか

条件はこの程度でも大丈夫じゃないか?

余裕を失った状態で転職活動をしていてもつい焦りがちです。

金銭の確保は心の余裕につながります。

金銭については公的に手助けしてくれる制度があるので、ぜひ利用しましょう。

退職後の主な公的制度には

  • 傷病手当
  • 失業手当

の2つがあります。

この2つは併用できませんが、手続きをすれば連続して貰うことが可能です。

また、未経験から介護職に転職する場合は

介護就職支援金貸付事業

という制度があるのです。

以下ではその3点について説明していきます。

傷病手当について

傷病手当は”仕事に関連しないこと”が原因で病気やけがを負い、仕事ができなくなった人のための手当です。

傷病手当をもらうには

  • 業務外でのことが理由で、病気にかかったりけがをしている状態。回復のために休んでいること。
  • 病院で健康保険を利用し診断を受けていること。
  • 「心身の状態から休養が必要である」と医師などから診断され、また自身でも療養が必要であり、就業できないじょうたいであること。
  • 連続した3日間と1日(4日連続している必要はない)休業し、その間無給であること。

これらの条件を満たしている必要があります。

仕事ができない人のための制度なので、給与が発生している間は貰うことができません。

ただし、休業中に支給されている金額が傷病手当を下回っている場合は差額をもらえることがあります。

条件をきちんと満たせば、うつ病で仕事を辞めなくてはならない場合も、もちろん支給されるので傷病手当を申請すると良いでしょう。

病気ではありませんが、妊娠による退職、休暇を取らざるを得なくなった人も場合によっては貰うことができます。

医師から「療養が必要、就業することが不適当」との指示があれば傷病手当の対象になりますので、ぜひ申請しましょう。

傷病手当の計算方法は

傷病手当をもらう以前12ヶ月の給与平均額÷30×2/3

最長1年6ヶ月の支給です。

傷病手当の申請は全国健康保険協会のホームページからダウンロードでき、加入している全国健康保険協会の支部窓口へ行くか、郵送で申請することができます。

傷病手当を申請するときに自分のほか医師や事業所からの記載が必要な部分もあるので、退職前に書類を整えておくとスムーズに受け取れます。

申請から受給開始まで1ヶ月ほどの期間があり、書類の不備などを含めると支給開始がさらに遅れる可能性があるためです。

しかし退職後でも申請は可能なので、辞めた後でも慌てずに申請するといいでしょう。

失業手当

失業手当とは、「何らかの理由で会社を辞めてしまったけれども、すぐに働きたい」という方向けの給付です。

失業手当を受け取れるのは以下の条件を満たした方です。

  • ハローワークに登録している
  • 求職活動を行っている
  • 雇用保険に過去2年間で通算12ヶ月以上加入している。(正当な理由があれば過去1年で雇用保険加入期間が6ヶ月でも認められる)

ただし、退職した時点で転職先が決まっている方、申請前に転職が決まっている方には支給されない手当なので退職後できるだけ早く申請することをおススメします。

また、ハローワークに登録するには、勤め先から”離職票”を貰って手続きしなくてはなりません。

その他、免許証かマイナンバーカード(もしくはナンバー記載のある住民票)、証明写真2枚、通帳、印鑑が必要ですので忘れず持参してください。

1週間程度の待機期間を経たのち、ハローワークで開催される説明会に出席すると、雇用保険者受給資格者証が発行。

雇用保険者受給資格者証発行後、会社都合なら4週間後に一回目の支払いが、自己都合なら12週間後から失業手当の支払いが開始されます。

一方で、もし雇用保険者受給資格証が発行されてから転職先が決まった場合、基本手当残日数の7割振り込んでもらうことが可能です。

もし、転職先にめどがついている場合はすぐに就業するのではなく、一度ハローワークに登録してから就業すると手当金をもらうことができます。

失業手当によって支給される金額は

退職前6ヶ月間の給料総額÷180日=賃金日額

です。

この給料総額の中に賞与は含まれませんが、通勤手当や役職手当といった毎月支払われている給与については含んで計算することができます。

失業手当は退職理由によって貰える期間が変わりますが大体の場合1年支給です。

介護就職支援金貸付制度

この制度は介護職未経験の方が介護職に転職するにあたって、申請してあれば最大20万貸し付けてもらえるという制度です。

制度を利用したい人は以下の条件を満たす必要があります。

1 介護未経験者、無資格で働いていた方や無職の方で、かつ、介護職員初任者研修などの所定の研修を修了した方 
2 介護保険サービス事業所等において介護職員等として就職した方
3 就職支援金利用計画書を提出した方

参考:介護職として再就職をお考えの方、初めて働くことをお考えの方へ

この”条件1の研修”についてはハローワークに登録して入ればほぼ無料で受けることができます。

貸付の対象は、就業のための準備となっていますが詳細を報告する必要はありません。

また介護職に転職し、2年間勤務すれば返済を免除してもらえる制度になっています。

もし、あなたが介護業界に興味があるのであればぜひともおススメしたい制度です。

この制度はハローワークで研修を終えた後、住所にある福祉人材センターに申請することで利用することができます。

まとめ:40代なら経験を活かし独立も視野に転職活動

もし、会社員という現状そのものに疑問を持つほど嫌気がさしているなら、思い切って独立を考えるのも選択肢の一つです。

40代までしっかり勤め上げていれば、社会的に通用する経験や知識があるはず。

ただし、独立するにはしっかりした計画と貯金が必要です。

転職するよりもっと綿密に計画を立てる必要はありますが、40代は独立する人間の割合の中では最も割合が高いため「日本政策金融公庫」などの制度も利用しやすい傾向があります。

疲れてしまったまま、現状のまま、人生を送ることは本当に安定につながっているのでしょうか。

もう疲れた、会社を辞めたいとあなたが本当に思っているのであれば、むしろ、40代だからこそ培った経験やバイタリティを強みとして独立を含めた転職を検討してみるべきです。

確かに20代30代のころより簡単に優良企業に転職するのは難しいかもしれません。

だからこそ、しっかりと準備して転職活動をしっかり行うことで今までとは違った人生を歩むことができるでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました