仕事辞めたい疲れた新卒の方へ!今から行うべき対策を徹底解説!

仕事辞めたい疲れた新卒 退職

仕事を辞めたい、もう疲れた・・・

新卒だけど、もう仕事を辞めたい・・・

このようにお考えではないでしょうか。

入社したばかりの新卒者は、仕事になかなか慣れなかったり、思っていたような仕事ではなかったりと、何かと悩みやすいです。

今回の記事では、仕事を辞めたい、疲れたと感じている新卒の方に向けて、具体的な解決策を解説していきます。

仕事辞めたい疲れた新卒の人が行うべき対策5選

仕事辞めたい疲れた新卒の人が行うべき対策5選

では、ここからは仕事を辞めたい、疲れたと感じている新卒の方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

まずはゆっくり休もう

まず、仕事を辞めたいと感じているのであれば、ゆっくりと休むことをおすすめします。

こうした心理状態にあるのであれば、精神的にも肉体的にもかなり追い詰められた状態でしょう。

気持ち的に落ち込んでいる状態だと、冷静な判断を下すことはできません。

ひとまずゆっくりと休んで、回復させることに専念しましょう。

1日だけぼーっとする日を作るだけでも、かなり気持ちがスッキリするはずです。

趣味に没頭してみる

仕事を辞めたいものの、まだ転職するほどではないという方は、趣味に没頭してみてはいかがでしょうか。

仕事ばかりの生活を送っていると、なかなか自分の時間を持つことができず、ストレスばかりが溜まってしまいます。

せめて休日などは仕事から離れて、趣味に打ち込んでみましょう。

  • ゲームに没頭する
  • 絵を描く
  • 旅行に出かける
  • 友人と買い物にいく

など、なんでも良いので仕事から離れることが大切です。

時にはリフレッシュすることで、結果的に継続して仕事に打ち込むことができます。

キャリア診断してみる

現状、仕事にお悩みを抱えているのであれば、キャリア診断してみるのも選択肢の一つです。

新卒で仕事を辞めたい場合、以下のようなことが原因になっていることも少なくありません。

  • 自分の適性に合わない仕事をしている
  • 実際に職場に入ると、想定していた業務と違った
  • 他に向いてる仕事がある

今の仕事に適性がないと感じている方は、自分の適職についてしっかりと分析することが大切です。

現代ではキャリア診断アプリである「VIEW」も登場しており、3分程度で適職を無料診断できます

非常に手軽に利用できるため、まずは自己分析ツールとして利用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

信頼できる人に相談する

仕事に対する悩みを抱えている場合、信頼できる人に相談することも大切です。

自分一人で悩んでいると、次第にストレスが溜まっていき、最終的には爆発してしまいます。

そのようなことにならないためには、他の誰かに悩みを吐き出して気持ちを整理することが大切です。

友人や家族、上司など、誰でも良いので気を許せると思う人に相談しましょう。

もし、そうした人が身近にいない場合は、以下で解説するような転職エージェントを利用してみるのも選択肢の一つです。

転職先を見つける

今現在、仕事を辞めたいと少しでも考えているのであれば、事前に転職先を探しておきましょう

今すぐに転職しなくとも、先に転職先を見つけておけば以下のようなメリットがあります。

  • 他にも働ける場所があることを知れば、心理的に落ち着く
  • 自分の市場価値を分析できる
  • 転職に対してイメージトレーニングができる
  • 他の企業の情報収集ができる

このように、すぐ転職しない場合でも早めに転職先を探しておきましょう。

もし転職しなくとも、転職先があることが分かれば気持ち的にも楽になります

転職エージェントに登録しておけば、無料で求人情報が集められるので、気軽に利用してみてください。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事辞めたい疲れた新卒が悩む理由は?

仕事辞めたい疲れた新卒が悩む理由は?

仕事を辞めたいと悩む新卒者は、具体的にどのようなことに悩んでいるのでしょうか。

ここでは、その理由について詳しく解説していきます。

職場の人間関係が辛い

まず、やはり人間関係上のストレスを抱えている方が非常に多いです。

  • 職場の上司と馬が合わない
  • 同僚と空気感が合わない
  • お局様に目をつけられている

など、職場での対人関係が原因で仕事を辞めたいと思うケースが挙げられます。

人間関係の悩みは、多少のレベルであれば仕方がないでしょうが、パワハラやセクハラなど、あまりにもひどい場合は退職も視野に入れた方が良いでしょう。

労働時間が長い

次に、労働時間の長さを辞めたい理由として挙げる方もいます。

例えば、

  • 毎日夜遅くまで残業が続いている
  • 土日にも出勤しないといけない
  • プライベートと仕事の区別がつかない

など、自分の時間を持てなかったり、毎日夜遅くまで残業が続いていたりすると、辞めたいと思ってしまうのも無理のないことですよね。

土日出勤もあり、なかなか休みが取れていないような会社であれば法的にも違反している可能性があります。

他の転職先を探してみるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

やりがいを感じない

仕事にやりがいを感じず、辞めたいと考える新卒の方もいらっしゃいます。

  • 思っていた仕事と違った
  • 学生の頃と社会人のギャップに苦しむ
  • 仕事に対して意義を見いだせない

大学生の間は社会人に対して夢や希望を持っていた方も多いでしょう。

しかし、実際に働き出してみると、現実とのギャップに苦しんでいる人もいるはず。

1年目や2年目であれば、まだ仕事の全体像が見えていない可能性もあります。

もう少し我慢してみるのも良いかもしれませんが、あまりにもやりがいを見いだせないのであれば適性のない仕事かもしれません。

キャリア診断などを駆使して、今一度自分の適性に就いて考え直してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

会社の雰囲気に馴染めない

会社には独自の空気感があったり、文化が存在していたりします。

これは大手企業でも中小企業でも同じで、特徴的な社風が存在している会社もあるでしょう。

また、証券会社や金融などの会社では、男性社会となっていることも多く、体育会系の文化が存在しているケースも多々あります。

そのような雰囲気が自分に合わず、仕事を辞めたいと感じている人も少なくありません。

将来性がない

実際に会社で勤めてみると、先輩や上司などの様子からある程度将来性が予想できると思います。

先輩や上司というのは将来の自分の姿であるため、自分がなりたいと思えるような存在が身近にいないと辞めたいと思う傾向にあるようです。

  • 出世してもみんな辛そうにしている
  • 給与が上がっていくイメージがつかない
  • 業績的に会社も落ち込んでいる

など、所属している会社自体に将来性がないと感じるのであれば、早めに転職してしまうのも選択肢です。

仕事辞めたい疲れた新卒の方が辞めるべきケースとは?

仕事辞めたい疲れた新卒の方が辞めるべきケースとは?

仕事を辞めたいと感じる新卒の方は非常に多いですが、実際に仕事を辞めるべきかどうかは人によって異なります。

ここでは、新卒の方の中でも、本当に仕事を辞めるべき人の特徴について解説していきましょう。

適性のない仕事に就いている

まず、適性のない仕事に就職してしまった人です。

例えば、以下のような人が挙げられるでしょう。

  • 営業スキルがないのに、営業職に就職した
  • プレゼンが苦手だけど頻繁に人前で話さないといけない
  • 事務系が苦手だけどデスクワークをしている
  • スキルもないけど技術職に就いている

もし、このような特徴に当てはまっている場合、今の職場は向いていない可能性があるでしょう。

「なんとなく合わないなぁ・・・」

と感じているのであれば、適職分析などを利用して自分の適性を見極めることが大切です。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

精神を病んでいる

実際に働く中で、精神を病んでしまう人というのは少なくありません。

例えば、

  • うつ傾向にある
  • 死にたいと感じている
  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 出勤前に吐いている

など、明らかに心身に影響が出ているような人はうつ病や適応障害を発症している可能性があります。

もし、このような状態に陥っているのであれば、早めに退職を検討しましょう。

他にやりたいことが明確になっている

今の仕事以外に、やりたいことが明確になっているのであれば、転職しても良いでしょう。

実際に働いてみて、思っていた仕事と違うということは非常に多いです。

そうしたギャップを感じる中で、自分自身のやりたいことに気がついたという人もいらっしゃるでしょう。

そうした方は転職エージェントなどに登録して本当に自分がやりたい業種についてリサーチしてみることがおすすめです。

まだまだ若い新卒だからこそ、今後の人生に向けてやりたいことを模索してみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事辞めたい疲れた新卒の方が辞めてはいけないケースとは?

仕事辞めたい疲れた新卒の方が辞めてはいけないケースとは?

上記では仕事を辞めた方がいい人の特徴について解説しましたが、反対に辞めない方が良い人もいます。

以下では、辞めるのをもう少し待った方が良い人の特徴について解説します。

惰性で辞めようとしている

まず、惰性で辞めようとしている人は、もう少し退職するのを待った方が良いでしょう。

例えば、以下のような方です。

  • 朝起きるのが辛いから仕事を辞めたい
  • 理由もないけどなんとなく辞めたい
  • 一回だけ怒られてやる気を無くした

など、生活リズムを正すことができないケースや、明らかにごくわずかなストレスで仕事を辞めたいと考えているのであれば、退職するのは一度待った方が良いと言えます。

こうした問題はどのような会社に行っても同じように起きますので、改善していくしかないでしょう。

入社して1週間以内

また、あまりにも仕事を始めてから早すぎる場合も、退職するのはもう少し待った方が良いでしょう。

例えば、入社してから1週間未満である場合には、早すぎると言えます。

1週間程度ではまだ会社の実情も分かっていないはず。

せめて3ヶ月くらいは実際に働いてみてから決断するようにしましょう。

感情に任せて辞めようとしている

あなたは、感情に任せて辞めようとしていないでしょうか。

一時の感情だけで退職してしまえば、後々になってかなり後悔することになります。

上司に怒られて激情したり、少し嫌なことがあっただけで退職届を提出するなど、一瞬の出来事で決めてしまうのはよくありません。

もし、感情的になっていると思うのであれば、少しだけ立ち止まり、冷静になってみてはいかがでしょうか。

仕事を辞めたい疲れた新卒の方におすすめのサービスは?

仕事を辞めたい疲れた新卒の方におすすめのサービスは?

最後に、仕事を辞めたいとお考えの方におすすめのサービスを3つほどご紹介します。

キャリア診断アプリ「VIEW」

まず、上記でもご紹介しましたが、キャリア診断アプリVIEWは利用するハードルが低いのでおすすめです。

こちらは20~30代向けのキャリア診断アプリとなっており、利用すれば3分程度でAIによる診断が受けられます。

3分程度でこれから受けられる企業がすぐに分かるため、まずは自己分析のツールとして活用してみるのが良いでしょう。

ただし、iOS版のみの提供であるため、Androidの方は以下のRe就活をご利用ください。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

20代に特化した転職アプリ「Re就活」

Re就活

次に、20代向けに特化したサイトであるRe就活です。

若手人材にピックアップした求人が集まっており、無料登録しておくだけでも求人情報の収集に役立ちます。

こちらも利用は無料ですので、転職する前に気軽に登録しておくのが良いでしょう。

上述した「VIEW」と併せて利用してみるのがおすすめです。

▶︎20代に特化した転職サイトRe就活に無料登録

最初に登録しておくべき「リクルートエージェント」

引用:リクルートエージェントホームページより

これから本気で転職を検討している方は、リクルートエージェントに登録しておきましょう

こちらは上述した転職アプリとは異なり、エージェントが面談まで行ってくれます。

実際に電話でカウンセリングも受けられるため、専任のアドバイザーがあなたのために徹底したサポートをしてくれます。

最適な求人についても紹介してくれるため、本気で転職を狙うのであればまず登録しておくべきエージェントと言えるでしょう。

こちらも、利用は無料であるため、まずはアカウント登録しておくのがおすすめです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、仕事を辞めたいと考えている新卒者に向けて対策を解説しました。

大学生から社会人になると、そのギャップに苦しむ方も多いと思います。

しかし、現代では転職のサポートが受けられるサービスが非常に充実しているため、そうしたサービスをうまく活用して転職を成功させるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました