接客業に疲れた。転職したい!そんなあなたにオススメの転職先とは?

接客業 疲れた 接客

接客業に勤めているけど、毎日の業務に疲れた。

できれば接客業以外の仕事に転職したい。

このようにお考えの方はいらっしゃらないでしょうか。

接客業は非常に毎日忙しく、ストレスが溜まりやすい仕事だと言われています。

そのため、仕事の内容に合う人と合わない人がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、現在勤めている接客業に疲れてしまい、転職したいとお考えの方に向けて具体的な転職先をご紹介していきます。

また、接客業を辞めたいと感じる理由などについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

接客業からの転職先とは?おすすめの転職先3選

現在の職場とは別の環境で働きたい方や、どうにかして待遇を改善したいと考える方は多いでしょう。

しかし、いざ転職しようと思ってもどのような仕事を選べば良いか分からない場合もあります。

以下では、現在接客業に勤めている人が転職する上でおすすめの仕事を3つご紹介していきます。

事務職

接客業に疲弊している方は、お客様のやり取りや体力仕事に不満を持っている方も多いのでは無いでしょうか。

事務職は特に女性に人気の職業でオフィス内でお仕事となりますので、体力面に自信がない方にもおすすめです。

「何の知識もないけど、大丈夫なの?」

と心配になる方もいるでしょうが、一般事務などであれば特に専門的な知識も求められません。

接客業と違って土日休みである企業がほとんどですので、生活リズムも乱れる心配がないでしょう。

営業職

これまで接客業で培った対人スキルを活かすことができる営業職も、おすすめの仕事の一つです。

接客業の不安定さは嫌だけど、人と関わるのは嫌いではないという方は、営業に向いているかもしれません。

また、仕事の出来高によっては現状よりも給料が高くなる可能性もあり、年収アップを希望している方にも向いていると言えます。

特に専門的な知識を求められるわけでもなく、参入障壁も低い営業職であれば転職する上でも不利になりません。

コミュニケーション能力を活かしつつ、バリバリお金を稼ぎたいという人は営業職を検討してみてはいかがでしょうか。

スキルを身につけてエンジニアになる

何のスキルも持たずに転職することに不安を感じる場合には、プログラミングなどのスキルを身につけてから転職するのも良いでしょう。

IT系の業種であれば今後も需要が高まることが予想され、高収入も期待できます。

「接客業から転職するのは不安なので、何か専門性が欲しい」

という方は、ぜひプログラミングのスキルを勉強してみてください。

SkillHacks(スキルハックス)

なぜ、接客業から転職したいと思う人が多いのか?

そもそも、接客業を辞めて他の仕事に転職したいと思う人が多いのはどうしてなのでしょうか。

以下ではその具体的な理由についていくつかご紹介していきます。

給料が安すぎる

接客業を辞めたいと思う理由としてまず挙げられるのは、給料が低いことです。

接客業は激務の割に給料が低いです。

業界の平均年収としても200万円台である場合も多く、残業したとしても大きく稼ぐことができないことがほとんどです。

フルタイムで出勤しているのにいつまで経っても給料が上がらないのであれば、

「こんなに働いているのに給料が上がらないなら、いっそ転職した方が良いのでは?」

と考えるのも当然のことと言えるでしょう。

休みが不定期

接客業から他業種へ転職したい理由としてまず挙げられるのは、休みが不定期であるということです。

接客業の方は、基本的に土日出勤であることが多いでしょう。

そのため、友人や恋人が土日休みの方だと予定が合わず、プライベートに遊ぶ相手がいないという方も多いです。

シフト勤務が多い接客業の方は夜の時間に仕事があるケースも多く、生活リズムが乱れがちです。

夜勤などが続けば精神状態も悪くなってしまうことがありますので、健康面の危険性もあることが分かります。

業種によってはノルマが厳しい場合がある

接客業は業種によってはノルマが厳しい場合もあるようです。

例えば販売などをする必要があれば、商品の売り上げに対してノルマが課せられることもあるでしょう。

  • ノルマが達成できないと怒鳴られる
  • 毎日数字に追われている
  • サービスよりも商品を売ることしか考えられない

このように、勤めている会社が厳しいとノルマ中心の生活になることも少なくありません。

明らかに商品に興味が無いようなお客様にも営業を行う必要があるケースも。

このようなことが続けば、

「自分は何のためにこの業界に入ってきたのだろう・・・」

と思うようになっても無理はありません。

対人ストレスが辛い

接客業は人との関わりが深い職業です。

中でも、お客様とのストレスにお悩みの方は多いのではないでしょうか。

  • クレームの対応
  • 明らかに無理な要求
  • セクハラまがいの言動

中には常識のないお客様もいることがあり、あまりに理不尽なことを言われれば精神的にもかなり疲弊してしまうでしょう。

例えば、

「いつまで待たせるのか!」

「態度が悪すぎる!」

といったクレームなどにも対応しなければなりません。

このようなことが日常的に発生していると、かなり辛い思いをすることになります。

遠方へ人事異動になる可能性がある

このほかにも、人事異動に不満を持つ方もいます。

飲食系などのチェーン店であれば全国各地に転勤しなければいけない可能性もあるため、その度に引っ越ししなければなりません。

もし結婚していて家族も養っている場合には配属が変わるたびに子供も転校しなければならないでしょう。

こうした異動についても、接客業から転職したいと考える要因になっています。

転職を決めたら、転職エージェントを利用するのがおすすめ

もし、これから転職することを決めたのであれば転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントには専任のエージェントが待機しており、カウンセリングなどを通じて自分に適性のある仕事を紹介してもらえます。

また、接客業は多忙である場合が多いと思いますが、忙しい中でもしっかりとサポートを受ければ充実した転職活動を行えるでしょう。

ぜひ、以下のリンクから申し込んでみてはいかがでしょうか。

マイナビエージェント
賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました