AWSエンジニアになるには?未経験からでもなれるの?

AWSエンジニアになるには? AWS

AWSエンジニアになるにはどうしたら良いのだろう。

未経験でもなれるのか?

AWSエンジニアは2021年現在において需要が高まり続けている職種です。

AWSのスキルを身につけておくことで、今後の市場価値やキャリアを高めることができるでしょう。

今回の記事では、そんなAWSエンジニアになるための方法やAWSエンジニアのメリットについて詳しく解説していきます。

AWSエンジニアになるにはどうすれば良いのかについて解説します!

この記事を読めば分かること
  • AWSエンジニアになる方法
  • AWSエンジニアの将来性
  • AWSエンジニアの年収
  • AWSエンジニアになるためにおすすめのスクール

AWSエンジニアになるには?

では結論からお話ししますが、AWSエンジニアになるための方法について解説していきます。

AWSエンジニアはかなり専門的で様々な知識や経験が求められます。

そのため全くの未経験からいきなりなる事は非常に難しいと言えるでしょう。

実際にAWSエンジニアになる方法としては以下のようなものがあります。

AWSエンジニアになるには?
  • 企業へ就職して現場経験を培う
  • インフラエンジニアから派生させる
  • その他の仕事で経験を積む

企業へ就職して現場経験を培う

1番現実的な方法としては企業へ就職して現場経験を積むことが挙げられます。

まずはインフラやプログラマーといったIT関連の会社へ就職し、様々な経験を積みましょう。

この話を聞くと、

いきなりAWSのスキルを勉強した方が早いんじゃないの?

と思われるかもしれません。

しかし、実際にAWSエンジニアとして働く上でも、インフラやサーバの知識は必須になるのです。

そのため、インフラエンジニアなどの仕事に関する経験は積んでおくのが良いでしょう。

そして、基礎的なスキルを身に付けた上で実際の業務経験を養い、エンジニアとしての素養を磨いていくことをおすすめします。

ちなみに、他記事でも紹介しているRaisetechではAWSエンジニアに必要なスキルを学習することができます。

学習を進めたい方は、ぜひ無料説明会などに参加してみてください。

AWSのみならず、インフラなどの知識も必要になります。インフラエンジニアなどで現場経験を積むのがおすすめ!

インフラエンジニアから派生させる

インフラエンジニアは、AWSエンジニアと非常に類似した仕事内容となっています。

実際にインフラエンジニアが携わる業務の中には、インフラの環境を作ったり運用したりすることがあるでしょう。

こうした仕事を日常の中で経験することにより、エンジニアとしての知識や経験を増やすことができます。

その上でAWSエンジニアを目指すと言うのも選択肢になるでしょう。

インフラエンジニアはAWSエンジニアと類似したスキルを身につけることが可能!

その他の仕事で経験を積む

このほかにも、プログラマーやウェブ系のエンジニアなどIT関連の仕事を行い経験を積むと言うのも有効です。

先ほども解説したように、いきなりの未経験からAWSエンジニアを目指すのは非常に難しいといえます。

その前にサーバーやネットワークインフラなど様々な基礎知識を現場で学び、 経験を積んでおくことでAWSエンジニアへの道を開くことができます。

こうしたことからもまずはIT関連の企業への就職を目指すようにしましょう。

いきなりAWSエンジニアになるのではなく、IT企業などに一度就職してステップアップを目指しましょう!

AWSエンジニアに必要なスキルは?

AWSエンジニアになるには、まず現場での経験を積んだりインフラなどの知識を身につける必要性について解説しました。

これは、そもそもAWSエンジニアに求められる技術は非常に多様である事が理由となっています。

具体的には基本的にITインフラの構築や設計など、インフラ関連の知識がAWSエンジニアには求められます。

また、特に重視されるのはサーバ関連の知識です。OSやミドルウェアなどの知識を理解しておくことで、AWSエンジニアとしての技術を磨ことができるでしょう。

こうしたことから、実際にITインフラの仕事に携わりつつ、インフラやサーバ関連のスキルを身につけるのが最も効果的であると言えるのです。

インフラ関連のスキル習得からスタートさせるのが結果的に効果があると言えるでしょう!

AWSエンジニアにはどれくらいでなれるの?

現場としての 経験が最も大切だと言うことを解説していますが、具体的にどれぐらいでなれるのかについて気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以下ではパターンごとの期間についてご紹介します。

インフラエンジニアとして経験を積む場合

AWSエンジニアになる方法として 最も効果的で一般的な方法であるインフラエンジニアとして経験を積むケースではどうでしょう。

インフラエンジニアとしてサーバやネットワーク、OS等の経験に3年ほど携わることで一通りの知識や経験を身に付けることができます。

ただ、そうした経験を積む中でもAWSエンジニアとしての知識は独自に習得する必要があります。

ただし、上記でも解説したようにインフラエンジニアとしての経験はエンジニアとしての基礎となる知識なので、一通りのインフラ関連の知識を身に付けておく事は非常に大切であると言えるでしょう。

インフラエンジニアとして3年程度経験を積み、その後AWSのスキルを習得していくのが一般的!

プログラマーとしてAWSエンジニアを目指す場合

プログラマーとしてAWSエンジニアを目指す場合はどうでしょう。

こちらもインフラエンジニア同様数年間ほどは現場での経験を積むことになるはずです。

ただ、プログラマーから目指す場合には開発言語やツールにおいてより複数の経験を求められるようです。

こうしたことから、AWSエンジニアを目指す場合には、どちらかと言えばインフラエンジニアから目指した方が効果的であると言えるでしょう。

どちらかというと、インフラエンジニアからの方がAWSエンジニアを目指しやすい!

AWSエンジニアになるには知識を身につけよう

上記でも解説したようにエンジニアになるにはまず基礎的な知識を身に付ける必要があります。

主に以下の方法を用いて学習を進めるようにしましょう。

独学で勉強する

まず、独学で勉強する方法があります。

現在ではProgateやドットインストールなど自分だけで勉強できるようなサービスが整っています。

独学でできるところまで勉強してみると言うのも1つの方法です。

しかし、プログラミングはとにかく挫折しやすいため、あまりお勧めの方法とは言えません。

自分がプログラミングに向いているかどうかと言う判断基準を持つと言う意味で試してみると良いでしょう。

動画や教材をベースに自分で学習することもできますが、挫折しやすい傾向にあります!

スクールへ通う

もし、あなたが本気でAWSエンジニアを目指そうと思うのであれば一番のお勧めの方法はスクールへ通うことです。

AWSの知識は 独学で身に付けるよりも スクールに通った方がより効果的な学習を行うことができます。

特にオススメなのはRaisetech(レイズテック)です。

こちらのスクールではAWSの専門カリキュラムが存在しています。

実際のエンジニアの方から丁寧なアドバイスを受けながら学習を進めることができるでしょう。

詳しくは以下の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

一番手っ取り早いのは、やはりスクールへ通うことでしょう!

AWSエンジニアの将来性は?

AWSエンジニアの将来性について気になる方も多いでしょう。

現在の企業ではエンジニアの需要は非常に高まっているといえます。

なぜなら、クラウド上のAWSのシェア率は非常に高いですが、それに対してエンジニアの数が足りていません。

そのため、多くの企業でAWSエンジニアに対するニーズがあり、就職や転職する上でスキルを持っていれば有利に働くことになります。

こうしたことからも、将来性が非常に高い職種であると言えるのです。

また、AWSエンジニアの将来性については以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい

AWSエンジニアの年収は?

AWSエンジニアの年収は会社勤めなのかフリーランスによって異なります。

ただ、大まかな相場としては400万円〜500万円ほどでしょう。しかし、以下の記事でも解説しているように、フリーでの月単価平均は80万円を超えるケースも多いです。

エンジニアの中には年収1,000万円を超える人も珍しくなく、高年収を目指しやすい職種であると言えるでしょう。

年収について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

AWSエンジニアになるには?:まとめ

今回の記事では、AWSエンジニアになるための方法について解説しました。

まとめ
  • AWSエンジニアになるには、まずインフラエンジニアやプログラマーで経験を積む
  • AWSのみの知識だけではなく、インフラ関連の知識も必要(ゆえに現場経験が必須)
  • 機関としては、現場での経験を2〜3年積みながらAWSを別で勉強するのが良い
  • 勉強する方法としては、スクールに通うのがおすすめ(特にRaisetechがおすすめ)

AWSは今後の社会においても市場価値が高まることが予想されるスキルです。

今のうちに身につけておき、将来のキャリアに役立ててみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました