コインパーキング経営のトラブル事例6選と対策法を解説!

コインパーキング経営のトラブル事例

※本ページにはプロモーションが含まれています

「コインパーキング経営を始めたいけど、トラブルもあるの?」

「トラブルが発生した時のために対策法を知りたい」

このようにお悩みではないでしょうか。

コインパーキング経営はリスクが低く、初心者にも優しい投資方法として知られています。

しかし、どんな投資にもトラブルは付き物です。

事前にトラブル事例と対策について知っておくことで、運営をスタートさせてからもスムーズに行うことができます。

今回の記事では、コインパーキング経営のトラブル事例とその具体的対策についてご紹介します。

この記事を書いた人
駐車場経営編集部

駐車場経営に特化した編集チーム。
駐車場経営のことなら何でもご相談ください。

駐車場経営のご相談は無料のコンシェルジュへ!

駐車場経営に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料でピッタリな駐車場運営会社をすぐに見つけることが可能です。

賃料下げの交渉も行います!

(契約後に賃料の値下げについて相談された場合こちら側でリサーチを行い、改善策を駐車場運営会社へ提案、交渉し賃下げを阻止します!)

まずはお気軽ご相談ください。

目次

コインパーキングのトラブル事例6選とその対策

ここからは、実際に発生しがちなコインパーキングのトラブル事例とその対策について解説します。

今後、コインパーキングの運営をお考えの方は、以下のトラブルに注意しましょう。

料金の未払いや無賃駐車・放置車両

コインパーキングにおける代表的なトラブルの一つが、料金の未払いや無賃駐車、放置車両です。

コインパーキングであれば、駐車機器が設置されているので安心かと思われがちですが、無賃駐車などは機器が設置されていない場所に駐車するケースがあります。

当然ですが、無賃駐車や放置車両などが発生してしまえば、オーナー様にとってはデメリットしかなく、他の利用者も駐車できなくなるので早急に対処しなければならない問題です。

・対処法
コインパーキングにおける無賃駐車については、まずは適切な機器の設置と防犯カメラの設置を行うのが最も効果的です。

そもそも、機器を設置していない駐車場などであれば、機器設置のみで大きく状況が改善される可能性が高いでしょう。

防犯カメラも設置することにより、無賃駐車が発生した際にも警察へ速やかに相談することができます

また、コインパーキングの未払いについては料金看板の表示が不明瞭であることから未払いが発生するケースも多いです。そのため、料金設定について分かりやすくする看板に修正することも対策の一つと言えます。

料金表示に対するクレーム

コインパーキングにおけるトラブルとして、料金看板における表示が分かりにくいとクレームが入るケースがあります。

コインパーキングを運営する場合、駐車場の前に必ず看板を設置すると思いますが、

・想定していたよりも請求金額が高すぎる
・こんなに高いのは詐欺だ
・悪質な料金設定にするな

などとクレームが入ることもあるでしょう。

悪質なクレームである可能性もありますが、あまりにもクレームが頻発する場合にはそもそもの料金設定がふさわしくない可能性もあります。

・対処法
まず、料金の表示についてクレームが多発している場合には、シンプルで見やすい料金表示にすることをおすすめします。

「1時間〇〇円」、「3時間以上は〇〇円」「土日祝は1時間〇〇円」というふうに、シンプルな料金設定にした上で、注意書きや細かな文字を看板の隅に書き込まないことをおすすめします。

こうした注意書きをしていると、顧客も想定していない支払いとなるケースが多く、クレームの要因となるでしょう。

また、そもそもの料金設定が高すぎる可能性もあります。周辺のコインパーキングを確認し、相場観に適した金額設定にするようにしましょう。

顧客の駐車券紛失

コインパーキング経営において、ゲート式の駐車場を採用している場合には、駐車券の紛失のお問合せが入るケースも多いです。

ゲート式駐車場では、入庫時に駐車券を発見し、そこからの駐車時間に応じて金額を支払う仕組みになっています。

しかし、買い物などの用事を済ませている間に顧客が駐車券を紛失してしまう利用者もいます。

そうした際、中には利用時間の最大価格を請求する業者もいますが、そうした場合には顧客からのクレームに繋がります。

・対処法
まずは駐車券を無くした場合の対処法について明確にしておくための看板を設置しておきましょう。

特に、「駐車券を無くした場合には、〇〇円を請求します」というふうに、紛失時のルールを明確に記載しておくことが大切です。

こうしたことをはっきりとさせていれば、紛失時のトラブルを回避することに繋がります。

騒音トラブル

コインパーキングを経営する上で起こりがちなのが、騒音トラブルです。月極の駐車場とは異なり、コインパーキングは不特定多数の人が利用するため、中には騒音トラブルの原因になる迷惑な利用客もいます。

24時間利用できる便利なサービスではありますが、近隣住民にとっては昼夜問わずにエンジン音や利用顧客の話し声などが聞こえるため、住民からのクレームも起こり得るでしょう。

こうした騒音問題の要因は、基本的には運営者の管理不足となっています。適切な管理ができていないパーキングはゴミが散乱しており、不良の溜まり場や不法投棄の要因となるでしょう。

また、運営を開始する前に環境の調査を行っておくことも大切です。

・対処法
こうした騒音問題を防止するためには、まず防犯カメラの設置など、適切な機器を設置させるのが有効です。トラブルの証拠を収集することで、警察にも相談しやすくなります。

また、直接的な見回りを行い、不審者が集まらないようにしておくことも大切です。

このほか、コールセンターを設置し、近隣住民の方が24時間体制で相談できる体制を整えておくようにしましょう。

コインパーキングを経営する上で近隣住民との信頼関係は非常に大切なものとなります。全てのトラブルを防止することは難しいですが、こうした管理体制を整えることで信頼関係を築くことは可能です。

機器の故障

コインパーキングでは機械を設置して支払いの管理を行うのが一般的です。ただし、場合によっては設置している機器が故障してトラブルの要因になるケースもあります。

よくある機器のトラブル事例としては、以下のような内容が挙げられるでしょう。

・精算機が経年劣化によりうまく作動しない
・ゲートが故障して利用者が入れない
・看板が壊れている
・ライトが壊れて見えない

上記のように機器や設備が故障している場合には利用者もコインパーキングが使えず、収益も減ってしまう恐れがあります。

・対処法
上記のようなトラブルを防止するためには、定期的な機器のメンテナンスが必須となります。月に1度は機器のチェックを行い、故障していないかしっかりと確認するようにしましょう。

こうした管理が面倒であれば、機器のメーカーにサポートを依頼するのも良いでしょう。

また、機器が破壊されているなどのトラブルに対しては警察への相談、防犯カメラの設置などで対処するようにしましょう。

コインパーキング内での事故

運営しているコインパーキング内で事故が起きると、トラブルの要因になることがあります。

利用者同士が起こした事故であれば当人同士で解決すれば良いと思われるかもしれませんが、管理不十分としてオーナーの責任が問われるケースもあるのです。

パーキング内で起こる事故の種類としては、主に以下のものが挙げられます。

・利用者同士の接触事故
・利用者の車と人が接触する事故
・利用者の車と機材や壁にぶつかる事故

上記の通り、事故と言っても車同士だけではなく、対人や機器接触など、幅広いタイプがあります。

・対処法
基本的には利用者同士で解決するケースや、機材への接触で破損した場合には当人への請求となりますが、コインパーキング内で事故が多発している場合には対策が必要になるでしょう。

こうした事故を防止するためには、パーキング内のレイアウト変更が有効です。特に、どの箇所で事故が多発しているのか分析し、そのスペースを重点的に配置換えすることをおすすめします。

また、事故発生時に備えて防犯カメラの設置は必ず行っておきましょう。裁判になるケースも想定し、もしもの時のために証拠を揃えておけば安心です。

このほか、場合によっては管理人を配置して見回りの強化なども行うと良いでしょう。ただし、こうした対策を行ったとしても100%全ての事故を防げるわけではありません。

そのため、もし事故が発生した際には「誰が」「どのような形で」責任を取るのかを明確にしておくことが大切です。

駐車場経営のご相談は無料のコンシェルジュへ!

駐車場経営に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料でピッタリな駐車場運営会社をすぐに見つけることが可能です。

賃料下げの交渉も行います!

(契約後に賃料の値下げについて相談された場合こちら側でリサーチを行い、改善策を駐車場運営会社へ提案、交渉し賃下げを阻止します!)

まずはお気軽ご相談ください。

コインパーキングのトラブル対応は管理会社に委託するのがおすすめ

ここまで、コインパーキング経営に関するトラブル事例と対処法についてさまざまなことを解説してきましたが、

コインパーキング経営って、大変そう・・・

こんなにやることあるの?クレーム対応とかしたくない・・・

できれば、何もしたくない

と思われる方が多いのではないでしょうか。

もし、コインパーキングのトラブルの対応が面倒だと思われるのであれば、管理会社に最初から委託してしまうのがおすすめです。

ここでは、コインパーキングの運営を管理会社に委託する3つのメリットをご紹介します。

トラブルに関する対応を全て代行してくれる

まず、管理会社にコインパーキング経営を委託する最大のメリットは、上記で解説したようなトラブルの対処を全て自分の代わりに行ってくれることです。

オーナー様のほとんどは、

できれば面倒なことは何もせずに運営したい

放置しているだけで収入が欲しい

と思われているのではないでしょうか。

管理会社に委託することで、こうした要望を叶えることが可能です。

クレームの対応や無賃駐車への対応まで全て行ってくれます。また、一括借り上げ方式であれば、防犯カメラの設置なども行ってくれるので、安心して運営することが可能です。

費用は掛からないのでコスト的にも安心

管理会社への委託は、それ自体に費用が掛かることは基本的にありません。

運営会社にもよりますが、基本的には運営から出た利益の一部を委託する会社のものにする契約や場合によっては最初から無料であるケースもあります。(一括借り上げ方式など)

そのため、オプション費用として高額な委託費を請求されるリスクもないので、安心して依頼することができます。

一括借り上げなら初期費用も負担してもらえる

契約方式として一括借り上げ方式を採用した場合には、コインパーキングを開始する上で必要な駐車場の整備費用や機器の設置なども管理会社が肩代わりしてくれます。

一括管理方式とは、オーナー様が保有している土地をそのまま管理会社が借り上げ、毎月一定の金額をオーナー様に支払う方式のことです。

オーナー様は安定した収益を毎月得られる上に、初期費用も掛けずに済むのでコスト的にメリットがあります。(ただし、稼働率に関係なく収入が固定されてしまうデメリットもある)

このように、管理会社に委託することによって、トラブル対応だけではなくコスト的にメリットがあるのも魅力と言えます。

駐車場経営のご相談は無料のコンシェルジュへ!

駐車場経営に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料でピッタリな駐車場運営会社をすぐに見つけることが可能です。

賃料下げの交渉も行います!

(契約後に賃料の値下げについて相談された場合こちら側でリサーチを行い、改善策を駐車場運営会社へ提案、交渉し賃下げを阻止します!)

まずはお気軽ご相談ください。

コインパーキング管理会社を探す場合はサポートサービスを利用しよう

これからコインパーキングの管理会社を探される場合には、駐車場コンシェルジュなどのサポートサービスを利用するのがおすすめです。

駐車場コンシェルジュでは、

・各業者の一括資料請求
・専門知識を持ったコンシェルジュの無料相談
・管理会社との賃料交渉

などをオーナー様の代わりに全て行ってくれます。

こうしたことをオーナー様のみで行うのは非常に負担の掛かることですが、コンシェルジュが代行することでオーナー様の労力とストレスを大幅にカットすることができます。

メールもしくは電話1本でご要望に応じた業者の資料も請求できるため、まずはお気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ご相談はこちら
(無料)
コインパーキング経営のご相談はお任せください!
専門知識を持ったプロが無料でサポートします!
電話でのご相談はこちら ☎ 050-3635-7210 平日9:00~18:00
目次