転職活動に疲れた20代が行うべきこと、やってはいけないこと

転職活動に疲れた20代が行うべきこと 退職

なるべく早めに転職活動を終わらせたいというのは、誰しもが思うことではないでしょうか。

しかし、その気持ちとは裏腹に、企業からなかなか内定をもらえずに転職活動が長期化してしまうというケースもあるでしょう。

そうなってしまった場合、モチベーションの低下や精神的な疲労など、様々な負担がのしかかることになります。

「もう嫌だ。早く転職活動を終えてしまいたい・・・」

そのようにお考えになっている方に向けて、転職活動に疲れた20代が行うべきことを解説します。

この記事を読めば分かること
  • 転職活動に疲れた20代が行うべきことは?
  • 転職活動に疲れた20代がやってはいけないことは?
  • 転職活動がうまくいかないのはなぜ?
  • 転職活動に疲れてしまう理由とは?
  • 転職活動に疲れた20代におすすめの選択肢

転職活動に疲れた20代が行うべきことは?

転職活動に疲れた20代が行うべきことは?

転職活動が長期化すると、疲れ果ててしまい何もする気が起きなくなってしまいます。

しかし、だからと言って何もしないと状況は悪くなるばかりです。

以下では転職活動に疲れた20代が行うべきことについて解説します。

  • 期間を決めてゆっくり休む
  • 自己分析を入念に行ってみる
  • 今後の計画を立て直す

期間を決めてゆっくり休む

まず、転職活動に疲れ果ててしまった時に一番大切なのは休養です。

面接に何社も落ちていると、自分は社会から必要とされていないように感じ、それだけで自己肯定感が下がってしまうでしょう。

そんな時は思い切って休むことが大切です。一度休めば心も身体もリフレッシュできます。

ただし、休む場合には前もって期間を決めておきましょう。

あまりに休みが長すぎると、転職活動を再開しにくくなってしまいます。

1週間〜1ヶ月くらいの短期的なお休みにするのがおすすめです。

1週間〜1ヶ月程度のお休みを取ってみてはいかがでしょうか?

自己分析を入念に行ってみる

また、自己分析をしっかりと行ってみるというのも良いでしょう。

そもそも、転職の方向性を間違っている可能性もあります。

自分の適性と転職先の企業がマッチしていないと、転職を成功させることはできません。

  • 自分のやりたいこと、得意なことは何か?
  • 自分が苦手なこと、できないことは何か?
  • 将来的にはどんなキャリアを歩みたいのか?

などについて紙に書き出してみましょう。

自分の気持ちを紙に書き出すことで、気持ちを整理できるだけでなくモチベーションの管理にも役立ちます。

自己分析をやり直してみましょう!

今後の計画を立て直す

ゆっくり休み、自己分析などの準備が終われば、今後の計画を立て直しましょう。

実際にスケジュール管理などを行い、面接日の調整やこれからどの企業に応募するのか整理するのが良いでしょう。

もし、自分一人でこうしたスケジュール管理をするのが難しければ、転職エージェントを活用するのが良いです。

エージェントを利用することで面接対策ができたり、面接日の調整まで行ってもらます。

転職活動の負担を減らすこともできるので、もし利用していない方はアカウント登録してみると楽になると思います。

転職エージェントを効果的に利用すれば、転職活動の負担も減ります

転職活動に疲れた20代がやってはいけないことは?

転職活動に疲れた20代がやってはいけないことは?

上記では転職活動に疲れた20代が行うべきことについて解説しましたが、反対にやってはいけないことはなんでしょうか。

疲労が溜まっている状態ではメンタルを病みがちなので、次のことはしないように気をつけましょう。

  • とにかくスケジュールを詰めすぎる
  • 自己嫌悪に陥る
  • スキルのせいにする

とにかくスケジュールを詰めすぎる

まず、面接に落ちすぎることでとにかく数を打ちに行こうとするのはNGです。

スケジュールをギチギチに詰め込むと、「どっか受かるだろう」という気持ちになります。

しかし、こうした行動はかえって自分の首を絞めるだけです。

なぜなら、ただでさえ疲れているのに、その上闇雲にエントリーすればさらに疲労が溜まります。

また、一社に対する対応が疎かになり、面接の準備もままならないことになるでしょう。

仮に受かったとしても、よく分からないブラック企業に採用されてしまうケースも。

転職先を選ばないのは簡単ですが、その先にはあまり良い未来はありません。

とにかく数で勝負するのではなく、本気で今後のことを考えて行動することが大切です。

落ち続けているからといって、とにかく数で勝負するというのは辞めましょう

自己嫌悪に陥る

次に、自己嫌悪に陥ってしまうのもダメです。

  • こんなに通らないなんて、自分は世の中に必要ないのでは?
  • 自分は社会不適合者なんだ・・・
  • これまでもダメだったから、きっとこれからもダメだろう
  • どうせ受からないのだから、もう辞めてしまおう

このように、自暴自棄にならないようにしましょう。

といっても、自分一人だけでメンタル管理を行うのは難しいものです。

もし転職活動で疲れ果てているのであれば、転職エージェントのコンサルタントに相談しながら、転職を進めて行くのが良いでしょう。

スキルのせいにする

このほかにも、スキルのせいにして現実逃避する人がいます。

  • 自分にはなんのスキルもないから、受からないのだ
  • スキルさえあれば・・・
  • 市場価値の高いスキルを身につければよかった

など、何かにつけてスキルの責任にしようとする人もいるでしょう。

しかし、20代というのは特段スキルを持っていなくとも、人材としての価値が高いです。

第二新卒であればどの企業でも重宝されます。

そのため、スキルは関係ないと言えるでしょう。

ただ、それでもスキルを身につけて転職活動を進めた方が有利なのは間違いありません。

もし市場価値の高いスキルを身につけたいのであれば、3〜4ヶ月でスキル習得できるスクールに通ってみてはいかがでしょうか。

ポテパンキャンプなどでは未経験から転職で有利なスキルを習得可能です。

また、提携企業も多く転職活動にも強いでしょう。

気になる方は無料説明会も行われているので、以下のリンクから申し込んでみてください。

転職に強い!ポテパンキャンプ無料説明会はこちら

転職活動に疲れた20代、その理由は?

転職活動に疲れた20代、その理由は?

転職活動が長期化すると、何かと疲れてしまいがちです。

その理由には以下のことが挙げられるでしょう。

  • 面接に落ちるたび、必要とされていないと感じる
  • 毎回エントリーシートを書くのに疲れる
  • 落ちる原因が何なのかわからない

面接に落ちるたび、必要とされていないと感じる

面接で落ち続けると、自分の人格が否定されたような気になりますよね。

何回も応募しているのに、お祈りメールが届くたびに自己肯定感が下がる。

そんな人も多いのではないでしょうか。

しかし、受からないのはあくまでも条件がマッチしていないだけで、あなたの人格に問題があるわけではありません。

就職活動がうまくいかないことは人間性とは関係ないので、自分を責めすぎないようにしましょう。

面接に受からないからと言って、自己嫌悪に陥らないで!

毎回エントリーシートを書くのに疲れる

毎回エントリーシートを書くのに疲れ果ててしまったという人もいます。

確かに、何回もエントリーしているとそれだけで疲労が溜まりますよね。

そして頑張って応募しているのに通らないのであれば、なおさらストレスが溜まってしまうでしょう。

そんな時は、上記でも解説したように一度休んでみたり、転職に向けてスキルを習得するなどが有効です。

どうしても上手くいかないのであれば、一度方向転換してみてはいかがでしょうか。

転職に強い!ポテパンキャンプ無料説明会はこちら

落ちる原因が何なのか分からない

数多くの企業に応募しているのに、なぜか通らない。

自分でも落ちている理由が全く分からない。

そのような人もいるのではないでしょうか。

原因が分からないのに転職活動を続けていても、成功する可能性は低いです。

第三者の意見を聞きながら、転職活動を進めなくてはいけません。

そういった意味でも、リクルートエージェントなどのコンサルタントに相談しながら転職活動を進めてみるのが良いでしょう。

もしエージェントを利用していないのであれば、一度相談してみてください。

転職活動に疲れた20代がそんなに落ち込まなくて良い理由

転職活動に疲れた20代がそんなに落ち込まなくて良い理由

この記事を読んでいる方は、きっと長引く転職活動に嫌気が差しているのではないでしょうか。

しかし、20代であれば落ち込まなくて大丈夫です。その理由は以下の通り。

  • 20代ならいくらでも軌道修正できる
  • 第二新卒として需要は高い
  • 20代からスキルを身につけて独立という選択肢もある

20代ならいくらでも軌道修正できる

まず、20代であればいくらでも軌道修正することができます。

社会人として数年働いてみて、やっぱり今の仕事は違うと考えた上で転職活動を行っている人も多いでしょう。

20代〜30代前半までであれば求人の数も多く、何度失敗してもモチベーションさえあればやり直しが効きます。

実際、僕も今は28歳ですが、2回転職しているのです。

自分に合っている仕事というのは、色々な職種を見てみないと分からないものです。

若いことに自信を持ってトライしていきましょう。

20代であれば全く問題なく方向転換できます

第二新卒として需要は高い

また、第二新卒の需要が高いことも20代のメリットです。

第二新卒とは?

第二新卒とは一般的に「新卒で入社してから3年未満の求職者」のことを意味します。

年齢としては4年制の大学を卒業してから想定すると、約25〜26歳位までのことを指すことが多いです。

この年代の方は、新卒と社会人の中間的な人材として扱われすでに社会人経験があることから転職で有利に働く傾向にあります。

現代ではどの企業でも人材が足りておらず、こうした第二新卒の若手は積極的に採用される傾向にあります。

そのため、現状の転職活動が上手くいっていなくとも焦らなくて問題ありません。

20代は第二新卒と呼ばれ、重宝されます

20代からスキルを身につけて独立という選択肢もある

20代であれば、焦って転職しなくてもまずはスキルを習得するということもアリです。

特に、現状の転職活動が上手くいっていないのであれば、一度転職に強いスクールなどに通ってみるのも良いでしょう。

ポテパンキャンプなどはスクールとして転職にも力を入れており、転職する上でも強いです。

また、IT系のスキルは一度習得してしまえば能力を活かして独立も視野に入れることができます。

もし、転職活動が上手くいかず、スキルを習得したいとお考えの方はまず無料説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

転職に強い!ポテパンキャンプ無料説明会はこちら

まとめ

今回の記事では、転職活動に疲れた20代が行うべきこと、やってはいけないことについて解説しました。

転職活動がうまくいかない場合、転職エージェントの力を借りたり、一度ゆっくり休むなどが良いでしょう。

また、スキルに不安があるのであれば転職に強いスクールに相談してみるのも有効です。

上記の内容を参考にして、転職活動を成功させましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました