40代で無職はなんとかなる?退職前に行うべき対策とは?

40代で無職はなんとかなる 退職

40代から無職になってもなんとかなるだろうか

40代で無職になるのはまずい?

このようにお悩みではないでしょうか。

仕事をしていると様々な悩みがあると思いますが、40代で無職になるのは覚悟が要ることです。

今回の記事では、40代で無職はなんとかなるのかについて解説します。

40代で無職はなんとかなる?

40代で無職はなんとかなる?

そもそも、40代で無職になった場合なんとかなるのでしょうか。

ここではその概要について説明していきます。

なんとかなるかは人による

結論ですが、40代で無職になったとして、なんとかなるかどうかは人によるでしょう。

もっともこもないかもしれませんが、それぞれの置かれている状況によって異なります。

例えば、これまで十分な蓄えがあって、貯金額が1000万円を超えているような方は、しばらくの間はなんとかなるといえます。

しかし、貯金もなく今後の展望もないような場合、どう頑張ってもいきなり辞めるのが最良の選択とは言えないでしょう。

このように自分が置かれている状況によってどうすべきかを判断する必要があるのです。

とりあえず退職は危険

とは言え、どのような状況であったとしてもとりあえず転職してしまおうという考え方は危険です。

なぜならば、やめたいだけで今後の方針も何も決まっていない場合、退職してから後悔する可能性が高いからです。

もし今後やりたいことや、転職する業界等が決まっていない場合はもう少し踏みとどまるのが良いでしょう。

感情的になってやめてしまうのは簡単なことですが、退職してから取り返しのつかないことをしてしまったと後悔しても遅いのです。

事前に対策が必要

いきなり無職になるのはお勧めできません

しかし、40代で無職になる前にしっかりと対策を行っておくことで、転職の成功を高める事は可能です。

また、退職することそのものが最善かどうかも検討する必要があります。

もしこれから転職を検討されている場合には、以下で解説するような対策を行ってみましょう。

40代で無職になる前に行うべき対策

40代で無職になる前に行うべき対策

では、ここからは40代で無職になる前に行うべき対策について解説していきます。

いきなりやめてしまう前に以下の対策を行っておくようにしましょう。

嫌なことを紙に書き出す

まず、そもそも退職するべきかどうかについて考える必要があります。

嫌なことや、ストレスに感じていることなどについて紙に箇条書きしてみましょう。

悩みを書き出すことで自分が考えていることを視覚化でき、不思議と心が落ち着きます。

そうした悩みを俯瞰して見てみても、やはり退職したいと言う思いが強いのであれば転職に踏み切っても良いでしょう。

しかし続けられそうなのであれば、もう少し我慢してみると言うのも選択肢の1つです。

貯金額を計算しておく

無職になってしまう前に、貯金額について計算しておきましょう。

やはり退職してから一番重要になるのはお金です。

十分な貯金があればしばらくの間は働かなくても生きていきます。

しかし,ほとんど貯金がない状態で退職してしまうのはリスクしかないと言えるでしょう。

どれくらい口座残高が残っているのかについてあらかじめ把握しておくことが大切です。

さらに、口座残高を計算した上で働かずに生活できる期間はいくらほどかについても把握しておくと良いでしょう。

家族と相談する

40代にもなると、すでに配偶者がいると言う人も少なくないはずです。

妻や夫とよく話し合った上で退職すべきかどうかは決めましょう。

もはや自分の人生は自分だけの問題ではない年代といえます。

退職後はもしかすると配偶者の収入をメインにすることもあり、あなただけの問題ではありません。

また、よく相談しないうちに退職をしてしまうと後になってトラブルを引き起こす可能性も高いです。

「なぜ相談しなかったのか」と批判されるケースも少なくありません。

このようなことにならないためには、事前によく相談した上で判断することが大切となるでしょう。

今後の方向性を明確にする

仕事を辞めてからどうするか真剣に考えているでしょうか。

もし今後の方針も定まっていないのに

「とりあえず辞めてしまおう」

という考えであれば。もう少し我慢するべきだといえます。

40代からの転職はある程度覚悟が要ります。

にもかかわらず、今後の方針も定まっていないのであれば、まずは自分の方向性について考えることから始めましょう。

もし自分1人で決められそうにないのであれば、1日で解説するキャリアコーチングなどのサービスを利用するのも選択肢の1つです。

転職すべきか分からないならコーチングを受ける

もそも今後の方針が定まっていないという方にはキャリアコーチングがおすすです。

コーチングを受ければあなたの性格や特性などを分析することができ、今後のキャリアについてのヒントが得られます。

もしかすると転職することだけが正解では無いかもしれません。

今の仕事を続けていくためのアドバイスがもらえる可能性もあるでしょう。

また、自分でも気がついていない適性等を指摘してもらい、転職の方向性を決めることもできます。

初回カウンセリングは無料で行われているので、まずはお気軽に申請してみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職先をリサーチしておく

40代で無職になってしまう前に転職先のリサーチは徹底しておきましょう

求人をしっかりとチェックすることで今後どのような業界に行きたいのか目星をつけることができます。

また、転職エージェント等に登録しておけばスムーズに転職を進めることができます。

40代でこれから転職するのであれば、以下の2つのエージェントがおすすめであるため、事前に登録しておくと良いでしょう。

リクルートエージェント

引用:リクルートエージェントホームページより

まず、最初に登録しておくべき転職エージェントとしてリクルートエージェントが挙げられます。

こちらのエージェントは言わずと知れた業界最大手の転職エージェントです。

取り扱っている求人数がなんと10万件を超えており、40代の方でも幅広く求人を紹介してもらえます

転職活動を始めるのであれば最初に登録しておくべきエージェントと言えるでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

JACリクルートメント

JACリクルートメントは年収8,000,000円以上の求人が多く、収入アップを狙いたい40代の方にお勧めできる転職エージェントです。

特に管理職経験等がある方には最適で、キャリアアップを狙いたい方は利用してみるべきエージェントといえます。

▶︎JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

副業してみる

現状、仕事に悩んでいるのであれば副業してみるという選択肢もあります。

ウェブライティングなどの副業であれば未経験からでも開始しやすく、1から2ヶ月程度ですぐに収益化できます

これまでの経験を生かしてライティングなどに取り組んでみてはいかがでしょうか。

当ブログ運営者の私はライティングサポート講座も運営しております。

気になる方は以下のリンクからお気軽にご相談ください。

興味がある方は以下のリンクからぜひご相談ください。

カケルのWEBライター育成講座

どうしても辛いなら退職代行を利用しよう

ここまで様々な対策について解説してきましたが、中には死にたいと考えるほど辛い方もいらっしゃるはず。

もし、そのようにお考えであれば、退職代行を利用しても構いません。

代行を利用することで明日から会社に行かなくて済みますし、顔を合わせずに退職できます。

どうしても辛いなら、代行を利用して辞めましょう。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

40代で無職になった時の対策

40代で無職になった時の対策

上記では40代で無職になる前の対策について解説しましたが、すでに仕事を辞めてしまった人もいるのではないでしょうか。

そのような方は以下のような対策を行ってみてください。

失業保険の申請

無職になった場合まず行うべきは失業保険の申請です。

そもそも貯金も底をつきそうな方は失業保険の申請を行いましょう。

詳しくはハローワークなどに行けば教えてもらえます。

まずは生活費の確保を第一優先しましょう。

国民保険に切り替え

次に、保険の切り替えを行いましょう。

これまでは会社で入っていた保険を国民保険に切り替える必要があります。

役所などに行き保険の切り替え申請を行いましょう。

転職先を探す

無職になってしまった方はすぐにでも転職先を探し始めましょう。

正直言って家族がいる場合それ以外の選択肢はありません。

働かなければお金もなくなり、今よりも過酷な環境に身を落とすことになるでしょう。

なるべく求人数の多いリクルートエージェントなどを利用し早めに転職先を見つけてください。

40代で無職になる時の注意点

40代で無職になる時の注意点

40代で無職になることに不安を抱えているのであれば、いくつか注意すべきポイントがあります。

具体的には以下のことに気をつけるようにしましょう。

勢いで退職しない

まず、何より大事なのは勢いで退職してしまわないことです。

つまり無職になってしまわない方が良いという事でもあります。

正直言って、無職になるのは非常に辛いことです。

僕自身も無職の経験があります。

1年半もの間、無職生活を経験しました。

その概要についてはこの後述べますが、あなたが思っているよりも無職になるのは非常に辛いことです。

できればおすすめできません。

なるべく今後の方針をしっかりさせた上で辞めるかどうかを検討するのが良いでしょう。

信頼できる人に相談する

退職する前に信頼できる人に相談することをお勧めします。

仕事を辞めたいと考えている時は心身ともに疲れ果てていることが多いです。

そのような中で冷静な判断力を保てている事は少ないでしょう。

友人や家族、同僚など誰でも良いので信頼できる人に相談してから決めましょう。

もし身近にそういう人がいないのであれば、上記でも紹介したキャリアコーチングサービスなどでカウンセリングを受けることをお勧めします。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

今後のキャリア計画を立てる

退職してしまう前に、今後のキャリア計画を立てておきましょう。

40代と言えど、今の時代あと数十年働くのが当たり前です。

65歳で定年と一般的には言われていますが、その後も働かなければ生活ができないというのが今の日本の現状でしょう。

こうしたことを踏まえた上で、残りの数10年のキャリアをどうすべきか考えておくことが大切です。

何よりも無計画で止めるのが1番良くありません。

このようなことまでしっかりと考えた上で行動するようにしましょう。

事前リサーチをサボらない

退職する前に、転職先に目星をつけた上でリサーチをしておきましょう。

そもそもリサーチを行っておかなければ転職を成功させるのは難しいです。

応募する企業の評判や、仕事内容などをくまなくチェックした上で応募することが大切です。

もし、こうした対策を自分1人で行うのが難しいのであれば、転職エージェントの登録をおすすめします。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

40代で無職になるとどうなる?実体験から解説

40代で無職になるとどうなる?実体験から解説

この記事を制作している僕自身も、1年半の無職経験があります。

40代ではありませんでしたが、同じく無職としての経験がありますので、ここでは無職になるとどうなるのかと言う事についてお話ししていきましょう。

世間から冷ややかな目で見られる

まず、無職になると世間から冷ややかな目で見られます。

正直男性であればその傾向はより強いでしょう。

僕自身も無職になった経験がありますが、周りからはかなり冷たい目で見られていました。

友達と会うこともできません。

家族からもお荷物扱いされ、自己肯定感が下がります。

金銭的な理由よりも、無職になるのが一番辛い理由はこの世間体と言えるでしょう。

ただし、仕事で精神的に追い詰められている場合などは無職になっても良いと思います。

時間的には自由になる

世間体と言う意味では非常に辛い思いをすることになりましたが、実際時間的に自由になったのも事実です。

無職になると毎日休みになるため、苦しい仕事からは解放されます。

「自分のやりたいこと」や「今後のキャリアをどう歩んでいきたいか」などについても深く考えることが可能です。

僕自身は資格の勉強のために1年半の無職だったので、とことん資格の勉強に打ち込むことができました。

早く無職から抜けたいと思う

ただし、無職生活が長引いてくると早く無職から抜けたいと思うようになります。

僕の場合会計士の試験を受験するために無職となりましたが、2回ほど試験に落ちさすがにそろそろ無職はまずいだろうと言う気持ちになってきました。

金銭的に苦しい思いをすると早めに無職から抜けたいと思うようになってきます。

ただし、貯金に余裕のある状態であれば期間を決めて無職になるのは全然アリだと思います。

まとめ

今回の記事では、40代で無職になってもなんとかなるのかということについて解説しました。

結論としてはなんとかなるもののお勧めはしないということになります。

退職する前にしっかりと対策を行い、今後の方針などを決めた上で判断することが大切でしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました