40代で無職は死ぬしかない?就職するための対策とは?

40代で無職はなんとかなる 40代

40代で無職になってしまったら死ぬしかない…

そんな風に考えてしまっている方もいるのではないでしょうか?

率直に言わせていただくと、そんなことは絶対にありません!

40代で無職になってしまったとしても、まだやり直せるんです。

無責任な事を言っているかもしれません。

でも思うんです。

本当にもうやれることはないのでしょうか?

今の段階でやれることは全てやったと心の底から思えますか?

今回の記事では、40代無職から人生を再スタートさせるためにやっておくべきことをお伝えします。

人生まだまだ終わってない

まず、死ぬほど悩んでいる方は以下のことを参考にしてください。

真剣に「死ぬしかない・・・」と考えている人へ

まず始めに、もしもあなたが真剣に「死ぬしかない、もう他に何も考えられない。」と思っているとしたら、まずは下記の電話番号にお電話して相談をしてみて欲しいです。

こころの健康相談統一ダイヤル

0570-064-556

#いのちSOS

0120-061-338

いのちの電話

0570-783-556

なぜ自分を追い詰めてしまうのか

何でかわからないけど苦しい、もう駄目な気がする。

というように、漠然とした不安から自分を追い詰めてしまってはいないでしょうか?

40代で無職になったという人で多い要素は、

  • 収入がなくなってしまい、お金がないという不安
  • 会社をリストラされるなどで自信がなくなってしまい、再就職できないかもしれないという不安
  • 無職になったことで社会と隔絶されてしまい一人の時間が多くなり、ネガティブ思考になってしまった

という事等があげられます。

全部まとめて対応しようとしてしまうとどうしていいかわからなくなってしまいます。

ですが、一つづつ対応していけば思ってたより簡単に対応できてしまったりします。

40代無職になってもやり直しはきく

上記でも触れましたが、もう自分にはやれる事なんてないと考えてしまってはいないでしょうか?

あなたが前向きに人生を再スタートさせたいと願い、行動することができればいつでもやり直しすることができます。

経歴やスキルに不安があったとしてもです。

ですが、闇雲に就職活動をしてしまうといつまでたっても就職先が見つからないという事になりかねません。

そうならないように次の項目からは40代無職の人が就職する為にしておくべきことを紹介していきます。

まだ自分がやっていないことが無いかを確認しながら参考にしてみて下さい。

就職するための準備

40代で無職になってしまったからといって、焦って手当たり次第に履歴書を送るようなことはしないようにしましょう。

就職するためには、もっというと、自分の希望する職種や条件の企業に就職するためには事前準備がとても大切です。

この事前準備がしっかりできるかどうかが就職できるかどうかを左右すると言っても過言ではありません。

これから紹介することは慣れていないと大変と思う事もあるかと思いますが、時間をかけてゆっくりとでもこなしていくことをおすすめします。

心身ともに準備する

一番最初に準備したいのは、これから就職活動をしていく自分自身のコンディションです。

心と体の状態を整えて自分の向かいたい方向に動けるように準備しましょう。

ここでは、心の準備と体の準備に分けてどのようにしていくのか紹介します。

心の準備

何をするにも自分の心が伴っていなければ上手くいくものもうまくいきません。

大切なのは、自分に自信を持つことです。

やるしかない、自分ならできると言う気持ちで前向きに取り組むことです。

根拠なんてなくていいんです。

あなたが面接官だとしたら自信ありそうな人と自信なさそうな人、どちらを採用したいですか?

また、前職よりもかなり収入が減ってしまう事も覚悟しておきましょう。

特に専門的なスキルが無いという人はなおさらです。

「前はこれだけもらっていたんだからこれだけでは働けない」等というプライドを持っていて、せっかくのチャンスを棒に振ってしまいなかなか決められないでいるという人も多いんです。

ですが、そういったことを一切なくして切り替えたとたんに仕事が決まったという人もまた多くいます。

体の準備

健康面に気を遣うのはもちろんですが、規則正しい生活を送るように心がけて下さい。

いざ働けるとなった時に、それまで不規則な生活を続けてしまっていると仕事の生活リズムに身体が慣れずにすぐに仕事を辞める事になってしまいかねません。

また、買い物に行くなどして人との交流を持つようにしておくことも大切です。

身体を動かすことで40代の大敵である体力の低下にも備えつつ、いつでも人とコミュニケーションを取れるようにしておきましょう。

自己分析をする

自分自身の準備を整えて就職活動に舵をきれるようになったら、次は自己分析をしましょう。

自己分析を行う事で、自分がどんな職種の仕事がしたいのか、どんな環境・条件で働きたいのかが見えてきます。

自分は何が得意なのか・好きなのか・嫌いなのか等をとことん考えてみて下さい。

そうすることで自分が自覚していなかった本当に求めるものが分かるようになります。

自分が得意な事・好きな事を多く考えがちになりますが、おすすめは不得意な事・嫌いな事をしっかり考える事です。

そうすることで自分が望まない環境や仕事に近づかなくなれるので、いやいやしなければいけない仕事に就いて最終的に直ぐに辞めてしまうといった可能性を低くできます。

キャリアコーチングをうけてみる

さらっと自己分析をすると書きましたが、実際やってみると結構大変だったりするんですよね…

自己分析自体をやるという所までいくのもなかなか腰が上がらなかったりします。

自己分析をやることになれていないと

「やったはいいけど、合ってるるのかな?」

とか

「結果をどう生かしたらいいのかわからない!」

という人もいるかと思います。

そんな人にはキャリアコーチングを受ける事をおすすめします。

キャリアコーチングというのは、一人ひとりの独特なキャリアとその人の希望に合わせてどのように行動していったら実現できるかという事を専門家が一緒に考えてサポートしてくれるサービスです。

なかでもポジウィルは、経験豊富な専門のスタッフが理想の未来から逆算して目標やキャリアプランを一緒に作ってくれるので、自分が目指すところに最短距離で近づくことができます。

また、自己分析の結果から自分の強みややりたいことを汲み取った上で目標や次にすべき行動を考えてくれるため、自信を持って就職活動を開始することができます。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

資格を取得する

経験やスキルがなくて不安という人はこのタイミングで資格を取得してしまうというのもいいでしょう。

時間がある時に集中して勉強すれば資格に受かる可能性は高まりますし、勉強している間は余計な事を考えずに済むのでメンタルが落ち込むことも少なくなっていい事が多いです。

資格があることによって採用されやすくなりますし、それが自分の就きたい職種に関係しているものであればなおさら自分の就職の希望を叶えやすくなります。

就職するためには

ここでは、40代無職でも就職するためにすべき行動を紹介します。

自分にあった企業に就職できるようにするにはどうしたらいいのかを確認していきましょう。

企業の情報を集める

自己分析をして自分の強みや、やりたい事、不得意な事が見えてきたらそれに従って応募する企業の情報を集めましょう。

自分の希望する職種でも細かい所で条件が合わなかったり、不得意な事が業務に含まれているかもしれません。

そういった情報が分かっていれば、面接のときに自分がこういう事が不得意だという事を事前に伝える事ができます。

そのため、採用した企業側にも不得意な事を配慮した配置をしてもらえる可能性もあり、より快適に仕事ができるようになります。

転職エージェントを使う

40代無職での就職の可能性を大幅にアップするのに必要なことの一つに、転職エージェントを使うという事があります。

転職エージェントは、求職者と求人をしている企業とを繋いでくれるサービスです。

ですが、転職エージェントにただ登録すればいいという事ではありません。

転職エージェント選びに失敗してしまうと、希望の求人を見つける事ができず転職活動が長引いてしまう事もあり注意が必要です。

なぜかというと、転職エージェントには得手不得手があるからなんです。

例えば、「新卒向けの求人が多い」「30代・40代のサポートを得意としている」等です。

そこでおすすめなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは人材業界の最大手で、「保有求人の数」と「転職成約実績」が国内No1のエージェントなんです。

特徴は、無料で質の高いサポートを受ける事ができる点です。

企業に提出する書類の添削や、面接対策、更に独自に分析している企業情報も提供してもらえます。

最大手ならではの情報量と経験を元に専門のアドバイザーから様々な条件・希望に合った求人を紹介してもらうこともできます。

ですので、自分一人で就職活動をするよりはるかに効率的に活動を進める事ができます。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

自分で稼ぐ力を身に付けてしまう

いつもらえるのか分からない採用通知をを待っていられないという人もいるかもしれません。

であれば、自分で稼ぐ力を身につけてしまう事をおすすめします。

企業に雇ってもらう事だけがお金を稼ぐ手段という訳ではありません。

パソコンとインターネットがあれば、誰でも直ぐに在宅でお金を稼ぐことができるんです。

収入が無い状態で生活していくと貯金を切り崩して生活していくことになりお金が減っていく一方です。

お金が無くなってくると気持に余裕がなくなってしまうため、正常な判断をできなくなって悪循環を始めるきっかけになってしまう事もあります。

少しでもお金を稼いでいるという実感があると見える世界は変わってきますので、これを機にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

在宅ワークの仕事内容

一口に在宅ワークと言っても、内容は多岐にわたります。

WEBサイトの制作やプログラミング等といった専門知識が必要なものから、いわゆるデータ入力と呼ばれる専門知識の必要が無いものも沢山あります。

データ入力はキーボード入力のスキルが求められる場合もありますが、さらにスキルが求められないものだとアンケートに回答するだけといったものもあります。

もちろん、専門知識やスキルが必要なものほど報酬は高く設定されていますし、そうでないものは報酬が低く設定されています。

在宅ワークで稼ぐために

上記でも紹介した通り、在宅ワークで少しでも多く稼ぐ為にはある程度のスキルや専門知識が必要です。

更に、案件の多い分野で仕事ができればさらに仕事をもらいやすくできます。

皆さんもご存知のように、現在、多くの動画配信アプリがあり、人気を博している状態です。

それに伴い、動画編集者の需要も高まりを見せており、動画編集者が足りない状態です。

ですが、いきなり動画編集と言われても分からないという人が多数でしょう。

そこでおすすめなのがデジハクです。

デジハクは、未経験から月額6000円台でプロを目指すことができる動画編集スクールです。

受講生の9割以上が未経験スタートながら収入を得るまでに至っている人が多くいます。

中には企業からの案件を受注できるようになった人もいてプロとして仕事をしている人もいます。

こういったスクールでスキルを取得したとすれば依頼する方も安心して依頼できますので、より仕事を受注できる可能性が高まります。

現在様々な企業が動画を用いたマーケティングなどの戦略を立てています。

今動画編集のスキルを身に着けてしまえば、今までの業種とは異なる業種の企業への就職も夢ではありません。

▶︎未経験でも安心オンライン動画制作スクール【デジハク】に無料相談してみる

まとめ

今回の記事では、40代無職から人生を再スタートするために必要な事をお伝えしました。

40代で無職になってしまったからと言って絶望する必要は全くありません。

心身を整えて、一つ一つやれることをこなしていけば新しい道がみえるようになってくるでしょう。

今回の記事をみて、やはり動くのが辛いという人がいたら、今は休息する時なのかもしれません。

じっくり休息をとって趣味やゲームでも何でも好きな事をして心を休ませて解放してあげましょう。

落ち着いたらまたこの記事を読んで頂くと違うとらえ方ができるかもしれません。

この記事が皆様のお役に立てることを願っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました