WEBライター初心者が月1万円稼ぐための手順を現役プロメンターが解説

WEBライター初心者 WEBライター

こんにちはカケルです。

僕は現在、WEBライターとしてフリーランスの活動をする傍ら、ライティングメンターとして活動中です。(2022年現在、ライティング部門1位)

ライター初心者として活動されている方が目指すべきは、まず月1万円という金額だと思います。

しかし、なかなか思うように稼ぐことができず、お悩みの方も多いはず。

そこで、今回の記事ではWEBライター初心者の方に向けて月1万円稼ぐ手順を解説します。

この記事を読めば分かること
  • WEBライター初心者がまず月1万円を目指すべき理由
  • WEBライター初心者が月1万円稼ぐための手順とは?
  • WEBライターの魅力
  • WEBライター初心者が気を付けるべきポイントとは?
カケル
カケル

WEBライター初心者が月1万円稼ぐための手順を解説します!

WEBライター初心者がまず月1万円を目指すべき理由

WEBライター初心者がまず月1万円を目指すべき理由

そもそもですが、

「月1万円なんて稼いでも、意味あるの?」

と思われている方もいるのではないでしょうか。

しかし、月1万円稼ぐというのは非常に意味があることなのです。

以下では、なぜWEBライター初心者が月1万円稼ぐ必要があるのかについて解説します。

  • 月1万円稼げれば、後は増やすのが簡単だから
  • プロジェクト形式の案件に慣れる必要があるから

月1万円稼げれば、後は増やすのが簡単だから

まず、月1万円を稼ぐことができれば、後はその金額を増やすのは意外と簡単という理由が挙げられます。

1万円稼ぐためには、そこそこの単価の案件(文字単価で言えば1円くらい)の案件を獲得する必要があるでしょう。

そのためには、

  • 提案文の作成
  • ポートフォリオの作成
  • 案件の見極め
  • クライアントの要望に応える
  • 丁寧に仕事をこなす
  • 納品

という、一通りの流れをこなす必要があります。

そして、この流れは他の案件を獲得する際も全て同じなのです。

つまり、月1万円稼ぐという経験を体験できれば、後は他の案件にも同じように提案すれば良いということ。

最初の案件さえ取れれば、後は全ておなじ手順なので一番初めがかなり重要ということですね。

カケル
カケル

最初の1万円を稼ぐのが圧倒的に重要なんです!

プロジェクト形式の案件に慣れる必要があるから

実際に僕もメンターをしていて感じますが、初心者の方はプロジェクト案件に申し込むことを非常に怖がる傾向にあります。

プロジェクト案件とは?

実際に企業とやり取りをしながら仕事を進める案件のこと。タスク案件よりも難易度が高い。

プロジェクト形式の案件に申し込むのは、初心者ライターにとって最初の壁になるのは間違いないでしょう。

実際、僕自身も非常に怖かったです。

しかし、プロジェクトに申し込まずに1万円を稼ぐのは至難の業と言えます。

もし不安であれば、メンターも活用しながらして案件に申し込むことが大切です。

カケル
カケル

プロジェクト形式に勇気を持って申し込むことが大切!不安であれば僕がサポートします!

▶︎カケルのライティングサポートお申し込みはコチラ

WEBライター初心者が月1万円稼ぐための手順とは?

WEBライター初心者が月1万円稼ぐための手順とは?

では、ここからは実際にライターとして月に1万円を稼ぐ手順を見ていきましょう。

以下の手順で、1万円を稼ぐことができます。

まずはポートフォリオを作成しよう

いきなり仕事を探すのではなく、まずはポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオとは?

クライアントがライターの文章力を判断するための実績のこと。

何もない状態で提案したとしても、仕事が取れない可能性が高いです。

そのため、まずはポートフォリオ制作を行う必要があるでしょう。

そもそも、ポートフォリオってどうやって作るの?

という方は、自分なりでタイトルをつけてみて、記事をいくつか書いてみましょう。

例えば、

  • モテる男の定義とは?(恋愛系)
  • クラウドとは?(IT系)
  • おすすめの証券会社とは?(投資系)
  • 賃貸の選び方とは?(不動産系)

など、自由にタイトルをつけてみて、それを元にリサーチを行って文章を作るのがおすすめです。

もしくは、以下のリンクからメンターのお申し込みをいただければ、すぐさま僕がサポートさせていただきます!(宣伝すいません・・・)

カケル
カケル

まずはクライアントに提出するためのポートフォリオ作りから始めましょう!

▶︎カケルのライティングサポートお申し込みはコチラ

提案文を作ろう

次に、提案文を作成していきます。

提案文については、雛形を以下に記載するので参考にしてください。

提案文の参考

初めまして。私は専業のライターをしている者です。以下のようなスキルがあります。

・ネット上の情報を正しくリサーチするスキル
・即レス
・正しい日本語を用いて文章制作を行うスキル

また、これまでに制作した記事には以下のようなものがあります。

・ここに過去の実績GoogleドキュメントURL
・ここに過去の実績GoogleドキュメントURL
・ここに過去の実績GoogleドキュメントURL

採用いただければ、迅速かつ丁寧にお仕事をさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

こんな感じで、提案文を作成しましょう。

ポイントは、

  • 簡潔明瞭に作ること(長くならない)
  • 無駄なことは書かない(自慢とか上から目線は絶対NG)
  • しっかりと実績を記載すること

です。長く作りすぎないことが大切と言えます。

なお、Googleドキュメントの使い方が分からない人は以下のnote記事をご覧ください。

グーグルドキュメント(Google document)の使い方【WEBライター】|WEBライターカケル|note
こんにちはカケルです。 いきなりですが、Googleドキュメントってご存知でしょうか。 Googleドキュメントはライターとして活動していく中で頻繁に利用することになるツールの一つです。 Googleスプレッドシートと並んでめっちゃ使います。 僕も初心者ライターの頃は、使い方がよく分からずかなりググった記憶があ...

クラウドソーシングサイトに登録しよう

ここまでできれば、いよいよクラウドソーシングサイトに登録していきましょう。

お仕事を取るためには、ソーシングサイトに登録し、そこから提案していく必要があります。

なお、主なサイトとしては以下のものが挙げられるでしょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • Wantedly
  • インディード

クラウドワークスやランサーズが有名ですよね。

ただ、取りにくいというデメリットもあります。

各プラットフォームの特徴については以下の記事で全て網羅して解説しているので、参考にしてください。

Indeedでライター案件を獲得するメリット・デメリット|WEBライターカケル|note
こんにちはカケルです。 今日はインディードでライター案件を獲得するメリット・デメリットについて解説します。 僕はライターのメンター活動もしていますが、結構インディードを推しています。仕事も取りやすいというのもありますが、色々メリットが大きいからです。 今回はそんなインディードの秘めたる魅力と注意点など深掘りしてい...
利用する前に知っておくべきランサーズのメリットデメリット|WEBライターカケル|note
こんにちはカケルです。今回の記事ではランサーズのメリットデメリットについて解説していきます。 おそらく、WEBライターとして活動を始める場合、まず登録するのはクラウドワークスとランサーズの2大サイトになるのではないでしょうか。 それぞれについて異なる特徴があるので、メリットデメリットを把握しておくとスムーズに利用で...
利用前に知っておくべきクラウドワークスのメリットデメリットを解説!|WEBライターカケル|note
こんにちはカケルです。これからWEBライターとして活動しようとする場合、クラウドワークスとランサーズの2大クラウドソーシングに登録するの王道ではないでしょうか。 ただ、それぞれのサイトで特徴がありますので、事前にそれを理解しておくと利用し始めてから困らずに済むでしょう。 その中でも、今回はクラウドワークスに焦点を当...

プロジェクト案件に提案しよう

では、いよいよ案件に応募していきましょう。

上述したプラットフォームのどれでも良いので、案件に提案してみましょう。

その際、

  • 文字単価1円以上である案件
  • なるべくテキスト媒体のみ案件(画像加工などがない)
  • ワードプレス納品でない案件(ワードで納品する案件)

が望ましいと言えます。

文字単価は1円以上がベストですが、最初から取れない可能性もあるので、0.8円くらいまでなら良いでしょう。

クラウドワークスやランサーズは獲得するのが難しいですが、インディードやWantedlyであれば比較的早く仕事を獲得することができます。

1記事3000〜4000文字で1円以上の案件が取れれば、およそ3記事ほどで1万円に到達可能です。

カケル
カケル

いよいよ提案しましょう!素早く案件獲得を狙うなら、インディードかWantedlyがおすすめ!

案件が獲得できれば、記事を納品

案件獲得ができれば、クライアントの指示に従って納品しましょう。

なお、気を付けるべきポイントもたくさんあるので、後述します。

WEBライター初心者が気を付けるべきポイントとは?

WEBライター初心者が気を付けるべきポイントとは?

では、ここからはWEBライター初心者が気を付けるべきポイントについて解説していきます。

これからライターを目指すのであれば、以下のことは絶対に押さえておくようにしましょう。

  • テストライティングに命をかけるべし
  • 悪質なクライアントに気をつけよう
  • なるべく早く返信しよう

テストライティングに命をかけるべし

まず、絶対に覚えておいて欲しいことがあります。

それは、

最初のテストライティングが一番重要!!

ということです。これだけは声を大にして言いたい。

正直、テストを全身全霊でこなせば、おおよそ受かります

もちろんその後も手抜きはいけませんが、ある程度信頼を獲得すればクライアントも優しくなることが多いんです。

テストライティングは、

  • 誤字脱字を絶対に無くす
  • 納期よりも早めに提出
  • クライアントの要望に徹底して応える

などを意識しましょう。特に、誤字脱字なんて絶対にダメ。

継続が獲得できてからの誤字もダメですが、特に最初の誤字だけは絶対にいけません。

何度も見直して、渾身の1記事を仕上げるようにしましょう。

カケル
カケル

最初の1記事が一番重要!!気合い入れて書きましょう!

悪質なクライアントに気をつけよう

なお、仕事を取る時は悪質なクライアントに気をつけなければなりません。

例えば単価があまりにも安かったり、要望が増えすぎるなどです。

特にライター案件は詐欺みたいな案件だらけです。

初心者の頃はこうした案件の見分けがつかず、何回も騙されることになるでしょう。(僕も何回泣かされたことか・・・)

悪質なクライアントについては以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

ライターが気をつけるべきクライアント5選|WEBライターカケル|note
こんにちはカケルです。WEBライターは非常に参入障壁が低く、誰でも始めやすいことが魅力の職業ではありますが、最も難しいのは付き合うべきクライアントを見極めることです。 クラウドソーシングを見れば大量にお仕事があります。しかし、実際に仕事を受注してみると「あり得ないくらい単価が安い!」「想定していた仕事量よりも多い!」...

また、案件の選定に不安がある場合は僕のメンター講座にお申し込みいただければ一緒に選定を行わせていただきます!

▶︎カケルのライティングサポートお申し込みはコチラ

カケル
カケル

ライティング案件は悪質なものがたくさんあるので気をつけましょう!

なるべく早く返信しよう

最後に、即レスを心がけましょう。

嘘みたいな話ですが、レスポンスを早くするだけでクライアントの評価が爆上がりします。

「え?それだけ?」

と思われるかもしれませんが、実際にそうなのです。

僕も外注でライターに依頼した際、即レスで返ってくることはほとんどありません。

そのため、レスを早くするだけでもクライアントの信頼を高めることができますよ。

カケル
カケル

なるべく早い返信を心がけましょう!

WEBライター初心者が月1万円獲得した後は?

WEBライター初心者が月1万円獲得した後は?

では、ここからはWEBライターとして月1万円稼ぐことができたらどうすべきかについて解説します。

  • やりやすい案件だけ残していこう
  • 案件は3つ以上保有しておこう
  • 高単価案件を狙おう

やりやすい案件だけ残しておこう

1万円稼げた方に言いたいのは、そのまま営業のペースを加速させた方が良いということです。

というのも、案件によってもやりやすいものとそうではないものがあると思います。

例えば、

  • 同じ文字量でも修正の数が多い案件
  • 画像加工のある案件
  • リサーチに時間が掛かりすぎる案件
  • やりにくいクライアント

などは積極的に断るべき案件と言えるでしょう。

ライターはわざわざ辛い仕事を引き受けなくて良いのが魅力なので、ガンガン営業してやりにくいと感じる仕事は断っていくのがおすすめです。

カケル
カケル

やりにくい案件は断るようにしましょう!

案件は3つ以上保有しておこう

次に、案件はなるべく3つ以上保有しておくのがおすすめです。

というのも、ライティング案件はとにかくすぐ切られがち。

今月たくさん案件が貰えてても、来月は仕事がないということがよくあります。

そのため、1つの会社に依存しないよう気を付けるのが良いでしょう。

案件数にもよりますが、なるべく3つ以上の会社と取引しておくのがおすすめ。

カケル
カケル

案件は複数受注が基本です!

高単価案件を狙おう

このほかにも、1万円稼げたらどんどん高単価の案件を狙っていきましょう。

単価で言えば、文字単価2円以上の案件にも応募するのが良いです。

初心者の方は、

「自分には単価の高い案件はまだ早い」

と思いがち。しかしながら、単価が高くても低くても難易度はあまり変わらないケースも多いです。

そのため、自信を持ってガンガン営業していくのが良いでしょう。

なお、単価の高いジャンルは以下の記事にて。

文字単価の高いジャンルは?【WEBライター】|WEBライターカケル|note
こんにちはカケルです。今回の記事では、WEBライターを行う上で文字単価が高いジャンルについて解説します。 ただ、ここで記載しているのはあくまでこれまでお仕事をする中での経験談でしかありません。 文字単価はクライアントによるところでありますし、一概に言えることではないので、あくまで参考にする程度で理解していただければ...

WEBライター初心者はメンター利用がおすすめ!

WEBライター初心者はメンター利用がおすすめ!

最後に宣伝です!

私カケルはライティングメンターを行っております。

未経験からライターとして案件を獲得するまでの全てのサポートを行います。

受講者の中には、副業からスタートして独立された方も。

もし、これからライティングを開始する方で不安がある場合は、以下のリンクからお気軽にご相談ください。

レビューもたくさんいただいているので、ぜひご覧ください。

hihi03mega3さんのプロフィール|MENTA「教えたい人」と「学びたい人」のメンタープラットフォーム
プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。カケルと申します。WEBライター・ディレクターとして活動しており、日々ライティング業務に勤しむ日々です。ランサーズでは認定ランサーになっていま....
The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました