教師を辞めたい人へ。僕が教師を辞めて得たもの

教師を辞めて得たもの 辞めたい

こんにちはカケルです。僕は社会人になってからの3年間、高校の国語教師として働いていました。そして、あまりの忙しさとストレスのあまり体を壊し、最終的には教師を辞めることになりました。

そこから色々ありましたが、現在はWEBライターとして伸び伸びと生活しています。改めて思うのですが、僕は教師を辞めてみてたくさんのことを得ることができたと思っています。

今日は、教師を辞めて得たものについてお話ししていきます。現在仕事を辞めようか悩まれている方、特に教師の方には参考になるのではないかと思います。

時間

まず初めに、時間が増えました。教員というお仕事は本当に忙しいです。「忙しい」と一言で片付けられないほど、激務なのです。当時の僕の生活は、朝7時すぎには学校へ行き、そのまま21:00までは学校で働き、家に帰るのは22:00頃でした。

しかも、最も過酷なのは土日休みが存在しないことです。部活動を主顧問で持っていたため、土日も朝から夕方ごろまでは拘束されていました。まさに社畜と呼ぶにふさわしい職業だと思います。


教師を辞めた後は、少しだけ派遣社員として働いてもいましたが、忙しくはなかったです。世の中の会社員はこんなにも時間があるのかと思うほどでした。現在はWEBライターですので、完全に場所も時間も自由な状態を実現させています。

WEBライターでないとしても、教師ほど時間を拘束される職業は今の世の中ないのではないかと思います。働き方改革が推進される中で、全く変わらずブラックな環境ですので、まず得たものとしては時間でした。

固定概念からの脱却

二つ目に得たものは、固定概念がなくなったことです。教師だけではないかもしれませんが、公務員という職業には固定概念がついて回ります。これは「○○でないとだめだ」という考え方です。

〇〇には様々なものが入りますが、例えばちゃんと就職していないとダメだ。周囲からはエリートだと思われないとダメだ。親を悲しませてはダメだ。など、色々な固定概念が存在しています。

特に教師などの職業に就く人はそういった固定概念が強く、レールの上を歩いているような気分で生きています。教師を辞めることによって、そういったレールから外れるような感覚でした。こういった固定概念がなくなることで人生が楽しくなったように思います。

嫌われる勇気

教師を辞めて得たものとして、一番大きなものはこの嫌われる勇気でした。というのも、辞表を出すということには大変な労力が必要になります。職場の人はもちろん、親族などからも強い反対を受けることになります。

そういった批判や圧力を跳ねのけるには、誰になんと思われても自分のやりたいことをやるのだという強い気持ちが必要になるのです。そうして突き進んでいけば、必然的に多くの人から嫌われてしまいます。

しかし、嫌われても良いという勇気を持つことで、行動の幅が一気に広がりました。教師を辞めて得たものの中でも、この勇気を持つことができたのは本当に大きかったように思います。

まとめ

以上が、教師を辞めて得たものになります。一つの仕事を辞めるのは、非常に勇気がいるものです。しかし、強い信念と一歩踏み出す勇気さえあれば、人生は切り開いていくことができます。そのことを忘れず、明日からもがんばっていきましょう。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました