退職代行とは?現代で注目される理由やその具体的なメリットについて

退職代行とは?現代で注目される理由やその具体的なメリットについて 退職

退職代行とは、会社や組織に勤めている労働者の方が退職しようと思った際に、本人の代わりに退職の処理や手続きを行ってくれるサービスのことです。

業者が登場したのは2018年頃と新しく、最近では利用者の数も増えてきました。なぜ、現代でこうしたサービスが多くの方に利用されているのでしょうか。

今回の記事では、退職代行とは何かを解説し、現代で注目される理由やメリットなどを詳しく解説していきます。これから退職代行の利用をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行の概要について解説します

退職代行とは?

退職代行サービスとは、労働者本人の代わりに退職の手続きを受け持ってくれるサービスのことを言います。利用すれば退職に関する処理を全て業者が受け持ってくれるため、利用者の方はストレスなく会社を辞めることができるのです。

そのサービスの概要としては、労働者本人の意向を業者側から会社に伝えてもらい、会社を辞める上で必要な事務手続きを代行して行ってくれます。退職届の提出や、退職金の交渉など、話しにくいことまで全て業者が請け負ってくれることが魅力と言えるでしょう。

「いやいや、退職くらい自分で伝えろよ」

と思われる方もいらっしゃると思います。しかしながら、現代ではブラック企業と呼ばれるような会社が増えており、労働者側から退職の意向を伝えにくくなっている背景があるのです。

例えば不当な請求をされたり、退職することを拒否されるなど、多くの労働問題が発生しています。こうした社会的な問題が横行していることも、退職代行サービスが発展している原因と言えるでしょう。

退職代行が利用されるのは、社会的な問題も関係しているんですね!

退職代行が現代で注目される理由とは?

利用者が増えている退職代行サービスですが、なぜここまで注目されているのでしょうか。その理由としては以下のことが考えられるでしょう。

  • 退職の意向を伝えられない若者が増えている
  • 悪質な企業が増えている
  • 手間をかけたくない若者が増えている

以下では、それぞれについて詳しく解説していきます。

退職の意向を伝えられない若者が増えている

近年、自分の言葉で退職の意向を伝えられない若者が増えています。第三者から見れば、退職するということを会社に伝えるだけの単純な作業に思えますが、実際には見えないプレッシャーや陰口を言われるなど、ストレスが掛かることも多いです。

最近では相手が嫌がることを言葉にして伝えたり、「断る」ことができない若い人が増えている状態にあります。次の記事をご覧ください。

 退職代行の場合、ブラック企業やパワハラ上司の問題も潜むので、一概に若手社員だけを責めるつもりはありません。それでも、このサービスを利用すれば、ほとんどの場合、もう職場に足を運ぶことがなくて済む。やっかいな上司や同僚と顔を合わせることなく、退職の手続きが完了するわけです。

NOが言えない繊細な彼らにとっては願ってもないサービスであることは間違いありません。

引用:東洋経済ONLINE 若者が「退職代行サービス」を支持する真の理由

このように、断れない若者にとっては自分の代わりに意思を伝えてもらえるため、非常に利便性の高いサービスと認知されていることが分かります。

悪質な企業が増えている

若者の心理的な課題だけではなく、実際に悪質な業者が増えていることも事実です。法的に問題があるような要求を企業サイドから受けることも多くなっているというのが実情だと思います。具体的には、次のような内容が挙げられるでしょう。

悪質な企業の特徴
  • 退職届を受理してもらえない
  • 退職の意向を伝えると、上司から暴言や罵声を大声で浴びせられる
  • 退職したいと伝えると慰謝料を請求される
  • 辞めたいと言えば暴力をふるわれる

このように、そもそも退職できる職場ではない企業に勤めていれば、退職代行サービスを利用したいと考えるのも無理はないことと言えるでしょう。

民法627条では、次のような記載があります。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する

引用:民法第627条より

法律を見てもわかるように、本来、労働者はいつでも退職することができます。明らかに不当な要求をされる企業に対して、まともに取り合っていては話が進まないはずです。

こうした背景から、多くの人が退職代行サービスを求めているということも考えられるでしょう。

退職代行を利用するメリットとは?

では、具体的に退職代行を利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。その内容としては次のようなことが挙げられます。

  • ストレスを感じずに退職できる
  • 法に詳しい専門家に対応してもらえる
  • 不当な要求に応じなくて済む

以下では、それぞれについて詳しく解説していきます。

退職代行のメリットを知っておけば、利用する際の参考にできます!

ストレスを感じずに退職できる

退職代行サービスを利用するメリットとしてまず挙げられるのは、ストレスを感じずに退職できるということでしょう。やはり、退職するとなれば上司や同僚からの引きとめは避けられないことが多いです。

また、職場が忙しい時期であれば「なんで今辞めるの?」などと批判されることもあるでしょう。(本来、会社の問題なので関係ないはずなのに)

退職代行サービスは会社の人といっさい顔を合わさずに仕事を辞めることができます。そのため、煩わしい人間関係や手続きのストレスを感じないことが大きなメリットとなるのです。

法に詳しい専門家に対応してもらえる

退職代行サービスを利用すれば、弁護士など法律の専門家が自分の代わりに手続きを行ってくれます。中には会社側から違法な請求を受けたり、慰謝料を請求されるなどのトラブルに巻き込まれている方もいらっしゃるはずです。

そうした際にも専門家が手厚くサポートしてくれますので、心強い存在になるでしょう。自分だけではどうしようもない問題も解決することができます

不当な要求に応じなくて済む

労働者はどうしても弱い立場にあります。法律や会社の仕組みに詳しくなければ、不利な要求や理不尽な対応をされがちになるでしょう。

退職代行サービスはそうした状況にある方にも寄り添ったサポートを行ってくれます。現状、会社側から不当な要求をされている方は、気軽に相談してみると良いでしょう。

ストレスを感じないことや、専門家のサポートが受けられるのは魅力ですね!

退職代行を利用するデメリットとは?

上記のように様々なメリットのある退職代行サービスですが、もちろんデメリットも存在しています。主な内容としては次のものがあるでしょう。

  • 費用が掛かる
  • 中には悪質な業者がいる

以下では、それぞれについて詳しく解説していきます。

メリットだけではなく、デメリットも知っておきましょう!

費用が掛かる

デメリットとして代表的なものは、やはりコストが掛かることでしょう。自分で退職の手続きを行えば当然費用は必要になりません。しかし、退職代行サービスを利用することによって業者にお金を支払う必要が出てきます。

退職代行の相場としては、大体3〜5万円程度になっています。10万円以内で収まるため、そこまで大きな損失にはならないかもしれませんが、相場については押さえておきましょう。

ただし、コストが掛かるものの、企業から違法な請求をされている場合などにはむしろ安く済むというケースもあるはずです。費用面についてもしっかりと考え、利用すべきかどうかを判断することが大切です。

中には悪質な業者がいる

退職代行の中には、悪質な業者が存在していることもあります。もちろん、ほとんどの会社はまともなサービスを提供していることが多いですが、中には相場より高い料金を請求してくる業者もあるようです。

また、退職の手続きが上手くいかないなどのトラブルが発生する可能性もあります。このようなことにならないためには、しっかりとした業者選びが必要になるでしょう。

基本的には選び方を間違えなければトラブルに巻き込まれることはありません。見極めを丁寧に行い、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

退職代行を利用すべき人とそうではない人の違いとは?

退職代行について様々なことを解説してきましたが、実際には利用すべき人とそうではない人がいます。それぞれ、次のような特徴がありますので、あらかじめチェックしてみてください。

代行サービスを利用すべき人と、そうではない人の違いを押さえましょう!

退職代行を利用すべき人

退職代行を利用すべき人は、以下のような状態にある人です。

  • 自分だけでは解決できないような会社との法的なトラブルに巻き込まれている
  • 上司からパワハラを受けている
  • 精神的に追い込まれており、冷静な判断ができない

こうした状態にある人は、自分だけではどうしようもない問題を抱えていると言えます。専門家や第三者の力を借りるほかなく、退職代行サービスを利用すべきであると言えるでしょう。

また、一人の力ではそもそも退職できないという可能性もあります。問題を抱え込まず、他の人の力を借りることをおすすめします。

退職代行を利用すべきではない人

反対に、退職代行を利用すべきではない人というのは、以下の特徴を持っている人です。

  • ただ退職の手続きを行うのが面倒
  • 精神的には余裕があり、自分だけでも対応できる
  • 職場の人にしっかり感謝を伝えて辞めたい

このような特徴を持っている人は、基本的に自分だけで対応することができると思います。ただ手続きが面倒なだけであれば、やはり社会人のマナーとして自ら処理することが望ましいでしょう。

また、退職代行を利用すれば会社の人からは良く思われないことが多いです。そのため、感謝の気持ちを伝えて辞めたい人は利用しない方が良いでしょう。

退職代行とは?:まとめ

今回の記事では、退職代行の概要について解説しました。

まとめ
  • 退職代行サービスは、現代の労働問題を解決する上で多くの人から求められる存在である
  • ストレスを感じずに退職できることや、専門家のサポートを受けられるメリットがある
  • 費用が掛かることや、悪質な業者を見極めなければいけないことはデメリットである
  • 自分だけで解決できない場合には利用した方が良い

退職代行サービスは不当な請求をされている労働者や解決できない問題に対処する上で非常に便利なサービスです。ただし、利用する際にはコストや業者をよく見極めた上で利用する必要があるでしょう。

コストや業者選びにだけ気をつけ、より良いサービスを利用しましょう!

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました