退職代行の費用はいくら?退職代行の評判やメリットも詳しく解説!

退職代行の費用は? 退職

近年、退職代行サービスを利用する人が増えています。その背景にはブラック企業の増加や自分で退職の意向を伝えにくい雰囲気があるなど、様々なことが要因していることが考えられます。

実際に退職代行サービスの利用をお考えの方は、どれくらい費用が必要になるのか気になる方も多いのではないでしょうか。そこで、今回の記事では退職代行サービスの費用について具体的に解説していきます。

退職代行の費用について解説します

退職代行の費用は?

早速ですが、退職代行の費用について解説していきます。退職代行の費用はその種類によっても異なりますが、主に以下のようになっていますので事前に確認しておくようにしましょう。

退職代行における3つの種類と相場
  1. 弁護士による退職代行(50,000円ほど)
  2. 労働組合による退職代行(30,000円ほど)
  3. 通常の業者による退職代行(20,000円ほど)

このように、退職代行サービスはそのサービス内容によって料金が異なっています。最も費用が掛かるのは弁護士による退職代行サービスを利用する場合です。やはり、法のプロフェッショナルによるサービスを利用するだけあって、50,000円程度のコストが必要になります。

また、労働組合が運営している退職代行サービスであれば弁護士ほど費用が掛かりません。労災の認定など、より高度な法律に関連するトラブルがない場合には労働組合による退職代行サービスを利用してもよいでしょう。

それ以外の業者も、場合によっては検討するのも良いです。できるだけコストを抑えたい場合には、一般的な企業が運営している退職代行サービスを利用しましょう。

どの種類を利用するのか見極めましょう!

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行のサービス内容は?

退職代行サービスの費用相場については上記で解説した通りですが、実際のサービス内容にはどのようなものがあるのでしょうか。

退職代行サービスは弁護士によるものと、それ以外で内容が異なります。それぞれ主に以下のような内容になりますので、利用する前に把握しておきましょう。

弁護士による退職代行サービス
  • 退職の意志を会社に伝えてもらい、退職に関する交渉を行ってもらう
  • 利用者と会社間の引き継ぎや備品の返却をサポートする
  • 有休消化や残業代など、会社側と交渉を行う
  • 訴訟問題に発展する際には状況によって訴訟提起する
弁護士以外の退職代行サービス
  • 退職の意向を会社側に伝える
  • 備品返却などを依頼者に取り次ぐ

このように、弁護士による退職代行サービスでは会社と残業代や有給消化などの交渉も行ってくれることが大きな特徴であることが分かります。

これは弁護士や労働組合以外の人が報酬を目的として代理で交渉を行えば、弁護士法に違反してしまう可能性があるからです。そのため、法的な手続きや交渉を行ってもらいたい場合には、弁護士による退職代行サービスを利用するのが良いでしょう。

ただし、労働組合が運営している退職代行サービスも交渉を行ってくれますので、より専門的な問題になる心配がない場合には労働組合が運営している退職代行サービスを利用するのも選択肢の1つと言えます。

不安な場合には、弁護士の退職代行サービスを利用しましょう!

退職代行が現代で求められる理由とは?

近年、利用者の数が増えている退職代行サービスですが、なぜここまで多くの人に求められるサービスとなっているのでしょうか。その主な理由としては以下のことが考えられるでしょう。

  • どの会社も人手が足りていない
  • 労働者の考え方が変わった
  • 労働者を酷使する企業が増えた

以下では、それぞれについて詳しく解説していきます。

どの会社も人手が足りていない

まず考えられるのは、どの会社も人手が足りていない状況になっているということです。パーソナル総合研究所が作成した「労働市場の未来推計2030」によれば、2030年には約644万人もの人手不足に陥ることが予測されています。

この話だけを聞くと、「人手不足と退職代行サービスにどのような関係があるの?」と思われるかもしれません。

しかし、人手不足によって次のような問題が発生するのです。

  • 労働者一人あたりの負担が増加
  • 職場のストレスが高くなる
  • 退職しにくい空気になる

このように、人手不足というのは労働者に対する負担を増加し、現場のストレスを高めます。そして徐々に労働者は疲弊していくことになり、辞めたいという人も出てくるでしょう。

しかし、人手が足りていないために退職できない空気があります。また、会社としてもただでさえ少ない労働力を減らしたくないという状況になるのです。そして辞めさせないように脅迫したり、退職できないように嫌がらせを行う企業も発生します。

こうした背景があり、退職代行サービスの需要も高まることになるのです。

どの業界も人手不足で、労働者が疲弊している背景があります!

労働者の考え方が変わった

労働者個人の考え方が変わったことも、退職代行サービスの需要が高まっている理由の一つとして考えられるでしょう。これまでの日本では、以下のような考え方が主流でした。

  • 長く働くことが偉いという価値観
  • 続けることが大切
  • 終身雇用で最後まで働けば報酬がもらえる

しかし、現代の日本ではすでに終身雇用制度が崩壊しており、年功序列よりもスキルや実績が重視される時代に入ってきていると言えます。現在主流なのは次のような考え方です。

  • 効率的に働く
  • スキルを身につけて市場価値の高い人材になる
  • ライフワークバランスの充実を図る

ライフワークバランスが重視されるようになり、市場価値の高い人材が社会全体で求められています。そのため、残業代が支払われないなど、正当な報酬を払わない企業には厳しい目が向けられているのです。

こうした流れの中で、労働者自身も需実した環境を求めています。そこで退職代行サービスが注目されていると言えるでしょう。

ライフワークバランスが重視され、みんなより良い環境を求めています!

労働者を酷使する企業が増えた

現代では、ブラック企業と言われるような企業が増えました。かつての日本では長く働くことが良いとされていた状況もあり、多少過酷な環境でも問題になりませんでした。

しかし、先ほど解説したように、現代ではライフワークバランスが重視されています。そうした環境下において、人々はブラック企業を避けたいと考える状況にあるのです。

新卒で運悪くブラック企業に入社してしまった方などが積極的に退職代行サービスを利用する傾向にあります。

ブラック企業が増えたことも、退職代行の利用者が増えた要因です!

退職代行のメリットは?

退職代行を利用するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。その内容としては様々なことが挙げられますが、主なものは以下の通りです。

  • 会社の人と顔を合わせることなく辞められる
  • 煩雑な手続きを行わなくて済む
  • 横暴な会社からの要求に対応できる

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

会社の人と顔を合わせることなく辞められる

まず、退職代行を利用する最大のメリットとしては、会社の人と顔を合わせることなく仕事を辞められるというものでしょう。退職代行サービスを利用する多くの人は、できるだけ会社の人に会いたくないと考えています。

退職を切り出せば会社の人と関係が悪化することも多く、実際に辞めるまで苦しい時間を過ごすことになるでしょう。しかし、退職代行サービスはこうした気まずさや辛い思いをせずに、スムーズに退職の手続きを進められることが魅力です。

退職代行は、職場の人と顔を合わせずに退職できます!

煩雑な手続きを行わなくて済む

退職代行サービスを活用すれば、煩わしい手続きを行う必要がありません。業者の人があなたの代わりに退職に関する手続きを行ってくれますので、最低限の書類の処理や退職届の作成などを行うだけで大丈夫です。

劣悪な環境である会社では、退職に際して書類がもらえなかったり、嫌がらせをされるなどの心配もあります。しかし、第三者が間に入って退職の手続きを進めてくれることで、そのような事態にならずに済むことも魅力と言えるでしょう。

面倒な手続きを省略することができます!

横暴な会社からの要求に対応できる

退職代行サービスを利用する方の中には、会社からの横暴な要求を受けている場合も多いです。例えば、退職届を提出したものの拒否されたり、上司から日常的にパワハラを受けているなどが挙げられるでしょう。

自分一人ではこのような問題に対応することは難しく、泣き寝入りしてしまうケースも見られます。しかし、退職代行サービスを利用することでこのような状況にも対応することができます。

また、労働組合や弁護士が運営している退職代行サービスを利用することで、法的なトラブルにも対処可能です。自分だけでは解決できないトラブルに巻き込まれている場合には、一度退職代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

自分だけではどうしようもない要求にも対応できます!

退職代行のデメリットは?

上記では退職代行サービスを利用するメリットについて解説しましたが、いくつかのデメリットも存在しています。利用する前には、次のようなことも押さえておきましょう。

  • コストが掛かる
  • 即日退職できないこともある

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

コストが掛かる

退職代行サービスを利用するデメリットとしてまず挙げられるのは、コストが掛かることでしょう。退職の手続きを業者に依頼せずに自分で行う場合、当然ですがコストが発生しません。

しかし、先ほど解説したように退職代行サービスの相場としては3〜5万円ほどとなっています。そのため、それほど高額な金額ではないにしてもある程度の費用が必要になるのです。

本来は必要ないはずの費用が発生することは、利用する上でデメリットとして理解しておくべきでしょう。

コストが掛かることは押さえておきましょう!

即日退職できないこともある

退職代行サービスの中には、即日で退職できることを謳っているものもあります。しかし、書類の整理や処理など、様々な手続きを行う必要がありますので、実際には即日で退職できるケースばかりではありません。

今日明日中に退職したいという方がほとんどだと思いますが、実際にはそうしたスピーディな退職ができない場合も多いことを理解しておきましょう。特に、公務員などでは即日での退職はかなり難しいと言えます。

ただし、退職代行サービスを利用することで第三者が自分の代わりに手続きを行っってくれますので、退職に関するストレスが掛からないというメリットもあります。

必ず即日で退職できるわけではありません!

退職代行の評判は?

気になる退職代行サービスの評判ですが、主に以下のようなものがあります。


このように、Twitter上では退職代行サービスを利用してよかったという声が目立ちました。やはり、みなさん退職する際の手続きの煩雑さや気まずさをストレスに感じているようですね。

ただし、その反面で次のような意見もありました。

退職代行を使ってよかったと感じている方がいる一方で、微妙だったという方も。

また、代行サービスを利用したのに自宅まで会社の人が押しかけてくることもあるようです。このようなことにならないためには、退職代行業者をしっかりと選ぶことが大切になるでしょう。できれば、弁護士による退職代行サービスが最も心強いです。

良い評判と悪い評判の両方を見ておきましょう!

退職代行の手順は?

退職代行サービスの利用手順について気になるかたもいらっしゃると思います。業者によっても多少の違いはありますが、主な流れは次のように進めることになります。

  • 電話かLINE上で業者に相談を行う
  • 料金を振り込む
  • 退職代行を実行してもらう

以下では、それぞれの内容について解説していきます。

①電話かLINE上で業者に相談を行う

まず、電話もしくはLINEで業者に相談を行います。現在の退職代行サービスはLINEで申し込みを受け付けていることも多く、気軽に相談することが可能です。無料でカウンセリングを行ってくれる業者もありますので、状況によっては利用すると良いでしょう。

もし、より細かく相談したい場合や、利用したい業者がLINEでの対応を行っていない場合には電話で相談すると良いでしょう。

②料金を振り込む

申し込みが終われば、料金を支払いましょう。退職代行サービスは基本的に先払いシステムが採用されています。そのため、サービスの前に料金を入金する必要があります。

クレジットカードと銀行振込のどちらかで行えることが多いですので、入金を行うようにしましょう。入金が完了すれば、退職に必要な質問フォームが送られてきます。

③退職代行を実行してもらう

実際に退職代行サービスに退職代行を行ってもらいます。代行中には電話やLINE上で業者とやりとりすることもできますので、適度に連絡を取りながら退職を進めていくようにしましょう。

退職代行の選び方は?

退職代行はどの業者を選ぶのかが非常に重要になります。実際に退職代行サービスを利用する際には、以下のようなことに着目して選ぶようにしてください。

  • 追加料金が掛かるかどうか
  • 弁護士の監修があるか
  • 対応は丁寧か

それぞれ、以下で解説していきます。

追加料金が掛かるかどうか

コスト面については最初に確認するようにしましょう。基本的に退職代行サービスの相場が3〜5万円ほどになっています。もしそれよりも高額な金額を請求される場合には、別の業者を探した方が良いと言えるでしょう。

また、業者によっては追加料金が設定されている場合があります。例えば残業代の獲得や有休消化の交渉日数などによって追加で料金が発生することもあるでしょう。

そのため、事前にどのような料金設定になっているのかについてチェックしておくことが大切です。利用してから予想していたよりも費用が必要になってしまうということにならないよう気をつけましょう。

それぞれしっかり見ておきましょう!

弁護士の監修があるか

先ほども解説したように、退職代行サービスは大きく分けて弁護士が運営しているものとそうではないサービスに分かれています。そのため、利用しようとしている業者が弁護士の監修のもと運営されているのかについても確認しておくことが大切です。

もし、労災認定や残業代の交渉などを行う場合には弁護士や労働組合が運営している退職代行サービスを利用しなければなりません。

弁護士の監修があるか、確認しましょう!

対応は丁寧か

上記のこと以外にも、業者の対応が丁寧かどうかについても確認しておくようにしましょう。例えばLINE上でのやりとりが適切なものであったり、返信が丁寧可動化をチェックすると良いでしょう。

返信がいつまで経っても返ってこない場合や、明らかに雑な対応をするような業者には依頼しない方が賢明と言えます。退職代行サービスは先払いシステムになっているので、できるだけ最初の段階で業者を見極めることが大切になるでしょう。退職代行のおすすめサービスは?

受け答えもしっかりチェック!

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

まとめ

退職代行サービスを活用すれば、会社とのトラブルや労働問題など、様々なことに対応することができます。現状、会社側から無理な要求や脅迫を受けている場合にも、第三者が間に入ってくれることでスムーズに対応することができるでしょう。

ただし、退職代行サービスを利用する際にはそのコストやどの業者を利用するのかについてよく検討することが大切です。法的なトラブルに発展しそうな場合には、できるだけ弁護士による退職代行サービスを利用するのが望ましいと言えます。

上手く退職をすすめるためにも、業者の選び方が非常に重要になるでしょう。今回の記事を参考にして、適切な退職代行業者を選ぶようにしてください。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました