教員の転職先とは?元教員がおすすめの転職先を詳しく解説!

教員 転職先 教師

「教員になったけど、思っていたより労働環境が過酷すぎる」

「実際に仕事をする中で、転職したいと思うようになった」

そのような方はいらっしゃらないでしょうか。

私も、過去に3年間ほど教員として働き、転職した経験があります。

実際に働いてみると、厳しい労働環境ゆえに辞めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、教員から異なる職種へ転職したい人に向けて記事を制作していきます。

教員から転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

塾や予備校などの講師

教員の転職先としてまずおすすめなのは、塾や予備校の講師です。

生徒に対する仕事という面で、共通している部分があります。

そのため、子供が好きな人にはおすすめの転職先と言えるでしょう。

塾や予備校であれば、これまでの教員経験を生かしてお仕事をすることができます。

授業スキルや指導力などを活かして仕事がしたい方は、検討してみてはいかがでしょうか。

教材開発や教材制作

教材に関する企業に就職する方も、教員からの転職先として多いようです。

具体的には教科書などを出版している会社や、塾・予備校などの教材を制作している会社で働くことになります。

教材に関連する転職先であれば、これまで培ってきた教科の専門性を活かしつつ仕事に取り組めることもあるでしょう。

教材に関連する仕事は教材を研究する思考力などが求められます。

また、ただ分かりやすい教材を考えるだけではなく、学習指導要領などを踏まえた教材作りなどを行わなければなりません。

そのため、多方面での能力が求められる仕事と言えるでしょう。

営業職

教育関連のお仕事以外で多いのが、営業職への転職です。

営業にはお客様の意見を聞くためのヒアリング能力や、上手く商品の魅力を伝えるためのプレゼン力などが求められます。

そのため、普段から生徒へ向けて授業を行っている教員との相性が良い職業と言えるでしょう。

ただし、ノルマの達成や数字を上げることが必要になります。

そのため、教員時代とは異なって結果を出すことが重要になる点には注意しておいた方が良いでしょう。

そもそも、教員を転職したい理由とは?

上記では教員からの転職先をご紹介しましたが、そもそもなぜ教員を転職したいと思うのでしょうか。

以下では教員から転職したいと思う理由について具体的に解説していきます。

労働時間が長すぎる

教員から転職したい理由としてまず挙げられるのは、その労働時間の長さでしょう。

教員の労働時間はかなり長いです。

私も平日は14時間以上、土日も休みなく働き続けていました。

ここまでブラックな環境であることは実際に働き出すまで分からず、教員になってから辛い思いをしている人も多いのではないでしょうか。

休みがない期間が続けば、それだけストレスも溜まりやすく、精神的にきつい状態にある人も多いでしょう。

もし、毎日が辛いと感じているのであれば、転職を検討した方が良いかもしれません。

人間関係が辛い

人間関係が辛いことも、教員を退職したい理由として考えられます。

教員は非常に多くの人と関わらなければなりません。

生徒はもちろんですが、上司や同僚の先生、保護者、他校の先生と、配慮しなければいけない人がたくさんいます。

良い人ばかりであれば問題ありませんが、中にはクレームや無理難題を言ってくる保護者もいるのです。

そのため、窮屈な人間関係が嫌になって転職をしたいと思われる方もいらっしゃいます。

専門性が身に付かない

教員は非常に魅力的な職業ですが、市場価値の高いスキルが身に付かないのはデメリットと言えます。

実際、私も3年間働いた中で授業スキルや指導力を高めることはできました。

しかし、社会で市場価値が高いスキルはほとんど習得することができません。

収入を高めたいと考えていたり、市場価値の高い能力を向上させたいと考えている人にとっては、これらのことも転職したい要因となっているようです。

まとめ

今回は、教員の転職先についてご紹介しました。

教員は非常に過酷な職業ですので、転職したいと思うのも無理はないことだと思います。

もし、これから転職をお考えなのであれば、どのような業種に転職するかを見極めた上で決断することが大切になるでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました