仕事を辞めるのは甘え?甘えでない理由や辞める前に考えることを解説!

仕事を辞めるのは甘え 辞めたい

仕事に疲れてしまった。

もう辞めたい。

でも、仕事を辞めるのって甘えなのではないか?

そのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

社会人になれば、誰しもが一度は仕事を辞めたいと感じたことがあるはず。

私も、過去に2回の転職を経験していますが、何度も仕事を辞めたいと感じました。(実際に辞めている)

仕事を辞めたいと感じるとき、多くの方が悩むのは「甘え」ているのではないかという自分の葛藤です。

真面目な人ほど自分を追い込みやすく、「仕事を辞めたいと思うなんて、甘えている」と感じがちです。

そこで、今回の記事では仕事を辞めたいという気持ちが甘えなのかということや、どうして辞めることを決断するのかなどについて詳しく解説していきます。

これから転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事を辞めるとき、甘えではない理由とは?

結論から申し上げると、仕事を辞めることは全てが甘えではありません。

誰しもが一度は考えるこの悩みは、実際に直面してみると甘えていると思い込んでしまいがち。

しかし、本来こうした気持ちになるのは必ずしも甘えているということばかりではないのです。

以下では、仕事を辞めるのは甘えではないケースの理由について詳しく解説していきます。

他にやりたいことがある場合

他にやりたいことがあるという場合には、仕事を辞めてしまっても甘えではないと言えるでしょう。

例えば、働きながら他に目標ができ、今の会社では関わることができない業種である場合などです。

音楽系の仕事がしたいのに、営業の仕事に就いているなど、分野が全く違う場合には転職する以外にやりたいことを行う選択肢がありません。

そのため、やりたいことが他に明確になっているのであれば、仕事を辞めても甘えではないと言えるでしょう。

会社の将来に不安がある場合

会社の将来に不安がある場合も、甘えではないと言えます。

例えば、賃金の未払いが発生していたり、会社そのものが倒産しかけている場合などです。

こうしたケースでは、そもそも生活ができなくなってしまう可能性もあるためすぐさま転職先を探しておいた方が良いと言えます。

よくあるのは会社に対する恩義やこれまでの感謝の思いから、転職に踏み切れないパターンです。

しかし、会社に対する恩がいくらあったとしても、まず守るべきは自分の生活や人生でしょう。

そのため、気にすることなく転職先を探すことをおすすめします。

合わせて読みたい

仕事を辞めたい!今の仕事は向いてない?向き不向きの判断法を解説!

残業や休日出勤が多すぎる場合

会社の労働環境は適切でしょうか。

もし毎日遅くまで残業があったり、休日出勤が当たり前のような空気感であれば、勤めている会社はブラック企業である場合があります。

そうした会社では残業する音が美学のように扱われていることも多く、内部にいると感覚が麻痺してしまっていることも多いです。

しかし、深夜まで残業があることや、土日も全て出勤というのは異常な状態です。

このような環境で働いているのであれば、すぐさま転職を検討した方が良いでしょう。

職場の人間関係が劣悪すぎる場合

人間関係の悩みは、どのような職場に行ってもあるかもしれません。

合う人と合わない人がどうしてもいると思うので、なんとなく嫌だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、あまりにも関係性が悪すぎる場合には、転職も視野に入れる必要があります。

例えば、次のようなケースでは、転職を検討した方が良いでしょう。

  • 上司から暴言を受ける
  • 人格を否定するような言動が多発している
  • 暴力を受ける
  • 毎週、あるいは数日おきで飲み会を強制される

このようなケースでは、長い間働いていると精神を病んでしまう可能性もあります。

もし、上記の特徴に当てはまる場合には、転職を選択肢に入れておくようにしましょう。

精神を病んでいる場合

最後に、現状すでに精神を病んでいる場合には、仕事を辞める決断をしても、甘えではありません。

そもそもあなたが働いている理由は何でしょうか。

多くの人は、生活をするためにお仕事をしています。

にもかかわらず、精神を病んで健康を害してしまっては元も子もないでしょう。

もし、死にたいと感じていたりベッドから起き上がれないなど、精神状態に異常があるのであれば、転職も検討してみることをおすすめします。

仕事を辞める前に、一旦考えておくべきこと

上記では、仕事を辞める決断をする際に、甘えではない理由について解説しました。

しかし、転職というのは人生においてかなり大きな決断となります。

そのため、実際に転職すべきかどうかについてはよく考えたほうが良いでしょう。

以下では、仕事を辞める前に一旦考えておくべきことについて詳しく解説していきます。

現在の仕事を辞めて解決する問題なのか考える

今、あなたは仕事を辞めたい気持ちでいっぱいだと思います。

きっとすぐにでも辞表を出して楽になりたいと考えているでしょう。

しかし、あなたの悩みは本当に現在の仕事を辞めて解決する問題なのでしょうか。

例えば、以下のような問題であれば、環境を変えても上手くいかない可能性が高いです。

  • 何となく辛いという曖昧な気持ちで辞めたいと思っている
  • 短い間しか働いていないが、面白みがないと感じている
  • 朝起きるのが辛くて辞めたいと思っている
  • 次にやりたいことが明確になっていない

このような状態は、全て自分がどうなりたいのかがはっきりしていないことを表しています。

どのような職に転職して、どんな自分になりたいのかが曖昧な状態で転職したとしても、きっと同じことになるでしょう。

そのため、もう少ししっかりと考えをまとめた上で、仕事を辞める決断を下すことをおすすめします。

退職以外に選択肢がない問題なのか考える

辞めたいと考えているときというのは、どうしても視野が狭くなりがちです。

しかし、本当に辞める以外に選択肢がないのかということにはよく考えておくようにしましょう。

例えば、次のような場合には、もう少し考えてみた方が良いかもしれません。

  • 仕事を覚えたり、業務を効率化することで問題が解決する場合
  • 部署異動によって問題が解決する場合
  • 一時的な問題で、時間の経過によって問題が解決する場合

こうしたケースでは、必ずしも退職することが正解とは言えないでしょう。

そのため、本当に辞める以外に選択肢がないのかについてはよく考えることが大切です。

自分がやりたいことを真剣に考える

あなたは、仕事を辞めた後に何をするのかが明確になっているでしょうか。

もし、何となく仕事を辞めたいだけで、辞めた後にどうするのかが曖昧なのであれば、もう少し退職を待ってみた方が良いでしょう。

なぜなら、曖昧な気持ちで退職しても次の職場でも同じことになる可能性が高いからです。

また、仕事が嫌だという理由だけでは、面接の際にはっきりとして志望動機も用意することができないでしょう。

  • 次の職場で、自分はどんな仕事がしたいのか
  • 自分のキャリアはどのように歩んでいきたいのか
  • どんなスキルを身につけたいのか
  • なぜ、今の仕事は向いていないと思うのか
  • 自分に向いている仕事とはどのようなものなのか

こうしたことをあらかじめ自問自答しておくことが大切です。

一つ一つを真剣に考え、自分自身と向き合った上で転職すべきかどうかを見極めるようにしましょう。

まとめ

社会人になれば、誰しも一度は仕事を辞めるかどうかを悩むはず。

そうした時には自分が甘えているのではないかと苦しむこともあるでしょう。

しかし、そうした葛藤は非常に大切です。

人は悩むことによって成長することができます。

また、よく悩んだ上で出した結論というのは後悔することがありません。

今回の記事を参考にして、実際に仕事を辞めるかどうか、また、甘えなのかどうかを見極めるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました