適応障害に向いてる仕事とは?向いてないのはどんな仕事?

適応障害に向いてる仕事 退職

適応障害に向いてる仕事が知りたい

転職を検討する上で、適性のある仕事に就職したい

このようにお悩みではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、実際に適応障害と診断されたことのある筆者が、適応障害の方に向いてる仕事をご紹介します。

この記事を読めば分かること
  • 適応障害に向いてる仕事5選
  • 適応障害に向いていない仕事とは?
  • 適応障害の方が仕事を選ぶ時のポイントは?
  • 適応障害の方におすすめの転職サポートサービスは?

適応障害に向いてる仕事5選

では、適応障害に向いてる仕事を5つほどご紹介します。

  • 事務職
  • 経理職
  • データ入力
  • 役所職員
  • WEB系の仕事

事務職

適応障害の症状は生活の中で差があります。

感情が不安定な時もいれば、安定している時もあるでしょう。

どのような状態にも対応するためには、なるべく休みを取りやすい仕事に就職するのがおすすめと言えます。

事務職であれば普段の仕事も固定化されており、比較的休みも取りやすいです。

また、営業職などとは異なり、密接な人間関係を求められないのも魅力と言えるでしょう。

経理職

経理職も、適応障害との相性が良い仕事です。

上述したような事務職同様、対人での仕事が比較的少なく、適応障害でも向いている仕事と言えます。

また、経理のスキルは汎用性があり、転職市場でも重宝されるのも大きな魅力です。

ただし、経理には簿記などのスキルが求められるケースも多く、事前にある程度勉強しておく必要があります。

転職前に簿記資格2級程度を取得しておくと良いでしょう。

データ入力

データ入力とはWordやエクセルといったソフトで、顧客データなどを入力する仕事を言います。

簡易的に行える上に現在では在宅勤務で行える企業も多く、自宅にいながら働けるケースも。

どうしても対人で仕事をしたくないという人にはうってつけの仕事と言えるでしょう。

ただし、正社員としての雇用はあまりないので、その点は注意する必要があります。

役所職員

役所職員も、福利厚生が整っており、適応障害の方に向いてる仕事と言えます。

場合によっては休職制度も用意されているため、休みたいと思った時には利用してしばらく休養することも可能です。

ただし、公務員試験の難易度は高く、現場でも対人関係が求められるため、安定性を求めない人には適していないかもしれません。

WEB系の仕事

個人的に一番おすすめなのはWEB系のお仕事です。

実際、僕自身も一度適応障害と診断されたことがありますが、現在はWEB系の仕事に転職しています。

対人スキルがなくともやっていけるので、非常におすすめです。

具体的な求人などは転職エージェントに登録して、自分に合ったものを探してみましょう

以下のリンクから無料で登録できるので、まずは登録しておくのがおすすめです。

特に、WEB系の在宅でできる仕事を探してみてはいかがでしょうか

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

適応障害に向いていない仕事とは?

では、ここからは適応障害の方に向いていない仕事について解説していきましょう。

  • ノルマなどがある仕事
  • 対人関係が最重要な仕事

ノルマなどがある仕事

まず、ノルマがある仕事は向いていないと言えます。

具体的には営業職など、毎月のノルマが課せられる仕事は向いていません。

ストレスが掛かり、症状が悪化してしまう可能性があるでしょう。

なるべく自分のペースで仕事ができる職種を選ぶことが大切です。

対人関係が最重要な仕事

また、密接に人と関わる仕事も好ましくありません

対人ストレスで適応障害を発症したという方も多いのではないでしょうか。

接客や営業など、人と常に接する必要がある仕事は向いていないと言えます。

WEB系の仕事や事務職など、場合によっては在宅でも行えるような仕事を選ぶのがおすすめです。

適応障害の方が仕事を選ぶ時のポイントは?

では、ここからは適応障害の方が仕事を選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

  • 転職を焦らない
  • 自分の特性に合った仕事を選ぶ
  • 転職先のリサーチを欠かさない

転職を焦らない

まず、転職を焦らないことが大切です。

特に一度退職してから転職活動を始めている方は、次のように思いがち。

  • 早く就職して落ち着きたい
  • どこでも良いから転職したい
  • 雇ってくれればどこでも良い

こうした考えのもと転職活動を行っても、良い企業に就職できる可能性は低いです。

また、適当に選ぶと症状が悪化して、また転職する事態になりかねません

自分の特性に合った仕事を選ぶ

転職先は、自分の特性に合った仕事を選びましょう。

  • 対人関係が苦手
  • マイペースで仕事がしたい
  • 在宅で働きたい

など、それぞれの適性があるはず。

こうしたことを転職前に分析しておき、転職活動に踏み切ることが大切です。

転職先のリサーチを欠かさない

転職する際には、転職先のリサーチを欠かさないようにしましょう。

多くの求人に目を通し、自分に最適なものを選択することが大切です。

転職エージェントに登録しておき、色々な求人を見てから決めるようにしましょう。

アカウントを登録すれば専任のアドバイザーに相談しながら転職活動を進められるので、まずはアカウントを作成しておくのがおすすめです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

適応障害の方におすすめの転職サポートサービスは?

最後に、これから適応障害の方が転職する場合、利用すべき転職サポートサービスをご紹介します。

  • 転職するなら転職エージェントの登録がおすすめ
  • まず登録しておくべき転職エージェント
  • 20代の方が登録しておくべき転職エージェント

転職するなら転職エージェントの登録がおすすめ

転職活動を始めるなら、まず最初に転職エージェントに登録しておきましょう

転職エージェントに登録すれば、以下のようなメリットがあります。

  • 多様な求人情報を入手できる
  • 自分に合った仕事を紹介してもらえる
  • 面接対策や履歴書の添削を行ってもらえる

など、転職する上で必要なサポートが一通り受けられるのです。

豊富な求人の中から自分に合った仕事を見つけることができるため、まずは登録しておくのが良いでしょう。

まず登録しておくべき転職エージェント

引用:リクルートエージェントホームページより

どのような世代の方でも登録しておくべき転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

  • 業界内でも最多の求人数
  • 丁寧な対応
  • 年代に関わらず求人を紹介してもらえる

など、世代に関係なく多様な求人があり、最初に登録しておくべきエージェントと言えます。

もちろん、利用は無料で行えるので、これから転職する予定のある方はまず登録しておきましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

20代の方が登録しておくべき転職エージェント

このほかにも、20代の方であれば若手に特化した転職エージェントも存在しています。

若手のハイキャリア求人に特化したエージェントである「キャリアスタート」では、20代の方に向けて多様な転職先を紹介しています。

また、エージェントも同年代の若手の方が多く、同世代から手厚いサポートが受けられるのも魅力の一つ。

非常に話しやすい雰囲気で丁寧な面談を行ってもらえます。

気になる方は以下のリンクから利用してみてはいかがでしょうか。

▶︎若手専門の転職サポートエージェント

まとめ

今回の記事では、適応障害の方に向いてる仕事についてご紹介しました。

  • 自分の特性に合わせた仕事を選ぶのがおすすめ
  • 事前のリサーチをしっかり行うことが大切
  • 転職サポートが受けられるサービスを利用しよう

現在では転職の支援を行ってくれるサービスも多く、そうしたものを利用すればスムーズに転職を進めることができます。

上記で解説したようなサービスを利用し、効果的に転職を進めるのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました