仕事が楽しくない、辞めたい時の対処法!だめなら転職もあり?

仕事が楽しくない、辞めたい 未分類

仕事が楽しくない、辞めたいと思った経験はありませんか?

社会人として働いていれば、誰しも一度は持つ悩みでしょう。

この記事では仕事が楽しくない、つまらないと感じる理由とその対処法を紹介します。

対処法を知れば、仕事の憂鬱さも少しは軽くできるかもしれません。

仕事が楽しくない、辞めたい時の対処法を解説します!

この記事を読めば分かること
  • 仕事を辞めたいと感じる理由
  • 仕事が楽しくない時の対処法
  • 転職して好転する人とそうでない人の違い

仕事が楽しくない、辞めたいと思うのはなぜ?

仕事が楽しくない、辞めたいと思うのはなぜ?

仕事が楽しくないと思うのはなぜでしょう?

仕事が楽しくないのは当たり前、つまらないのは仕方がないことという人もいます。

しかし、世の中には仕事を面白いと感じて働いている人もいます。

必ずしも「仕事=つまらないもの」ではありません。

では仕事を楽しくないと思うのはなぜでしょうか?

以下ではその理由について具体的に解説していきます。

仕事が楽しくない、辞めたいと思う理由
  • 人間関係が悪い
  • 仕事が向いていないと感じる
  • やりがいを感じられない、誰のためにやっているか分からない
  • 同じことの繰り返しで新鮮味がない
  • 業界、業種に興味を持てない
  • 会社に評価されない
  • 仕事量が多すぎて余裕がない
  • 仕事の難易度が高く結果が出ない

人間関係が悪い

社会人は1日の大半を職場で過ごします。職場の人といる時間が家族よりも長いという人もいるのではないでしょうか?

そんな場所で上司や先輩と折り合いが悪い、同僚とギスギスした空気になっているなど、人間関係に問題を抱えている人も少なくありません。

そのような状態では、一緒に仕事をすることも、職場に行くことすら嫌になってしまうでしょう。

仕事が嫌な理由トップは人間関係です

仕事が向いていないと感じる

適材適所という言葉があるように、やはり仕事にも向き不向きがあります。

性格的に合わない仕事、どうやっても慣れない仕事はあります。

始めたばかりならまだしも、ずっと続けているのに「自分には向いていない」と感じるなら、その仕事には適性がないのかもしれません。

大体、1年くらい続けてみて違和感を感じるのであれば向いていない可能性が高いです

やりがいを感じられない。誰のためになっているかわからない

人が働く目的は給与だけではありません。

「自分の仕事が誰かの役に立っている」というやりがいも仕事のモチベーションのひとつです。

もし、仕事に意味ややりがいを感じられないでいるのなら、それを1日8時間以上も続けるのは辛いこととでしょう。

やりがいを感じられない場合、どうすれば日々の仕事に充実感が得られるか真剣に考えることも大切です。

やりがいを感じられないということを仕事が嫌な理由として挙げられます!

同じことの繰り返しで新鮮味がない。成長や達成感を感じられない

単調で刺激のない業務ばかりで、「つまらない」と感じながら働いている人もいるのではないでしょうか。

それは仕事が身につき、慣れてきたことの証でもあります。

しかし、成長や達成感を感じられないまま、無為に時間を過ごしているような気になる人もいるでしょう。

「このままでいいのか」

「もっと成長や達成感の感じられる仕事をしたい」

と思うのは自然なことです。

単調な仕事に対して飽き飽きしている人も多いです

業界・業種に興味を持てない

入社時に思っていた業界・業種と違った

そもそも希望の会社ではなかったが内定をもらったから勤めている

など、今の業界に満足できない理由は様々あるでしょう。

興味の持てないことでも、やらなければいけないのが社会人の辛いところ。

初めは興味のない業界・業種だったとしても毎日仕事をしていれば自然と愛着が湧いてくるものです。

しかし、いつまでたっても興味を持てないと感じるのなら、相性の悪い業界・業種だという可能性もあるでしょう。

長年働いているのに興味を持てないのは、そもそも向いていない業種だからかも?

会社に評価されていない。褒められたり感謝されることがない

頑張っているのに誰にも認めてもらえない、正当に評価されていない

特に売上など、数字では評価できない仕事をしている人に多い悩みでしょう。

周りの評価だけが仕事の全てではありませんが、努力してきたことを褒めてもらえなかったり、会社に認められないでいるといつしかやる気を失ってしまいます。

頑張っているのに周囲から評価してもらえないのはきついですよね・・・

仕事量が多すぎて余裕がない

初めはどんなに楽しく感じていた仕事でも、量が多すぎると楽しさよりも大変さの方が勝ってしまうでしょう。

毎日追い立てられるように仕事を処理するような状況になってしまったら、仕事の楽しさを感じる余裕も無くなりますね。

できるだけ仕事を効率的にこなしてみたり、場合によっては部署を変えてもらうなどをすれば、少しは負担が減るかもしれません

そうした対策も行えないような職場なら、転職するしかないケースも。

あまりに業務量が多すぎると、仕事が嫌だと感じてしまうのも無理ないですね・・・

仕事の難易度が高く、結果が出ない

結果が出ない仕事に力を注ぎ続けることはとても辛いものです。

何も達成できない日々が続くと、「また今回もダメだろう」と諦めのネガティブスパイラルにはまってしまい、何をやっても上手くいかなくなってしまいます。

もしこうしたことを感じているのであれば、あまり自分を責めすぎず褒めてあげてください。

結果が出なさすぎて、自分に自信を無くしているケースもあります

仕事が楽しくない、辞めたいと思う時の対処法

仕事が楽しくない、辞めたいと思う時の対処法

ここまでは、仕事が楽しくない、辞めたいと思う理由を解説しました。

では、仕事が楽しくない、辞めたいという悩みにはどう対処したらよいのでしょうか?

思い切って会社を辞めて転職するという手もありますが、その前に一度立ち止まって考えてみましょう。

今、悩んでいることは本当に解決不可能なことなのでしょうか?

見切りをつけて転職を決意したとしても、次の勤め先を探すまでには時間も労力もかかります。

今の職場でできることは本当にないのでしょうか?

これからご紹介する対処法を参考に、まだ実践できることはないか考えてみましょう。

仕事が楽しくない、辞めたいと思う時の対処法
  • 同僚・先輩・上司に相談してみる
  • 配置転換・異動を希望する
  • 仕事の捉え方を工夫してみる
  • 自分で自分の仕事を評価する
  • 新しい仕事に挑戦してみる
  • できたこと、できることを見つける
  • ほんの少しで良いから辛抱してみる

同僚・先輩・上司に相談してみる

仕事のことで悩んでいるなら、まずは周りの人に相談してみましょう。

一人で悩んで結論を出してはいけません。悩みを人に話せば客観的になれますし、先輩や上司もかつては同じ悩みを持っていた同志かもしれません。

もしそうなら、悩みの解決方法や障害の乗り越え方を教えてくれるはずです。

悩みが業務の内容に関することであれば、先輩や上司に話すことで解決する可能性もあります。

一番簡単な方法は、身近な人に相談することですね!

配置転換・異動を希望する

自分の努力だけでは状況が変えられない時は、転職以外の方法で環境を変えてみましょう。

今の会社では上手くいかないからといって転職をすると、次は全く実績のない会社でゼロから再スタートすることになります。

社内に希望する職種や業務があるのなら、配置転換・異動を願い出る方が転職よりも少ないリスクで環境を変えることができます。

どうしても辛い場合は、まず配置転換を打診してみましょう!

仕事の捉え方を工夫してみる

誰の役にも立っていない仕事は存在しません。

その仕事をすることで誰かが利益を得ているから、仕事として成り立っているのです。

もしどうしても、「誰の役にも立っていない」と感じるなら、捉え方を変えてみてはどうでしょうか?

人の役に立つこと以外にも、自分の成長を楽しむ、上司や同僚といい仕事をする、たくさん稼ぐなど、やりがいにできることは沢山あります。

自分なりのやりがいをまずは探してみましょう。

小さなやりがいを見つけるだけでも、状況がかなり変化することもあります!

自分で自分の仕事を評価する

仕事の評価は必ずしも努力や労力には比例しません。

逆に、それほど大変ではない仕事なのに評価されたり褒められるなんてことも。

目に見える数字で評価が決まる職種ならいいですが、そうではない場合、他者から認められることを当てにして働いても、望むような評価は得られません。

それよりも、○ケ月前、○年前に比べてこんなことができるようになったと、自分で自分の仕事を認められるようになりましょう。

他人からの評価ではなく、自分自身の評価を基準に考えるのも有効です!

新しい仕事に挑戦してみる

仕事がつまらないと感じるのなら、それは新しいことに挑戦していないからかもしれません。

同じことばかり繰り返していれば退屈に感じるのは当然です。

今までやったことのない仕事や、少しレベルの高い業務に自分から率先して挑戦してみてはどうでしょうか?

退屈から解放され、スキルアップにも繋がり一石二鳥です。

自分から新しいことに挑戦してみるのも、一つのきっかけになります!

できたこと・できることを見つける

仕事が上手くいかない、結果が出ず楽しくないと感じるとき、ついできないところにばかり目が向きがちです。

あれができなかった、これもダメだったと思っているうちに自己嫌悪に陥り、やる気が出なくなるという悪循環に突入します。

そんな時は、できたことの方に注目しましょう。

毎日働いていれば、できないことよりできていることの方が多いもの。

過去に仕事で上手くいった経験などを思い出してみるのも良いでしょう。

ダメな部分よりも良いところに目を向けましょう!

ほんの少しだけでいいから辛抱してみる

こんなに辛い思いをして仕事をしたくない、もう辞めたい、逃げたい。

そう思った経験はありませんか?

ですが、実は苦しんでいるときほど人は成長している可能性があります。

それが成長の苦しみかどうかは後になってからしか分かりませんが、仕事が辛いとき・苦しいときは、

「もう少し辛抱すれば成長できるかも」

という可能性も考えてみましょう。

ただ、明らかに精神が衰弱していたり、死にたいなどと考えている時は無理せず転職したほうが良いです。

生命の危機に瀕しているかどうかという基準で判断しするようにしましょう。

辛い時ほど成長していると考えるのも大切!ただ、死ぬほど無理はしないで!

仕事以外のことに楽しみを見出す

退勤後の趣味の時間を楽しみに仕事をするというのも良いでしょう。

「仕事は楽しくないもの」と割り切ってしまい、できるだけ早く終わらせて、趣味の時間を楽しもう!というモチベーションに変えてしまうのです。

週末は趣味の時間にあてたり、家族との時間を楽しんで切り替えてみてはいかがでしょうか

プライベートを充実させて気分転換しましょう!

転職して好転する人、そうではない人の違いは?

転職して好転する人、そうではない人の違いは?

転職をすることで好転する人とそうでない人がいます。

転職で良い職場、やりがいのある仕事を得て生き生きと仕事ができる人と、転職をしたのに状況は変わらず現状維持、さらには転職前より悪化したという人もいます。

そんな、「転職が上手くいく人」と「そうでない人」の違いとは一体なんでしょうか?

以下ではその違いについて解説します。

転職して好転する人、そうではない人の違いは?
  • 会社や環境のせいにしていないか
  • 勢いや流れで転職を考えていないか
  • 転職の目的が明確かどうか
  • スキルや経験があるかどうか

会社や環境のせいにしていないか

「会社が悪い」「職場の環境が悪い」とばかり言って、状況を打開するための努力をせず、仕事の不満を他者にばかり向けていないでしょうか?

他者にのみ動機がある転職は、転職先でもまた同じことを繰り返す恐れがあります。

転職で上手くいく人は、今の職場でできることをやりきって次に進める人です。

すべてに満足のいく完璧な仕事はこの世にはありません。

どんな仕事や職場でもひとつやふたつは不満に思うこともあるはず。

それを改善する努力をせず、転職でリセットしようとすれば、スキルや経験の乏しいまま会社を渡り歩くジョブホッパーになってしまいます。

問題が発生するたびに自分ではなく会社や他の人の責任にする人は、転職でも失敗します

勢いや流れで転職を考えていないか

知人と比較したり、「周りが転職しているから」と流されたり、一時の勢いで転職を決めてはいないでしょうか?

なんとなく今の職場より良さそうだからという曖昧な理由で、リサーチを十分行わないまま転職先を決めると、思わぬ苦労が待っています。

また、勢いに任せた転職はのちのち後悔のもとになります。

一度転職してしまったら、もとの職場で今まで通りに働くことはできません。

本当にその業種・業界が自分にあったものか、仕事内容や待遇は納得のいくものか、今の仕事と比較して転職したほうが自分にとって得なことなのか、冷静に検討したほうがよいでしょう。

その比較・検討をしっかりした上で転職をした人は、入社後のギャップも少なく、希望通りの職場で働くことができます。

勢いで転職してしまうと、多くの場合では失敗につながります

転職の目的が明確かどうか

何がしたくて転職をするのか、転職で重要視する条件は何か、まずは整理しましょう。

ここがブレてしまっていたり、はっきりしていない人は転職活動の際も苦戦します。

運よく次の勤め先が決まったとしても、自分の求めているものが分かっていなければ、次の職場でも「思っていたのと違う」と漠然とした不満を抱えたまま働くことになってしまいます。

転職に求めるものは何か?それが明確になっている人は転職で好転しやすいでしょう。

活動を始める前に、目的を明確にしておきましょう

スキルや経験があるかどうか

スキルや経験を身に付けたうえでの転職でしょうか?

新卒とは違い、転職では経験やスキルなど、今までやってきたことを評価されます。

ですから、「能力が身についた段階が転職のタイミング」とも言われます。

もし今の職場でまだ学べることがある状況なら、転職はしない方が良いでしょう。

また、転職先ではゼロからのスタートとなります。もし未経験の職種・業種で働くなら、今まで積み上げてきた経験やスキルが役に立たず、思うような結果が出せない可能性もあります。

自分のできることと、やりたいことは違います。

転職前よりも低い条件やパフォーマンスで働かなくてはいけない場合もあることを覚悟する必要があるでしょう。

すでに十分な実績があり、それを次の職場でも生かせる人は転職が好転しやすい人と言えるでしょう。

すでに十分なスキルを持っている人は、転職でも成功しやすいです

仕事を辞めたいと感じたら転職エージェントに登録しておこう!

リクルート

ここまで読んだ上で、それでも「転職したい!」と思うなら、転職エージェントに登録をおすすめします。

一人で悩んで転職活動を進めると疑心暗鬼になってしまったり、思うように進まなかったりして、せっかくの転職機会を逃してしまうことにもなりかねません

また、勤めながら転職活動をして人は仕事が忙しくて疲れてしまい、途中で転職を断念してしまうこともあります。

転職エージェントに登録しておけば、自分が働いている間に求人を探してくれたり、応募書類の提出など面倒な会社とのやり取りを代わりに行ってくれます。

経験豊富なエージェントに相談しながら進めればよりスムーズに、広い視野を持って転職活動を進められるはず。

転職活動で不安に感じる会社選びから、履歴書や職務経歴書の書き方、面接での受け答えまで相談に乗ってくれます。

また、ハローワークや一般の求人サイトには載っていない求人を持っており、そういった非公開の優良求人を紹介してくれる可能性もあります。求人票だけでは分からない会社の雰囲気などを教えてくれることも。

転職をするか迷っている場合でも、実際にどんな求人があるのか、どんな風に進めたらよいのか相談する相手がいるというだけで、心に余裕ができるでしょう。

転職活動を迷っている人ほど、転職エージェントに登録するべきです。

辞められない場合は退職代行も選択肢の一つ

SARABA

自分から退職を切り出せない場合は、退職代行を使うという手段もあります。

退職の意思を自ら伝えないのはどうかという意見もありますが、「退職を承認してくれない」「執拗な引き留めにあう」「脅しや嫌がらせにあう」など、本人の意思に反して辞めさせてもらえないケースは多く存在しているのが実情です。

望まない職場に引き留められることで消耗して心を病んでしまったり、転職を考えているなら、せっかくの転職機会を逃す事にもつながります。

労働者にはいつでも退職する権利があります。会社はこれを拒むことはできません。(民法627条)

それを無視して強制的に働かせようとする職場なら、潔く退職代行に依頼して退職手続きを進めるしかないでしょう。

退職代行サラバへのお申し込み!
退職代行サラバ(SARABA)

退職代行業界で受託件数No.1の実績です。2021年3月時点で累計15000人の代行を行い、万が一の場合には全額保証がついているので安心して利用できます。レスポンスが非常に早く、すぐに退職したい人にもおすすめです。

まとめ

自分はどんなときに仕事が楽しくない、辞めたいと感じるのか?まずはそれを考えてみましょう。

何に不満を感じているかによって対処法はそれぞれ違います。

今の職場で努力すれば解決することかもしれませんし、転職でガラリと環境を変えなければ好転しないこともあるでしょう。

転職をすること自体はもちろん悪いことではありません。

しかしまずは決断をする前に、自分の抱える不満や悩みと向き合ってみましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました