WEBライターの仕事とは?現役のWEBライターが詳しく解説!

WEBライターの仕事とは? WEBライター

こんにちはWEBライターのカケルです。

僕は現在、専業のWEBライターとして活動しています。

今回の記事ではWEBライターの仕事内容について具体的に解説します。

「WEBライターがどんなお仕事をしているのか知りたい」

「WEBライターを目指している」

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば分かること
  • ライターの仕事内容
  • ライターのメリット
  • ライターのデメリット
カケルのMENTAサポート概要!|WEBライターカケル|note
この記事では、現在僕が実施しているメンターサポートの概要を記載させていただきます。 気になる方はぜひお申し込みいただければ幸いです。 お申し込みはこちらから! なぜ、MENTAを始めたのか? 僕がMENTAでサポートを行おうと思った理由はいくつかあります。 具体的には次の通りです。 ・元々、教師をしており...

WEBライターの仕事とは?

では、実際にWEBライターがどんな仕事をしているのかについて解説します。

これまで僕自身が携わってきた業務には以下のようなことが挙げられます。

WEBライターとしての仕事
  • ブログ記事制作
  • 広告制作
  • 挨拶文の制作
  • コラム記事制作
  • 文字起こし
  • 物語制作

ブログ記事制作

まず初めに、ブログ記事の制作案件が結構多いですね。

これは企業が運営しているブログ記事を入稿したり、個人のブログ記事を作成するといった内容です。

SEO対策ができるような記事作成になるので、おおよそ上位記事を分析して文章を作っていくことになるでしょう。

僕自身は自分でもブログを運営しているので、もしもブログの記事作成を行なって受注したいと考えている方はブログを作っておくことをおすすめします。

ブログ記事の作成を行う場合、おそらくは多くのケースでワードプレスから作業を行なっていくことになるはずです。

そのため、事前にある程度の操作を理解しておくためにも、自分でブログを開設しておけば役立つでしょう。

WEBライターはブログ記事を作成するお仕事もかなり多いです!というか、個人的にこれが一番かも!

広告制作

また、広告を制作するお仕事にも携わらせていただいた経験があります。

具体的には、求人広告の内容作成といったものですね。

企業のサービス内容を広告に盛り込み、「職場で働いてみたいと思うような文章を書いてください」と依頼されました。

結構難しいのですが、できるだけ魅力が伝わるような文章を作成して入稿するという作業もあります。

求人広告を作成するというお仕事もあります!

挨拶文制作

このほかにも、挨拶文の制作というお仕事もありました。

講演会を開くので、その冒頭文を作って欲しいという依頼ですね。

あまり覚えていないのですが、WEB上から色々と情報を調べて作成した記憶があります。

ブログの文章と違って、なかなかやりにくいお仕事でした。

講演会のカンペづくりなどの仕事もあります!

コラム記事制作

コラム記事の作成も多いです。

特に、恋愛コラムなどはかなり作りました。

LINEなどでよく「〜〜な男性の特徴3選」とか、そういった記事が流れてきませんか?

あれを作っているのは、我々WEBライターです。

コラム記事は簡単に書ける反面、単価が安いのが特徴でした。

恋愛コラムなどはかなり描きやすいんですが、1円以下の文字単価であるケースが多いです。

なので、あまりお金にならないというデメリットも併せ持っているのが特徴と言えますね。

恋愛コラム記事の作成なども請け負います!単価は比較的安い!

文字起こし

これは独立してからかなり序盤の頃のお仕事ではありますが、文字起こしのお仕事もやったことがあります。

講演会とか、ミーティングの内容を文字に起こす仕事ですね。

シンプルでとっかかりやすい案件なので、ライバルが多くなりがちです。

ただ、簡単にできるからと言っても楽にできるわけではなく、ひたすら文字に起こしていくので結構きつかった・・・。

音声を文字にするというお仕事もあります!

物語制作

このほかにも、物語の制作を行なったこともあります。

具体的な依頼内容は、企業内部で通信を作成するので、そこに載せるお話を作って欲しいというものでした。

実際のところ、この案件が一番難しかったように思います。

オリジナルの物語の作成をしないといけない上に、温もりがある文章でお願いしますと言われました。

何度も修正を重ねていき、ようやく完成させた記憶がありますね。

ブログ記事などはネット上で調べて作成できるのですが、オリジナル文章は最初から考える必要があるのでかなり大変です。

個人的に一番辛かった仕事はこの物語制作ですね!

WEBライターの仕事にスキルは必要なのか?

よく聞かれる内容として、ライターとしてスキルが必要かどうかについて聞かれます。

その回答としては、「特殊なスキルは必要ありません」ということになるでしょう。

“特殊な”という部分がポイントです。詳しくは以下で解説します。

ライターとしてまず必要なのは、やっぱり文章力

大前提としてですが、文章力は必要になります。

ただし、この文章力というのも人によってイメージが異なる部分ではないでしょうか。

というのも、みなさん文章力と聞くと「文豪」とか「作家」みたいなことを連想されます。

でも、そんな高度な文章を書く必要はありません。

むしろ、オリジナリティのある文章は好まれない傾向にあります。

じゃあどんな力が必要なのかというと、「クライアントが求める文章を書く」力です。

クライアントがWEB上から知識を集めて書いて欲しいといえば、正確にリサーチして文章を作成する必要があります。

また、「自分と同じような文体で書いて欲しい」と言われれば、言葉の使い方を合わせていくことが大切になるでしょう。

このように、自分自身がオリジナルの文章を書くという認識ではなく、相手に寄り添った文章を書くことが求められます。

なので、「自分には文章力がないから・・・」と諦めるのはかなり勿体ないと言い切れるのです。

基本的にWEB上を分析して正確な文章が書ければお仕事はできる!

文章力と同じく営業力がかなり大切!

先ほどは文章力について解説しましたが、そもそもお仕事が取れなければ文章を書くまでに至りません。

ゆえに、文章力と同じくらい営業力も非常に大切であると感じています。

「ライターの営業って具体的に何をするの?」

そう思われる人も多いでしょう。

これはとにかく様々な媒体から積極的に応募することですね。

クラウドソーシングはもちろん、インディードやツイッターなど、多くのメディアから応募していくのがベスト。

そして案件を獲得し、複数の契約を取っておくのが良いでしょう。

ライターは文章を書くだけではなく、営業も大切です!

忘れられがちだけど、コミュニケーション能力も大切!

ライターって基本的にコミュ力がいらないと思われがち。

ですが、決してそんなことはありません。

なぜなら、クライアントとのメッセージは頻繁に行う必要がありますし、時には電話やズームもしなくてはいけないからです。

テストライティングの時に面談を行う時もあります。

このようなことから、単に文章が書ければ良いということではなく、人としてコミュニケーションが取れることもかなり重要になるのです。

ただキーボードを叩くだけではなく、コミュニケーション能力は必要です!

WEBライターのメリットは?

では、WEBライターのメリットとはどのようなことがあるのでしょうか。

僕が感じているメリットとしては、以下の通りです。

WEBライターのメリット
  • 能力が上がり続ける
  • 収入が青天井
  • 人間関係の悩みが少ない

能力が上がり続ける

まず、能力が上がり続けます。

僕もフリーランスになってからいろんなことを経験しましたが、具体的には次の能力値が高まっていると実感しますね。

  • 文章力
  • 営業力
  • 画像加工
  • SEO
  • 提案力
  • 事業戦略を考える力
  • 税金の知識

僕は元々教師をしていたので、正直全てが新鮮でした。

画像加工なんてもちろんやったことないですし、「SEOって何?」というとこから始まりました。

まじで何も分からなかったのですが、フリーで1年くらい生き残るとスキルが爆上がりします。

あと、税金の処理も完全に自分でやりますので、税金知識がめっちゃ増えます。

いろんな意味で賢くなるので、本当に成長を実感していますね。

様々な面で成長します!

収入が青天井

収入が青天井なのも良いところです。

フリーランスは本当になんでもありでして、ブログやnoteなどから収入を得てもよし、外注して回してもよし、自分でぶん回してもよしです。

がんばりと戦略次第でいくらでも稼げます。(僕はまだ全然稼げてませんが泣)

なので、ある意味では夢がある職業ではないでしょうか。

月収100万円も夢じゃない!!

人間関係の悩みが少ない

WEBライターをしていて思うのは、人間関係の悩みが圧倒的に少ないことです。

というのも、お仕事は基本的に自分でとってくるので、嫌だと思う人とは関わらないことができます。

もちろん、複数の仕事を取ってこれるだけの実績と実力が必要にはなりますが、ある程度のポジションまでいけばフリーな生活を実現できるのは間違いないでしょう。

狭い職場の中で、ギスギスした関係に悩むことはありません。

こうした点が、独立して一番良かったと感じていることでもありますね。

人間関係の悩みが圧倒的に減りました!

WEBライターのデメリットは?

続いて、デメリットについて解説していきます。

具体的には以下のことが挙げられるでしょう。

収入が不安定

圧倒的にデメリット第一位は収入が安定しないことです。

というか、個人的にはこれだけと言っても過言ではありません。

極端な話、来月無職である可能性が毎月あります。

クライアントから「来月はもう結構です」と言われればそれで切られます。

お金に関して安定していたいという方には確実におすすめできない職種と言えるでしょう。

僕はネジが飛んでいる部分があるので、全く何も感じません。

そういった人は、どうぞこちら側の世界へ。

収入がとにかく不安定です!

仕事が取れないと地獄

フリーランスとして活動するのであれば、もうとにかく仕事を取ることが第一です。

そもそも、仕事が取れない=死を表します。

また、仕事を取ってこれたとしても一つしか取れなかったりすると、クライアントの言いなりになります。

どれだけ理不尽なことを言われても、生活のために我慢する必要が出てくるでしょう。

先ほどは人間関係の悩みがないと言いましたが、それは実績と実力のあるライターだけです。

ある程度の実力がつくまでは、血眼で営業する必要がありますのでそこは覚悟してください。

仕事が取れればフリーダムですが、取れないとやばいです。

税金の計算がめんどくさい

あとは、税金の計算が非常にめんどくさいです。

確定申告も自分で行います。

領収書を見ながら、自分で申告書を作っていく必要があるのです。

また、税金の金額を減らすために経費計上をしたり、共済に入ったりと考えることが増えます。

僕は税金対策が大好きなので、全く苦ではありませんが、こうしたことが嫌だと思うのであればデメリットです。

フリーランスは税金の計算も全て自分でやります!

カケルのMENTAサポート概要!|WEBライターカケル|note
この記事では、現在僕が実施しているメンターサポートの概要を記載させていただきます。 気になる方はぜひお申し込みいただければ幸いです。 お申し込みはこちらから! なぜ、MENTAを始めたのか? 僕がMENTAでサポートを行おうと思った理由はいくつかあります。 具体的には次の通りです。 ・元々、教師をしており...

まとめ

WEBライターの仕事は文章に関わること全てであるという認識で問題ないでしょう。

フリーランスと聞くと良いことばかりに目が行きがちですが、デメリットも当然あります。

特に収入面が一番大切。

仕事が取れる人には良い世界ですが、決して甘くありません。

その辺りも踏まえて、考える必要がありますね。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました