仕事の人間関係に悩んだら行うべきこと。毎日の生活に悩むあなたへ

人間関係 辞めたい

「職場での人間関係が辛い」

「上司とどうしても上手くいかない」

このようにお考えではないでしょうか。

人間関係の悩みは社会人として消えることのないものです。

そこで、今回の記事では人間関係に悩む方に向けて適切な対処法を解説していきます。

現在、職場の人間関係でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

仕事の人間関係に悩んだ際に行うべきこと①[与える意識]

まず初めにお話しするのは、「与える意識」を持つということです。

職場でお仕事をする時、他の誰かに対して「GIVE」の精神を持ってみましょう。

人間は誰かに助けてもらうと相手も見返りとして何かお返しをしようと考える方も多いです。

そのため、自分が他の人にできることは何かを考え、与える意識を持つことが大切になるでしょう。

具体的には、以下のようなことを行ってみてください。

自分にできることはないか気を配る

自分にできることはないか他の人へ気を配ることも大切です。

仕事上の人間関係を良くするためには、自分の役割をしっかり考え、「他の人に対して貢献する」という姿勢が非常に大切になります。

そのため、常に周囲に気を配り、困っている人はいないかよく見ておくようにしましょう。

こうした誰かを助けようとする姿勢が集団内では非常に大切です。

毎日意識して行動することによって、他の人もあなたの頑張りを認知してもらえるでしょう。

「あの人はいつも助けてくれる」

「あの人がいなくなったら困る」

などと思われれば、職場でも必要とされる人材になるので、仕事上の人間関係の悩みも軽減することができるはずです。

職場で何か頼まれた時には、できるだけ笑顔で対応

職場で書類整理やコピーなどを頼まれた時、嫌な顔をしてはいませんか?

もし、職場での人間関係をより良くしたいのであれば、そのような行動はNGです。

あなたが困っていて、どうしても他の人に頼み事をした場合に、相手からしかめっ面で対応されたらどう思うでしょうか。

「こんなに困っているのに助けてくれないなんて、なんて薄情な人なのだろう」

と感じるはずです。

こうした態度を取ってしまえば職場での人間関係はさらに悪化する一方でしょう。

職場で頼み事をされたときにはできるだけ笑顔で対応することが重要になります。

「全然良いですよ!」

と、相手が嫌な気持ちにならないように爽やかな対応を心がけましょう。

何か頼まれた時は、笑顔で対応しましょう!ただし、自分に無理がない範囲で行うことが大切ですよ!

雑務は率先して取り組む

もし、仕事上の人間関係を良くしたいのであれば、雑務は自分から率先して取り組むようにしましょう。

  • 書類整理
  • コピー
  • データ入力
  • 電話対応

など、自分から進んで行うようにすると職場の人にも好印象を持ってもらえるはずです。

「私がやりますので、大丈夫です!」

というふうに、積極的な姿勢をアピールすることができれば、職場の関係も良くなるでしょう。

雑務の対応などはごく当たり前のことのように思うかもしれません。

しかし、こうした当たり前のことも意外とできていない人が多いものです。

そのため、毎日の積極的な姿勢が職場の人間関係向上につながることでしょう。

雑務も積極的にこなしましょう!でも無理はしないでね!

ただし、あくまでも自分にできる範囲で行うことが大切

一つだけ注意したいのは、「与える」行動についてはあくまでも自分のできる範囲で行うということが大切です。

なぜなら、自分に余裕がない状態なのに他人の仕事まで引き受けてしまえば、確実にキャパオーバーになってしまうでしょう。

「与える」姿勢を持つということと、「自分を犠牲にする」ということは違います。

自分の仕事ができていない状態なのに、他の人を手助けしようとするのは誤った行為です。

もし、余裕がないのに周囲の仕事を引き受けてしまえば、

「他の人の仕事をするより、まず自分のことをしてほしい」

という悪い評価になってしまうでしょう。

そのため、まずは自分に与えられた仕事を全うすることが第一になります。

まずは自分の仕事をしっかり頑張りましょう!

仕事の人間関係に悩んだ際に行うべきこと②[良い部分を見る]

上記では頼まれた雑務に対する対応方法や、積極的な姿勢について解説しました。

次は、良い部分に目を向けるというお話しをしたいと思います。

職場での人間関係をより良いものにするためには、相手の良い部分を見つけられるかどうかということが非常に重要です。

以下ではその理由や良い部分を見つける方法について詳しく解説していきます。

相手のことを承認できなければ、人は苦手意識を持ってしまう

まず初めに、人間関係が悪くなる要因として「相手の悪い部分に目を向けてしまうこと」が挙げられます。

人間関係で悩んでいる方は、以下のようなことをお考えではないでしょうか。

  • 上司の性格が悪すぎて辛い
  • 同僚が仕事をしてくれず、嫌になる
  • 社長がもっとしっかりしてくれれば
  • 部下が仕事をしてくれない

このような悩みは、全て誰かの悪い部分に目が向いている状況と言えます。

人は、他の誰かを「嫌」なものに思ったり、「苦手」だと感じる場合、その人の欠点に目を向けてしまいます。

例えば上述したように、「性格が悪い」ことや「仕事をしてくれない」などの点に注目してしまえば、関係を良くするのは難しいでしょう。

そのため、仕事上の人間関係を良くしたいと思うのであれば、まずは誰かの良い部分に目を向けることが大切です。

相手の良い部分に目を向ければ、良好な関係を築けそうですね!

誰かの良い部分に目を向けるためには?

良い部分を見つけ出そうにも、自分で見つけるのは難しい場合もあるでしょう。

そんな時は、他の人の発言に注目してみてください。

例えば、職場の上司が性格の悪い人だと思っていたとしましょう。

そんな時、その人に対する他の人の評価を聞いてみてください。

「〇〇部長って言葉はきついけど仕事はしっかりするよね」

など、自分はその上司が性格の悪い人だと思っていても、他の人の評価は意外と高いこともあります。

そうした評価に耳を傾け、良い点を見つけて行くのが良いでしょう。

仕事の人間関係に悩んだ際に行うべきこと③[抱え込まない]

仕事の人間関係に悩んだ場合、自分一人で抱え込まないことも大切です。

できるだけ信頼できる人に相談し、悩みを溜め込まないようにしましょう。

ただし、職場上の問題を相談する時には誰に相談するのかが非常に大切になります。

なぜなら、信頼できない人に相談してしまえば会社内で噂になってしまう危険性があるからです。

会社内の人間に相談した方が状況が分かるため、適切なアドバイスがもらえる場合もあるでしょう。

しかし、社内に信頼できる人がいない場合などは友人に相談するのも選択肢の一つです。

誰に相談すべきか分からないという人は、以下の記事で相談すべき人をまとめています。

ぜひ参考にしてみてください。

仕事の人間関係に悩んだ際に行うべきこと④[他人の評価を気にしない]

最後にご紹介するのは、他人の評価を気にしないということです。

人間関係に悩む人の多くは、他の人が自分のことをどう思っているのか気にしてしまう傾向にあります。

そのため、評価を気にしない姿勢を持つことができれば、日々の生活がずっと楽になるでしょう。

他人の評価は自分にはどうすることもできない

他人の評価というのは、自分の努力ではどうすることもできません。

どれだけ人に良く思われようとしても、嫌われてしまうこともあるでしょう。

また、その反対に自然体で特に努力をせずとも好かれる場合もあります。

このように、評価というのは自分で制御できるものではないのです。

「あの人に嫌われたらどうしよう」

「どうすれば気に入ってもらえるのだろうか」

このように気にしてしまう人は多いですが、正解はありません。

むしろ、どうすることもできない他人の評価に目を向けることで、過剰にストレスを感じてしまい関係が悪くなってしまう場合もあります。

そのため、他人がどう思っているのかということについては考えるだけ無駄ということです。

他人の評価なんて、気にしてもしょうがない!

他人の評価を気にするのではなく、まずは自分のやるべきことを行う

とは言え、完全に他人の評価を気にしないということは難しいでしょう。

どうしても気にしてしまうという人は、まず自分のやるべきことにできるだけ集中してみてはいかがでしょうか。

他人の評価を気にしないようにしましょうと言ったところで、簡単にできるものではありません。

しかし、自分の仕事にできるだけ集中するというのは、意識次第でできることだと多います。

自分が行うべき仕事に没頭すれば、周囲の評価を気にせずに済みます。

また、仕事上で結果を出せば認めてもらえ、人間関係の向上にもつながるはず。

そのため、できる限り今の仕事に集中するように尽くしてみるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

どうしても人間関係が辛い場合は、転職することも選択肢

ここまで読んでみて、それでも辛いという方もいらっしゃると思います。

実際、私も職場の人間関係で非常に悩み、転職した過去があるのでお気持ちはよく分かるのです。

そもそも、改善できる問題ではないということもあるでしょう。

以下では、どうしても仕事上の人間関係が辛い時は転職も視野に入れるべき理由について解説していきます。

職場の人間とどうしても合わないこともある

まず考えられるのは、改善しようとしてもすでに厳しいということもあるはずです。

そもそも、向いていない仕事に就職していれば職場の空気感と自分が全く異なる場合もあります。

例えば、コミュニケーションを取るのが苦手なのに営業職で密な関係性を求められるなどでしょう。

実際、自分は元々高校教師をしていましたが、対人関係が苦手すぎて周囲に馴染むことができませんでした。

向いていない仕事に就いている場合、自分が職場の人と人間関係を改善しようとしても難しいです。

なぜなら、そもそも所属している人たちと目指している方向が違う可能性があります。

  • 職場の人たちは一致団結することを目標としているのに、自分は距離を置きたいタイプ
  • 職場自体がバリバリ働くことを推奨しているのに、自分はライフワークバランスを保ちたい
  • 対人関係が一番大事な職場なのに、人とのコミュニケーションが苦手
  • 専門性が全くないのに、技術を求められる

このような環境とのミスマッチが発生している場合には、属している環境を変えなければ悩みは消えることがありません。

合わない人間はどうしても合わない

また、元も子もないかもしれませんが、自分と合わない人間というのは確実に存在しています。

例えば、明らかにパワハラをしてくる上司がいるのに、自分がその人に合わせて努力をしても徒労に終わってしまいます。

人権を侵害してくる人や暴言を吐いてくる人、悪口ばかり言っている人と関わりたくないのであれば転職したほうが良いこともあるでしょう。

ただし、どのような基準で仕事を辞めるべきかが分からないこともあるはず。

以下の記事では仕事を辞めるべき人とそうではない人の違いを解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職する場合は転職エージェントを活用しよう

もし、職場の人間関係の辛さゆえに転職を考えているのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントでは次のようなメリットがあります。

転職エージェントを活用するメリット
  • 仕事が忙しくてもエージェントがサポートしてくれるので、転職活動を充実させられる
  • 専任のコンサルタントが的確なアドバイスをしてくれる
  • 無料で相談に乗ってもらえる
  • 自分の知らない業界の情報も教えてもらえる

このように、様々なメリットがあるため転職する時は利用してみると良いでしょう。

ちなみに、転職エージェントを利用する場合には、マイナビエージェントがお勧めです。

マイナビエージェントでは次のようなメリットがあります。

マイナビエージェントを利用する10のメリット
  • 無料で利用可能
  • 専任のキャリアアドバイザーが企業と調整を行ってくれる
  • 企業の内部情報を事前に把握することができる
  • 非公開求人の情報がたくさんある
  • 担当キャリアアドバイザーに転職関連のことはなんでも相談可能
  • 履歴書や職務経歴書の作成が簡単にできる
  • 面接通過率を高めることができる
  • 自分の代わりに条件交渉を行ってくれる
  • 今の会社を円満退職しやすい

このように、メリットしかありませんので、転職をお考えになった際には利用してみてください。

まとめ

社会人になれば、誰しもが仕事上の人間関係に悩むものだと思います。

もし、人間関係に悩んでいるのであれば今回の記事に書いたことを試してみてください。

ただ、人間関係をより良くしようとしても上手くいかない場合もあるのは事実です。

そうしたケースでは転職してみるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました