居酒屋におすすめの自動釣銭機5選|必要な機能とは?

居酒屋におすすめの自動釣銭機は?

※本ページにはプロモーションが含まれています

自動釣銭機は、居酒屋運営をより効率的で確実なものにするための重要なツールとなります。

顧客体験の向上、会計エラーの減少、スタッフの作業負荷の軽減といったメリットがありますが、一方で導入する機器選びは簡単なタスクではありません。

各自動釣銭機には独自の機能や特性があり、それぞれの居酒屋のニーズに合った選択をする必要があります。

そこで、この記事では居酒屋に最適な自動釣銭機の5選をご紹介します

それぞれの特長や必要な機能について詳しく説明していますので、導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

目次

居酒屋におすすめの自動釣銭機5選

早速ですが、居酒屋におすすめの自動釣銭機を5つご紹介します。

居酒屋に特化したサービスもご紹介しますので、サービス選びの参考にしてください。

FoodFrontia

出典:https://www.necplatforms.co.jp/solution/food/foodfrontia/pos/index.html

FoodFrontia(フードフロンティア)は、居酒屋向けに開発されたPOSシステムです。居酒屋に特化した機能が多数用意されています。例えば、ハンディターミナル機能を利用すれば、「とりあえずビール」などの確定注文だけ先に送信することも可能です。

また、顧客からの注文時に残数管理を行うことができ、売り切れ商品の把握も簡単。たれや塩など、細かいメニューの選択もできるため、注文ミスがなくなります。

伝票結合機能を利用すれば、団体客のテーブル伝票をまとめて計算することもでき、団体客の対応も非常に簡単です。もちろん、自動釣銭機とPOSシステムの連動もできるため、セルフレジとして運用することもできます。

■価格・費用情報

本体価格(税別)要お問合せ
導入時に必要な費用目安要お問合せ

blayn

出典:https://www.blayn.com

blaynは、居酒屋に特化したPOSレジで、こちらのサービスも居酒屋に必要な機能が多数搭載されています。具体的には、飲み放題の時間管理ができる、「飲み放題の残り時間が見える機能」、スタッフが注文を取るハンディ+モバイルオーダーも可能な「2タイプのオーダー機能」など、飲み放題や注文においても非常に使い勝手が良いです。

また、新人のスタッフでもすぐに使いこなせるよう設計されており、誰でも操作しやすい仕様になっています。

なお、自動釣銭機との連携は、コンパクトなキューブ型と、スムーズな会計処理ができるL字型から選択することが可能です。店舗のスペースやデザインに合わせて選べるのがメリットと言えるでしょう。

■価格・費用情報

本体価格(税別)要お問合せ
導入時に必要な費用目安要お問合せ
その他プラン・無料プラン月額0円
・スタンダード月額2,800円(税込3,080円)
・プレミアム月額9,800円(税込10,780円)

グローリー300

参考:https://www.glory.co.jp/product/detail/id=44

グローリー300は、自動釣銭機として、POSレジサービスのスマレジとの連携が可能です。これは大手製造元の製品で、価格は他の類似製品より高いかもしれませんが、その高性能さが最大の魅力です。

スマレジは国内で121,000以上の店舗に導入されており、その信頼性は高いと評価されています。規模や業種を問わず、様々なビジネス形態に対応できます。購入コストは高いものの、月額2万円台から始まるサブスクリプションプランが提供されているため、手軽に導入できる点が注目されています。

ただし、スマレジと自動釣銭機を連携するには、プレミアムプラン以上の契約が必要ですので、この点については注意が必要です。

■価格・費用情報

本体価格(税別)要お問合せ
導入時に必要な費用目安要お問合せ
各プランサブスクプラン(スマレジ連携)
月額26,400円

BCPOS

参考:https://www.busicom.co.jp/product/bcpos/dispenser/

ビジコムが提供するBCPOSは、自動釣銭機と連携可能なPOSレジシステムです。これにより、販売業務の効率化が実現できます。さらに、セミセルフレジおよびフルセルフレジの機能が標準装備されているため、お客様に自身での会計を提供することが可能です。

自動釣銭機については、富士電機やグローリーの製品から選ぶことができ、それぞれの店舗の予算や規模に応じた最適な選択が可能です。

更に、BCPOSは、クレジットカード、電子マネー、QRコード等の幅広い決済手段に対応しています。また、無制限の販売店数を許容する有料プランも提供されており、ビジネスの拡大に伴うプランのアップグレードも可能です。

■価格・費用情報

本体価格640,000円〜
導入時に必要な費用目安990,000円〜

Uレジ

UレジFOOD
出典:https://pos.usen.com/uregi/

Uレジは、飲食店向けのタブレット型POSレジシステムです。導入にあたってはUSENが全面的にサポートを提供し、設置や設定、スタッフのトレーニングまで手厚くフォローします。そのため、初めての導入でも手軽に始めることが可能です。また、全てのサポートが基本機能として含まれているため、追加料金は発生しません。

USENはUSEN PAYというキャッシュレス決済端末も提供しており、多様な48種類の支払い方法をサポートしています。特に医療系の店舗では、決済手数料率が1.9%からと大変リーズナブルであるため、検討をお勧めします。

飲食店や小売店など、多くの業種でUレジが導入され、その実績は豊富です。自動釣銭機との連携も可能で、これにより衛生管理の強化や業務の効率化など、さまざまな利点を享受できます。

Uレジの価格プラン

  • 9,980円~

居酒屋の自動釣銭機を選ぶ際のポイントは?

というテーマで以下について解説して。ただし、それぞれ200文字以上で。

予算内のサービスかチェック

購入やサービス導入時には、予算内で収まるか確認が大切です。導入費用だけでなく、運用に必要なランニングコストも含めて総額を評価する必要があります。

たとえば、初期導入費が低くても、月額費や保守費が高ければトータルコストは高くなります。また、サブスクリプションプランなど月額払いの場合も、長期的な視点でコストを考えましょう。

そして、そのコストで得られる利益や価値を考慮して、最終的に購入や導入を決めることが重要です。

誰でも使いやすい仕様かどうか

利用者の技術レベルや経験によっては、複雑なシステムは使用が難しい場合があります。

使いやすいインターフェースや簡潔な操作手順は、効率的な作業につながります。

そのため、製品やサービスのデモンストレーションを視聴したり、試用版を試すことで、使いやすさを確認することが重要です。

さらに、十分なサポート体制やトレーニングが提供されているかも確認しましょう。

省スペースかどうか

特に物理的な製品や機器の導入時には、設置スペースの確保が必要です。

省スペースの設計は、限られた店舗空間やオフィス空間を効率的に活用できる利点があります。

また、場所を取らない製品は移動や配置変更が容易であり、場合によっては環境改善につながることもあります。

製品の寸法や重量、設置要件をチェックし、実際の環境に適合するか確認することが重要です。

必要な機能が備わっているかどうか

製品やサービスが目的に対して適切な機能を備えているか確認することは非常に重要です。

必要な機能が欠けていると、導入しても期待通りの効果が得られない可能性があるでしょう。

また、必要以上に高度な機能があると、余分な費用が発生し、操作も複雑になる可能性があります。

そのため、事前に必要な機能をリストアップし、製品やサービスがそれらを満たしているかチェックすることが必要です。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

居酒屋の自動釣銭機(POSレジ)に必要な機能とは?

居酒屋に自動釣銭機を導入する場合、どのような機能が搭載されていることが望ましいのでしょうか。

ここでは、自動釣銭機導入時にPOSレジと連携させることを前提として、搭載されていると居酒屋の運営に役立つ機能をご紹介していきます。

在庫管理機能

在庫管理機能は、飲食品のストック量をリアルタイムで把握するために重要です。

この機能により、適時に発注を行うことが可能となり、売り切れを避けることができます。

また、商品の売れ行きや消費量に応じて、在庫量を適切に調整することも可能です。

顧客目線でも、タブレットから品切れなどを把握することができるため、スムーズな注文に繋がります。

セルフオーダー

セルフオーダー機能を使用すると、お客様が自分で注文を行うことができます。

毎回注文を聞く必要がないため、スタッフの労力を軽減し、間違ったオーダーを避けることができます。

また、お客様がメニューを自由に見ることができ、注文に対するストレスを軽減します。

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済は、現金を扱わずに支払いを行う機能です。

クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコード決済など多種多様な支払い方法に対応していることが望ましいです。

これにより、お客様の利便性を向上させ、決済速度を上げることができます。

飲み放題の時間管理機能

飲み放題プランを提供する場合、時間管理機能は必要不可欠です。

注文からの経過時間を正確に把握し、飲み放題の時間制限を遵守することが可能になります。

また、終了時間が近づいてきた場合には、スタッフがお客様に通知することもできます。

売上分析機能

売上分析機能を使用すると、売上高、人気商品、時間帯別の売上など、店舗のパフォーマンスを詳しく分析することができます。

これにより、ビジネス戦略を改善し、利益を最大化することが可能になります。

クーポン配信機能

クーポン配信機能は、顧客の満足度を向上させる重要なツールです。

特定の商品やサービスに対する割引クーポンを配信し、リピート顧客を増やすことができます。

また、新商品のプロモーションや特定のイベントに対する注目を集めるのにも役立ちます。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

居酒屋に自動釣銭機を導入するメリットは?

居酒屋に自動釣銭機を導入するメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

ここでは、その具体的なメリットについて見ていきましょう。

会計ミスが無くなる

自動釣銭機の導入により、会計時の人為的なミスを大幅に減らすことができます。

特に忙しい時間帯や混雑した状況では、現金の取り扱いによる誤算や間違ったお釣りの返却が発生しやすいです。

自動釣銭機は正確に金額を計算し、適切なお釣りを出すことで、これらのミスを防ぐ助けとなるでしょう。

また、これは顧客満足度の向上にもつながり、信頼性の強化に寄与します。

顧客の回転率が上がる

自動釣銭機の使用は、顧客のレジでの待ち時間を短縮し、結果的に顧客の回転率を高めることができます。

手動での現金の取り扱いに比べ、自動釣銭機は迅速で効率的です。

これにより、特にピーク時におけるサービス速度が向上し、顧客の満足度が上がります。

売上の分析ができるようになる

自動釣銭機とPOSシステムを連携させることで、詳細な売上データの収集と分析が可能になります。

こうした機能を利用すると、最も売れている商品、売れ筋の時間帯、平均チェック額など、貴重な情報を得ることができます。

この情報を基にビジネス戦略を見直すことで、更なる売上向上を図ることが可能です。

人件費の削減につながる

自動釣銭機を導入することで、レジ作業に関わる人件費を削減することが可能です。

自動釣銭機は一貫して正確な作業を提供するため、人間のレジ係りに必要なトレーニングや管理の労力も軽減します。

また、スタッフがより重要な業務、例えば顧客サービスに集中する時間を増やすことができます。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

居酒屋に自動釣銭機を導入するデメリットは?

居酒屋に自動釣銭機を導入すると、メリットだけではなくデメリットも発生します。

導入前には、どのような点が負担になるのかしっかりと把握しておくことが大切です。

初期費用が掛かる

自動釣銭機の導入は、初期投資としての費用が発生します。この機器自体の購入価格に加えて、必要な場合はインストールや設定、またスタッフのトレーニングにもコストがかかる場合があります。

具体的には、本体価格としては60万円〜200万円、その他の費用として10~30万円程度掛かってしまう可能性があるでしょう。

しかし、その効率化と精度向上による長期的な利益を考慮すると、これらの初期コストは相殺されます。短期的ではなく長期的な目線で導入を検討するのがおすすめです。

スタッフと顧客のコミュニケーションが減る

自動釣銭機の使用は、顧客とスタッフとの直接的なコミュニケーションが減ってしまう可能性があります。

特に、飲食店のような場所では、スタッフと顧客のコミュニケーションがサービスの一つでもあるでしょう。

そのため、顧客がスタッフと話せないことで不満を感じてしまう可能性もあります。

こうしたことを事前に理解しておき、自動釣銭機を導入した後も、顧客と適切なコミュニケーションを取ることが大切です。

セルフレジにすると使い方が分からない顧客がいる

全ての顧客が新しい技術に慣れているわけではなく、セルフレジの使用方法を理解するのに苦労する人もいます。

これは特に高齢者などのテクノロジーに不慣れな方は、セルフレジを導入した際に混乱してしまう恐れがあるでしょう。

そのため、自動釣銭機の導入を検討する際には、顧客の年齢層や適応性を考慮することが重要です。

ただし、スタッフのサポートなどをしっかりと行えば、この問題を最小限に抑えることが可能です。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

居酒屋に自動釣銭機を導入する手順は?

自動釣銭機を導入する際は、以下のような手順で進めるようにしましょう。

STEP
ニーズの評価

まずは自動釣銭機を導入することで得られる利益とコストを理解する必要があります。自動釣銭機がビジネスにどのように貢献するか、それが現状の運営方法をどのように改善するかを考えましょう。

STEP
業者の選択

様々な業者から提供される自動釣銭機を比較し、あなたのビジネスニーズに最適なものを選びます。価格、機能性、サポート、レビューなどを基に選びましょう。

STEP
購入と設置

選んだ自動釣銭機を購入し、適切な場所に設置します。導入位置は店舗のレイアウト、顧客の流れ、電源やネットワーク接続の可用性を考慮する必要があります。

STEP
スタッフのトレーニング

スタッフに対し、新しいシステムの操作方法やトラブルシューティングの基本を教えます。スムーズな導入のためには、スタッフが自動釣銭機の使い方を理解し、顧客の質問に対応できるようになることが重要です。

STEP
テスト運用と調整

最初のうちはテスト運用を行い、必要に応じて設定や配置を調整します。また、顧客やスタッフからのフィードバックを収集し、問題点を改善していきます。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

まとめ

自動釣銭機の導入は、居酒屋運営における重要なステップとなるでしょう。

選択肢は多いですが、それぞれのニーズに最適な選択をすることが大切です。

本記事で紹介した5つの自動釣銭機は、それぞれ異なる特性と機能を持ち、多様な需要に対応できます。

一つ一つの特性を理解し、あなたのビジネスに最適なものを選ぶことで、効率的な運営を実現し、顧客体験の向上にも寄与することができます。

自動釣銭機選びに迷った時は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ご相談はこちら
(無料)
自動釣銭機のご相談はお任せください!
専門知識を持ったプロが無料でサポートします!
電話でのご相談はこちら ☎ 050-3595-8797 平日9:00~18:00
目次