格安の自動釣銭機でおすすめは?最安値や安い製品を徹底解説!

格安の自動釣銭機でおすすめは?

※本ページにはプロモーションが含まれています

現代において、さまざまな業界で、自動釣銭機が重要な役割を果たしています。

しかし、高価な自動釣銭機を導入することは、中小企業や個人事業主にとっては負担が大きいこともあるでしょう。

中には、

なるべく格安で自動釣銭機を導入したい・・・

コストを抑えて自動釣銭機を利用する方法はない?

など、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、格安の自動釣銭機の導入です。

本記事では、予算に合わせて選べるおすすめの格安自動釣銭機をご紹介します

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

目次

格安の自動釣銭機でおすすめの製品5選

ここでは、格安で利用することができるおすすめの自動釣銭機を5つご紹介します。

どの製品も決して安くはないものの、自動釣銭機の中では格安で利用することが可能なものです。

これから導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

つりペイ君【国内最安水準】

参考:https://www.asahiseiko.com/news/714/

おすすめポイント
  • 業界内で最安水準の自動釣銭機
  • 新品で格安の自動釣銭機なら、この製品がおすすめ
  • 感染症対策が施されており、衛生的なサービス

まず、つりペイ君は業界でも最もコスト効率が良い自動釣銭機の一つです。感染症対策が施された自動釣銭機で、新型コロナウイルス対策も行うことができます。

通常、この種の機器は100万円以上で導入するのが一般的です。しかし、つりペイ君は60万円〜80万円の範囲で導入することが可能となっており、非常に手頃な価格での導入が行えるため、非常にコストパフォーマンスが良い製品と言えるでしょう。

もし、費用を最小限に抑えつつ自動釣銭機を導入したいと考えているなら、まずはつりペイ君の導入を検討してみてださい。

■価格・費用情報

本体価格600,000円〜
導入時に必要な費用目安600,000円〜800,000円

株式会社ビジコム

参考:https://www.busicom.co.jp/product/bcpos/dispenser/

おすすめポイント
  • 100万円未満で導入することができる
  • 使いやすく、操作性が抜群
  • 自動でオーバーフローした硬貨は回収

ビジコム株式会社のECS-777は、硬貨と紙幣の入出金口にLEDライトを装備し、その明瞭さと使いやすさが特徴です。直感的に操作できる設計なので、操作について悩むことはないでしょう。

また、事前に硬貨回収ボックスを設置しておけば、オーバーフローした硬貨は自動的に回収され、管理者の手間を大幅に軽減します。

紙幣の回収方法は、カセットタイプと扉タイプから選べるため、使用状況や個人の好みに応じて適したものを選択できます。収納可能な紙幣の枚数も増加しているため、忙しい作業時間中でも無駄な手間をかけずに効率的に作業を進めることが可能です。

さらに、セキュリティ面も強化されており、預金が一時的に保留可能な機能も備えています。これにより金銭のやりとりに関するトラブルを事前に防ぐことができ、安心して使用できます。

■価格・費用情報

本体価格640,000円〜
導入時に必要な費用目安990,000円〜

グローリー300

参考:https://www.glory.co.jp/product/detail/id=44

おすすめポイント
  • 国内シェアトップの自動釣銭機
  • 大手メーカーなので安心感抜群
  • スマレジと連携でサブスクプランを利用できる

グローリー300は、POSレジサービスのスマレジとの統合が可能な高性能な自動釣銭機で、その品質は開発元である大手メーカーの名が示す通りです。

他の製品と比較すると価格はやや高めですが、その高性能さが特徴的です。スマレジは、全国の121,000店舗以上で導入されている信頼性の高いサービスで、個人店舗から大型店舗まで、さまざまな規模と業種に対応可能です。

初期購入費用は高額ですが、サブスクリプションプランが提供されており、月額2万円台からの導入が可能な点が魅力です。ただし、スマレジと自動釣銭機の連携を行う際には、プレミアムプラン以上の利用が必要となりますので、ご利用の際は注意が必要です。

■価格・費用情報

本体価格(税別)845,000円〜(グローリー300)
導入時に必要な費用目安1,000,000円〜※周辺機器を含めて
各プランサブスクプラン(1~60ヶ月まで対応)
月額26,400円

東芝テック VITESE(ヴィッテス)

参考:https://www.toshibatec.co.jp/products/pos/vt330/

おすすめポイント
  • 大手メーカーによる安心感
  • 読み取りエラー防止機能が搭載
  • 自動で同一方向の紙幣のみ出力

東芝テック、POSレジの主要メーカーが開発したVITESE VT-330は、大手メーカーによる信頼性の高い自動釣銭機です。

東芝テックのPOSレジとも連携可能で、スタッフや顧客が容易に操作できるよう設計されています。特徴的なのは、紙幣を上部から投入することで自動処理が行われ、読み取りエラーを防止する機能です。

また、硬貨の投入口は大きく設計されており、簡単に硬貨を投入できます。さらに、異なる向きの紙幣や状態の悪い紙幣も機器内で自動的に分類され、同一方向の紙幣のみが出力されるという特性もあります。

■価格・費用情報

本体価格スタンダードタイプ:900,000円大容量タイプ:1,188,000円
導入時に必要な費用目安100~150万円程度

NEC(FAL3)

参考:https://jpn.nec.com/press/202202/20220208_02.html

おすすめポイント
  • お釣りの返却速度に定評がある
  • オートリセット機能を搭載
  • 比較的安価で導入できる

FAL3はNECから提供されている高精度な自動釣銭機で、特に返却速度が優れています。硬貨の場合、999円が1秒で、紙幣の場合、9,000円が2.4秒で返却可能です。

これは他の製品と比較しても非常に高速で、効率的なレジ処理を可能にします。また、オートリセット機能が搭載されており、硬貨や紙幣の詰まりを検知すると自動的に解消します。

この機能のおかげで、トラブルが発生した際でもタッチパネルのイラスト表示による明瞭な説明により、すぐに問題を解決することが可能です。

■価格・費用情報

本体価格要問い合わせ
導入時に必要な費用目安70~100万円程度

自動釣銭機の最安値はいくら?

上記では、自動釣銭機メーカーについてご紹介しましたが、実際の最安値はいくらほどなのでしょうか。

「とにかく安く導入したい」

とお考えの方は多いと思いますが、新品で購入するのか、それとも中古で導入するのかによって最安値は異なります。

ここでは、それぞれの最安値について詳しく見ていきましょう。

新品で購入する場合の最安値

まず、新品で購入する場合の最安値ですが、2023年段階で調査した結果、上記でも解説したつりペイ君が60万円台で導入でき、業界最安水準となっていました。

本来であれば100万円を超えるのが相場の自動釣銭機であるため、60万円から導入することができるのは大きな魅力と言えるでしょう。

このことを踏まえると、それ以下の値段で導入する場合には品質やサポート体制に不安が残ってしまうと言えるかもしれません。

中古で購入する場合の最安値

新品で導入する場合と比較し、中古で購入する場合には圧倒的に格安で導入することができます。

出典:https://auctions.yahoo.co.jp/search/search/%E8%87%AA%E5%8B%95%E9%87%A3%E9%8A%AD/0/

オークションサイトであるYahoo! JAPANで自動釣銭機を検索してみると、上記の通り1万円台から購入することができます。

また、グローリーなどの大手メーカーであっても10万円程度で購入することができるので、格安で導入したいのであれば中古の方がお得と言えそうです。

ただし、あまりにも安すぎる場合は品質に問題があるリスクもあるため、注意しましょう。

自動釣銭機を格安で利用する方法とは?

自動釣銭機をなるべく安く導入したい場合には、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

ここでは、格安で導入することができる方法について、いくつかご紹介していきます。

中古品を購入する

新品の自動釣銭機は高価なため、初期導入コストを抑える手段として中古品の購入が有効です。

中古品でも、整備・メンテナンスが適切に行われていれば十分な性能を発揮します。上記でも解説したように、オークションサイトなどであれば10万円以下で購入することができるでしょう。

ただし、購入先の選定や機器の状態確認は重要です。信頼性のある販売業者から購入し、購入前には品質に問題ないかしっかりと見極めてから判断するようにしましょう。

リースを活用する

購入ではなくリースを選択することで、初期投資を大幅に削減できます。

リース契約では月々の固定費用のみで機器を使用でき、故障時の修理費用も含まれることが多いです。

また、最新の機器への更新も容易で、常に最先端の設備を利用し続けることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

長期での利用を検討している場合、リースの選択肢も検討してみるのがおすすめです。

補助金を活用する

政府や地方自治体は、中小企業の設備投資を支援するために各種補助金を提供しています。

これらの補助金を活用することで、自動釣銭機の導入費用を大幅に削減することが可能です。

適用条件や申請方法は自治体や補助金の種類により異なるため、詳細は各支援機関のウェブサイトや窓口で確認しましょう。

また、利用できる可能性がある補助金については後述しますので、そちらも参考にしてください。

サブスクを活用する

サブスクリプション型のサービスは、一定の月額料金で機器を使用でき、必要なメンテナンスやアップデートが含まれています。

自動釣銭機のサブスクリプションプランを利用することで、初期投資を抑えつつ最新の機能を利用し続けることが可能です。

例えば、スマレジなどのサービスであれば、サブスクプランが用意されており、月額26,400円で1~60ヶ月の中から好きな期間を選択して利用することができます。

POSレジとセットで導入できるため、手軽に利用を開始したいという方はこちらのプランがおすすめです。

また、予期せぬ故障やトラブルに対しても安心感があり、運用コストの安定化にも寄与します。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

格安の自動釣銭機を導入する際の注意点

ここまで、格安の自動釣銭機について詳しく解説してきましたが、実際に導入する場合にはいくつか注意しなければならないポイントがあります。

これから導入を検討している方は、以下の内容についてしっかりチェックするようにしましょう。

品質と性能

格安の自動釣銭機を選ぶ際は、価格だけでなく品質と性能も重視する必要があります。

価格が低いだけで選ぶと、精度が低い、処理速度が遅い、故障が多いなどの問題が生じる可能性があるでしょう。

そのため、導入前には製品の評価やレビューをしっかりと確認し、期待する性能を満たしているか確認することが重要です。

また、購入前に試供品などを利用したり、メーカーによってはショールームも行われているため、実物を見てから判断しましょう。

アフターサービスとメンテナンス

自動釣銭機は長期間にわたり使用する設備ですから、メンテナンスや修理の体制も重要な選定基準となります。

特に格安の製品では、アフターサービスが不十分な場合もあります。故障時の対応や定期的なメンテナンス、パーツの供給状況など、サポート体制をしっかりと確認することが必要です。

充実したサポート体制を希望する場合は、やはり中古などではなく、長期でのリース契約やサブスク、新規での購入を検討しましょう。

拡張性と互換性

将来的なビジネスの拡大やシステム更新を見据えた際、自動釣銭機の拡張性や他のシステムとの互換性も重要となります。

格安の自動釣銭機でも、POSシステムや在庫管理システムとの連携が可能な製品を選ぶと、将来的にも柔軟に対応できます。

店舗の規模に応じて幅広く対応することができる製品を選ぶのがおすすめです。

省エネ性

自動釣銭機は一日中稼働するため、電力消費は無視できないコストとなります。

初期費用が安くても、電力消費が大きい機種は長期的に見るとコストが高くなる可能性があるでしょう。

したがって、エネルギー効率の良い機種を選ぶことも重要です。

事前に資料請求を行い、電力の消費量についてもしっかりとチェックしておくようにしましょう。

経済性と総所有コスト

格安の自動釣銭機を導入する際には、初期費用だけでなく、長期的なコストも考慮する必要があります。

修理費用、消耗品の交換費用、電気代など、運用に伴う経費も含めた総所有コストを算出し、それが予算内に収まるか確認することが必要です。

また、経済面を考慮する際には、自動釣銭機による労働時間の削減や誤差からくる損失の減少など、間接的な収益も考慮に入れるとより精緻な判断が可能になります。

これらの視点から見て、全体的なコストパフォーマンスが高い機種を選ぶことが、長期的な運用において重要です。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

自動釣銭機の導入で利用できる補助金とは?

自動釣銭機の導入にはいくつかの補助金や助成金が適用されることがあります。

具体的な内容は以下の通りです。

補助金/助成金名目的補助率最大補助額
ものづくり補助金新製品開発や生産性向上2/31億円
IT導入補助金ITツールの導入2/3300万円
業務改善助成金業務改善や生産性向上都道府県労働局による都道府県労働局による

ものづくり補助金

ものづくり補助金は、革新的な製品の開発や生産工程の最適化を支援するための補助制度です。

この補助金は中小企業や小規模事業者が連続的に直面する、または近い将来直面する可能性のある制度改革(例えば働き方改革やインボイス導入)に対応するために設けられました。

人との接触を減らす目的で導入される設備や機器も適用対象となる可能性があるため、自動釣銭機も含まれます。

補助金の規模や補助率は、事業規模や従業員数などにより異なり、補助の上限額は最大で3000万円、補助率は最大で2/3に設定されています。

公式サイト:https://portal.monodukuri-hojo.jp/

IT導入補助金

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者がITツールを導入する際の費用を補助する制度です。

自動釣銭機の導入もこの補助金の対象となり得ます。補助率は2/3で、最大補助額は300万円までとなっています。

公式サイト:https://www.it-hojo.jp/

業務改善助成金

業務改善助成金は、企業が業務改善や生産性向上を目指す投資を行う際に利用できます。

自動釣銭機の導入による労働時間短縮や業務効率化に対して、この助成金が適用されることがあります。補助率や補助額は各都道府県労働局により異なります。

公式サイト:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

自動釣銭機とは?

そもそも、自動釣銭機とはどのようなものなのか理解していない方も多いかもしれません。

ここでは、自動釣銭機の概要や、多くの現場で導入が進んでいる理由について解説します。

自動釣銭機の概要

自動釣銭機は、顧客からの支払いを受け取り、適切なお釣りを自動的に計算して返す電子機器です。

これらの機器は、紙幣と硬貨の両方を受け取り、その金額を自動的に認識し、必要なお釣りを正確に計算して出すことができます。

自動釣銭機は、レジスターの一部または独立したユニットとして存在することがあり、大型の小売店から小さなカフェや飲食店まで、さまざまなビジネスで利用されています。

自動釣銭機の導入が進んでいる理由

自動釣銭機の導入が進んでいる主な理由は、効率性、精度、安全性の向上です。

お釣りの計算や出金を自動化することで、レジでの作業時間を大幅に短縮し、店舗の効率性を向上させます。

また、人間が行うお釣りの計算や扱いに比べて、自動釣銭機はより高い精度を持ち、間違いを防ぐことが可能です。

さらに、自動釣銭機はレジの現金を保管する場所としても機能し、その安全性も高めます。

これらの利点から、多くのビジネスが自動釣銭機の導入を進めており、今後も需要の拡大が予想されているのです。

自動釣銭機の価格相場は?

自動釣銭機の価格相場は、具体的にどれくらいなのでしょうか。

ここでは、それぞれの概要について詳しく解説していきます。

自動釣銭機の本体価格100,000円〜2,000,000円程度
(機能性や中古などによって、変動)
保守費用(年間)50,000円〜200,000円程度
POSレジシステムの利用料無料〜月額20,000円程度
周辺機器費用(タブレットやプリンター、バーコードリーダー等)50,000円〜300,000円程度(すでに必要なものが揃っていれば、不要)
導入時の設置サポート費用無料〜100,000円程度
総額合計300,000円〜2,500,000円程度

自動釣銭機の本体価格

自動釣銭機の本体価格は製造元や機能により変わりますが、一般的な範囲は約10万円から200万円となっています。

高性能の機種は価格が高くなる一方で、手頃な価格の使い勝手の良い機種も存在します。

導入する前に、自社の要件や予算に基づいて選択肢を比較することが重要です。

中古品の購入やリースによる導入も選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

保守費用(年間)

自動釣銭機の年間保守費用は概ね数万円から数十万円となります。

この保守費用には定期的な検査や故障時の修理などが含まれます。

メーカーや販売業者により保守内容が異なるため、導入前には保守費用を確認することが必要です。

サービス提供者によって提供されるサービスの内容が異なることもあるので、その詳細を把握しておきましょう。

POSレジシステムの利用料

POSレジシステムは、自動釣銭機と併用することで、売上や在庫の管理などの機能を提供します。

このシステムを利用することで、日々の売上や顧客情報、在庫情報などをデータ化して管理することが可能です。

利用料はシステムの種類や提供者により異なりますが、通常は月額数千円から数万円程度となっています。

周辺機器費用

自動釣銭機に併用する周辺機器としては、バーコードリーダーやプリンターなどがあります。

これら周辺機器の価格も種類やメーカーにより異なりますが、通常は数万円から数十万円程度となります。

導入する前に、どの周辺機器が必要となるかも調査することが重要です。

導入時の設置サポート費用

自動釣銭機の導入時には、設置サポートの費用が発生します。これには、専門技術者による設置、設定、トラブルシューティングなどのサポート料金が含まれます。

導入規模や機器の種類によって費用は変動しますが、専門の業者に依頼する場合、数十万円から100万円以上かかることもあります。

導入に際してはさまざまな手間がかかるため、自社だけで全てを対応するのは困難でしょう。そのため、設置時のサポートが用意されているサービスを選ぶことがおすすめです。

また、一部の業者はスタッフ向けの操作指導や事前研修を提供することもあります。これらのサービスは、導入に際する不安を軽減するために役立ちます。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

自動釣銭機を導入するメリットは?

自動釣銭機を店舗に導入するメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

ここでは、代表的なメリットを5つご紹介します。

作業時間の効率化

自動釣銭機はレジでの作業時間を大幅に短縮します。

人間が手動でお釣りを計算し、紙幣と硬貨を数えて渡すよりも、自動釣銭機は迅速に正確なお釣りを計算し、出金することが可能です。

これにより、顧客の待ち時間が減少し、スタッフの作業負荷も軽減されます。

従来の方法と比較しても圧倒的に正確であり、会計の効率化によって店舗内の回転率向上につながるでしょう。

間違いの防止

スタッフがレジでお釣りを計算するときには、疲労や集中力の欠如から間違いが生じる可能性があります。

しかし、自動釣銭機は間違いなく正確なお釣りを計算し、出金することが可能です。

釣銭の間違いはトラブルの元になることが多いですが、自動釣銭機の導入によって顧客からのクレームを防ぎ、ビジネスの信頼性を維持することができます。

また、会計ミスによるレジ締め作業の負担を軽減することにも繋がります。無駄な残業が無くなるため、残業代のカットにも役立つでしょう。

現金管理の安全性向上

自動釣銭機は現金を安全に保管する役割も果たします。紙幣と硬貨は安全な場所に保管されるので、セキュリティの強化につながるでしょう。

また、あってはならないことですが、スタッフが店舗の売上を不正に利用することも防ぐことができます。

自動釣銭機には利用者の選択を設定することができ、「店長」や「アルバイト」など、「誰が・いつ」出金したのかを記録することが可能です。

利用者の記録を明確にしておくことで、内外のセキュリティ強化を実現することができます。

労働力の最適化

自動釣銭機の導入により、スタッフはレジでの時間を減らし、他の重要な業務に集中することができます。

これにより、顧客サービスの質を向上させることができ、全体的なビジネスの効率性を向上させることが可能です。

会計の負担を減らすことができれば、スタッフは他の顧客対応などに集中できるため、顧客満足度の向上につながるでしょう。

データ管理の強化

最新の自動釣銭機は、取引データを収集し、分析する機能を持っています。

そのため、売上、トレンド、在庫管理など、重要な情報を迅速に把握することが可能です。

例えば、売上分析などであれば、POSレジと連動させることで日別や曜日別の売上について細かく分析することができます。

また、店舗によっては、どの顧客のリピート率が高いかなども把握可能です。

日頃の売上や顧客情報を細かく分析することにより、運営改善に役立てることができるでしょう。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

自動釣銭機を導入するデメリットは?

上記では、自動釣銭機を導入するメリットについて解説しましたが、もちろんデメリットも存在しています。

ここでは、自動釣銭機を導入するデメリットについてチェックしていきましょう。

導入コスト

自動釣銭機の導入には、機器自体の購入費用、設置費用、そして必要な場合の研修費用など、初期投資が必要となります。

特に高品質な機器や大規模な導入を考えると、これらのコストはかなり高額になり得ます。

本記事でも解説した通り、自動釣銭機の相場としては80~100万円ほどになっているので、どうしても初期費用が高額になってしまう恐れがあるでしょう。

なるべく価格を抑えて利用したい場合には、リースやサブスク、中古での利用を検討するのがおすすめです。

故障リスク

自動釣銭機は精密機械なので、故障のリスクがあります。

故障が発生した場合、修理や交換のコストが発生するだけでなく、業務が一時的に停止する可能性もあるでしょう。

故障時には手動で会計処理を行う必要があるため、いざという時にも対応できるような体制を整えておく必要があります。

また、トラブル時にもすぐさま対応してくれる業者選びも大切です。

スタッフの研修

新しい技術を導入するときには、スタッフの研修が必要になることが多いです。

自動釣銭機の操作方法やトラブルシューティングを学ぶためには時間とリソースが必要になるでしょう。

ただし、使い方やトラブル時の対応については、各メーカーで事前研修を行ってくれる場合が多いです。

そのため、事前にそうしたサポート制度があるかチェックしておきましょう。

顧客とのコミュニケーションが減る

自動釣銭機の導入により、顧客とのコミュニケーションが減ってしまうリスクも存在しています。

業務が効率化するのは店舗としては良いことですが、例えばセルフレジと合わせて導入した場合には、完全に顧客が独自に処理できてしまうため、スタッフとの会話が減ってしまうでしょう。

飲食店などでは、スタッフとの会話を目当てに来客している場合もあり、そうした顧客の満足度は低下してしまうかもしれません。

そのため、業務を効率化した場合でも、こまめに顧客との会話を行うなど、状況に応じて柔軟に対応する必要があります。

技術の更新

技術は常に進化しています。

現在の自動釣銭機が数年後には旧式となり、新しいモデルに置き換える必要が生じるかもしれません。

そうした場合には、都度バージョンアップを行うなどの対応が必要になります。

そのため、毎回情報の更新を行うのは面倒だと感じる可能性があるでしょう。

ただし、各メーカーには担当者がおり、更新については毎回対応してくれる可能性が高いため、信頼できるメーカーを利用することが大切と言えます。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

自動釣銭機を導入した方が良い店舗の特徴とは?

自動釣銭機を導入した方が良い店舗にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、具体的な特徴を解説します。

高い取引量がある店舗

自動釣銭機は、会計処理を効率化する能力があるため、高い取引量がある店舗に特に適しています。

大型スーパーマーケット、デパート、ファストフードチェーンなどで導入すれば、高い効果を発揮してくれるでしょう。

これらの店舗では、人間が手動で釣銭を行うよりも、自動釣銭機を使用した方が効率的であり、顧客の待ち時間を短縮できます。

人手不足の店舗

労働力が不足している店舗や、人件費を削減したい店舗にとっても自動釣銭機は有用です。

自動釣銭機はレジスタッフの作業負担を軽減し、人件費を削減することが可能です。

さらに、従業員がより重要なタスクに集中できるようになるため、全体的な業務効率が向上します。

エラーの発生を防ぎたい店舗

自動釣銭機は、人間による釣銭のエラーを防ぐことができます。

そのため、誤った釣銭による金銭的な損失を避けたい店舗、特に大量の現金取引が行われる店舗にとっては、自動釣銭機の導入は有益です。

コンビニエンスストア、カフェ、レストランなどでも導入がおすすめと言えるでしょう。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

自動釣銭機を導入しない方が良い店舗の特徴とは?

上記に対し、導入しない方が良い店舗の特徴は以下のようなものが挙げられるでしょう。

取引量が少ない店舗

一日の取引量が少ない、たとえば小規模なブティックやアートギャラリーのような店舗では、自動釣銭機を導入する必要性は低いかもしれません。

自動釣銭機は初期投資が必要であり、取引量が少ない場合、そのコストを回収するのに時間がかかる可能性があります。

高額商品を扱う店舗

一般的に、高額商品を扱う店舗では現金取引よりもクレジットカードや電子決済が主流となります。

したがって、ジュエリーショップや高級店のような店舗では、自動釣銭機を導入するメリットが少ない可能性があります。

パーソナライズされたサービスを提供する店舗

パーソナライズされたサービスや顧客との直接のコミュニケーションを重視する店舗、例えば高級レストランや専門店では、自動釣銭機の導入は適していないかもしれません。

これらの店舗では、顧客との直接のコミュニケーションが価値の一部であり、自動化されたシステムはその価値を損なう可能性があります。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

自動釣銭機導入の手順とは?

これから自動釣銭機を導入する場合、どのような手順で導入すれば良いのでしょうか。

ここでは、その流れを解説します。

STEP
ニーズ分析

まずは自店舗に自動釣銭機を必要としているかどうかを評価します。毎日の取引数、顧客の支払い方法の傾向、店舗の規模とレイアウトなど、さまざまな要素を考慮しましょう。

STEP
製品選択

自動釣銭機の種類とメーカーは多数存在します。ビジネスのニーズに最適な機種を選択するためには、各製品の特性、価格、保証、アフターサービス等を比較検討することが重要です。

STEP
購入またはリースする

ビジネスのニーズと予算に基づき、購入またはリースのどちらを選択するかを決定します。購入は一時的な大きな出費となりますが、長期的にはコスト効率が良いかもしれません。一方、リースは初期投資を抑えることができ、故障時の対応もリース会社が行ってくれる場合が多いです。

STEP
導入準備

選択した自動釣銭機を導入する前に、適切な場所を確保し、必要な電源やネットワーク接続を準備します。また、既存のPOSシステムとの連携が必要な場合は、その設定も行います。

STEP
設置とトレーニング

自動釣銭機が配送・設置された後、使用方法のトレーニングが必要です。これは従業員全員が機械を正しく、効率的に使用できるようにするためのものです。

STEP
運用開始

最後に、自動釣銭機を日々の業務に組み込みます。初期の運用では、機械の動作や従業員の対応に問題がないかを確認し、必要に応じて調整を行います。

自動釣銭機のご相談は無料のコンシェルジュへ!

自動釣銭機に特化したコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

完全無料で自店舗にピッタリな自動釣銭機をすぐに見つけることが可能です。

まずはお気軽ご相談ください。

まとめ

自動釣銭機は小売業界において重要なツールですが、高価な機種が多いため、中小企業や個人事業主にとっては手が届きにくいとお考えの方も多いでしょう。

しかし、格安の自動釣銭機も増えており、予算に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、価格面だけでなく、機能や信頼性も考慮しながら適切な製品を選ぶことが重要と言えます。

本記事で解説したことを参考にして、自動釣銭機の導入を検討してみてください。

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ご相談はこちら
(無料)
自動釣銭機のご相談はお任せください!
専門知識を持ったプロが無料でサポートします!
電話でのご相談はこちら ☎ 050-3635-7210 平日9:00~18:00
目次